« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月29日 (火曜日)

桔梗屋新馬紹介:シルクメビウス

 今年の桔梗屋2歳馬勢の先陣を切って、今週の函館新馬戦でシルクメビウス号がデビューの運びとなりました。今回は紹介日記となります。


【シルクメビウス】(6-51)(Mebius=人名)
 父:ステイゴールド
 母:チャンネルワン(母父*ポリッシュネイビー)
 平成18年4月16日生 牡 栗東・領家厩舎 募集価格1500万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2006106156/

 意外にも桔梗屋では初となるステイゴールド産駒です。
 既にGI馬も輩出している割には非社台種牡馬のためかそれ程値段も高くない、種牡馬としてはリーズナブルな存在です。
 姉に地方の強豪(現在は中央に移籍)のタガタメ。一つ上の兄コスモサレオスも現時点で3歳で2勝と活躍しています。同様に、手堅い活躍を期待したいですね。

 「第一印象がそこそこ良さげ」+「その後の経過が良い」事から選んだ馬で、期待通り、早期デビューを迎えてくれました。

 本年度の桔梗屋2歳勢の先陣を切ってのデビューとなります。
 デビューは今週の函館芝1800m戦の予定。この条件では過去にローブデコルテやアドマイヤムーンが新馬勝ちをおさめている縁起のいい?条件ですし、ここで新馬勝ちを逃してもシックスセンス等が出世している…という、かなり期待の高いデビュー戦です。
 母型が短距離系ということもあり、この距離への適性がどうか微妙な面もありますが、何とかここは幸先のいいスタートを切って貰いたいものですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金曜日)

ドラちゃん減量に負けず(競馬日記)

 日曜出走のドラグーンの対戦相手に、ヤマザナドゥの娘(ヤマニンエマイユ)と、にとりの姿が……。いつの間にか準OPまで出世していたのですね。
 …ネタはともかくとして、メイショウキトリは血統的にも面白いですし、走る毎に強さを増しているので、どこまで連勝が続くのか興味深いです。


■落ちない名馬の瀟洒なゴール

 先日の未勝利戦を落勝した「落ちない名馬」シルクアルバスの優勝記念クオカードが届きましたよー。

 Photo

 すばらしい! 今後、出資馬が重賞や大きなレースを勝つ事はあるかもしれませんが、こんなゴールシーンを見ることは恐らく二度とないでしょう。これ以上の記念品があるでしょうか。
 最近いろいろありましたが、今回ばかりは空気を読んでこんなすばらしいクオカードを作ってくださったシルクHCに心からの感謝を。

■「この奥、誰も入れないんだぜ…」「え…?」

 私自身、ネットの数カ所で見かけただけですし、JRA公式に出ていないので、あくまでも現時点では未確認情報なのですが…
 「阪神競馬場の内馬場が廃止される」らしいですね。
 どうやら、ターフビジョンの更新(大きなものに変わるらしい)+内部の建物の老朽化が原因のようです。ターフビジョンの巨大化のレベル次第では障害の襷コース廃止の可能性すら考えられます。実に残念です……。
 あの内馬場でまったりと馬券を買ったり、どさくさに紛れて「レース確定の時の画像」に映ったり(笑)するのが阪神競馬場に行ったときの楽しみだったのに…。最後に行ったのは多分、ディープインパクトの新馬戦の時かなぁ。あの場所の雰囲気が好きだっただけに、本当に残念です。
 現時点では内馬場にはそれほど費用対効果が無かったのかもしれませんが、大井競馬場の内馬場の賑わいを考えれば、とても大きな可能性を持った場所だったと思うのですよ。
 願わくば、内馬場廃止がガセ情報(というより閉鎖が一時的な物)であって欲しいです。


■シルクHC 平成20年度の会員優先期間応募馬決定!

7-42 クロフネ×ジュウニヒトエ 西牡 山内厩舎 2000万
7-53 キングカメハメハ×ユウサンポリッシュ 西牝 鮫島厩舎 2500万
8-07 ブライアンズタイム×シルキーグランス 西牡 鮫島厩舎 3500万

 結局、上記3頭で投函してきました。
 ちなみに、マジブランシェ、アロー、ロージネス、ルーヴル、アキレス、イリス、ムーンダストの7頭分の代替証が8-07の代金として旅立ちました。全くの偶然ですが、7頭の合計額と8-07の一括支払い代金が全くの同額でした。
 さよなら、みんな……。8-07に生まれ変わって、こんどこそ活躍して、勝ち上がっておくれ!

 あ、勿論、別に7頭とも死んでませんよ(笑) ……というか、イリスに至っては再ファンドで活躍中ですし、明日のレース↓に出走します。


>今週の桔梗屋出走馬[H20:63-64]
 今週は土日に一鞍ずつです。


■土曜新潟7R 3上500万下(D1200牝) シルキーイリス号出走 13:25
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200804020307

 イリスが土曜の新潟に出走します。
 前走は6着とある程度このクラスでもやってくれそうな所を見せてくれました。今回は短期放牧を挟んでの復帰戦となります。
 今回はレース条件的には合っていると思うのですが、相手が揃っている所がどうかですね。前走このクラスを勝っている馬もいますし、その他にも勢いのありそうな馬が多いです。ここである程度の成績を確保できるようなら、今後このクラスでも十分やっていけそうですが…。いいレースを期待したいです。


■日曜小倉10R 北九州短距離S(S1200) シルクドラグーン号出走 15:35
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200810020410

 ドラグーンが小倉メインに出走します。
 復帰戦の前走はまさかの-20キロで、ほぼ回ってきただけの惨敗でした。今回はどこまで立て直されているかが鍵となりそうです。鞍上が野元騎手に変わることでのプラス効果にも期待したいですね。
 ただ、こちらも結構対戦相手はメンバーが揃っています。これまで何度も準OPを走っていますが、これまでで一番対戦相手的には揃っているのではないでしょうか。このメンバーでどこまで通用するかが鍵となると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水曜日)

シルク募集馬応募についての考察

 テレホンサービスによると、どうやら今年も会員募集期間中には応募口数の中間発表は行われないようですね。残念です……。
 確かに、中間発表をしてしまうと、早い段階に投函した人よりも(私のように)途中経過を見てから応募するかを決める人の方が(ある意味)有利になる側面がありましたし、公平だと言えば公平だとは思います。
 でも、会員の情報や機会を絞り込む事で。極論すれば、目を塞ぎ、抽選になるという恐怖を煽ることで売上げ増を目論む事はどうかと思うのですよ。

 ……とはいえ、今更愚痴を言っても仕方ないので、現実問題として、週末(金曜日)に投函するためにも今の時点で応募する馬を選ぶ必要があります。
 言い換えると、自分で「結構いいな」と思った中で、会員優先期間で満口になる可能性のある馬を「読む」必要があります。

 去年は抽選対象になったのは1頭だけで、しかもその馬は自分が狙っていた馬ではなかったので、結果から言えば、「去年は会員優先期間に応募しなくても良かった」事になります。しかし、今年もそうなるとは限らないので、やはり安全のためには「満口になる可能性があるかも…」という馬は押さえておく必要があります。

