« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月曜日)

エイプリルフール中止のお知らせ

 今年のエイプリルフールは、主催者の因幡てゐ容疑者が守矢の神社にて逮捕され、オンバシラでおしおきされた事から、中止となりました。
 中止、ならびにこの告知が遅れた事につきまして、楽しみにしておられた方々、そして関係者各位には謹んでお詫び申し上げます。


Photo

 てゐ&永遠亭好きの方、すいません…_| ̄|○
(というか、僕自身も守矢一家の次に永遠亭が好きなんですよ。信じてください…)

 この兎が何者なのか?は次回の日記をご覧下さい。

 …さて、こんなネタの日記で書くのも何なのですが、AKYU’Sの幻想研究社東方支部さんが今回の更新で最終回を迎えました。


 うちのような辺境の旅館にもお客さんが来てくれるようになったのも、AKYU’S~さんの存在あっての事でした。これまで本当にありがとうございました。お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日曜日)

東方諏訪旅行記-3 いざ守矢史料館へ(~茅野駅)

 東方諏訪日記、第3回。
 今回はやっと諏訪旅行本編開始。茅野(ちの)駅から守矢史料館までです。


■諏訪旅行日記:バックナンバー
・うちと同名の「桔梗屋旅館」が下諏訪温泉にあった件→休みが取れたので行く事に
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_e57a.html
・初日に現地で書いた日記
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_19bc.html
・二日目、帰ってきた直後の日記
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_5978.html
・諏訪日記1:序文~諏訪までの所要時間
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_d6e4.html
・諏訪日記2:諏訪のどこに何があるの?
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/2_5f2a.html


■いざ、諏訪へ
 平成20年3月20日(木・祝)。朝8時過ぎに大阪を出発。いざ、諏訪へ。
Photo


(写真1:名古屋~塩尻間の特急「しなの」で途中に通る木曽の風景)

 前日から雨が降っており、出発時もまだ降っていました。前日に降っていた雨も東の方にスライドしていく…ということで、諏訪での初日も雨が予想されるという生憎の天気でした。
 そんなわけで、傘持参で出発した訳ですが、幸いにも現地に着くとほぼ天候は回復していました。二日間通じてたまに小雨が降る程度で、傘は差さなくても大丈夫でした。…が、そのために傘が邪魔となり、ずっと雨も降っていないのに持参を余儀なくされたのでした。
 荷物のうち、着替え等の持ち歩きが必要が無いものは宿や駅ロッカーに入れる…という作戦だったのですが、傘は長すぎて(300円の)ロッカーには入らないので…。折り畳み傘にすれば良かったです。

 前の日記にも書きましたが、名古屋から先の列車の本数が少なく、予想していた以上に時間が掛かりました。名古屋での30分待ちや塩尻での20分待ち等が結構長かったですね。最終的に諏訪に着いたのは午後1時頃でした。これが響いて、初日は実質茅野の周辺しか回れないという結果となりました(元々は上諏訪も初日に行く予定だった)。

■茅野駅へ
 塩尻から、みどり湖(ここは東方とは関係なし)-岡谷-上諏訪-下諏訪-茅野と列車に乗って行きます。
 岡谷駅あたりから諏訪湖畔をなぞる様な路線となり、諏訪湖を左上-上-右-右下という感じで回るように列車は走っていきます。それぞれの駅間がものすごく長く感じられます。これは歩いて次の駅に行くとかは(余程時間が無い限り)無理だな、と感じさせられます。
 諏訪湖は残念ながら遠くにちらりと見える程度です。最終的に時間が無く、湖畔まで行けなかったのが心残りです。
(「間欠泉センター」に行くつもりだったのですが時間が無くて切ってしまったので…)

 そんな事を考えている内に、列車はチルノ…じゃなくて茅野(ちの)駅に到着しました。

■茅野駅
 茅野駅に到着。扉を自分で開けて(知っている人には当たり前の事なのかもしれませんが、今回実際に見るのは始めてなので戸惑いました…)ホームに降ります。
 ところで皆さん、茅野って何の街か知っていますか? …そう。「脳トレの街」です!(写真参照)

Photo_4

 ……何で?

 扉から降りてまず感じるのが、寒さ。塩尻あたりからも感じていましたが、このあたりは高地(標高800m程)にある事もあって、結構寒いです。当時の気温を調べてみると、大阪よりも概ね5度程度低いようです。夏に行くなら「涼しくていい感じ」だとは思いますが、それ以外の季節に行かれる場合は、一段階厚着で行く等の対策をしていった方がいいかもしれません。

 そして、それ以上に気になる事が。

Photo_3


 …降りる人が僕自身を含めて3人しかいません。諏訪大社(上社)の最寄り駅な筈なのですが、閑散としていてびっくりしました。
 駅を出ても駅前のビル?等にほとんど人がいなくて更に驚きました。改札前にぽつりと佇んでいたキャッチセールス?の人が僕の前に改札を出た2人に無視された後にこちらに寄ってきたのですが、地元の人では無い事を知って寂しげに去っていったのが印象的でした。
 確かに観光シーズンは外れているのですが、それでも祝日の昼下がりです。それなのにこんなに客(というより「人」が)少なくて大丈夫なのかな、ひょっとして「御柱祭の時に六年分『食い貯め』するライフスタイル」なのかな、とか考えてしまいました。
(改めて調べると、実際は観光シーズンには結構客が来るようで、通年では乗客がかなり多い駅の様です)

 さて、そんな事を考えながら、駅前のコインロッカーに最低限の荷物以外を預けます。
(コインロッカーは、今回立ち寄った岡谷、下諏訪、上諏訪、茅野全ての駅にあります)

 地図を見たらこの駅から各種史跡は結構離れている(帰りは徒歩でしたが、やっぱりかなり遠かったです…)という事で、時間も無いのでここは駅からタクシーを使うことに。
 タクシーを呼んで守矢史料館に向かいます。

 守矢史料館前までのタクシー代は、約1000円強でした。
(位置関係は、駅-諏訪大社上社前宮-守矢史料館-諏訪大社上社本宮なので、諏訪大社に直接タクシーで行く場合は上記の額に数百円ずつ増減すればいいかと…)


 そんなわけで、次回はいきなり今回の旅のクライマックス。守矢史料館です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金曜日)

ドラちゃん連闘に負けず(競馬その他日記)

