« 日独国際交流? | トップページ | ナゾキセキ、今年誕生へ »

2008年1月26日 (土曜日)

シルクプラチナムが白すぎる件について(競馬+東方等日記)

>今日の桔梗屋出走馬結果

 今日の土曜中山最終Rで、シルクプラチナムが見事に逃げ切って勝利を上げてくれました! 前走の9着のために人気薄で、馬券も美味しかったです。これでうちは今年2勝目。そして通算40勝に達しました。
 京都メインに出走したドラグーンも前残りの競馬になってしまった中で良い伸びを見せてくれての5着。勝てなかったのは残念ですが、現級に完全に目処が立ちましたし、勝つのは時間の問題だと思います。

 それにしても、プラチナムは本当に白くなりましたね。「白銀」の名に恥じぬ白さ。もはや、現役馬でこの白さに対抗出来るのはクーリンガー(+本当の白馬)くらいしかいないのではないでしょうか(笑)
 このプラチナム、デビュー当時から結構白かった+3歳中頃から低迷し始めたので、「やっぱり最初から白い芦毛だから早熟なのかなぁ」と思っていたのですが、ここに来て再度成長している様で、嬉しい限りです。

 ドラグーンもプラチナムも最近使い込んでいるので、そろそろ放牧がありそうな気配ではありますが、いずれにしてもこれからも無事に頑張って活躍して貰いたいです。


>競馬、種牡馬関係ネタ

 先日、ようやく「スタリオンブック2007」の発売要項が発表されたので、申し込んで来ました。
 http://www.studbook.jp/ja/stallionbook.php

 血統研究に使用しているので、僕にとっては毎年欠かせない本なのですが、ここ数年発売時期がどんどん後ろにずれていっているのが気になります。売上げが悪くて一般発売中止とかになったらどうしよう……。個人的には5000円くらいになっても構わないので、これからも続けていってほしいのですが……。


 後、最近は良血馬……というか、活躍した馬の兄弟の種牡馬入りのニュースが何件か流れていますね。
 その中でも個人的に興味深かったのが「Sabmykaa」でしょうか。

 Sabmykaa(サブミーカー)は父がサクラバクシンオー、母がマイケイティーズ、母父サンデーサイレンスという血統。現3歳馬で、アドマイヤムーンの弟になります。
 血統的に明らかに日本馬なのに何故横文字の名前が付いているかというと、実はこの馬、1歳時にセレクトセールに上場、ダーレージャパンに9600万円で落札されているのです。その後、米国でデビューすべく、昨年移動するも現地で骨折。今年頭にキーンランドで競りに出され、日本系の会社が種牡馬用として330万円で購入し、再度日本に輸入。今回の種牡馬入りとなったわけです。
 それにしてもこの兄弟はいろんなドラマに事欠かないですね。Sabmykaaが種牡馬としてどんな活躍をするのか、楽しみです。バクシンオーの血統が今後も繋がるかどうか、現在はちょっと微妙な状態ですが、案外このSabmykaaが救世主となるかもしれませんね。

>東方風神録
 これまで誘導装備霊夢と貫通魔理沙をクリアして、一通り見たと思っていたのですが、キャラだけじゃなくて装備によってエンディングが違う事を今になって知りました_| ̄|○
 これからもう4周して来ます……。

|

« 日独国際交流? | トップページ | ナゾキセキ、今年誕生へ »

東方」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/17853282

この記事へのトラックバック一覧です: シルクプラチナムが白すぎる件について(競馬+東方等日記):

« 日独国際交流? | トップページ | ナゾキセキ、今年誕生へ »