« ファルコンS(G3)に出走! | トップページ | 諏訪子に行って来ます »

2008年3月16日 (日曜日)

そうだ、桔梗屋旅館に行こう

 改めて言うまでも無いのですが、うちのHP名は「隆山温泉・桔梗屋旅館」です。
 「隆山温泉」は地名なので、「桔梗屋旅館」がHP名称という事になります。

 さて、この「桔梗屋旅館」なのですが、ぐぐっていただくと判るのですが、流石にネット上に桔梗屋はうちの所だけ!…というわけでは無く、もう一つ、実在の「桔梗屋旅館」という旅館があります。
(正確には一つだけでは無いのですが、現時点ではうちとそこの桔梗屋旅館がネット上では二大勢力?になっています)

 ネット検索すると、うちと、そこの「桔梗屋旅館」が上位で入り乱れている……という怪しげな状態がここ何年も続いていたりします。

 で、向こうの「桔梗屋旅館」のHPを見ると、何と創業300年(!)。うちも一応創業十年の(ネット上では)老舗ですが、全く歯が立ちません(というか、ネット上でも「向こう」の方が先にあった様な気がする……)。

 そんなわけで、この桔梗屋旅館は前々から気になる存在でして、もしうちが18禁に走ったら訴えられないかな(笑)とか、何とかネット検索で最上位をこっちが取れる様に頑張りたいな……という感じでそれなりに意識はしていました。
 何時の日か、実際に泊まりに行ってみるのも一興かとは思っていたのですが、旅館の位置が「信州のどこか」という(当時は)それ程興味の無い場所だったので、そこまでする気は特にありませんでした。


 ……………が!


 最近、久しぶりに近況でも調べてみようと、「桔梗屋旅館」をぐぐって、「向こう」の桔梗屋旅館を見てみたのですが……。

 「信州・下諏訪温泉・桔梗屋旅館」
 http://www.kikyouya-shimosuwa.com/


 ……すわわっ!?
 すっ、すわこ!?

 びっくりして、HPとか周辺地図とかを見てみると、場所が諏訪湖や諏訪大社のすぐ側。旅館のすぐ近くには「オンバシラ・グランドパーク」とか言う謎の施設(笑)まであります。
 しかも、HPのトップページでは普通に「御神渡り」の説明とか載ってますよ!?
(春になったためか、今は記事が差し替わっています)

 おまけに、宿の温泉の説明を見ると、
「ヤサカヒメのお化粧水の伝説を持つ」温泉という説明まで出ています。
(桔梗屋だけでなく、その周辺の「綿の湯」そのものが八坂姫のお化粧水伝説の湯らしいです)

 http://aruki.suwa.ne.jp/030/

 こ……これは……行くしかない……


 何時の日か、風神録の舞台?である諏訪には探訪旅行に行きたいと思っていたのですが、まさか、そのお膝元に桔梗屋旅館があるとは(しかも前々から気になっていた所だとは)思いませんでした。こんな偶然というか、不思議な縁があるものなのですね。びっくりしました。やはり早苗さんとは赤い糸で繋がってr(ry)

 …そんなわけで、時間が出来たら一度、桔梗屋(か、他の下諏訪温泉の旅館)で一泊しての諏訪取材・探訪旅行に行ってみようと思います。
 そんなわけで、もう暫くしたら「桔梗屋の桔梗屋旅行」という訳の分からないタイトルの記事が載るかも知れません(笑) 楽しみにお待ち下さい。

 問題は、この宿、一人では泊まれない事なんですよね。どうしたものか…。せめて、外来で温泉だけでも入りたいものですが、やってないっぽいですし。とりあえずいろいろ調べてみたいと思います。

|

« ファルコンS(G3)に出走! | トップページ | 諏訪子に行って来ます »

東方」カテゴリの記事

東方紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/40521614

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、桔梗屋旅館に行こう:

« ファルコンS(G3)に出走! | トップページ | 諏訪子に行って来ます »