>今週の桔梗屋出走馬[H20-30]

■日曜阪神11R 心斎橋S(S1400)シルクドラグーン号出走 15:30
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200809020211

 先週出走したばかりのドラグーンが何と連闘で出走です。出走することさえ難しい準OPですが、本当に不思議なくじ運を持った馬です…。
 2走前に続いて前走も思ったほどペースが上がらず、差し馬であるドラグーンには不向きな内容でした。今回はどうなるでしょうか。
 最近、使い詰めのためか徐々に成績が落ちてきていますが、今回は得意の阪神1400。巻き返しの余地は十分あると思います。メンバー的にも案外いけるのではないでしょうか。
 厩舎サイドからも「あと1~2度使ったら一息入れる」発言がありました。できればこのあたりで勝って貰って、お休みを取って貰いたいと思います。

>その他の競馬の話題

■Karasi(カラジ)が調教中に故障、中山GJ回避、引退へ
http://jra.jp/news/200803/032705.html

 本当に残念です…orz 中山GJは、この春で一番楽しみにしていたレースだったのですが。今年もあの水車鞭が見られると思っていたのに残念でなりません。

(参考:去年三連覇した時の中山GJ)
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm158983

 何と言っても直線の水車鞭が見所。水車鞭自体もそうなのですが、鞍上のスコット騎手は同時に両足の鐙でも追い続けている事に注目。凄い技術です。これを今年も見たかった…。

■土曜日夜はドバイWCです
http://jra.jp/news/200803/032608.html

(出走時間まとめ)
23:15 UAEダービー(D1800)      イイデケンシン
24:55 ドバイデューティーフリー(S1777) アドマイヤオーラ、ウオッカ
25:40 ドバイシーマクラシック(S2400)  日本馬出走なし
26:30 ドバイワールドカップ(D2000)   ヴァーミリアン

 今年はシーマクラシックに出走が無いのが残念ですね。ここが一番日本勢が通用しそうな(実績のある)レースなのですが…。
 ドバイWCは、去年よりは明らかに強くなっているヴァーミリアンがどこまで通用するかが楽しみです。とは言っても、去年は2秒以上も離されていましたし、強敵カーリンがいますし、どうなるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水曜日)

東方諏訪旅行記-2

■きっかけ?及び旅行中の日記(m)
・うちと同名の「桔梗屋旅館」が下諏訪温泉にあった件→休みが取れたので行く事に
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_e57a.html
・初日に現地で書いた日記
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_19bc.html
・二日目、帰ってきた直後の日記
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_5978.html
・諏訪日記1:序文~諏訪までの所要時間
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_d6e4.html


■諏訪のどこに何があるの?

Photo


 諏訪の東方関連史跡ですが、大雑把に見て、こんな感じです。
 適当に(本当に適当に(笑))描いた地図もつけておきます。おおまかな位置関係の把握くらいには役立つのではないでしょうか。

 JRの駅:塩尻-□-岡谷-下諏訪-上諏訪-茅野
 上記の駅が、諏訪湖の周りを回るように、左上-上-右-右下に位置しています。それぞれの駅はものすごく離れているので、徒歩で次の駅に行く…等は無理です。そのため、徒歩ではどうしても電車移動となります。

1.岡谷駅周辺
 洩矢神社、藤島神社

 諏訪大戦で、洩矢神の陣だった場所が、洩矢神社。建御名方命側が、藤島神社。
 それぞれ天竜川を挟んで位置しています。
 駅から各20分程度かかりますし、藤島神社は非常に簡素なので、ここを見学コースに含めるかどうかは、洩矢神社を見たいか次第でしょうか。

2.下諏訪
 下諏訪温泉。非常に東方系史跡の数が多く、ここがメインでしょうか。
 ここは(他と比べれば)近めで、それほど問題なく、徒歩で移動できます。

・諏訪大社下社秋宮…6ボス背景がここ。温泉宿に近く、一番気軽に参拝できる。
・諏訪大社下社春宮…少し遠い場所にあります。
 結びの杉(杉で結ぶ古き縁)、筒粥殿(神の粥、ディバイニングクロップ)
 あと、観光名所?「万治の石仏」も、ここにあります。

 その他、温泉街なので各種温泉が楽しめます。桔梗屋旅館もここにあります。お泊まりの際には是非ともご利用を検討下さい(笑) 温泉街の中心には、オンバシラ・グランドパークもありますよ。
 また、秋宮にほど近い地域で湧き出ている「綿の湯」は八坂姫のお化粧水伝説があります。そのうち温泉宿の一部や、銭湯で綿の湯を使っている所がありますので、入ってみるのも一興ではないでしょうか。
 後は、「赤報隊」の相良総三の墓が歩いてすぐの所にあります。興味のある方はどうぞ。

3.上諏訪
 上諏訪温泉。「上諏訪」とありますが、「諏訪大社上社」の最寄り駅はここではなくて、隣の「茅野」になります。
 各種名所関係が全て駅から離れており、しかもそれぞれバラバラな場所にあります。見学にはかなり時間がかかると思われます。「東方の史跡巡り」という視点からは、もし時間に限りがある場合は「切る」事も考えた方がいいと思います。

・八剱神社
 「御神渡り」が出たときに拝観式を行い、本当に「御神渡り」かどうかを判断する役目の神社。
・手長神社
 「手長様」を祀っている神社。結構山の上です。
・足長神社
 同、「足長様」を祀っている神社。ここだけかなり遠いので行っていません…。

 その他、高島城や間欠泉センター、そして上諏訪温泉宿があります。

4.茅野(ちの)
 「諏訪大社上社」の最寄り駅。両上社と守矢史料館等があります。下諏訪に並ぶ、メインで回るべき所です。
 が、ここも駅から遠いです。位置関係的には、

 茅野駅--諏訪大社上社前宮--守矢史料館--諏訪大社上社本宮

 …となるのですが、それぞれの間がかなり遠いです。それぞれ約10~20分かかります。個人的には、前宮あたりまで駅からタクシーで行った方がいいと思います。
 あと、上記のコースから外れている(全く別の)所に、葛井神社があります。ここをコースにいれるかどうかは時間次第でしょうか。

