« 追記有:ドラちゃん除外に負けず(雑記+競馬日記) | トップページ | 「長月史料館」を開業予定です »

2008年7月 6日 (日曜日)

東風谷早苗と紡ぐ黒歴史

■10本の爪楊枝を触れずに動かす
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm3814140

 この動画、何故か「東風谷早苗」タグがついているのですよ。
 不思議に思って最後まで見ると…。


■絵の練習を始めました

 さて、本年度に入って、比較的創作に時間が取りやすい環境になったので、本職?のSSを初めとして、様々な分野に手を伸ばしているのですが…その一つとして、実は一月ほど前に絵にも挑戦しようとタブレットを購入していました。
(いつの間にか1万円以下で買えるところまで値段が下がっているのですね)

・Wacom Bamboo Comic
 http://tablet.wacom.co.jp/bamboo/bamboocomic/index.html

 実は、以前にも同じ様に絵を描こうと思った時期があり、同様にタブレットを購入した事があったのですが、
・接続が面倒(当時はUSBじゃなかった)
・グラフィックソフト(写真屋)が高くて手が出なかった
・その直後に本業が多忙期に入って時間が取れなくなった

 …という事もあり、結局ほぼ何もしないまま挫折して、それならより必要としている人に使って貰おうと、当時、手書き+マウスで絵を描いていたネット友達にあげてしまいました。
 ちなみにその友人はその後、ネットゲームの深淵へと姿を消してしまったので、そのタブレットが役に立ったのかは謎のままです。長くネット活動を続けていると、創作活動から引退したり、いつの間にかフェードアウトする人との別れは、寂しいですが避けられないものですね。今も創作活動を続けていれば、今頃、タブレットで描かれた「紅魔館VS強力チーム」とかの連載を楽しめたかもしれないなぁ…。


 前振りが長くなりましたが、そんなわけで久しぶりにタブレットを購入していたのですが、ほぼ同時期に緋想天を始めた事もあり、今回もほとんど触らないまま放置状態でした。
 で、最近になってようやく緋想天の熱も落ち着いてきた事もあり、この週末に改めてタブレットを触り始めました。
 先月の購入時に何となく同時にインストールしたお絵かきソフトの「SAI」は、ほとんど触らないまま、ほんんど試用期間が終わっていました…orz

 これではいけない!ということで、ようやく本格的に?お絵かきを初めてみました。

 ……いや~、面白いですね。
 何と言っても、アナログ描きとは違って「取り返しがつく」ところがいいですね。目や首の位置がおかしいから移動させたり角度を変えたりして対処できるなんて、何て便利なんでしょう(笑)
 後は、レイヤ機能を使って、下書きを薄く表示させておいてその上に描く…という事ができるのがいいですね。モデルとなるデッサン用人形にポーズを取らせて写真を取り込み→薄く表示させてその上に描く事で、致命的すぎるデッサンの狂いが防止できる(それでも改めて見ると色々と狂ってますけど…)のも便利です。

 そしてそれ以前に「描く」事が本当に楽しいですね。タブレットのおかげで描く感覚は紙ベースとあまり変わらないですし、描いていてなかなか面白いです。

 ……とはいえ、問題は私自身に絵心が無いこと。そしてその結果として描いたキャラが「似ない」事です。
 自分で一生懸命描いた好きなキャラが、できあがって見てみると似ても似つかない悲惨な状態になっている→その事にショックを受けて挫折……というのが良くあるパターンです。
 そんなわけで、早苗さんを描いて悲惨な出来になるとショックを受けるので、とりあえず射命丸さんあたりを描こうかと思ったのですが、そもそも射命丸さんを描いてどうするの?ということもあり(笑)、結局、早苗さんを頑張って描いてみました。
 ヘタレな腕を愛情でカバーできると信じて……!

 ……と、いうわけで、今回添付されているのが、この週末に描いた早苗さんのイラストです。早苗さんが…という以前に、CGや下書きのイラスト自体が初めてで全てが我流というか、試行錯誤で描いたものだったりします。
 ど、どんなものでしょうかね!?

37a01
(絵1:これが初描きです。とりあえず正面から)

37a02
(絵2:斜め構図に挑戦)

(絵3:上半身全体にも挑戦。ですが、改めて見るとアレな出来だったので、mixiのみの公開でorz)

 ……特に3枚目あたりで、やはり現時点でのデッサン力その他諸々の問題点が見て取れますね。背景的にもっと色合いは暗いだろ、だったり、よく見たら左右の腕の太さが違ったり、右手が小さかったり…orz 数をこなせば上達して改善されると信じたいです。

 というか、早苗さんの服装(特に袖)はどうなっているのでしょうか。どうやって袖の部分が「すっぽ抜け」なくなっているのか、機構がよく判らない…。いろいろと他の方のCGを見たりして調べてみたのですが、皆さんいろいろな解釈があるみたいですね。
 そもそも、冷静に見れば、あれは明らかに「巫女服」じゃないよなぁ…。やっぱり、腋→袖→巫女の流れで刷り込まれているのでしょうか(笑)


 現時点ではまだこんな感じなのですが、今後修行して何とか上達できればなぁ……と思っています。
 そんなわけで、今後時々、改めて見直すと黒歴史になると思われるイラストの数々がUPされるかと思いますが、我慢して(あるいは、見なかった事にして)宜しくお付き合い下さい。

|

« 追記有:ドラちゃん除外に負けず(雑記+競馬日記) | トップページ | 「長月史料館」を開業予定です »

東方」カテゴリの記事

東風谷早苗と紡ぐ黒歴史(CG)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/41753534

この記事へのトラックバック一覧です: 東風谷早苗と紡ぐ黒歴史:

« 追記有:ドラちゃん除外に負けず(雑記+競馬日記) | トップページ | 「長月史料館」を開業予定です »