« 悲壮な緋想天 | トップページ | 紫の湯 VS ゆっくりやくも »

2008年6月22日 (日曜日)

アルバス曲芸乗りで勝利!&桔梗屋2歳馬軍団紹介&競馬雑談

 シルクアルバスが今日の函館で勝ってくれました。これでこの世代もようやく3頭目の勝ち上がりです。毎年、世代出資馬の過半数勝ち上がり(4頭)を目標にしているので、何とかもう1頭は勝ち上がって欲しい所です。
 そしてそのアルバス、勝ってくれたのはいいのですが、ゴール直前から騎手がバランスを崩し(どうもかなりヨレたらしい)、ゴール直後に落馬する…という珍事になってしまいました。
 シルクでは出資馬の勝利の際に、ゴールシーンの写真を撮ったクオカードが届くのですが、ゴール前では半身状態だった感じがします。クオカードでは果たしてどんな感じになっているのでしょうか…。

■競馬ニュースでも取り上げられてしまいました…
 http://www.sanspo.com/keiba/news/080622/kba0806221447017-n1.htm

 出資馬のプロマイド写真が5枚も! これまで持ったどの馬よりも注目されていますよ!

 3枚目の写真がいちばん「ありえない体勢」だなぁ…
 http://www.sanspo.com/keiba/photos/080622/kba0806221447017-p3.htm

 ……5枚目の写真が…

■ニートですら外で運動していると言うのに、お前らときたら…
 馬の血統を研究していたら、何気にこんな馬を発見してしまいました。

http://db.netkeiba.com/horse/1990105720/

 多分馬名の意味は、そっちの意味ではなく「Neat」だと思われます。ちなみに、妹にはクロフネとの交配が待たれる「シロフネ」がいるという良血?馬です。
 結構子沢山ですが、子供はほとんど地方に行っているみたいですね。ひょっとしたら将来、ニートの子孫に出資する機会もあるかもしれません。


■今年のシルク桔梗屋2歳馬軍団

 シルクの昨年度の募集が20日で締め切られました。
 先日、駆け込みでサリールとパサージュに出資を行い、この世代のシルク出資2歳馬が出そろいました。3歳勢と同じく、世代8頭(+縁故枠1頭)の面々となります。
 期待された3歳勢が(何頭か今後勝ち上がれそうな馬はいるものの)現在勝ち上がり3頭という結果ですし、この世代には頑張って貰いたいと思います。
 この世代、選んだ結果を見ると所謂「血統馬」が多く、結果、非常に高額な世代となっています。これで活躍してくれないと結構困るなぁ…。この世代で半数が勝ち上がれないようであれば、さすがに縮小を検討しないといけないかなと思います。今年の2歳馬は既にシルクドミニオンが勝ち上がっていますし、世代そのもののレベルも高そうで、結構期待できるのではないでしょうか。

 そんなわけで、この機会にこの世代の桔梗屋軍団を簡単に紹介したいと思います。

1.シルクオーソリティー(ダンスインザダーク×チアズダンサー)西牡
 http://db.netkeiba.com/horse/2006100974/

 兄チアズブライトリー、姉チアズメッセージと重賞勝ち馬2頭を上に持つ良血馬。山内厩舎。

2.シルクユニヴァース(ネオユニヴァース×メインゲスト)西牡
 http://db.netkeiba.com/horse/2006104096/

 兄は言わずと知れたファストタテヤマ。兄が期待の新種牡馬ネオユニヴァースに変わって、弟でも家をタテヤマ。

3.シルクメビウス(ステイゴールド×チャンネルワン)西牡
 http://db.netkeiba.com/horse/2006106156/

 ダートでの即戦力枠?として期待している馬。姉タガタメは地方の重賞勝ち馬、兄コスモサレオスも3歳時にダート2勝と活躍。産地馬体検査を受検。早期デビューしての活躍が期待されます。

4.シルクナトゥール(ネオユニヴァース×エンジェルインザモーニング)西牡
 http://db.netkeiba.com/horse/2006106418/

 今年の3歳クラシックで活躍(最後の方は振るいませんでしたが…)したオリエンタルロックの弟。近親にはハウスバスター等がいます。父がネオユニヴァースに変わってどう出るか楽しみです。

5.シルクエステート(ブライアンズタイム×ロスケイ)西牡
 http://db.netkeiba.com/horse/2006106393/

 シルクの目玉商品?のブライアンズタイム産駒。全兄ロスタイムはオープン馬。姉のメイショウアサガオ(父フジキセキ)は現3歳馬で2勝しています。

6.ファンキーブロンド(アグネスタキオン×ステファーナ)西牝
 http://db.netkeiba.com/horse/2006106750/

 サンデーに替わるリーディング種牡馬の座が濃厚なタキオン産駒。兄プライドキムは交流GI馬。現在入厩に備えて、栗東の近場の牧場に移動しています。牧場関係者の評判もかなりいい様で、今後が楽しみです。

7.サリール(スペシャルウィーク×ファーストセーラ)西牝
 http://db.netkeiba.com/horse/2006101524/

 兄に重賞勝ち馬トップコマンダーがいる血統。兄姉の勝ち上がり率が高く、期待しています。

8.シルキールンバ(タニノギムレット×シルキーグランス)西牝
 http://db.netkeiba.com/horse/2006105079/

 アルボーレ、スイーティーの妹。兄姉の全てがデビューし、勝ち上がっている(スイーティーは現時点で少し怪しいですが…)優秀な牝系。父がギムレットに替わって期待も高まります。兄姉と同じく藤原厩舎が担当です。今年はGIを勝ち、勢いに乗っていますし楽しみです、

9.シルクパサージュ(マイネルラヴ×シルクグラフィック)西牝
 http://db.netkeiba.com/horse/2006104589/

 縁故採用枠。元出資馬グラフィックの初子。
 母グラフィックはスキップアウェイの近親のブライアンズタイム産駒で期待されたが、育成時に上野育成牧場事件に巻き込まれて十分に活躍できなかった。できれば自身の無念を産駒で晴らして貰いたいものです。

|

« 悲壮な緋想天 | トップページ | 紫の湯 VS ゆっくりやくも »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/41612509

この記事へのトラックバック一覧です: アルバス曲芸乗りで勝利!&桔梗屋2歳馬軍団紹介&競馬雑談:

« 悲壮な緋想天 | トップページ | 紫の湯 VS ゆっくりやくも »