・守矢史料館
 洩矢神の子孫で、明治まで諏訪大社の神長家(筆頭神官)であった守矢家の史料館。
 守矢家の敷地内に建てられており、現当主の早苗氏から提供された代々伝わる資料が納められている。
 守矢家の解説や「御頭祭」の復元展示等。裏手には「御頭御社宮司(ミシャグジ)総社」がある。
・諏訪大社上社前宮
 ↑の「御頭祭」で使われた十間廊あり。
 境内には御手洗川の源流となる「水眼の清流」が流れている(水眼の如き美しき源泉)。
・諏訪大社上社本宮
 ここが一番遠いですが、関連する史跡がかなり多いです。
 御柱と「目処梃子」の展示(目処梃子乱舞)。
 天竜川の源泉といわれ、雨乞い効果もある「宝殿の天滴」が落ちてくる「天流水社」(お天水の奇跡/雨の源泉)。
 かつて筒粥神事を行っていたが廃れてしまった(下宮では現在も存続)「上宮筒粥殿跡」(アンリメンバードクロップ)。

・葛井神社
 裏手に池があり、大晦日に一年間で神事で使った道具を投げ入れると、元日の朝に遠州(静岡)の池に浮かび上がってくると言われている(葛井の清水)。
 ここだけ、上記3施設とは離れた場所にあるので注意。

5.その他、かなり離れている場所
 徒歩で行くには困難であると考えられる場所です。私は今回徒歩だったので、これらの場所には行っていません。車で現地で行くならコースに入れるのもいいかと思います。

・足長神社
 上諏訪にありますが、かなり離れています。
・御射山社
 茅野より更に先の駅から山に登る必要があります。
・守屋山、守屋神社
 守矢家の後ろに見えているのが守屋山…ではあるのですが、守屋神社(麓にある里宮、頂上にある本宮)共にかなり離れています。里宮には車でないと行けないと思いますし、本宮に上る=登山なので、かなりの時間&労力が必要になると思います。
・七石七木
 現存していないものや、どれがその石なのか諸説あるものがあります。そして、それぞれが全て離れた場所にあります。七石のうち、硯石(こっちは入れない場所からでないと見えないっぽい)と御沓石(一の御柱の後ろにある)が上社本宮にあるので、可能なのはこの二つくらいでしょうか。

その他留意事項
・オンバシラは諏訪大社四社全てにあります。
 というか、現地の祠関係には基本的に全て御柱が立っています。
・御社宮司神社も結構いろんなところにあります。
・「二拝二拍一拝」も大抵の神社で注意書きとして書かれています。


 …さらっと書くつもりが結構長くなってしまいました。
 次回の日記からは、いよいよ旅行の行程に合わせて、各史跡を紹介していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日曜日)

東方諏訪旅行記-1

 3月20日~21日に風神録の舞台(というと語弊がありますが…)である、諏訪まで旅行に行ってきました。
 今日からしばらくの間、この諏訪旅行について書いていきたいと思います。かなりいろいろな事があったので、しばらくはこの連載が続く予定です。というか、例大祭あたりまで?このネタで食いつなぐつもりです(笑)

■きっかけ?及び旅行中の日記
・うちと同名の「桔梗屋旅館」が下諏訪温泉にあった件→休みが取れたので行く事に
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_e57a.html
・初日に現地で書いた日記
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_19bc.html
・二日目、帰ってきた直後の日記
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_5978.html


■序文
 この日記は、私、桔梗屋長月が平成20年3月20日~21日に、一泊二日で行った諏訪旅行について書いた物です。
 東方風神録の各種元ネタを中心に、諏訪にある様々な歴史上の史跡を巡ってきました。今回の日記では、単なる「旅の思い出」だけでなく、それぞれの史跡の情報や、実際に行かれる際の留意点などについても書いていこうと思います。
 この日記が、今後東方関係で諏訪を巡礼される方の参考になれば。皆さんが楽しい旅行になるための一助となれば幸いです。

 また、この日記や、実際に諏訪に行かれる事で、諏訪の歴史や神話などに興味を持っていただければ幸いです。風神録を初めとして「東方Project」には歴史的なものを中心に、様々な元ネタがあります。これらを知ることで、より、東方に対する愛着も深まりますし、逆に、元ネタとなる史跡や歴史、神話に対する興味も深まると思います。本文がその一助となればと思います。

 この文章を読んで(元々風神録や守矢一家が好きな人しか読まないような気もしますが…)、諏訪を訪問し、その結果、守矢一家(特に早苗さん)が好きになっていただければ、筆者としてこれ以上の喜びはありません。
 皆さんが描かれた守矢一家(特に早苗さん)の絵や文章が、私にとっては大きな心の糧、原動力となるのです。

※文章が長いですが、最も言いたいことは最後の一文です(笑)

■今回の旅程:()付きは東方と関係ないもの

[初日] 平成20年3月20日
 守矢資料館、諏訪大社上社本宮、諏訪大社上社前宮、葛井神社、諏訪大社下社秋宮、綿の湯、(桔梗屋旅館)、(オンバシラ・グランドパーク)、(現地の銭湯数カ所)

[2日目] 平成20年3月21日
 (現地の銭湯数カ所)、諏訪大社下社秋宮、綿の湯、(桔梗屋旅館)、(オンバシラ・グランドパーク)、(魁塚[相良総三墓])、諏訪大社下社春宮、(万治の石仏)、手長神社、八剱神社、(高島城跡)、洩矢神社

■諏訪までどれくらい掛かるの?

 私は関西人ですので、関西から行くのを前提として書かせていただきます。
 関東の方については知りません(笑) 東京から直通列車があるみたいなので、明らかに関西から行くよりは楽だと思います。あと、車についてもよくわかりませんので、その辺りは他の方のレポを見て下さい(無責任)。

 で、その関西から行った場合ですが、大雑把に書くと、こんな感じです。
 【新大阪】-1時間-【名古屋】-2時間-【塩尻】-30分-【諏訪】

・新大阪~名古屋:新幹線
・名古屋~塩尻:特急「しなの」
・塩尻~諏訪:普通列車。駅は、塩尻-□-岡谷-下諏訪-上諏訪-茅野

 上記に、それぞれ皆さんの地元からの時間を足していただければいいと思います。
 が! それぞれの列車の乗り換え時間、待ち時間が非常に長いです。もう1~2時間くらいは見ておく事をお薦めします。
 特に、名古屋から塩尻に向かう特急は1時間ヘッドですし、塩尻からの「JR中央本線」も列車が来る間隔が長く、昼でも30分以上次の列車が来ない事があります。
Photo

