« 平成20年度 シルク募集馬検討 | トップページ | 八坂様と史料館と割り切れない思い »

2008年7月17日 (木曜日)

こちゃと落ちない名馬とガーデニング

 前半のガーデニング?の話と後半の出資馬出走情報が追加されたので、金曜日にうぷし直しました。

 絵の練習ということで、今回は八坂様に挑戦しているのですが、予想外に手間が掛かりますね。オンバシラに気を取られがちですが、こんなにパーツがいろいろあるなんて…。


>絵本作家 ターシャ・テューダーの庭園
 http://www.tashatudorandfamily.com/news.html

 http://www.nhk-sc.or.jp/event/contents/tasha.html

 昨日のNHKの特集番組の告知を見て、絵本作家のターシャ・テューダーさんが先月に亡くなられていたことを知りました。残念です…。
 創作活動をしながら、自分の庭で園芸を楽しみ、季節のイベントを昔ながらの形で愉しむ……というのは、いつか私もこのような生活をしてみたいと思わずにはいられない、理想的なものでした。現代?生活に慣れきってしまった私にとっては、これらの環境に加えて、ネット+たまに行く日本橋と同人イベント(笑)が必要になりますが……。

 ささやかながら遠く離れたこの地で、彼女の冥福を祈りつつ、少しでも見習おうと?こちらもガーデニングを頑張りたいと思います。
 今年もゴーヤを植えまくったのですが、この時期には1日1個ずつ食べる計画の筈が、まだ雌花すらつかないのですよ。まあ、毎年のパターンだと梅雨明けあたりから成長が加速するので大丈夫だとは思うのですが、もっと肥料をやっとけば良かった……。

>以下、競馬の話

 小倉開催が始まると、いよいよ夏競馬だという気分になりますね。
 日曜の2歳未勝利に出走するこちゃ、頑張れこちゃ。


>夏の風物詩、今年の⑨新馬戦(土曜小倉4R)
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200810020104

 このレースのあらすじ

 カシノ「うちの馬は5頭出しです」
 テイエム「じゃあ、うちの馬は6頭出しです」
 カシノ「……………」

 ちなみに、テイエムの6頭は全てテイエムオペラオー産駒です……。
 あと、何気にメガスターダムの産駒が居たりして、時の流れの早さを感じてしまいました。


>今週の桔梗屋出走馬[H20:60-62]
 未勝利2鞍、500万下1鞍です。全て新潟のレースです。
 前走で抜群のパフォーマンスを見せた、落ちない名馬アルバスの昇級初戦+未勝利2鞍です。アルバスは相手が揃った感じですが、どこまで通用するか楽しみです。未勝利の2頭は、相手的に掲示板あたりは行けそうにも思うのですが……。

■土曜新潟4R 3歳未勝利(D1800牝) ライヴリーデイズ号出走 11:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200804020104

 ライヴリーデイズがデビュー2戦目を迎えます。
 4番人気とそこそこ期待された前走でしたが、まったく奮わずに7.4秒も離された謎の惨敗。今回は立て直されての一戦となります。
 今回は3着-2着と来ているティーマックスが抜けている感じですが、その他の馬は正直、しょぼい成績の馬が多く、結構上位に行ける目もあるのでは…と期待されます。しかし、残念ながらそんな馬たちの中でも7.4秒差負けのライヴリーデイズが一番実績では劣っており、強気にはなれませんが…。
 厩舎サイドでも、今回は前走のような事は無いはず、と思っているようですし、とりあえずは次走に繋ぐ走りを見せて貰いたいです。

■土曜新潟8R 3上500万下(D1800) シルクアルバス号出走 14:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200804020108

 前走、ゴール後落馬のハプニングがあったものの、内容的には完勝で未勝利を脱出したアルバスの昇級初戦です。
 前走と同じ距離ですし、前走の余裕度から今回もそこそこはいけるのではと思っています。とはいえ、今回は結構相手が揃っています。前走500万で掲示板の馬が6頭、同様に未勝利を勝ち上がってきた馬が3頭。今回はこのクラスとしてはかなり対戦相手のレベルが高い一戦となります。ここでそれなりの着順に来る事ができれば、今後もこのクラスでもやっていける目処が付くと思います。良い競馬を期待したいです。

■日曜新潟2R 3歳未勝利(D1800) シルクメルヴェイユ号出走 10:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200804020202

 メルヴェイユが日曜の未勝利戦に出走します。
 転厩後、ここまで3戦。そこそこの着順には来るものの、今一つ足りない競馬が続いています。何となく、去年のイグニションとキャラ的に被ってきました。勿論同様に丈夫に走ってくれれば文句はないのですが、できれば勝ち上がって貰いたいです。
 今回ですが、何頭か人気になりそうな馬はいるものの、正直同じようなレベルの面々で、展開一つで上位に入る可能性は十分あると思います。今回はチークピーシズをつけるようですし、その効果が出ないかな…と期待しています。

|

« 平成20年度 シルク募集馬検討 | トップページ | 八坂様と史料館と割り切れない思い »

園芸」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/41887465

この記事へのトラックバック一覧です: こちゃと落ちない名馬とガーデニング:

« 平成20年度 シルク募集馬検討 | トップページ | 八坂様と史料館と割り切れない思い »