« 「七草粥」 | トップページ | 冬の東方新刊(主に守矢一家)レビュー »

2008年1月12日 (土曜日)

早苗さんと七草粥の味付けについて考える

 前回の日記にて、先日「東方創想話」さんに投稿した早苗さんSS「七草粥」をUPしました。読んでいただければ嬉しいです。

 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/01/post_7991.html

 …このSS(に限らずどれもそうですが)、書いている途中は夢中になって推敲、練り込んで、「これならOK!」と思って投稿するわけですが、数日して改めて「冷ました」上で見ると、やっぱりいろいろ思うところが出てきますね(キリが無いのでどこかで区切らないといけないわけですが)。
 今回の「七草粥」は構成的には比較的普通に起-承-転-結となるのですが、改めて見ると「転」についての「起-承」部分での「種まき」が十分ではない感じがします。そのために、自分で思っていたよりも「転」部分の力が完全には出せていない感がありますね。
 もっとも、「起-承」部分での「種まき」をするためには、早苗さんの疎外感や孤独感といった、マイナス面の描写を入れなければならなくなります。そうすると、SSそのものが全体的にシリアス寄りになってしまいますし、僕的な言い方では「作品から温もりが逃げて」しまいます。何より、僕自身がそんなシーンはあまり書きたくありません。

 そんなわけで、「今の僕としては」、今回くらいの匙加減で良かったと思っているのですが、もっと料理の腕があれば、違った匙加減をする事も、同じ匙加減でもっと美味しい料理を作る事も出来たのでしょう。これからも精進したいと思います。

 …で、とりあえずSSも完成したということで、封印を解いて、先日日本橋で購入してきた同人誌を読み始めました。
 守矢一家のものが多く、個人的には多いに豊作なわけですが…早苗さんに腐女子設定がついている作品が結構あるのは、どういうわけでしょうか(笑) う~む…
 いろんな意味で刺激された作品が多かったので、また後日、レビューを書きたいと思います。

>今週の桔梗屋出走馬[H20-2]

■日曜京都4R 障害未勝利(H2930) シルクギャロップ号出走
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200808010404

 年末の障害デビュー戦でいきなり4着に入り、勝ち上がりに目処をつけてくれたギャロップが出走します。
 今回は叩き2戦目となりますし、前走から上積みがあればかなり期待できそうです。問題は対戦相手でしょうか。前走で馬券に絡んだ馬が4頭と、かなり揃ったメンバー構成になりました。ここで前走以上の成績が出せるようなら今後はかなり期待できそうですが…。
 桔梗屋史上初の障害戦勝利馬が出るのか、期待したいと思います。

|

« 「七草粥」 | トップページ | 冬の東方新刊(主に守矢一家)レビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東方」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/17663714

この記事へのトラックバック一覧です: 早苗さんと七草粥の味付けについて考える:

« 「七草粥」 | トップページ | 冬の東方新刊(主に守矢一家)レビュー »