« 八坂様と史料館と割り切れない思い | トップページ | シルク募集馬応募についての考察 »

2008年7月21日 (月曜日)

携帯電話とバナーとソフトカタログにもっこもこ

>携帯電話が思った以上に良い件について

 先日買い換えた新携帯電話なのですが、ぶっちゃけた話、この機種を選んだのは「赤いから」だけだったのですが、思った以上に良い買い物だったっぽいです。
 携帯電話がmp3に対応していて、そのままプレーヤーとして聞けるのですが、どうやら(少なくともドコモでは)mp3再生に対応しているのはこの機種だけの様です。タグ情報を元に、アルバム毎に分類してくれるのもいいですね。
 あと、何気に動画再生に対応しているのがいいですね。サイズ調整は必要ですが、パソコンで取り込んだ画像を外で見られる(そんな必要があるのかは別ですが…)というのはすごいです。
 更に、重力を読みとって?画面の向きが変わるのがすごいですね。きちんと下を向けている方が画面の下になるのですよ。どうやっているんだろう…携帯の中に振り子でも入っているのでしょうか(笑)
 そんな感じで、いきなりバージョンアップしすぎて付いて行けていない感じなのですが、頑張って使い方を覚えたいと思います。

Sany6962

>バナーを作成しました

 今日は先日からのCGを元に、バナーを作ってみました。
Sept_banner01

Sept_banner02

 ……何だか、ものすごく「それっぽい」ですよ!! まるであたかも本当にCGサイトであるかのようです。とても自分が描いた絵が元になっているとは思えません(笑) これは自分の絵というより、描いたキャラクターが良いからですね。早苗さん可愛いよ早苗さん。

 そして、(機能的に当たり前の事ではあるのですが)バナーには我がサイト名「隆山温泉・桔梗屋旅館」の名前があるわけですが、改めて自分のHPを見ると、最早(というよりかなり初期から)うちって、「隆山温泉」でも「旅館」でも無いよなぁ…。
 ……と思っていろいろと各所のHPを見ると、よそもタイトルと内容がほとんど関係ないところが多くて、少しだけほっとしました(笑) 今更HP名を変えるわけにもいかないですし、このままのHP名で当分頑張りたいと思います。

>次回で最終回動画

 毎週末に楽しみにしていた動画連載が2本あるのですが、いずれも、次回で最終回の予定となりました。両方一変に終ってしまったら、これからは何を楽しみにして過ごせばいいのか……。

■我が人生に悔いは無し…。魏国が東方勢にもっこもこ
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm4029230

 丸一年楽しみにしていたドM動画、もっこもこも、次回、感動(になるかは次回を見ないとわからない)の最終回です。
 個人的な最終回予想は、「許昌だけが皮一枚残って時間切れで勝利。紫を初めとする東方勢が感嘆と労いの言葉と共に去っていく。簀巻きにされた動画主を残して…」だったのですが、どうやら違う展開の様です。しかし、ある意味ルナサ姉と結ばれるフラグが立ったとも言えるわけで、あの人にとっては良かったのではないでしょうか。何気に名前を呼び捨てで呼んでいますし……。
 あと、何気にもっこもこの解説記事ができているのですが、記事を書いているのは何とあの人……。

■ファミコン全ソフトカタログ 次回(27日)で最終回
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm4019093

 次回に登場する「高橋名人の冒険島4」で、ついにこの企画も最終回です。
 第1回から見ていましたが、やはり前半に出てくるゲームはほぼ全部見たこと/やったことがあったりするのですが、後になるにつれて名前すら知らないゲームが増えていきますね。スーファミに流れたからかなぁ……。
 あと、同時期に発売されたゲームを見ていくと、やはり「売れた」「流行った」ゲームは同時期のゲームと比べても飛び抜けていますね。スーパーマリオやドラクエ2/3は同時期に発売されたゲームと比べて数年は先を行っています。

 ファミコン初期は(ほとんど)クソゲーも無く、出るゲーム出るゲーム全ての発売が楽しみでした。ディスクシステム初期の頃が一番ワクワク感があったなぁ…。
 当時「リンクの冒険」(発売前は「ゼルダの伝説」と同等以上だとおおいに期待されていました。いや、十分に良作ではありますが…)と「ドラゴンクエスト2」の発売日が2週間しか開いておらず、こんなゲームを2本も続けて遊べるなんてどれだけすばらしいんだ!と思った記憶があります。

|

« 八坂様と史料館と割り切れない思い | トップページ | シルク募集馬応募についての考察 »

動画」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東風谷早苗と紡ぐ黒歴史(CG)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/41926816

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話とバナーとソフトカタログにもっこもこ:

« 八坂様と史料館と割り切れない思い | トップページ | シルク募集馬応募についての考察 »