(写真は、現地で撮ってきた時刻表です。「一日で」これだけしか列車が来ません…)

 この「列車が少ない」というのが、日頃大阪で数分おきに来る列車に慣れた身には、本当に驚きでした。諏訪と言えば地方都市ですし、東京と直結されているのに、こんなに電車が少ないなんて…。
 そんなわけで、時間的にゆっくりした日程を組むか、時刻まできっちり調べるか、どちらかが必要になって来ます。分刻みのスケジュールを組んでいたら、一本乗り過ごすと取り返しの付かない事になります(笑)

 あと、余談ですが、個人的に「列車の扉を自分で開けなければならない」のも今回初体験でした。予め知識として知らなかったら、ずっと扉の前で突っ立っていてもおかしくない所でした。知ってて良かった…。


 ちなみに、お金ですが、上記のルートでおよそ1万円弱です。
 電車以外にも「松本空港まで飛んでくる」という、飛行機という手段もあるのですが、行き先が伊丹、福岡、札幌しか無い上に、割高です。今回の旅行でも検討したのですが、春休み料金期間のため一切の(往復料金すら)割引が使えず、大阪から片道2万3千円!というすごい料金です。ちなみに往復料金が使えても、片道1万9千円とかです。
 個人的に私は特にこの手の移動に関しては「お金で時間を買う」派なのですが、それでもここまで違うと空路を使う気にはならないです。しかも車で来ることを前提にしているようで、鉄道とも連絡していませんし、列車か車で来た方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の競馬結果

 7頭が出走した今週の桔梗屋軍団でしたが、2勝してくれた反面、3歳デビュー馬2頭がいずれも惨敗という悲喜こもごもの結果でした。

 まずは「悪い方」の話題から。
 今週デビューした、ライヴリーデイズ、シルクアルバス共に7秒以上も離された最下位で惨敗、勿論タイムオーバーが付くという悲惨な結果でした。
 両頭共に初戦からいきなりはどうかとは思っていましたが、先々は勝ち上がってくれる可能性が高いと思っていただけに、大変ショックです。
 ライヴリーデイズの方は、3角で何かあって止めた様な感じでした(…が、結果的には何事もなくゴールしている)ので、レース後のコメントを見ないと何とも言えません。気性面の問題でしょうか。こちらは、3角まではいい感じで先行していましたし、今回起こった「何らかの問題」とその解決次第では今後巻き返しの目は十分あると思います。
 対するアルバスの方は、スタートで出負け→そのままずっと離れた後方→そのまま大差の最下位で終了なので、正直今回の内容ならどうしようも無いです。
 二頭ともタイムオーバーを食らったので、次走は最低でも一月後になります。何とか次走で少しでも巻き返して欲しいところですが…。

 それにしても、(他の馬も勿論そうですが)この2頭は「勝ち上がりの可能性が結構高い」馬として見ていたので、大変残念です。既デビューでまだ勝ち上がっていない馬では、冷静に見れば何とかなりそうなのはアンタイド(こちらも骨折中ですが)のみという状態です。
 残る未デビューのシルキーリリーには、何とか頑張って欲しい…。


 そして、「良い方」の話題をして、希望を持って終わりたいと思います(笑)

 まずは、ギャロップの障害未勝利圧勝。先頭で走っている間、絶え間なく後続が絡んでくるというきつい展開でしたが、直線では突き放しての圧勝でした。クラスが上がっても楽しみです。
 そして、障害は未勝利を勝てば即OP…ということで、これで、桔梗屋史上初の古馬オープン馬の誕生という事になりました。今後無事に行ってくれれば、障害重賞を走ることも当然あると思います。今後が非常に楽しみです。

 そして、ヘラクレスが500万下で先行抜け出しでの勝利。正直驚きました。今回は距離も伸びて相手関係が強くなっていたので、ここで掲示板に載ってくれれば、今後も500万でやっていけるな~くらいの目で見ていましたので、本当に驚きです。未勝利勝ちが地方交流で辛うじて…という感じだったので、まずは500万下で定着が課題、という目で見ていたのですが、僕が思っていた以上に馬が成長していたようです。
 今後は1000万下での戦いとなりますが、今回の競馬ができるようなら、案外通用するのではないかと思っています。それに、夏になれば再度500万下に降級しますし…。どちらにせよ、今後の楽しみが増えました。

 あとの出走馬ですが、
イリス:やっぱり芝短距離は忙しい? 条件次第ならやっていけそう
パスワード:一年近くの休養明けで、ほとんど仕上がっていない状態で今回の内容は上出来。今後に期待
ドラグーン:自身も33秒台の脚を使っているので今回の結果はやむなし。道中の位置取りには疑問が残りますが…。というか、今週も特別登録してますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金曜日)

目処写真乱舞

【目処写真乱舞】
 旅先でとりあえず写真を撮ること。ここぞというポイントでは三歩歩く毎に写真を撮ること。
 …今のデジカメって、何千枚も撮影出来るんだから、それだけ撮りたいと思いますよね(笑) でも、大抵はメモリが一杯になる前にバッテリーがヘタるという…
 撮った写真を数えたら1000枚を越えていました。整理するのが大変だ…。


 …というわけで、無事戻って参りました。

Suwa012

写真1:下諏訪にある諏訪大社下社秋宮。6面背景のところですね。
Suwa022

写真2:これがオンバシラ・グランドパークだ!!  ……………。
Suwa032

写真3:洩矢神社は神社そのものがパターゴルフ場と融合していました。土着神の底力ってすごいなぁ…。


 疲れましたが、楽しい二日間でした。いろいろと回ってきましたので、今後暫くは諏訪探訪日記を書いていきたいと思います。
 でも、今日は疲れたので寝ます…_| ̄|○

>回ってきた所:()付きは東方と関係ないもの
[初日]
 守矢資料館、諏訪大社上宮本宮、諏訪大社上宮前宮、葛井神社、諏訪大社下宮秋宮、綿の湯、(桔梗屋旅館)、(オンバシラ・グランドパーク)、(現地の銭湯数カ所)
[2日目]
 (現地の銭湯数カ所)、諏訪大社下宮秋宮、綿の湯、(桔梗屋旅館)、(オンバシラ・グランドパーク)、(魁塚[相良総三墓])、諏訪大社下宮春宮、(万治の石仏)、手長神社、八剱神社、(高島城跡)、洩矢神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春ですよー桔梗屋七連撃

>今週のあらすじ
 シルキーリリーがゲート試験合格。春ですよー
 リーガルアミューズが放牧に。
 土日で7頭も出走!