 前回の記事通り、現在私が出資候補にしているのは、このメンバーです。

7-11 ブライアンズタイム×ニシノコマチ 西牝 山内厩舎 2500万
7-17 ステイゴールド×ピアルピナス 東牡 河野厩舎 1300万
7-38 アジュディケーティング×クイーンオブタイム 西牡 加用厩舎 1000万
7-42 クロフネ×ジュウニヒトエ 西牡 山内厩舎 2000万
7-47 ノーリーズン×シルキーグランス 西牡 山内厩舎 1200万
7-53 キングカメハメハ×ユウサンポリッシュ 西牝 鮫島厩舎 2500万
7-57 フジキセキ×シルバーバレーガール 西牝 作田厩舎 2000万
7-58 フジキセキ×ラビットボール 西牝 小崎厩舎 1200万
8-07 ブライアンズタイム×シルキーグランス 西牡 鮫島厩舎 3500万

 このメンバーから絞り込んで行きます。
(ここからの分析は全て私の想像に過ぎませんので、その辺はご留意下さい)

・まず抽選には行かないと思われる馬
7-11 ブライアンズタイム×ニシノコマチ 西牝 山内厩舎 2500万
7-17 ステイゴールド×ピアルピナス 東牡 河野厩舎 1300万
7-38 アジュディケーティング×クイーンオブタイム 西牡 加用厩舎 1000万
7-58 フジキセキ×ラビットボール 西牝 小崎厩舎 1200万

 このあたりはそこまで人気はしなさそうなので、じっくりと成長を見守る路線で行けそうです。

 怪しい馬たち
7-42 クロフネ×ジュウニヒトエ 西牡 山内厩舎 2000万
7-47 ノーリーズン×シルキーグランス 西牡 山内厩舎 1200万
7-53 キングカメハメハ×ユウサンポリッシュ 西牝 鮫島厩舎 2500万
7-57 フジキセキ×シルバーバレーガール 西牝 作田厩舎 2000万
8-07 ブライアンズタイム×シルキーグランス 西牡 鮫島厩舎 3500万

 7-57、母シルバーバレーガールは上2頭がいずれも抽選までは行っていない事から、たぶん抽選までは行かないものと予想します。上2頭とは違って「カネヒキリと血統的に同じ」という付加要素があるので、それがどう出るかが気になりますが…。いずれにしても、同父の7-58のどちらかを今後の成長次第で選ぼうと思っていたので、今回は見送ります。

 7-47はお手軽な値段と山内厩舎ブランドで満口になる可能性は結構あると見ます。これまでシルキーグランスの子供に連続出資している身としては今の内に押さえておくべきなのですが、以前にも書いたとおり、姉のシルクスイーティーが現在勝ち上がれるか微妙な線です。この馬の最大のポイントである「兄姉が全て勝ち上がり」が崩れる可能性があります。
 また、父ノーリーズンがあまりにも未知数です。新種牡馬なのでどうしてもすばらしく見えますが、現役時の実績や血統面から見れば、現時点での評価は「劣化サニーブライアン」です。個人的に私の種牡馬に対する考え方は「期待値で考えない。実績を出すまでの価値はゼロ」「派手な新種牡馬より、地味でな実績種牡馬」です。
 ……というわけで、7-47については今回は見送りたいと思います。
(※会員優先期間終了後に後僅かだけ残ってる! 等の場合、掌を返して慌てて応募すると思いますが、それはそれでサラッと流してください(笑))

 残り3頭ですが、個人的に特に消す要素がありません。それぞれ抽選になる可能性もそれなりにあると思いますし、代替証も消化してしまいたいので、この3頭について応募したいと思います。


 ……果たしてこの判断が吉と出るか凶と出るか?
 とりあえず、抽選面では来週に結果がでますが、できれば馬選びの視点でも正解であって欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月曜日)

携帯電話とバナーとソフトカタログにもっこもこ

>携帯電話が思った以上に良い件について

 先日買い換えた新携帯電話なのですが、ぶっちゃけた話、この機種を選んだのは「赤いから」だけだったのですが、思った以上に良い買い物だったっぽいです。
 携帯電話がmp3に対応していて、そのままプレーヤーとして聞けるのですが、どうやら(少なくともドコモでは)mp3再生に対応しているのはこの機種だけの様です。タグ情報を元に、アルバム毎に分類してくれるのもいいですね。
 あと、何気に動画再生に対応しているのがいいですね。サイズ調整は必要ですが、パソコンで取り込んだ画像を外で見られる(そんな必要があるのかは別ですが…)というのはすごいです。
 更に、重力を読みとって?画面の向きが変わるのがすごいですね。きちんと下を向けている方が画面の下になるのですよ。どうやっているんだろう…携帯の中に振り子でも入っているのでしょうか(笑)
 そんな感じで、いきなりバージョンアップしすぎて付いて行けていない感じなのですが、頑張って使い方を覚えたいと思います。

Sany6962

>バナーを作成しました

 今日は先日からのCGを元に、バナーを作ってみました。
Sept_banner01

Sept_banner02

 ……何だか、ものすごく「それっぽい」ですよ!! まるであたかも本当にCGサイトであるかのようです。とても自分が描いた絵が元になっているとは思えません(笑) これは自分の絵というより、描いたキャラクターが良いからですね。早苗さん可愛いよ早苗さん。

 そして、(機能的に当たり前の事ではあるのですが)バナーには我がサイト名「隆山温泉・桔梗屋旅館」の名前があるわけですが、改めて自分のHPを見ると、最早(というよりかなり初期から)うちって、「隆山温泉」でも「旅館」でも無いよなぁ…。
 ……と思っていろいろと各所のHPを見ると、よそもタイトルと内容がほとんど関係ないところが多くて、少しだけほっとしました(笑) 今更HP名を変えるわけにもいかないですし、このままのHP名で当分頑張りたいと思います。

>次回で最終回動画

 毎週末に楽しみにしていた動画連載が2本あるのですが、いずれも、次回で最終回の予定となりました。両方一変に終ってしまったら、これからは何を楽しみにして過ごせばいいのか……。

■我が人生に悔いは無し…。魏国が東方勢にもっこもこ
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm4029230

 丸一年楽しみにしていたドM動画、もっこもこも、次回、感動(になるかは次回を見ないとわからない)の最終回です。
 個人的な最終回予想は、「許昌だけが皮一枚残って時間切れで勝利。紫を初めとする東方勢が感嘆と労いの言葉と共に去っていく。簀巻きにされた動画主を残して…」だったのですが、どうやら違う展開の様です。しかし、ある意味ルナサ姉と結ばれるフラグが立ったとも言えるわけで、あの人にとっては良かったのではないでしょうか。何気に名前を呼び捨てで呼んでいますし……。
 あと、何気にもっこもこの解説記事ができているのですが、記事を書いているのは何とあの人……。

■ファミコン全ソフトカタログ 次回(27日)で最終回
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm4019093

 次回に登場する「高橋名人の冒険島4」で、ついにこの企画も最終回です。
 第1回から見ていましたが、やはり前半に出てくるゲームはほぼ全部見たこと/やったことがあったりするのですが、後になるにつれて名前すら知らないゲームが増えていきますね。スーファミに流れたからかなぁ……。
 あと、同時期に発売されたゲームを見ていくと、やはり「売れた」「流行った」ゲームは同時期のゲームと比べても飛び抜けていますね。スーパーマリオやドラクエ2/3は同時期に発売されたゲームと比べて数年は先を行っています。

