« りぐるんパス | トップページ | 諸々近況日記 »

2008年8月25日 (月曜日)

五輪の舞台にそそり立ったオンバシラの思い出

 昨日は閉会式の様々な催し物を見ていましたが…何というか、彼らのセンスは理解できません。本気であれを芸術的だと思って世界に発信しているのでしょうか。どっちが上下…とかではなくて、何というか、センスや美しいと感じている物の「向き」が根本から違うような気がします。私たちが「繊細」「優美」に費やしている分まで、丸々、「派手」「華美」を伸ばすために経験値を注ぎ込んでいるというか…。

 ……と、ここから「セレモニーのセンス」をお題にして、一通り今回の五輪について腐そうと思ったのですが、ふと唐突に、我が日本も10年前の長野五輪の時は、開会式でオンバシラを立てていた事を思い出しました。
 信じられない方もいるかも知れませんが、長野五輪の開会式のセレモニーで、御柱祭の柱を立てる…というのをそのまま再現したのですよ。

 ちなみに、御柱祭の再現の他には、土俵入りとかもありました。本場所で4時頃にやっている、幕内力士の土俵入り→横綱の土俵入りというアレですね。ちなみに横綱土俵入りは「曙」がつとめました。あれから僅か10年。時間の流れというものは(以下略)

 以前の諏訪旅行日記でも取り上げましたが、「下諏訪駅」の駅前に立っている御柱は、この時に建てられた実物だったりします。諏訪を訪問された際には是非とも確かめてみて下さい。
Photo

Photo_2

 で、懐かしくなって捜してみたら動画も発見。案外残ってるものですね。

■長野五輪開会式でオンバシラを立てている映像
 http://jp.youtube.com/watch?v=P7OGxvffMTs

 私自身は格好いいとは思うのですが、これが世界から見てどうなのかというと…。
 今更アレなのですが、これって、世界の人々にはどう伝わっていたのでしょうか。
 そして、10年前の八坂様は、諏訪子様は、そして早苗さんは、どんな目でこれを見ていたのでしょうか?

 何だかこのネタでSSを一本書けそうですね。誰か書いて下さい(笑)

 あと、SS絡みではそろそろこの時期がやってきました。

■そろそろ次回のSSこんぺが開催されます
 http://thcompe.hp.infoseek.co.jp/

 お題発表:投稿開始三日前
 投稿期間:09/06~10/04
 感想期間:10/05~未定(80kb/day+週末補正)
 新作バレ:全面的に可

 現在、お題の選定中で、9月頭にはお題発表、10月4日までに書き上げて投稿…という流れですね。今回もいい作品が沢山寄せられて、盛り上がってくれるといいですね。

|

« りぐるんパス | トップページ | 諸々近況日記 »

SS」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東方紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/42270319

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪の舞台にそそり立ったオンバシラの思い出:

« りぐるんパス | トップページ | 諸々近況日記 »