>その他情報
 土曜中京メインにヤマニンエマイユ(母ヤマニンザナドゥ)出走。
 土曜中山10Rに悪霊夢が連闘で出走。
 日曜阪神10Rにフランちゃんが出走。
 日曜阪神最終にバトルサクヤビメが出走。


 そんなわけで、今週は7頭も出走します。
 本来なら一頭ずつ出走情報を書くのですが、今日は旅の疲れでへろへろなので、一言ずつとなります…orz
 願わくば、明日明後日と我が愛馬が大活躍してくれて、旅の疲れを吹き飛ばしてくれますように…。

>今週の桔梗屋出走馬[H20:23-29]

◇土曜中山4R 3歳新馬(D1800)  ライヴリーデイズ号出走 11:30
◇土曜阪神4R 障害未勝利(H2970) シルクギャロップ号出走 11:40
◇土曜中京6R 500万下(D1700)   シルクヘラクレス号出走 12:40
◇土曜中京8R 500万下(S1200牝)  シルキーイリス号出走  13:45
◇日曜阪神2R 3歳未勝利(D1800) シルクアルバス号出走  10:40
◇日曜阪神8R 1000万下(D1400)  シルクパスワード号出走 14:00
◇日曜中京11R トリトンS(S1200) シルクドラグーン号出走 15:25

・ライヴリーデイズ
 厩舎は「叩いてから」的な発言。時計は出ており、新聞では妙に印が重い。
・シルクギャロップ
 メンバー的に勝てるチャンスはかなりある。有力ライバルは2頭か。期待大。
・シルクヘラクレス
 前走よりも相手が強い。距離延長の効果が出るか?ここで掲示板が確保できれば今後に目処が付くが…。
・シルキーイリス
 前走よりは良化している模様。芝短距離の適性が鍵に。
・シルクアルバス
 新馬戦を除外され、未勝利デビューに。対戦相手のレベルは比較的低いが…。
・シルクパスワード
 除外狙いの筈が通っちゃった一戦。相手は強そう。得意コースでどこまで。
・シルクドラグーン
 力自体は十分にあるが、前走から巻き返せるかが鍵。距離短縮で激走期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木曜日)

諏訪探訪初日

 とりあえず、すわっと初日が終了しました。
 写真1~2がとりあえず初日の目玉?となる写真です。
Uos21
Up22

 初日で茅野に行き、諏訪大社上社(本宮と前宮)+守矢史料館を回ったわけですが、想像以上にそれぞれが離れていて、しかも駅から遠く、ほぼこれだけで半日使ってしまいました。
 下諏訪でもいろいろ回るつもりだったのですが、着いたのが6時過ぎで、暗くなっていて殆どのお店が閉まっていました。とりあえず暗いながらも何カ所か回り、温泉にも入ってきましたが、まだまだ未消化。まだ上諏訪にも行ってないですし、明日一日でどこまでいけるかですね。
(のんびり回ろうと思えば、やはり2泊必要なようです)

 そんなわけで、明日もいろいろ回って来ます。


 写真3はホテルでの風景?です。
Up238

 このページの更新も、ホテルからネット接続で行っています。旅先で使おうと導入した財布(工人舎のSA1F)ですが、大いに役に立ってくれています。やや動作が重いものの、普段とほとんど同じ環境で旅行ができるのはありがたいことです。

 あと、何気に今週末はうちの出資馬が7頭も!出走するようですね。楽しみではありますが、明日帰ってからの更新が大変そうだ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火曜日)

諏訪子に行って来ます

 そんなわけで、突発で休み&宿が取れたので、木曜日から諏訪湖に行って来ます。
(宿は桔梗屋旅館じゃなくて普通のホテルですけど…)

 突発で遠征を決めたのでどこまで回れるか判りませんが、いろいろ見て来たいと思います。帰ってきたらレポを上げる予定です。
 とりあえず、今回は初回ということで、今回の経験で現地情報を仕込んで、いずれ改めて(例大祭あたりと組み合わせて)もっと長い行程で行ってみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日曜日)

そうだ、桔梗屋旅館に行こう

 改めて言うまでも無いのですが、うちのHP名は「隆山温泉・桔梗屋旅館」です。
 「隆山温泉」は地名なので、「桔梗屋旅館」がHP名称という事になります。

 さて、この「桔梗屋旅館」なのですが、ぐぐっていただくと判るのですが、流石にネット上に桔梗屋はうちの所だけ!…というわけでは無く、もう一つ、実在の「桔梗屋旅館」という旅館があります。
(正確には一つだけでは無いのですが、現時点ではうちとそこの桔梗屋旅館がネット上では二大勢力?になっています)

 ネット検索すると、うちと、そこの「桔梗屋旅館」が上位で入り乱れている……という怪しげな状態がここ何年も続いていたりします。

 で、向こうの「桔梗屋旅館」のHPを見ると、何と創業300年(!)。うちも一応創業十年の(ネット上では)老舗ですが、全く歯が立ちません(というか、ネット上でも「向こう」の方が先にあった様な気がする……)。

 そんなわけで、この桔梗屋旅館は前々から気になる存在でして、もしうちが18禁に走ったら訴えられないかな(笑)とか、何とかネット検索で最上位をこっちが取れる様に頑張りたいな……という感じでそれなりに意識はしていました。
 何時の日か、実際に泊まりに行ってみるのも一興かとは思っていたのですが、旅館の位置が「信州のどこか」という(当時は)それ程興味の無い場所だったので、そこまでする気は特にありませんでした。


 ……………が!


 最近、久しぶりに近況でも調べてみようと、「桔梗屋旅館」をぐぐって、「向こう」の桔梗屋旅館を見てみたのですが……。

 「信州・下諏訪温泉・桔梗屋旅館」
 http://www.kikyouya-shimosuwa.com/


 ……すわわっ!?
 すっ、すわこ!?