 ファミコン初期は(ほとんど)クソゲーも無く、出るゲーム出るゲーム全ての発売が楽しみでした。ディスクシステム初期の頃が一番ワクワク感があったなぁ…。
 当時「リンクの冒険」(発売前は「ゼルダの伝説」と同等以上だとおおいに期待されていました。いや、十分に良作ではありますが…)と「ドラゴンクエスト2」の発売日が2週間しか開いておらず、こんなゲームを2本も続けて遊べるなんてどれだけすばらしいんだ!と思った記憶があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日曜日)

八坂様と史料館と割り切れない思い

■八坂様を描いてみました

 引き続き絵の練習中です……ということで、今週のお題?である八坂様を描いてみました。

H200719

 思った以上にパーツが多くて手間が掛かりました。最後疲れてきたせいか、御柱や注連縄がやっつけ風味に(笑) あとは八坂様の来ている赤い服の質感が難しいですね。最初、今回うぷした物に加えて白いハイライトを描いていたのですが、素材がビニールっぽくなったので消したりといろいろ悪戦苦闘しました。
 今回も正面画だったわけですが、デッサン力…というか立体を捉える力を養うためには、本来なら斜め視点に挑戦すべきですね。次回は諏訪子様の予定なので、今度は全身画+斜め視点に挑戦してみようと思います。

 今後のお題:諏訪子様→阿求さん→ルナサ姉→にとり→椛
(キャラソートの上位順=好きなキャラ順)

 ……とはいえ、絵を描いている内に最近SSの方が疎かになってきたので、しばらくはSSの方に力を入れたいと思います。

■長月史料館オープン

 そんなわけで、予定より遅れましたが、桔梗屋本館にソフトウェア展示スペース「長月史料館」をオープンさせました。

 http://www.geocities.jp/kikyoya_ryokan/game.htm

 とりあえずは記念すべき第一段ソフト?として「長月数連割」をうぷしています。ソフト……といっても、C言語再学習+DXライブラリの勉強も兼ねてさらっと作った習作的なソフトですが、お時間がありましたら是非ともお試し下さい。
 いろいろと、割り切れないソフトとなっております。
(※東方の二次創作じゃないです。全く関係無いソフトです)

 このソフト、元々は学生時代に私がやっていた時間つぶしが元ネタなのですが、ええと……こんなのを時間つぶしにやっているなんて、お前は変わった奴だなとか、そもそもまともに勉強していたのか、とかいろいろツッコミはあるかと思いますが、そのあたりは余り気にせずにスルーしていただけると助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木曜日)

こちゃと落ちない名馬とガーデニング

 前半のガーデニング?の話と後半の出資馬出走情報が追加されたので、金曜日にうぷし直しました。

 絵の練習ということで、今回は八坂様に挑戦しているのですが、予想外に手間が掛かりますね。オンバシラに気を取られがちですが、こんなにパーツがいろいろあるなんて…。


>絵本作家 ターシャ・テューダーの庭園
 http://www.tashatudorandfamily.com/news.html

 http://www.nhk-sc.or.jp/event/contents/tasha.html

 昨日のNHKの特集番組の告知を見て、絵本作家のターシャ・テューダーさんが先月に亡くなられていたことを知りました。残念です…。
 創作活動をしながら、自分の庭で園芸を楽しみ、季節のイベントを昔ながらの形で愉しむ……というのは、いつか私もこのような生活をしてみたいと思わずにはいられない、理想的なものでした。現代?生活に慣れきってしまった私にとっては、これらの環境に加えて、ネット+たまに行く日本橋と同人イベント(笑)が必要になりますが……。

 ささやかながら遠く離れたこの地で、彼女の冥福を祈りつつ、少しでも見習おうと?こちらもガーデニングを頑張りたいと思います。
 今年もゴーヤを植えまくったのですが、この時期には1日1個ずつ食べる計画の筈が、まだ雌花すらつかないのですよ。まあ、毎年のパターンだと梅雨明けあたりから成長が加速するので大丈夫だとは思うのですが、もっと肥料をやっとけば良かった……。

>以下、競馬の話

 小倉開催が始まると、いよいよ夏競馬だという気分になりますね。
 日曜の2歳未勝利に出走するこちゃ、頑張れこちゃ。


>夏の風物詩、今年の⑨新馬戦(土曜小倉4R)
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200810020104

 このレースのあらすじ

 カシノ「うちの馬は5頭出しです」
 テイエム「じゃあ、うちの馬は6頭出しです」
 カシノ「……………」

 ちなみに、テイエムの6頭は全てテイエムオペラオー産駒です……。
 あと、何気にメガスターダムの産駒が居たりして、時の流れの早さを感じてしまいました。


>今週の桔梗屋出走馬[H20:60-62]
 未勝利2鞍、500万下1鞍です。全て新潟のレースです。
 前走で抜群のパフォーマンスを見せた、落ちない名馬アルバスの昇級初戦+未勝利2鞍です。アルバスは相手が揃った感じですが、どこまで通用するか楽しみです。未勝利の2頭は、相手的に掲示板あたりは行けそうにも思うのですが……。

■土曜新潟4R 3歳未勝利(D1800牝) ライヴリーデイズ号出走 11:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200804020104

 ライヴリーデイズがデビュー2戦目を迎えます。
 4番人気とそこそこ期待された前走でしたが、まったく奮わずに7.4秒も離された謎の惨敗。今回は立て直されての一戦となります。
 今回は3着-2着と来ているティーマックスが抜けている感じですが、その他の馬は正直、しょぼい成績の馬が多く、結構上位に行ける目もあるのでは…と期待されます。しかし、残念ながらそんな馬たちの中でも7.4秒差負けのライヴリーデイズが一番実績では劣っており、強気にはなれませんが…。
 厩舎サイドでも、今回は前走のような事は無いはず、と思っているようですし、とりあえずは次走に繋ぐ走りを見せて貰いたいです。

■土曜新潟8R 3上500万下(D1800) シルクアルバス号出走 14:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200804020108

 前走、ゴール後落馬のハプニングがあったものの、内容的には完勝で未勝利を脱出したアルバスの昇級初戦です。
 前走と同じ距離ですし、前走の余裕度から今回もそこそこはいけるのではと思っています。とはいえ、今回は結構相手が揃っています。前走500万で掲示板の馬が6頭、同様に未勝利を勝ち上がってきた馬が3頭。今回はこのクラスとしてはかなり対戦相手のレベルが高い一戦となります。ここでそれなりの着順に来る事ができれば、今後もこのクラスでもやっていける目処が付くと思います。良い競馬を期待したいです。

■日曜新潟2R 3歳未勝利(D1800) シルクメルヴェイユ号出走 10:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200804020202

 メルヴェイユが日曜の未勝利戦に出走します。
 転厩後、ここまで3戦。そこそこの着順には来るものの、今一つ足りない競馬が続いています。何となく、去年のイグニションとキャラ的に被ってきました。勿論同様に丈夫に走ってくれれば文句はないのですが、できれば勝ち上がって貰いたいです。
 今回ですが、何頭か人気になりそうな馬はいるものの、正直同じようなレベルの面々で、展開一つで上位に入る可能性は十分あると思います。今回はチークピーシズをつけるようですし、その効果が出ないかな…と期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水曜日)

