« 五輪の舞台にそそり立ったオンバシラの思い出 | トップページ | チルノダービーと阿寒湖特別 »

2008年8月27日 (水曜日)

諸々近況日記

 前回日記のオンバシラフェスティバルですが、登場する人たちを全て腋巫女と腋神官に脳内変換すれば個人的に更に盛り上がる事に気が付きました。
 改めて見ると、やっぱり10年早かった事が悔やまれます。これが風神録以降の、例えば今年とか(冬の五輪なので)2年後とかにやっていれば、いろんな盛り上がりもものすごく違っていたと思うのですが……。


■引き続き「悠史録」開発中…
 徐々にプレイヤー操作周りを作成中です。自分で作っているのだから当たり前の事ではありますが、「実現させたい機能」が(自分の技術的に可能なら)簡単に搭載できる所がいいですね。
H2008271
(写真は開発中の画面)

 それにしても、昔BASICで作った頃といろいろ勝手が違いますね。昔のN88BASICで言うところの「INPUT文」が無いので、プレイヤーに数値を入力させる操作がいろいろと面倒です…。
 9月に入ると別方面に力を取られそうなので、今の内に出来るだけ作っておきたいところです。


■秋ですよ……
 先週12着だったシルキーリリーですが、近走の成績から、未勝利戦終了を待たずして引退が決定しました。残念です…。

 http://db.netkeiba.com/horse/ped/2005105777/

 今後はまだ未定ですが、何とか繁殖入りして貰いたい所です。血統的にはオークス馬の姪に当たるのでそこそこ良血ですし、何とかならないかなぁ…

 先日のアンタイドに続き、比較的勝ち上がるチャンスの高かったリリーまでが引退してしまい、毎年の目標である「出資世代の半数が勝ち上がり」が微妙に厳しくなってきました。8頭出資中、現時点で3頭勝ち上がっているので後1頭勝てばいいわけですが、現在生き残っているのがメルヴェイユ、スイーティー、ライヴリーデイズの3頭です。メルヴェイユは何とかいけるかも知れませんが、残り2頭は2桁着順ばかりですし、微妙な所です。この秋を越して、引き続き現役を続けられる馬が1頭でも多いことを願います。

|

« 五輪の舞台にそそり立ったオンバシラの思い出 | トップページ | チルノダービーと阿寒湖特別 »

東方紀行」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

自作ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/42293761

この記事へのトラックバック一覧です: 諸々近況日記:

« 五輪の舞台にそそり立ったオンバシラの思い出 | トップページ | チルノダービーと阿寒湖特別 »