« 東方諏訪旅行記-4 守矢史料館(前編):守矢史料館の概要 | トップページ | 東方諏訪旅行記-5 守矢史料館(後編):守矢家の過去と現在 »

2008年4月10日 (木曜日)

儚月抄と諏訪子と春告精

 日本橋で、東方儚月抄の単行本を買ってきました。

 ざっと見てみましたが、REX掲載当時と比べてかなり加筆修正が入っていますね。REXと見比べると、全体的に表情が柔らかくなっている感じで、個人的にはとてもいい感じだと思います。単行本の表紙だけでなく各種の特典でかなり数多くカラー画を描き下ろしている様ですし、今回、秋★枝さんは本当に頑張ってるなぁ…。
 これまで一部の同人誌の表紙ぐらいでしか秋★枝さんのカラー画を見る機会が無かったわけですが、カラー画も本当にいい感じですね。
 単行本発行前後の多忙期で本当に大変だったと思いますが、これからも体調に気を付けて、REXの連載や東方の同人、そしてその他の連載など、これからもいい作品を生みだして欲しいと思います。

 まあ、こんな辺境の地の日記をご本人が見られる事は無いと思いますが、何はともあれ、今回、無事に東方儚月抄の単行本発刊を迎えたことに祝福と敬意を表して、(メロン特典のお茶で)乾杯。

 …の前に、まずはメロンブックスの特典で付いてきたお茶缶の処遇を考えなければなけません(笑) 早く開けないとお茶が痛みそうだしなぁ…。上を開けてペン入れにでもするかなぁ。
 …とりあえず、儚月抄単行本の感想はじっくり読んだ(+付属CDを一通り聞いた)後に改めて書く予定なので、それまでにお茶缶の処遇も考えたいと思います。


>その他の話題等

■諏訪子、天国へ
 http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080410/trd0804101147010-n1.htm

 すわーん…(泣)
 ケロちゃんが世に出始めた頃に調べて彼女の存在を知っていたので、一度会いに行きたいな…と思っていたのですが…残念です。冥福を祈ります。

 余談ですが、上記の記事が出ている産経のネット新聞をいつも見ているのですが、マイクロソフトと提携している事もあり?キーワードの所にカーソルを持っていくと、そのままそのキーワードのネット検索結果(≒関連事項)を見られる…という便利な機能がついているのですよ。
 で、今回の記事を読んで「諏訪子」の検索結果を見てみたのですが…結果が予想通りで吹いた。


>今週の桔梗屋出走馬[H20:31-32]
 リリーが日曜にデビューですよー。

■土曜阪神7R 500万下(D1200牝) シルキーイリス号出走 13:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200809020507

 イリスが土曜の阪神に出走します。
 近走の成績は振るいませんが、今回は全員微妙なメンバーであること、牝馬限定の少頭数であること、比較的得意っぽい条件である事など、巻き返しの可能性のある条件が揃っています。今後のためにも、是非ともここは上位に。最低でも8着以内には入って欲しい所です。

■日曜阪神1R 未勝利(D1800牝) シルキーリリー号出走 10:05
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200809020601

 春ですよー。桔梗屋3歳勢の最後の?希望、シルキーリリーがついにデビューします。
 未勝利戦でのデビュー。そしてリリーだけがメンバー中唯一の初出走と条件は不利ですが、対戦メンバーが微妙な面々で、勝機は結構あると見ています。メンバー中、前走馬券に絡んだのは2頭ですが、共にその前は惨敗しており、フロックの可能性あり(でも、冷静に見ると、ダート変わりが良い方向に出ていると思われます…)。その他の馬は全て前走で1秒以上離されています。
 リリーの調教時計も結構いいですし、メンバー中唯一の初出走ではありますが、これはむしろ「未知の魅力」の方が大きいと思います。結構上位も狙えると見ています。果たしてどんなレースを見せてくれるのか、楽しみです。

>今週の桔梗屋軍団のあらすじ
・ドラグーン……10日に放牧へ。
・ムーンダスト…脚元に不安発症。引退の見込み。
・ウィザード……今週中に帰厩予定

 何と言ってもウィザードの帰厩ですよ! 長かった、本当に長かった…。ほぼ丸一年かかりましたが、桔梗屋最強馬がついに戻ってきます。一年のブランクが心配ではありますが、復帰後の活躍が本当に楽しみです。

|

« 東方諏訪旅行記-4 守矢史料館(前編):守矢史料館の概要 | トップページ | 東方諏訪旅行記-5 守矢史料館(後編):守矢家の過去と現在 »

東方」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/40841598

この記事へのトラックバック一覧です: 儚月抄と諏訪子と春告精:

« 東方諏訪旅行記-4 守矢史料館(前編):守矢史料館の概要 | トップページ | 東方諏訪旅行記-5 守矢史料館(後編):守矢家の過去と現在 »