平成20年度 シルク募集馬検討

 昨日に引き続きセレクトセールを見ていましたが、何というか、本当に不況なのね…(それでも合計100億近く売れるのはすごい世界ですが)。車にも乗らないですし、直接日用品を買い物するわけでもないので最近の変化にも比較的鈍感だったのですが、今日のセリを通じてまざまざと感じさせられました。
 良血馬が軒並み安値で主取りになったりと、例年ならもっと高いかな、と思うケースがかなりあった感じです。主取りになった場合は設定価格の1.5~2.5%の手数料が徴収されるのですが、特にとある牧場は中継スレで「主取牧場」と揶揄される程、主取り連発で、手数料だけでも大変だろうなぁと思いました。設定価格の問題もあるのかもしれませんが、例えば、某「オペラオーのライバルだった馬の母親」にジャングルポケットを付けた、本来なら良血と思われる馬が2000万円までしか上がらなかったりするのですよ。そりゃ気の毒だわ…。

 さて、今回は本年度のシルク募集馬の、現時点での出資検討についてです。

・自作の募集馬一覧表
 http://homepage1.nifty.com/september/silkH20.htm

・日程
 会員優先募集期間締切…7/28(月)午後6時の到着分まで

 前週末までに投函の必要有り? 中間発表があるとすれば(21日が祝日なので)22日だと思われますが、パンフが届いてからの期間が短いだけに、それほど口数は伸びていないと思われます。満口まで届く可能性があるかどうか、慎重な判断が必要となりそうです。う~ん、実際に見てみないと判りませんが、この時点で100口を越えていれば満口(抽選)まで行く可能性があるので応募しておいた方が良い…あたりですかね?
 後は今年は募集馬検討ツアーが26~27日と直前になるので、ツアーの情報を元に判断することが不可能になっていますね。っていうか、ツアー参加者の方にとっても、「帰ってから欲しくなったので申し込む」事ができなくなっていますね。その場で買うかどうか決めろってか…。

・個人的に良かった馬たち
 今のところの出資候補です。既に出資済みが牝馬で1頭(7-10:タニノギムレット×シルキーパレード)なので、世代ではこの中から残り7頭選ぶ予定です。


7-02 デュランダル×グラスファッション 東牡 尾形厩舎 2300万
 当歳募集馬。言わずと知れたプラチナム、アルバスの弟。1歳になった改めて見るとパンフレットで見る雰囲気が結構いいですし、デュランダル産駒の評判も概していいようです。アルバスも結果を出しただけに出資候補に。既に50口しか残っていないので早めに決断が必要ですが、できればもうしばらくアルバス、プラチナムの活躍を見届けてから判断したいところです。

 ……と、ここまで書いていたのですが、残口がかなり減ってきたので、本日出資に踏み切りました。活躍してくれたらいいですね。
 俺、この馬に(剣繋がりで)「シルクレーバテイン」って馬名で応募するんだ…(笑)

7-11 ブライアンズタイム×ニシノコマチ 西牝 山内厩舎 2500万
 当歳募集馬。BT産駒、山内厩舎と揃ってはいるのですが、兄姉の成績が宜しくないのが悩み所です。シルクの目玉商品だった筈のBT産駒ですが、1歳募集馬が自分にはいまいちに映るので悩ましいところです。

7-17 ステイゴールド×ピアルピナス 東牡 河野厩舎 1300万
 特に強調点は無いのですが、「平均的に良い」ので浮かび上がってきた馬。父、母の繁殖成績、調教師共に水準以上なので、確実に1勝以上の活躍は見込めるのではないでしょうか。人気は出ないと思われますので、一年間見守って締め切り間際か入厩時に駆け込みで出資する候補の馬ですね。

7-38 アジュディケーティング×クイーンオブタイム 西牡 加用厩舎 1000万
 大筋で「良い」と思った理由は7-17と同じです。こちらも人気はしないでしょうし、駆け込み出資候補ですね。

7-42 クロフネ×ジュウニヒトエ 西牡 山内厩舎 2000万円
 母は準OP馬で、繁殖に上がってからも準OPのジェイモードを輩出、その他の産駒も過半数が勝ち上がっており、なかなかいい感じ。父クロフネも種牡馬として今後更に伸びしろがあると思いますし、山内厩舎である事も加味すれば出資に値する水準ではないでしょうか。

7-47 ノーリーズン×シルキーグランス 西牡 山内厩舎 1200万円
 父ノーリーズンが未知数ですが、母シルキーグランスの「産駒が全て勝ち上がり」という成績と山内厩舎の存在がそれを埋めて余りあります。
 「産駒が全て…」といいつつ、実は姉シルクスイーティー(出資馬)が勝ち上がれるか怪しく、神話(笑)崩壊の可能性が出てきているので、できれば今後スイーティーが勝ち上がれるか見極めてから判断したいところ。でも人気するだろうなぁ…。

7-53 キングカメハメハ×ユウサンポリッシュ 西牝 鮫島厩舎 2500万円
 血統的には今年の募集馬の目玉となる、スーパーホーネットの妹。
 母の繁殖成績を見ると、スーパーホーネットだけが一発長打で出たわけではなく、その他の兄姉の勝ち上がり率も良いですし、父金亀は2歳戦で既に続々と勝ち上がっています。鮫島厩舎も良いですし、値段だけの価値はあるのではないでしょうか。

7-57 フジキセキ×シルバーバレーガール 西牝 作田厩舎 2000万円
 カネヒキリの母の全妹にフジキセキを付けた、血統的にはカネヒキリと同一となる馬です。兄姉も概ね勝ち上がっていますし、かなり期待できるのではないでしょうか。
 ただ、この馬の一つ上の兄(父金亀)が歩様悪化のために募集中止になっています。どうも繁殖牝馬にしようと?上の兄たちは濃いクロスの配合をされており(シルクファラオは2×3ですし…)、そのあたりも影響しているのかもしれません。今回の子は5代アウトブリードなので大丈夫そう?ですが、後継繁殖確保のためにさっさと引退させられる可能性も考慮しないといけないと思います。いずれにしても、できればしばらく様子を見て成長を見守りたいところですね。

7-58 フジキセキ×ラビットボール 西牝 小崎厩舎 1200万円
 7-57と同じくフジキセキ産駒。個人的には(余程のことがなければ)同一種牡馬産駒は世代で複数は出資しない主義なので、どちらかに絞ります。どちらを取るか悩み所ですね。
 7-57程血統的には派手ではないですが、それでも母はG3勝ち馬ですし、伯父にカツラギエースがいます。母が高齢+繁殖成績が微妙に下がってきているっぽいので、そのあたりをどう判断するかですね。
 小崎厩舎は昨年開業で未知数な部分も多いですが、昨年は連対率174。今年もここまで概ね同率の成績を収めており、既に重賞も勝っています。期待できるのではないでしょうか。
(ちなみに、一つ下のタキオン牝馬が今年のセレクトセールで800万円で売却されています)