 びっくりして、HPとか周辺地図とかを見てみると、場所が諏訪湖や諏訪大社のすぐ側。旅館のすぐ近くには「オンバシラ・グランドパーク」とか言う謎の施設(笑)まであります。
 しかも、HPのトップページでは普通に「御神渡り」の説明とか載ってますよ!?
(春になったためか、今は記事が差し替わっています)

 おまけに、宿の温泉の説明を見ると、
「ヤサカヒメのお化粧水の伝説を持つ」温泉という説明まで出ています。
(桔梗屋だけでなく、その周辺の「綿の湯」そのものが八坂姫のお化粧水伝説の湯らしいです)

 http://aruki.suwa.ne.jp/030/

 こ……これは……行くしかない……


 何時の日か、風神録の舞台?である諏訪には探訪旅行に行きたいと思っていたのですが、まさか、そのお膝元に桔梗屋旅館があるとは(しかも前々から気になっていた所だとは)思いませんでした。こんな偶然というか、不思議な縁があるものなのですね。びっくりしました。やはり早苗さんとは赤い糸で繋がってr(ry)

 …そんなわけで、時間が出来たら一度、桔梗屋(か、他の下諏訪温泉の旅館)で一泊しての諏訪取材・探訪旅行に行ってみようと思います。
 そんなわけで、もう暫くしたら「桔梗屋の桔梗屋旅行」という訳の分からないタイトルの記事が載るかも知れません(笑) 楽しみにお待ち下さい。

 問題は、この宿、一人では泊まれない事なんですよね。どうしたものか…。せめて、外来で温泉だけでも入りたいものですが、やってないっぽいですし。とりあえずいろいろ調べてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金曜日)

ファルコンS(G3)に出走!

>今週の出資馬近況
 パスワードが帰厩。
 ゾディアックが栗東の近場(宇治田原)に移動。
 リリーがゲート試験を受けるも不合格。新馬デビュー無理っぽい
 残る未デビューのアルバス、ライヴリーデイズは来週デビュー予定。
 先週デビュー戦12着のスイーティーが天栄に放牧に。近場放牧でなく天栄送りなので、放置(か長期休養かローカル待ち)の予感がする…。
 屈腱炎フラグ?と思われたウィザードは問題ない事が判明。
 先週大敗したドラグーンはペースが原因らしい。調子落ちも無く続戦の意向。


>今週の桔梗屋出走馬[H20:21-22]
 今週は土曜日に2鞍です。何と言っても重賞、ファルコンSですよ旦那!

■土曜阪神3R 3歳未勝利(D1400) シルクムーンダスト号出走 11:10
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200809010503

 未勝利戦にムーンダストが出走します。
 …何と言っても、タイムオーバー明けなので強気な事は言えません。前走で馬券に絡んだ馬が3頭いるので、いきなり上位に入るのもどうかと思います。ただ、その他の馬は前走で大敗している馬が多いので、あわよくば8着以内には入ってくれないかと期待しています。まずは今後に繋がる走りを。とりあえず距離短縮効果に期待でしょうか。どうか連続でTOになりませんように…。

■土曜中京11R ファルコンS(G3:S1200) リーガルアミューズ号出走 15:30
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200807010511

 先週のはなのき賞で7着だったリーガルアミューズが、何と連闘でG3、ファルコンSに出走してきました。
 正直、メンバーはG3としては弱い(ように見える)のですが、それでもリーガルアミューズがここで通用するかは別問題です。今回は、中京1200という、前走と全く同じ条件です。500万下7着だった馬が同じ舞台のG3で通用するのか、と言えば、一般的には答えはNo。まず通用しないと思います。
 ただ、リーガルアミューズにとっていくつか明るい条件はあります。
 前走は7着とは言え、直線で不利を受けての結果であること。それでも0.4秒差に来ている事。過去の重賞2回の惨敗が目立ちますが、いずれもマイル戦での事で、短距離ではこれまで大きく崩れていない事。このあたりを考えると、案外狙い目では無いかと思います。
 人気も無いと思いますし、ここは大駆けを期待したいですね。何とか一桁着順くらいはいけるのではないかと期待しています。

 …それにしても、(僕は出資していませんが)今後ダート路線で大活躍してくれると期待していたシルクビッグタイムがまさかここに出てくるとは思いませんでした。この時期にダートの適鞍が無いからなのですが、レースが無いためにこの路線を選ばざるを得ない状況はどうなのかなと思います。地方にダートG3の一つでも作ればいいのに…。
(個人的には、シルクビッグタイムは芝でも走ると見ています)

【桔梗屋、重賞制覇への道】
1.H15.3.22 フラワーC(G3)  カンパーナ  16着/16頭(12人)4.6秒差
2.H15.3.29 毎日杯(G3)    ボンバイエ  12着/13頭(2人)2.1秒差
3.H17.5. 7 京都新聞杯(G2)  トラベラー  13着/15頭(11人)1.7秒差
4.H17.8. 7 函館2歳S(G3)  ドラグーン  11着/12頭(6人)2.0秒差
5.H18.9.18 ダービーGP(GI) ウィザード  5着/14頭(4人)0.8秒差
6.H19.9. 2 小倉2歳S(G3)  ストレングス 9着/12頭(3人)1.3秒差
7.H19.9. 2 新潟2歳S(G3)  Rアミューズ 15着/18頭(12人)1.4秒差
8.H20.2.23 クイーンC(G3)  Rアミューズ 13着/16頭(15人)1.3秒差
9.H20.3.15 ファルコンS(G3) Rアミューズ 14着/18頭(10人)1.0秒差 ←New
(追記:↑に結果を追加しました。ううむ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水曜日)

東方SSこんぺのお薦め作品

 昨日分の更新で、東方SSこんぺ投稿作「最後の写真」をこのBlogにもUPしました。読んでいただければ嬉しいです。

■「最後の写真」本文 (H20.3.11UP)
http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_b6d7.html

■後書き1(結果発表時/発表前)
http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_e5ee.html

■後書き2(結果発表後のレス等)
http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_237f.html

■「東方SSこんぺ」のページ
http://thcompe.hp.infoseek.co.jp/

 さて、今回は、東方SSこんぺで個人的に好きな作品、良かったと思った作品について紹介したいと思います。こんぺは本当に良作の宝庫です…。

 …で、お勧め作品なのですが、とりあえずは、うちのSSを除く(笑)上位10位までの作品全部(個人的に「良かった」と思った作品はほとんど順当に上位に来ていました)なのですが、このあたりはこんぺのページを見に来られた方は結果発表一覧から見て、きっと読みに行かれると思いますので、今回は、それ以外の作品から個人的に特にお勧めの作品を何点か挙げたいと思います。
(というより、こんぺは本当に良作の宝庫です。読みに来られた方はきっとSSが好きだと思いますし、できれば全作読んでいただきたいです)

>「妖精と、やさしいきかい。」
 「物語としては」今回のこんぺ投稿作で一番良かったと思う作品。お題との絡みの弱さと、おじいさん(オリキャラ)強すぎ、少し話が長い…と「こんぺの作品としては」やや評価が下がる結果となってしまいましたが、個人的にはこれが一番好きな作品です。
 物語全体に漂う、この暖かい雰囲気、優しい空気。これこそが、僕が常々自分のSSに入れたいもの、伝えたいと願っている(そして、できているか疑わしい)ものです。こんな文章を書けるなんて、本当に素晴らしい。そして羨ましい…。

>「椛、指す!」
 お題の「きかい」が「棋界」と取れる事もあり、今回は何点か将棋ネタがありましたが、良い作品が多かったと思います(個人的には、今回「蓬莱に駒、半獣に薬」が一位だと予想していました)。
 その中で一番好きだったのが、この「椛、指す!」です。前半が少し長めだったのと、最後でもうひと盛り上がり欲しかったですが、こういう少年漫画的で王道な話は大好きです。

>「夢現、北斎百景夢百景」
 秘封倶楽部の雰囲気がとても良いです。でも、後書きが(笑)
 作者様のサイトを見に行ったら、実質3時間で作成したと書かれていてびっくりしました。推敲を(たぶん)殆どせずにこの水準の文章が書けるなんて、本当にすごいなぁ…。


>「くるくる歯車」
 「きかい」を文字通り「機械」と正面から取り上げた作品では、これが一番好きです。こんなにとりもいいですね。読後感が非常にいいです。
 今回のこんぺ、オリキャラが登場する作品が結構ありましたが、どの作品に出てくるオリキャラもいい味を出していて、良作が多かった気がします(というか、1位の作品もそうですし)。場合によっては敬遠されるオリキャラですが、やっぱり料理次第で違ってくるものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火曜日)

「最後の写真」(第5回東方SSこんぺ 投稿作品)

「最後の写真」
(東方Project 東風谷早苗SS)
(初出:H20.2.10 「第5回東方SSこんぺ」に投稿:第7位/62作品)

続きを読む "「最後の写真」(第5回東方SSこんぺ 投稿作品)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日曜日)

「最後の写真」(第5回東方SSこんぺ投稿作)後書き&レス

※SS「最後の写真」のアドレスは↓です。
 http://thcompe.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/anthologys04/anthologys.cgi?action=html2&key=20080210220457


 東方SSこんぺは初参加になります、長月と申します。
 この度は限られた時間の中、「最後の写真」に感想を寄せていただき、本当にありがとうございました。第7位という高い評価をいただいた事も勿論ですが、こうして沢山の感想、ご意見を寄せていただいた事が、何よりの励みとなりました。

 それでは、指摘をいただいた点を中心に、レスをさせていただきたいと思います。

(結果発表前に書いた後書きが↓にありますので、お気が向けばそちらも読んでやって下さい)
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/03/post_e5ee.html

続きを読む "「最後の写真」(第5回東方SSこんぺ投稿作)後書き&レス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金曜日)

天狗嬢じゃ無かった(今週の競馬日記等)

 こんぺの感想文等を書こうかと思っていたのですが、他の方の作品を読みふけってしまって、なかなか進みません。今週末~来週には何とかしたいものです。

>早苗さんに電気笛を吹いてもらった
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2457513

 早苗さん、可愛いよ早苗さん!

 電気笛が面白そうだったので、安かったら買おうかな~と思ってチェックしてみたのですが…。楽器って高いですね。


>今週の競馬日記

 現3歳に「テングジョウ」という馬がいて、前走で新馬勝ち→土曜日の中山7Rの500万下に出走予定なのですが、

「テングジョウって何? 天狗嬢? 馬主さんが射命丸さんのファンですか?」

 …と思って調べてみたら、馬名の由来は天狗嬢じゃなくて「天具帖」なんですね。薄い和紙の事なんですけど、どちらにしても馬に付ける名称では無いような…。
 とりあえず、日曜阪神最終に出走のバトルサクヤビメ共々応援したいと思います。


>今週の出資馬動向
 パスワード、イリスが土曜日に帰厩予定。
 ウィザードが栃木から栗東の近場に移動。復帰がいよいよ近づいた…のですが、牧場サイドが微妙に気になる発言をしている。屈腱炎フラグ?
 ストレングスはソエが出て放牧に。
 イグニションが脚元に不安を発生、そのまま引退に…orz 勝ち上がれなかったけど、17戦も走ってくれて、精神的には十分元を取ってくれました。お疲れさま。


>桔梗屋新馬紹介:シルクスイーティー

【シルクスイーティー】(5-72)(Sweetie=恋人)
 父:*カリズマティック
 母:*シルキーグランス(母父Kingmambo)
 平成17年4月27日生 牝 栗東:藤原厩舎 募集価格1800万円

http://db.netkeiba.com/horse/2005105745/

 出資馬で、現在準OPで活躍しているシルクアルボーレの妹です。
 父カリズマティックは米二冠馬で、この世代が国内産の2年目で、募集当時には未知数な種牡馬でした(ストームセイコーが○外として重賞を制しましたが、障害でしたし…)。現時点ではウインルーセントやニシノコンドコソあたりが出世頭ですが、まだ重賞級は出ていないというのが現状です。

 しかし! この馬に出資した最大の理由は種牡馬ではなく、母系…母シルキーグランスの極めて高い繁殖能力です。アルボーレをはじめ、これまで産んだ産駒は5頭。その全てが中央でデビューを果たして勝ち上がっているという素晴らしい成績。順当に行けば妹であるこの馬もほぼ間違いなく勝ち上がれるだろうという期待が持てます。
 更に、兄アルボーレと同じく藤原厩舎である事も強みです。
(同様の理由で一つ下のタニノギムレット産駒:シルキールンバにも出資しています)

 募集時~2歳時には身体が小さくて敬遠され、満口にはなりませんでしたが(200口残)、ここに来て成長してきている様です。活躍が楽しみです。


>今週の桔梗屋出走馬[H20:17-20]
 かなり強力な布陣が揃いました。
 できれば1つは勝ちたいところですね。

■土曜阪神7R 4上500万下(D1200) シルクヘラクレス号出走 13:30
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200809010307

 前走、交流戦で2着といい所を見せてくれたヘラクレスが登場します。
 …ここまで好走したのが交流戦だけなので余り強気にはなれないのですが、得意のダート短距離ですし、強そうな2頭以外は軽めのメンバー+出走馬が11頭しかいない…といい条件が揃っています。できればここはそこそこの着順に入って貰って、今後に繋げて貰いたいところです。

■土曜阪神10R 武庫川S(S1600) シルクドラグーン号出走 15:10
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200809010310

 前走、ダート変更で不本意な結果に終わったドラグーンが再度準OP突破に挑戦します。
今回は相手関係は準OPとしてはかなり軽めで、かなり大きなチャンスだと思います。一番の焦点が、マイル戦に対応できるかです。過去に一度だけ走った際には11着に敗れています。
 しかし、当時よりは成長していますし、1400であれだけの競馬が出来ることからも、今なら十分対応可能だと思います。後は道中で掛からずに溜めていけるかですね。ここで好走できればレースの幅も広がりますし、是非ともいい結果を見せて貰いたいと思います。

■土曜中京10R はなのき賞(S1200) リーガルアミューズ号出走 14:55
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200807010310

 前走で重賞に挑戦したリーガルアミューズが自己条件戦に挑みます。
 前走(マイル戦)がいかにも距離が長いと思わせる結果でしたし、休養開け初戦で一つ叩けば…という感じでした。今回は距離短縮、叩き二走目と好走の条件が揃っています。巻き返してくれる可能性は高いと思います。
 問題は、相手がかなり揃っている事ですね。前走500万で馬券に絡んだ馬だけでも4頭もいます。ここで通用する様なら、今後の期待も高まるのですが…。

■日曜阪神5R 3歳新馬牝(D1400) シルクスイーティー号出走 12:30
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200809010405

 上の紹介記事で取り上げたスイーティーのデビュー戦です。
 血統的にはいけると思うのですが、まだ体質が弱くてそれほど追い切り本数をこなしていないのがどう出るかですね。いずれは必ず勝ち上がってくれると思いますが、ここでいきなり勝てるかどうかは未知数です。とりあえずは、今後に期待できる走りを見せて貰いたいと思います。

>追加出資予定

 公式HPにて産地馬体検査の予定が発表された、シルクメビウス(6-51:ステイゴールド×チャンネルワン)に追加出資を行う予定です。
 父ステイゴールドはGI馬を出しましたし、姉タガタメは地方の名馬(中央転入後苦戦していますが…)。一つ上の兄コスモサレオスも現在3歳OP馬とかなり優秀です。早期デビューが見込めそうですし、楽しみにしています。

 それにしても、この馬の姉「タガタメ」。
 最初名前を見たときは「何やねんこの名前は。タガメの一種か何か?」と思っていたのですが、実況時のアクセントで気が付いたのですが、実は「誰(た)がため」なんですね。
 それが判ってからは、一気に格好いい&速そうな名前に見えるようになりました。

 我が出資馬、弟のシルクメビウスにも加速装置が付いている事を願っています。
(タガタメの馬名の由来自体は009ではなくて、別の歌手の曲名ではありますけど…)


 それにしても、弥生賞やチューリップ賞の名前を見ると「いよいよ春だな」という気分になりますね。
 …馬券にも春が来てくれたらいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日曜日)

実は東方SSこんぺに参加していました

■第5回東方SSこんぺ お題「きかい」(「きかい」の解釈は自由)
 http://thcompe.hp.infoseek.co.jp/

◇投稿作品:「最後の写真」 東風谷早苗&河城にとりSS


 朝起きてみると、結果が発表されていたので見てきました。

 ……………。
 …ど、どうしよう……。

 …ということで、大変光栄な事に、第7位という評価をいただく事ができました。
 読んでくださった皆さん、そして採点し、感想をつけて下さった皆さん、本当にありがとうございました。
 早苗さん…僕、頑張ったよ! 掲示板に載った(10着以内)よ!

 いや、本当にびっくりです。
 そして、30件以上も感想をつけていただいて本当に驚いています。有り難い事です。
 これからじっくりと読ませていただいて、少しずつレスや結果を見ての感想、そして(期間中に他の作品に採点する事ができなかったので…)他のお勧め作品についてなどを書かせていただきたいと思います。

 …それにしても感想をざっと読むと、やっぱり何気なく書いた「後書き」のアレが微妙に影響を与えている様な気がします。これ…明らかに、後書きでポイント下がってますよね(汗) これがなければ順位が上がる…のは無理でも、単独7位は行けたかもしれません。
 おのれ……! 許さん、許さんぞ、射命丸!(笑)
(次の機会があれば、余計な事は書かない事にしよう…orz)

※以下の部分は、予め(結果発表前に)書いていた、今回のSSに対する後書きのようなものです。
(結果発表はもっと遅い時間だと思っていたので、発表までのギャップになる時間に投下する予定の文章だったのですが、まさか0時に結果発表されるとは誤算でした…)
 発表後の結果を見ての所感、感想についてのレス等については、改めて書きたいと思います。

 …というわけで、実は第5回東方SSこんぺに参加していました。
 かなり久しぶり(「第2回かのんSSこんぺ」以来って、何年ぶりだ(汗))に参加したのですが、やっぱり(大変ですが)楽しいですね。
 当時とは違って、「お題」があった事もあり、限られた時間の中、いろいろ頭を捻りながらSSを考えるのは、大変ではありましたが楽しいものでした。
 また可能で有れば次回以降も参加したいですね。

 ……ということで、とりあえず自分自身での今回のSSに対する感想、反省点などを書いていきたいと思います。
 言うまでも無くSSについてのネタバレ全開です。SSこんぺからここに飛んでくる方がほとんどだとは思うのですが、もしSSを未読の方がおられましたら、出来ればSSを一読していただいてから読んでいただけると嬉しいです。

続きを読む "実は東方SSこんぺに参加していました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »