« 「長月史料館」を開業予定です | トップページ | セレクトセールと携帯電話とシルク募集馬 »

2008年7月13日 (日曜日)

絵と地雷原とつばくらめとあっぷりけ(徒然日記)

 折角の週末だったわけですが、夜勤で体調が狂ったのか夏風邪気味で、いつの間にかこの時間になってしまいました。そんなわけで、各種諸々が一週間ずつ後ろにずれ込みます…。

 今週はセレクトセールもありますし、何より、月曜日頃にはシルクの年度募集のパンフレットが届くので、検討用ページを作成して出資馬を検討……という一口馬主的な最重要イベントもあります。これらの影響も受けるので、更にいろいろとずれ込むかもしれません。


>絵の練習進捗
 そんなヘロヘロな状態の中でも、少しでも上達しようと今週の週末も練習…

 丁度私の一年前に絵を始め、現在ではイラストをHPの柱の一つとしており、ついには紅楼夢でサークル参加…と、確固たる地位を固めている方がおられるので、同じように上達していけば自分も一年後には立派なCG描きに! と甘い予測を立てていたのですが、同じ構図(さしみさんが去年の7月3日に描かれた妖夢)で絵を描いてみると、やっぱりいろいろな問題点が…。

H2007131

 問題点はまあ一言でまとめると「根本的にデッサン力が無い」事です。
 ソフト上でいろいろとチェック、修正したり、人形にポーズを取らせた写真を取り込んで構図をトレス…等、文明の利器がいろいろあるので、ある程度のフォローはきくかと思っていたのですが、やっぱりどうにもならない面が大きい事が判りました(笑)
 残念ながら現時点では「絵の題材を立体的に捉える」能力がほぼゼロです。元ネタにしている、さしみさんの妖夢は絵を初めてから3日目なのにきちんと立体になっている事を考えれば、歴然とした差があります。
 これは自分自身で感覚を身につける以外にどうしようも無いと思いますので、これからも修行を重ねたい所です。

>東風地雷原、制作好調!…か?
 そんな裏で、こんな事もやってました(写真参照)。

H2007131_2

 来たる日(来るのかは不明)に備えて、地雷原のタイトルロゴをでっち上げ…。
 フォントを割り出してそれを使えば一発なのですが、フォントは高い(1万円くらいする)ですし、本家からパクるわけにもいかないので、「東」と「地」は懸命に似せて描き、「風」「雷」「原」は自体の特徴を見ながらそれっぽく描いてみました。
 う~ん、要手直しですね。満足行くのは「雷」くらいでしょうか…。というか、SAIには直線を描く機能はないのでしょうか。せめて物差しを使って描かせて…(笑)

 もう一方、音楽の方ですが、久しぶりにMIDIシーケンサーをいんすこして耳コピしてみたのですが、テーマ音楽「だけ」については案外音が拾いやすいですね。
(この後調子に乗って「信仰は儚き~」に挑戦して玉砕…)
 とりあえずこちらは比較的ハードルが低そうです。

 ……これって、後は早苗さんの全身絵さえ描ければ、「東風地雷原」のタイトル画面がでっち上げられるんじゃね!?


>「つばくらめの雨」(創想話作品集56:あまぎさん作)がお薦めな件

 私が前回のSSこんぺで一番好きな作品「妖精と、やさしいきかい。」の作者で、その後も良作を次々と投稿されているあまぎさんの作品です。
 感想込みで紹介文を書こうとモタモタしているうちに、創想話の作品集が進んでしまいまして、このままだと機会を逸してしまいそうなので、今回の日記で取り上げる事にしました。

 何と言っても、雰囲気、表現力、そして余韻がすばらしいです。話の展開や諏訪子様の性格等に少し(個人的には)ツッコミ所はありますが、それを埋めて余りあります。
 私辺りがこの手の評価をするのは烏滸がましいのですが、これまで目にした、あるいは文章を書く際に思い浮かべた情景を、そのまま(に限りなく近い)美しさや色彩で描く事が出来る力を。言い換えると、文章を鮮やかな色で「描く」事の出来る色鉛筆や絵筆を。そして、私がいつか持ちたいと願っている、作品に直接温もりを乗せる事ができる暖かい手を持っている方だと思います。すばらしい希有な力だと思います。


 何か抽象的な例えばかりで何なのですが、とにかく、私の感想を見るよりも実際の作品を見た方が早いです。是非とも一度読んでみて下さい。


>自分もSSを書かないと…

 SS書きとしては、人様の作品に感動しているだけでなく、やはり自分でもそんな作品を書こうと努力せねばなりません。

 ……自分もSSこんぺ以来、完成した作品としては、SSは「おそなえ」しか書いていないわけですが、夏コミあたりまではもう1作(増殖したので前後編になりますが)上げたいと思っています。例によって守矢一家のSSで、3/4ほど書けています。タイトルは…ネタバレっぽくなるので公開まで内緒で…。内容的には「おそなえ」と同系統です(笑)
 早苗さん好きとして本当に書きたいのが、自分の一連のSS的の「本編」と位置づけているシリアスSS「東風谷早苗、最後の一日」で、こちらも半分程書けているのですが、書いているうちにどんどん膨らんでいって、更にそのサイドストーリーというか、外伝的な物が増殖していくのですよ。次回作もそれで出来たものですし、「おそなえ」も、元は「東風谷早苗、最後の一日」の一場面で、本来は冒頭の会話から感動の?エンディングに行く筈だったのですが、気が付けば諏訪子様が(以下略)
 そんなわけで、いつになるか判りませんが、頑張って完成させたいと思います。


>「あっぷりけ」さんの新作「コンチェルトノート」のCMムービーが公開
 (↓のダウンロードのところから)
 http://www.applique-soft.com/concerto/index.html


 (ネタバレのため名前を伏せる)、可愛いよ! 走る姿が何て愛らしいんだ。

 ……………。
 桐月さん…まさか、わざわざ、このCM撮影のために福岡に……!?(笑)

(冷静に分析すると、実際には公式HPの2月の日記がそれに当たるっぽいですね)

 両者を見比べるに、新作の舞台(のモデル)が福岡で、今回は取材旅行というところでしょうか。
 今回のCMを見て、完成が益々楽しみになって来ました。もう一頑張りですね!
 …さあ、早くお皿にドッグフードを注ぐ仕事に戻るんだ。

|

« 「長月史料館」を開業予定です | トップページ | セレクトセールと携帯電話とシルク募集馬 »

SS」カテゴリの記事

東方」カテゴリの記事

東風谷早苗と紡ぐ黒歴史(CG)」カテゴリの記事

自作ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/41826282

この記事へのトラックバック一覧です: 絵と地雷原とつばくらめとあっぷりけ(徒然日記):

« 「長月史料館」を開業予定です | トップページ | セレクトセールと携帯電話とシルク募集馬 »