8-07 ブライアンズタイム×シルキーグランス 西牡 鮫島厩舎 3500万円
 シルクアルボーレの全弟。これだけで十分に出資の価値があります。母系については兄7-47をご参照下さい。
 それにしても今回の募集馬、藤原厩舎予定がいないんですよね。師匠の星川厩舎との関係で、早くからシルクとはあったのですが、今年GIを勝ってリーディングにも手が届きそうになった時点で切れてしまうのは残念です。シルクの上層部の方も、何とかして繋ぎ止めるように努力して貰いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火曜日)

セレクトセールと携帯電話とシルク募集馬

 絵の練習のお題をいろいろ考えていたのですが、やはり描く際の「やる気」にも影響しますので、好きなキャラ順に挑戦して見ることにしました。
 先日のキャラソートの結果から行くと、今後は、八坂様→諏訪子様→阿求さん→ルナサ姉→にとり→椛となります。間間に早苗さんを挟みつつ、続けていきたいと思います。って、次は八坂様ですか。いきなり難しい素材だなぁ…。


■セレクトセール、様変わり?

 今日はお休みだったので、グリーンチャンネルでセレクトセールの中継を見ていました。
 本年度の話題は何と言ってもディープインパクトの初年度産駒が登場する事で、GCの宣伝でも「ディープとハーツクライの初年度産駒がセリで対決!」的なものだったのですが、いざ始まってみると、案外値段が伸びないものですね。一応億に行くには行くのですが、母エアトゥーレが1億、母ビワハイジが2億3千万で、事前に騒がれていた程では無い感じです。
 ディープインパクト産駒自体の評判の問題なのかもしれませんが、その他に値段が跳ねる馬がいるわけでもないですし、どうも参加している馬主の層が変わったのかもしれませんね。先程の母ビワハイジも落としたのは「トーセン」の人ですし(「トーセンインパクト」になるのか…)。
 少し前までは評判馬が出ると、所謂「キンコンカン」(金子、近藤、関口氏)の三人が費用対効果お構いなしで面子を掛けて札束で殴り合って見応えがあったのですが…。
「それでは、8千万からスタートでs「2億!」
 あの頃は、↑とかがあって楽しかったのですが。


 それにしても、ひとときの勢いが無くなったっぽいとは言え、やっぱりバブリー(死語)なセリですね。
 僕も…いつか金持ちになって、セレクトセールや海外のセリに出るんだ…。ウイニングポストのセリみたいな感じで、颯爽と高馬をかっさらうんだ…。


■携帯電話を買い換えました
 元の携帯電話のバイブレーション機能が故障した(いつもマナーモードで音を出さずに使っているので、この事は=着信しても気が付くことが出来ない事を意味します。本業では結構困る事態です)ので、この機会に新しい物に買い換えました。
 いろいろこの業界で変化が起きている事は知っていましたが、やっぱり本体が5万円以上するのは結構痛いですね。いろいろ進化しているのは判るのですが、携帯でTVとか別に使わないしなぁ……。

 いろいろ設定をしなおしたり、元の携帯から移したりしてようやく落ち着いてきました。最新型の筈なのに動作がもっさりしているのは仕様なのかなぁ…。


 で、この携帯電話を買い換えた事により、ついに、前々から気になっていたイベントを実際に試す機会がやって来ました。mixiをされている方ならご存じの、ログイン画面のボタンの下に出ている「携帯電話の機種変更をされたされた方はこちら」コーナーです。
 ログインする携帯電話自体は(機種が変わるので)別の物になるわけですが、FOMAのID?自体は一緒な筈ですし、どうなるのかな?簡略化した認証みたいなのがあるのかな?と、携帯電話を変えたとき限定?のイベントにドキドキしながらリンク先に飛んでみたのですが……。
 出てきたのは要約すると、「携帯の機種が変わるとそのまま簡易認証する事はできないから、一度普通にアドレスとパスワードを入力してログインして、もう一度設定し直せ」という文章でした。期待していたのに……orz

■シルクのパンフレットが届きました
 とりあえず、例年通り、募集馬検討コーナーを作成しました。一晩で一気に作ると疲れるね…。
 自分の評価点とかいろいろ主観が入っていますが、一覧から血統表等にリンクで飛べたりと、比較検討し易い様に作ってあります。宜しければご利用下さい。

 http://homepage1.nifty.com/september/silkH20.htm

 実際の検討は明日以降の記事で書きますが、自分が高評価な馬は抽選にならないような気がする(というより、今年は抽選になる馬は出ないような気がする)ので、じっくり考えられそうな感じです。
 今年の1歳募集馬もそうですが、その比較から、昨年の当歳(今は1歳)募集馬の存在も浮かび上がってきました。デュランダル×グラスファッションが気になる…。今週は兄のアルバスが出走予定ですので、結果次第では(残口が少ないですが)手を出そうかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日曜日)

絵と地雷原とつばくらめとあっぷりけ(徒然日記)

 折角の週末だったわけですが、夜勤で体調が狂ったのか夏風邪気味で、いつの間にかこの時間になってしまいました。そんなわけで、各種諸々が一週間ずつ後ろにずれ込みます…。

 今週はセレクトセールもありますし、何より、月曜日頃にはシルクの年度募集のパンフレットが届くので、検討用ページを作成して出資馬を検討……という一口馬主的な最重要イベントもあります。これらの影響も受けるので、更にいろいろとずれ込むかもしれません。


>絵の練習進捗
 そんなヘロヘロな状態の中でも、少しでも上達しようと今週の週末も練習…

 丁度私の一年前に絵を始め、現在ではイラストをHPの柱の一つとしており、ついには紅楼夢でサークル参加…と、確固たる地位を固めている方がおられるので、同じように上達していけば自分も一年後には立派なCG描きに! と甘い予測を立てていたのですが、同じ構図(さしみさんが去年の7月3日に描かれた妖夢)で絵を描いてみると、やっぱりいろいろな問題点が…。

H2007131

 問題点はまあ一言でまとめると「根本的にデッサン力が無い」事です。
 ソフト上でいろいろとチェック、修正したり、人形にポーズを取らせた写真を取り込んで構図をトレス…等、文明の利器がいろいろあるので、ある程度のフォローはきくかと思っていたのですが、やっぱりどうにもならない面が大きい事が判りました(笑)
 残念ながら現時点では「絵の題材を立体的に捉える」能力がほぼゼロです。元ネタにしている、さしみさんの妖夢は絵を初めてから3日目なのにきちんと立体になっている事を考えれば、歴然とした差があります。
 これは自分自身で感覚を身につける以外にどうしようも無いと思いますので、これからも修行を重ねたい所です。

>東風地雷原、制作好調!…か?
 そんな裏で、こんな事もやってました(写真参照)。

H2007131_2

 来たる日(来るのかは不明)に備えて、地雷原のタイトルロゴをでっち上げ…。
 フォントを割り出してそれを使えば一発なのですが、フォントは高い(1万円くらいする)ですし、本家からパクるわけにもいかないので、「東」と「地」は懸命に似せて描き、「風」「雷」「原」は自体の特徴を見ながらそれっぽく描いてみました。
 う~ん、要手直しですね。満足行くのは「雷」くらいでしょうか…。というか、SAIには直線を描く機能はないのでしょうか。せめて物差しを使って描かせて…(笑)

 もう一方、音楽の方ですが、久しぶりにMIDIシーケンサーをいんすこして耳コピしてみたのですが、テーマ音楽「だけ」については案外音が拾いやすいですね。
(この後調子に乗って「信仰は儚き~」に挑戦して玉砕…)
 とりあえずこちらは比較的ハードルが低そうです。

 ……これって、後は早苗さんの全身絵さえ描ければ、「東風地雷原」のタイトル画面がでっち上げられるんじゃね!?


>「つばくらめの雨」(創想話作品集56:あまぎさん作)がお薦めな件

 私が前回のSSこんぺで一番好きな作品「妖精と、やさしいきかい。」の作者で、その後も良作を次々と投稿されているあまぎさんの作品です。
 感想込みで紹介文を書こうとモタモタしているうちに、創想話の作品集が進んでしまいまして、このままだと機会を逸してしまいそうなので、今回の日記で取り上げる事にしました。

 何と言っても、雰囲気、表現力、そして余韻がすばらしいです。話の展開や諏訪子様の性格等に少し(個人的には)ツッコミ所はありますが、それを埋めて余りあります。
 私辺りがこの手の評価をするのは烏滸がましいのですが、これまで目にした、あるいは文章を書く際に思い浮かべた情景を、そのまま(に限りなく近い)美しさや色彩で描く事が出来る力を。言い換えると、文章を鮮やかな色で「描く」事の出来る色鉛筆や絵筆を。そして、私がいつか持ちたいと願っている、作品に直接温もりを乗せる事ができる暖かい手を持っている方だと思います。すばらしい希有な力だと思います。


 何か抽象的な例えばかりで何なのですが、とにかく、私の感想を見るよりも実際の作品を見た方が早いです。是非とも一度読んでみて下さい。


>自分もSSを書かないと…

 SS書きとしては、人様の作品に感動しているだけでなく、やはり自分でもそんな作品を書こうと努力せねばなりません。

 ……自分もSSこんぺ以来、完成した作品としては、SSは「おそなえ」しか書いていないわけですが、夏コミあたりまではもう1作(増殖したので前後編になりますが)上げたいと思っています。例によって守矢一家のSSで、3/4ほど書けています。タイトルは…ネタバレっぽくなるので公開まで内緒で…。内容的には「おそなえ」と同系統です(笑)
 早苗さん好きとして本当に書きたいのが、自分の一連のSS的の「本編」と位置づけているシリアスSS「東風谷早苗、最後の一日」で、こちらも半分程書けているのですが、書いているうちにどんどん膨らんでいって、更にそのサイドストーリーというか、外伝的な物が増殖していくのですよ。次回作もそれで出来たものですし、「おそなえ」も、元は「東風谷早苗、最後の一日」の一場面で、本来は冒頭の会話から感動の?エンディングに行く筈だったのですが、気が付けば諏訪子様が(以下略)
 そんなわけで、いつになるか判りませんが、頑張って完成させたいと思います。


>「あっぷりけ」さんの新作「コンチェルトノート」のCMムービーが公開
 (↓のダウンロードのところから)
 http://www.applique-soft.com/concerto/index.html


 (ネタバレのため名前を伏せる)、可愛いよ! 走る姿が何て愛らしいんだ。

 ……………。
 桐月さん…まさか、わざわざ、このCM撮影のために福岡に……!?(笑)

(冷静に分析すると、実際には公式HPの2月の日記がそれに当たるっぽいですね)

 両者を見比べるに、新作の舞台(のモデル)が福岡で、今回は取材旅行というところでしょうか。
 今回のCMを見て、完成が益々楽しみになって来ました。もう一頑張りですね!
 …さあ、早くお皿にドッグフードを注ぐ仕事に戻るんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水曜日)

「長月史料館」を開業予定です

■「長月史料館」の開業と作成中のソフトについて一人語り

 桔梗屋旅館の片隅に、新たに自作ソフトコーナー「長月史料館」が開業……というか、予定地ができました。
(※現在は何もないです)
 本当は自作ソフトコーナーというより、サークル活動コーナーなのですが、同人活動としては最速でも「来年の」紅楼夢になる予定なので、それまでは自作ソフト発表の場となります。

 一応、歴史シミュレーションゲームが主なソフトになることを前提にして命名しています。後、言うまでもなく「守矢史料館」と掛けており、守矢一家や早苗さんへの愛が込められています。
 いかにも歴史ネタの考察日記の収録コーナーっぽい名前ですが、そうではなくて自作ソフトのコーナーです。

 とりあえず週末を目処に、小手調べに作った割り切れない数字パズルゲーム「長月数連割」をうぷ予定です。お時間がある方はお試しいただければと思います。
(※ソフト内容は、東方とは全く関係ありません)

 当面の本命……というか、本格的に作成しているのが、現在作成中の戦国シミュレーターの「長月悠雄夢」(仮名)です。名前の出所は違う&内容的に全然関係ないのですが、妖々夢のパクリっぽいのがどうかと思うので、名前は変更される可能性が結構あります…。

■戦国シミュレーションソフト「長月悠雄夢」(仮名)作成中

 「悠雄夢」は添付画像の通り、システム上はほぼ完成しています。細部を調整すれば、一応うぷ出来る所までは来ています。
 戦国時代(等)の箱庭世界に各群雄を配置して、大体30分程度で天下統一されるまでの軌跡をまったりと眺めるソフトです。

H2007091
(写真1)
 シナリオ1「戦国の群雄たち」。1555年スタートで、各大名が天下統一を目指します。有力大名が順当に行くと有利ですが、代替わりイベントや展開のアヤで、統一する大名は毎回結構変わります。

H2007092
(写真2)
 シナリオ2「信長包囲網」。1570年のシナリオ。包囲網…といいつつ、現時点では8割方信長が包囲を突破するので(汗)もう少し調整が必要です…。五割程度まで下げたいところです。
 残りのシナリオは、信長の破竹の進撃を眺める、1580年の「天下布武」。そして、本能寺後に膠着状態となり、光秀や織田旧臣が微妙な力関係で乱立した…という設定の1583年シナリオ「本能寺の変」になる予定です。

H2007093_2
(写真3)
 ネタで作ってみた東方系シナリオ。諏訪の地に侵攻した織田軍に守矢一家が激怒。東方勢とともに信長をもっこもこに。こんなシナリオも実現可能です。
 安土城を占拠した紅魔館勢。畿内の要所を押さえた西行寺&四季家。宇喜多氏と意気投合した、てゐ率いるイナバ軍団。武田+上杉旧領を押さえた主役?の東風谷家。そして、お茶所静岡を押さえ、ひたすらお茶を飲み続ける霊夢。彼女たちに信長は対抗できるのか? そして、遙か西の地、指宿(いぶすき)から開始される萃香の百万鬼夜行を止められる者はいるのか?
(※実験用なので、後日うぷされる版には添付されない予定です)


 将来的には特定大名をプレイヤーとして操作して、天下統一を目指す……というシステムも追加する予定ですが、眺めている方が面白いですし、蛇足かなぁとも思っています。 今のところ、戦国時代のシナリオが4~5本という構成になっていますが、シナリオ作成+追加が簡単にできる仕様にしているので、今後徐々に追加していこうと思っています。戦国時代以外の地図でも遊べる仕様にしているので、当面の目標は三国志のマップの追加ですね。何時の日か、自作ソフト内でも魏国をもっこもこにするんだ…。

 更なる目標は、幻想郷の地図、シナリオを実装して東方の二次創作として楽しめる様にする事なのですが、そのためには「幻想郷の地図」を考えないといけないのですね。大変だなぁ……。

 とりあえず、一応の完成版としてうぷする前にしなければならない事は、「音楽&効果音を何とかして入手する」事です。
 現在の開発中の段階では、動作試験も兼ねて、吸い出したり実機から録音したりした東方や信長の音楽+効果音が流れており、いかにも雰囲気的に「それっぽく」なっているのですが、個人で楽しむ分はともかく、勿論この状態では表には出せません。自分で作曲、自作してもいいのですがそれも大変そうですし、しばらくはいいフリーの音源を捜して、ネット上を彷徨う事になりそうです。


■プログラムの勉強とか

 このソフト作成ですが、前回の「絵」と同じく「今年はいろんな方面に手を伸ばして頑張ってみよう」計画の一つだったりします。
 幸いにもプログラムについては、絵とは違ってほぼゼロからのスタートというわけではなく、昔(N88BASICやDOS時代)に触っていた事もありますし、EXCELでVBAを現役で使ったりはしているのですが、Windows上で動くアプリの開発は初めてだったりします。

 昔プログラムは趣味でやっていたとは言え、昔のN88BASICとか、DOS版でのC言語の時代で知識が止まっていたので、現在のWindows全盛の状態でソフト制作なんか出来るのかと思っていました(VisualBasicやC++を少しだけやったのですが、グラフィックや窓処理関係がややこしくて挫折)が、今はいろいろ開発用に便利なソフトがあるのですね。

(DXライブラリのページ)
 http://homepage2.nifty.com/natupaji/DxLib/

 「DXライブラリ」のおかげでそのあたりがかなり取っつきやすくなったので、それっぽいソフトを作ることが出来ました。ありがたい事です。最近の東方関連?ゲームでは「もみだん」(椛と不思議の洞窟)や「四聖龍神録」の様なすばらしいゲームがこのDXライブラリで作成されていますね。
 …パソコン店の店頭で「14歳から始めるC言語プログラミング」というタイトルに引かれて(笑)本を手に取ってみて本当に良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日曜日)

東風谷早苗と紡ぐ黒歴史

■10本の爪楊枝を触れずに動かす
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm3814140

 この動画、何故か「東風谷早苗」タグがついているのですよ。
 不思議に思って最後まで見ると…。


■絵の練習を始めました

 さて、本年度に入って、比較的創作に時間が取りやすい環境になったので、本職?のSSを初めとして、様々な分野に手を伸ばしているのですが…その一つとして、実は一月ほど前に絵にも挑戦しようとタブレットを購入していました。
(いつの間にか1万円以下で買えるところまで値段が下がっているのですね)

・Wacom Bamboo Comic
 http://tablet.wacom.co.jp/bamboo/bamboocomic/index.html

 実は、以前にも同じ様に絵を描こうと思った時期があり、同様にタブレットを購入した事があったのですが、
・接続が面倒(当時はUSBじゃなかった)
・グラフィックソフト(写真屋)が高くて手が出なかった
・その直後に本業が多忙期に入って時間が取れなくなった

 …という事もあり、結局ほぼ何もしないまま挫折して、それならより必要としている人に使って貰おうと、当時、手書き+マウスで絵を描いていたネット友達にあげてしまいました。
 ちなみにその友人はその後、ネットゲームの深淵へと姿を消してしまったので、そのタブレットが役に立ったのかは謎のままです。長くネット活動を続けていると、創作活動から引退したり、いつの間にかフェードアウトする人との別れは、寂しいですが避けられないものですね。今も創作活動を続けていれば、今頃、タブレットで描かれた「紅魔館VS強力チーム」とかの連載を楽しめたかもしれないなぁ…。


 前振りが長くなりましたが、そんなわけで久しぶりにタブレットを購入していたのですが、ほぼ同時期に緋想天を始めた事もあり、今回もほとんど触らないまま放置状態でした。
 で、最近になってようやく緋想天の熱も落ち着いてきた事もあり、この週末に改めてタブレットを触り始めました。
 先月の購入時に何となく同時にインストールしたお絵かきソフトの「SAI」は、ほとんど触らないまま、ほんんど試用期間が終わっていました…orz

 これではいけない!ということで、ようやく本格的に?お絵かきを初めてみました。

 ……いや~、面白いですね。
 何と言っても、アナログ描きとは違って「取り返しがつく」ところがいいですね。目や首の位置がおかしいから移動させたり角度を変えたりして対処できるなんて、何て便利なんでしょう(笑)
 後は、レイヤ機能を使って、下書きを薄く表示させておいてその上に描く…という事ができるのがいいですね。モデルとなるデッサン用人形にポーズを取らせて写真を取り込み→薄く表示させてその上に描く事で、致命的すぎるデッサンの狂いが防止できる(それでも改めて見ると色々と狂ってますけど…)のも便利です。

 そしてそれ以前に「描く」事が本当に楽しいですね。タブレットのおかげで描く感覚は紙ベースとあまり変わらないですし、描いていてなかなか面白いです。

 ……とはいえ、問題は私自身に絵心が無いこと。そしてその結果として描いたキャラが「似ない」事です。
 自分で一生懸命描いた好きなキャラが、できあがって見てみると似ても似つかない悲惨な状態になっている→その事にショックを受けて挫折……というのが良くあるパターンです。
 そんなわけで、早苗さんを描いて悲惨な出来になるとショックを受けるので、とりあえず射命丸さんあたりを描こうかと思ったのですが、そもそも射命丸さんを描いてどうするの?ということもあり(笑)、結局、早苗さんを頑張って描いてみました。
 ヘタレな腕を愛情でカバーできると信じて……!

 ……と、いうわけで、今回添付されているのが、この週末に描いた早苗さんのイラストです。早苗さんが…という以前に、CGや下書きのイラスト自体が初めてで全てが我流というか、試行錯誤で描いたものだったりします。
 ど、どんなものでしょうかね!?

37a01
(絵1:これが初描きです。とりあえず正面から)

37a02
(絵2:斜め構図に挑戦)

(絵3:上半身全体にも挑戦。ですが、改めて見るとアレな出来だったので、mixiのみの公開でorz)

 ……特に3枚目あたりで、やはり現時点でのデッサン力その他諸々の問題点が見て取れますね。背景的にもっと色合いは暗いだろ、だったり、よく見たら左右の腕の太さが違ったり、右手が小さかったり…orz 数をこなせば上達して改善されると信じたいです。

 というか、早苗さんの服装(特に袖)はどうなっているのでしょうか。どうやって袖の部分が「すっぽ抜け」なくなっているのか、機構がよく判らない…。いろいろと他の方のCGを見たりして調べてみたのですが、皆さんいろいろな解釈があるみたいですね。
 そもそも、冷静に見れば、あれは明らかに「巫女服」じゃないよなぁ…。やっぱり、腋→袖→巫女の流れで刷り込まれているのでしょうか(笑)


 現時点ではまだこんな感じなのですが、今後修行して何とか上達できればなぁ……と思っています。
 そんなわけで、今後時々、改めて見直すと黒歴史になると思われるイラストの数々がUPされるかと思いますが、我慢して(あるいは、見なかった事にして)宜しくお付き合い下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木曜日)

追記有:ドラちゃん除外に負けず(雑記+競馬日記)

※出走馬分、追記しました。
 今週の重賞の出走馬をよく見たら、何気にラジオNIKKEI賞に先日の「早苗賞」勝ち馬、キングオブカルトが出走していますね。応援しようっと(それにしても何という名前だ…)。
 ここで賞金を加算して菊花賞に出てくれたら面白そうな血統なんだけどなぁ…。距離が短そうだし、ここで無理せずに阿寒湖特別あたりを目指して欲しいような気も…


 今日は久々の平日の休みでした。

 この貴重な時間を生かそうと、先月買ったまま放置状態だったタブレットを触り始めました。ちなみに購入と同時に「SAI」も入れていたのですが、この機会に正式購入。試用期間にほとんど使わずじまいでした…orz
 で、2~3時間ほど掛けて、試しにとりあえず2枚ほど描いてみたのですが…楽しくはあるのですが、やっぱり難しいものですね。まぁ、絵心が無い上に、CGの知識がほとんどゼロからのスタートだからなぁ…。

 とりあえず今後練習を重ねて、一年ほど練習→「来年の」紅楼夢にサークル参加あたりを目標で頑張りたいと思います。本業?のSSに支障が出ない程度に…。
 一応ROM専門でPixivに登録していたりしているのですが↓、いつの日か、投稿する側でも参加するんだ…。
 http://www.pixiv.net/member.php?id=52002

 このあたりのイラスト関係の話は、土日あたりの日記でまた書きたいと思います。


 続いて、今週の競馬日記です。

 この日記のタイトルを使うのも何度目でしょうか。今回もドラグーンが除外濃厚な筈なのに、見事に抽選を通ってくれました。本当に抽選運のある馬です。
 …まあ、逆に競馬開催が途中で中止→再抽選で除外とかも過去にはありましたが…

>今週の桔梗屋出資馬のあらすじ
・ウィザードは一旦短期放牧へ。放牧先は近場(京都)で、比較的短期に戻す予定との事。
・「落ちない馬」アルバスが美浦に帰厩。(成人の)受験生の皆様、次走は馬券を買って応援してやって下さいね(笑)
・アルボーレが放牧に。結局1戦しか使わないとは…orz 秋に復帰予定。
・ファンキーブロンドが入厩へ。2歳出資馬ではメビウスに続いて2頭目の入厩馬。
・骨折判明のアンタイドはもう暫く様子見らしいです
・先週5着と光明が見えたマタドールに骨折が判明orz


>今週の桔梗屋出走馬[H20:58-59]
 今週は阪神で2鞍です。どちらも、実力自体は十分通用するとは思うのですが、臨戦課程的にどうかですね。

■土曜阪神11R ジュライS(S1200) シルクドラグーン号出走 15:35
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200809030510


 ドラグーンが復帰戦を迎えます。
 2歳時から活躍を続け、いろいろありながらも準OPまで出世。準OPでも馬券に絡んでいますし、前走でウィザードに先を越されたものの、獲得賞金1億円や古馬OPに手が届く所まで来ています。
 とはいえ、さすがに使い詰めだったり得意条件に使えなったりした事もあり、最後は調子を落としての放牧となりました。今回は比較的得意な条件ですし、本調子であれば十分通用すると思います。問題は、今回でどこまで調子が戻っているかです。抽選運が強いこともあり、今回は除外狙いの筈が通ってしまった面もありますし、まずは今回はそれなりの競馬をしてもらって次走に繋いで欲しいところです。

■日曜阪神11R 皆生特別(D1400) シルクパスワード号出走 16:10
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200809030611

 パスワードが阪神に出走します。
 前走はあまり得意ではない条件への出走となり、今ひとつの成績でした。今回は、最も得意な条件である阪神ダート1400への出走となります。この条件の時は、軒並み人気以上の着順に来ています。
 近走の成績からあまり人気にはならないと思われますし、ここは馬券的にも期待したいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火曜日)

「東風地雷原」の作成が決定した…かも(地霊殿感想)


 そんなわけで、東方地霊殿のweb体験版が発表された…ということで、早速やってみました。
 緋想天のためにパソコンを新調した事もあり、動作は軽快です。…ちなみに、先代のパソコンにも試しにインスコしてみたのですが……とりあえず、咲夜さんと戦っても勝てない事が判りました(笑) もう何ですね。完全にグラフィック関係はオンボードではダメな時代に入ってしまったのかもしれません。

 実際にやってみた感想なのですが…良い意味でいつもの東方ですね。夏に発表される本編が楽しみです。どうやら今回は夏コミと同時に同人ショップにも並ぶらしい?ですし、製品版を手に取る日が楽しみです。

 とはいえ、実際にやってみると、例大祭版の話等から噂では聞いていたのですが、私にとっては致命的な問題点が…。
 選択できるプレーヤーは3人いる筈なのですが、私の手元の体験版では、霊夢と魔理沙しか出て来なくて、早苗さんが選べなくなっています。…致命的です(笑) いろいろ例大祭版からバグが直っていると聞いていたのですが、一番肝心な部分が…orz。
 私の脳内地霊殿では、妖怪(神様)側も、八坂様、諏訪子様、そして椛の3キャラから選べるという画面まで用意されていたのですが、これはどういうことでしょうか。
(この3キャラで椛だけ浮いている様に見えますが、哨戒天狗の特性を生かして、敵キャラが出てくる前に矢印で通知してくれる、初心者向けのパートナーなのですよ。……私の脳内では)


 そんな……。緋想天に続いて地霊殿までも出番がないなんて。5ボスプレイヤー化の原則は何だったのでしょうか。
 やはりこれは、自分で作るしかないのでしょうか。
 早苗さんが出てくる「東 風 地 雷 原」を。

 そんなわけで、実は製品版で出てくる可能性を信じつつも、ちょっと勉強して本当に「東風地雷原」を作ってみようかなと思い始めました。
 言うまでもなく、
・プログラミング技術
・絵を描く技術
・音楽を作る技術

 主に上記の能力が必要になるわけですが、このあたりは今から身につける予定です。……本当に身に付くのかは判りません(笑)
 実は上記のいずれの能力も微妙に中途半端に勉強中なので、挫折せずに情熱だけで何となった場合は、本当に「東風地雷原」を発表できるかも知れません。ほとんど期待せずにお待ち下さい。

 ……ちなみに、本当に「東風地雷原」を作るかはともかくとして、今年に入ってからプログラムの方は実際に勉強、開発中でして、何本かそこそこ形にはなった?ので、近日中に我が桔梗屋の片隅に自作ソフトのコーナーが開設されます。東方とは(ほとんど)関係ないものばかりですが、その節はまた見に来ていただければと思います。

H200701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »