« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月29日 (水曜日)

ミラクルフルーツの早苗(奇跡「ミラクルフルーツ」考察日記 第3回)

 さて、ここまで一通りミラクルフルーツでいろいろと味の変化を楽しんできたわけですが、今回は、ミラクルフルーツを食べ終わった後の話になります。

 つまり……ミラクルフルーツを育てる(栽培する)。

 とはいえ、実際に栽培するのはかなり大変そうです。
 第1回で紹介しましたが、ミラクルフルーツは元々熱帯系の植物なので、日本で育てるのは大変な様です。どうやら温室の使用が推奨環境のようですが、残念ながらうちにはありません。冬場に気を付ければ室内でも何とかなるらしいので、そのあたりに気を付ければ何とかなるかもしれません。
 更に、育つまでがかなりかかりそうです。
 こちらも第1回で紹介しましたが、「桃栗3年、ミラクル7年」。要するに種を植えてから実が採れる段階まで成長するのに7年も掛かるという事です。ものすごく気の長い企画です(笑)
 しかも、その「ミラクル7年」も、きちんとした環境で育てたら、という条件での話です。温室など、専門の環境で育てている農家などではもっと短縮できるらしいですが、ネットで栽培しているページをいろいろ見ていると、苗のまま何年も成長しないケースが結構見られます。かなり扱いが難しい植物の様です。


 ……とはいえ、そのあたりに悩むのは芽が出てからと言うことにして、とりあえずは種を植えたいと思います。
 ミラクルフルーツの実を味わってから、中の種を取り出します。
 ……これが、ミラクルフルーツの種になります。

Photo

 とりあえずこの種を土に入れ、水を切らさない様に注意しながら見守ると、一ヶ月弱で芽が出てくるそうです。いきなり一ヶ月も待たなければならない時点で気が長いですが、まったりとやっていきたいと思います。もうこの時期という事もあり、気温も低くなって来ているので発芽するかもちょっと怪しいですけど……。


 無事に発芽すれば、この後の「ミラクル7年」に続く遠大な計画となる第一歩。まずは、ミラクルフルーツの苗を見ることを目標にやっていきたいと思います。

 これで無事に芽が出れば、それはつまり、「ミラクルフルーツの早苗」という事になりますね。どきどき……。「ミラクルフルーツの早苗」の誕生を見守り、その後7年間の成長を見守るという遠大な企画となります。
 果たして無事に成長させる事ができるのか? 今後は、状況に変化がある度に取り上げていきたいと思います。


 ……………


 と言いたいところですが、実はこちらに料理したものをご用意してあります(料理番組風に)。……じゃなくて、既に育ったものをご用意してあります。
2

 ……すいません、さすがに7年も待ってられないので、実はミラクルフルーツの苗木も一緒に購入していました。既に数年経過している苗ですが、よく見ると傍らには芽が出て間もない、ミラクルフルーツの早苗の姿も見えます。
 こちらの方は既にミラクルフルーツの実(らしきもの)ができかけていたりしますし、順当に行けばそれほど待たずに収穫に取りかかれそうです。まずはこちらの苗木が無事にこの冬を越せるかが、今後の鍵となりそうです。
 そんなわけで、今後はこの苗木の成長記録と、種の発芽→成長記録が今後の予定となります。今後音沙汰がなければ、飽きたか冬の間に枯らしてしまったかだと思ってください(笑)
Photo_2
(ミラクルフルーツの早苗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火曜日)

八坂ステークスにフランちゃん出走へ

 いよいよ来週は紅楼夢ですね。
 例大祭の様子を見ると、一般参加の身で会場には入れるのか心配ですが、今の内に巡回先や挨拶回りの場所などをチェックしておきたいと思います。規模は昨年以上だけど、本家の体験版とかが無い分、例大祭よりは混み具合はマシな筈……。

 せっかくの京都開催+三連休という事でついでにどこか行こうかな…といろいろ考えていたのですが、前日土曜日の京都競馬場のミニオフ会?に混ぜていただける事になりました。ありがたい事です。
 紅楼夢当日は早く帰らないといけないっぽいので、今年も行って帰るだけかな…と思っていたのですが、これでよりイベントらしくなってきました。

 さて、その京都競馬場。ここに来てライスシャワーの存在が浮かび上がってきたりと東方的なゆかりも出てきた訳ですが、今回、11月1日の土曜日にはそれ以上にそれっぽいレースが開催されます。

 そう……「八坂ステークス」です。

 元ネタが八坂神社(京都)だから関係ないだろ、という冷静なツッコミはおいといて、やはり紅楼夢前日だけに、京都競馬場ではライスシャワーの石碑を訪れた後に八坂Sを的中で締めたいものです。
 この八坂S、芝1800mという条件で、かつては正月競馬に「八坂特別」(10下)として行われていました。過去の勝ち馬にはカネツフルーヴがいますが、全体的に見ればそれほど出世レースというわけでもありません。
 最近のクラス分けシステムの副作用で準OP馬が増えたため、今年からこの時期に移動して、準OPレースとして行われます。

 そんなわけで、レース名はともかく、内容的にはそれほど期待してはいなかったのですが、登録メンバーを見ると、なんと、あの馬がいるではないですか!

 そう……フランちゃんです。

■八坂S登録馬
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200808040710

■フランちゃんのプロフィール
 http://db.netkeiba.com/horse/2002105107/


 このフランちゃん、馬名もそうですが、とにかく人気薄で複勝圏内に飛び込んでくる事が多く、これまで何度も馬券の助けとなってくれました。
 ここ3戦、放牧前の調子落ち+復帰初戦のため成績はいまいちで、その結果人気を落としています。そのため、今回は人気の盲点になる事が予想されます。馬券の妙味的にもこれは楽しみです。
 現時点でレース登録馬数がフルゲート割れしているので、回避しない限りは出走してくると思います。是非とも出走して貰いたいです。

 菊の季節にフランが満開。紅楼夢前日、八坂Sでフランちゃんに勝って貰って、勝利の美酒。そんな流れでいい形で紅楼夢当日を迎えたいものです。土曜日が来るのが、今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土曜日)

奇跡「ミラクルフルーツ」考察日記 第2回「神の梅粥」

 さて、ミラクルフルーツ考察日記の第2回となる今回は、この企画のメインとなる食べ物に対する「奇跡」について考察します。
 そう……「お粥」です。

 勿論、普通のお粥さんはあまり味がしないものですが、何かしら塩気を付けて食べる事も多いです。今回はその代表格として、「梅粥」を用意しました。目論み通り行けば、この梅粥の酸っぱい感じが甘味に変わって、甘い「神の粥」が出来るはずです。

Photo


 ……というわけで、さっそく試してみました。
 レトルトの梅粥を調理した後、おもむろにミラクルフルーツを取り出して口に含み、果汁を舌に馴染ませます。これで味が変わっているはず……!

 そして、いよいよ、その瞬間がやってきます。「神の粥」を口にする瞬間です。
 これまで実際に「神の粥」を食べたことがあるのは、諏訪大社で筒粥神事に携わっている人くらいでしょう(というか、そもそも筒粥神事では使用後のお粥はどうなっているんだろう…。神様に捧げられるのなら、人間で食べた事のある人はいない?)。しかし、こうしてミラクルフルーツの奇跡を借りることによって、我々人間にも食べる機会が与えられるのです!
 ……長々と訳の分からない事を書いていますが、要するに今回の日記は「お粥を食べました」しか内容がないからです。これだけのネタを引き延ばすのも大変です。

 そんなこんなで、いよいよ、箸で梅が入ったお粥をひと掬いして、口に放り込みます。

 ……………

 ううむ……「微妙に甘い」。
 期待していたというか、恐れていたというか、「ものすごく甘い」所謂「だだ甘」状態では無くて、ほのかに甘味が……という感じです。好みは別れそうですが、お粥の食べ方の一つとしてありかな~という感じの味付けです。
 美味しくはあるのですが、ネタ的には微妙に拍子抜けな味でした。

 とはいえ、これは何というか、現在の梅に「酸っぱさが足りない」のも原因なのかも知れません。最近の梅は塩抜きされた「調味梅」ばかりで、塩気が昔より下がっています(「酸味」は同じなのかもしれませんが)。昔ながらの塩抜きされていない梅干しで有れば、ミラクルフルーツの効果も更に増幅される事が期待されます。
 私の家では毎年夏に白干しにした塩抜きしない梅干しを作っていますので、また改めて試してみたいと思います。


 後は、この日は丁度、栽培していたゴーヤの最後の収穫日でした。
 もう秋だしゴーヤも撤収ということで、残っている実を獲ってゴーヤの炒め物を作って食べてみました。
 ……こちらの方は、微妙に苦さが増幅されていた様な気がします。よく、料理の際には意図する方向と逆側の調味料を入れると何故か味(甘味とか苦みとか)が増幅される……というのがありますが、同じような効果があったのかもしれません。


 そんなわけで、微妙な結果に終わったミラクルフルーツによる「神の粥」の作成と試食でしたが、ミラクルフルーツ自身には食べ終わってもまだ使い道が残っています。
 そう……残された種から新たにミラクルフルーツを栽培する事です。
 次回は、ミラクルフルーツの栽培について考察していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金曜日)

ブリーダーズカップ開催

 地霊殿をやった影響で、久しぶりにライスシャワー(の石碑)に会いたくなってきました。紅楼夢前日の土曜日には「八坂特別」もありますし、久しぶりに京都競馬場にでも行ってみるかなぁ…。うちの出資馬が出走するなら行こうかなと思っていたのですが、現在の入厩馬の手駒的には出走が無さそうなので微妙な所です。

■ブリーダーズカップ開催

 この週末には米国でブリーダーズカップがありますが、今年から更にレースが増えてわけがわからない事になっています。新設のためG外扱いされているレースも含めると、何と14レースです。

1.フィリー&メアスプリント
2.ジュヴェナイルフィリーズターフ
3.ジュヴェナイルフィリーズ
4.フィリー&メアターフ
5.レディーズクラシック
6.マラソン
7.ターフスプリント
8.ダートマイル
9.マイル
10.ジュヴェナイル
11.ジュヴェナイルターフ
12.スプリント
13.ターフ
14.クラシック

 自分で書いていても、特に前半がどれがどれやらわかりません(笑)

※適当な説明
 「ジュヴェナイル」がついているレースは2歳戦
 フィリー、メア、レディとかは牝馬関係
 「ターフ」がついていないレースはダート戦(ただし、今年はオールウェザー)


 とりあえず注目点を書いておくと、以前取り上げた「ドレミファソラシド」が出走するのは「ジュヴェナイルフィリーズ」で、カジノドライヴがカーリンに挑戦するのは「クラシック」で最後の一番となります。

※再掲:ドレミファソラシド号の(というより解説の人の)勇姿
 http://jp.youtube.com/watch?v=mWmxWdHKS4Q

 BCクラシックは、日本時間では日曜日の朝7:45です。


>今週の桔梗屋出走馬[H20-94]

■日曜京都1R 2歳未勝利(D1200) シルクナトゥール号出走 10:05
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200808040601

 ナトゥールがデビュー2戦目を迎えます。
 調教では全く時計が詰まらず、デビュー戦もその調教内容を反映して約3秒差の大敗という結果でした。厩舎も使いながら上積みを目指していく方針の様で、とりあえず一番タイムオーバーになりにくい?と思われるこの条件を使ってきました。まずは前走よりもましな内容を目指して貰いたいと思います。
 ダート1200でありながら、前走で勝ち馬から1秒以内に来ている馬が4頭しかいない、比較的レベルが低めのレースです。何とかなればいいのですが……


>その他、今週の桔梗屋出資馬のあらすじ
・追加募集のカタログが来ました。今のところ7-65と7-62が気になるかなぁ
・アルバス、イリス、アルボーレが放牧。アルボーレは年末の阪神に使う予定です。
・ストレングスが帰厩。
・ウィザードがまた左前脚を気にし始める…orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木曜日)

「コンチェルトノート」本日発売!

 ……というわけで、仕事帰りに買ってきました。

 前作「みあそら」もそうでしたが……デモムービーの中に、そして製品の外箱等に知り合いの名前が出ているのを見ると、胸が熱くなるというか、こちらまで嬉しくなりますね。

 今日という晴れの日を迎えた桐月さん(とスタッフの方々)に、心からの祝福を。そして、敬意を。

 「コンチェルトノート」が、一人でも多くの方に手に取って貰えて、プレイして貰えて、そして、前作「見上げた空におちていく」と共に評価される事を願っています。


 とりあえず今日の所はインストールと最初のさわりの部分まで進めました。まずは体験版に収録されている部分までを改めて楽しみたいと思います。前々から楽しみにしていたので、時間を掛けてゆっくりと楽しみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水曜日)

「コンチェルトノート」いよいよ明日発売!!

■「コンチェルトノート」10月23日発売
 http://www.applique-soft.com/concerto/index.html

 「見上げた空におちていく」に続く「あっぷりけ」さんの2作目、「コンチェルトノート」がいよいよ明日23日に発売されます!
 前作に引き続いて桐月さんがシナリオを担当された「成長と絆を描くADV」。期待大です。私も明日購入予定です。皆さんも是非ともやってみて下さい。
(HPから体験版もダウンロードできますよ)


 ちなみに勿論体験版の方もやっていまして、感想とか要望点とか書こうと思っていたのですが、ツッコミどころが全くないので、すっかり書きそびれてしまいました。
 前作に続いて(「一般的な」脊髄反射で動いているエロゲ主人公とは異なり)主人公の頭が良く、行動に説得力があるので、感情移入が出来ていいですね。実際にプレイしていて、「莉都って何でこんな事ができるの?」と思ったのと同じタイミングに、ゲーム中で主人公がその質問を莉都にしたのを見て、これはすごいと感じさせられました。

 後は前作(の体験版)では荒削りだったシステム周りがものすごく進化しています。特に会話システムとフローチャートシステムのすごさは特筆に値すると思います。何というか、ADVゲームのシステムもここまで洗練されたのかというすごさです。

 これから製品版を手に取るのが本当に楽しみです。皆さんも是非購入をご検討下さい。

■「コンチェルトノート」キャッチコピーキャンペーンの優秀作が発表に
 http://www.applique-soft.com/concerto/catch2.html

 優秀作、案外普通の作品が並んでいるな…と思ってどんどん下にスクロールさせていくと……。個人賞3作がすごいです(笑) 桐月賞のやつはしばらく壁紙に使おう…。

>以下、その他(競馬)の話題

>木曜の桔梗屋出走馬[H20-93]

■木曜船橋8R Fレイン特別(D1600) シルクスイーティー号出走 14:35
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_nar&id=n200843102308

 スイーティーの地方交流遠征3戦目です。
 未勝利勝利→川崎5下で6着と来て今回の船橋遠征です。徐々に力を付けてきている感じですし、頑張って欲しいです。
 今回は前走での2着馬もいますし、前走で南関東の重賞2着に入っている馬までいます。結構相手関係は厳しいのではないでしょうか。今回は鞍上がうちとは妙に相性が良い郷原騎手に変わります。なんとかその剛腕で上位に持ってきて貰いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土曜日)

奇跡「ミラクルフルーツ」考察?日記 第1回

【ミラクルフルーツ】(Miracle Fruit)
 味覚修飾植物。西アフリカ原産の熱帯性植物。年に2回程度、赤い楕円形の果実を付ける。
 赤い果実には「ミラクリン」という物質が含まれており、酸味を甘味と感じさせる効果を持つ。その効果は30分~1時間程度持続する。
 熱帯性の植物であるため、日本での栽培では注意が必要。安定して成長させるためには約25度以上の気温が必要。7度以下になると枯れるので、冬場の管理は要注意である。
 種から実を付ける段階まで生長するには約7年掛かる。ミラクルフルーツの栽培を取り扱っているサイトには、「桃栗3年、ミラクル7年」との格言が良く書かれている。


 というわけで、奇跡「ミラクルフルーツ」の考察……というより、実際にミラクルフルーツを食べたり育てたりしてみる企画のスタートです。
 このミラクルフルーツですが、要するに「食べると、酸っぱい食べ物が甘くなる」という効果があります。つまり、使い方次第で(砂糖等を使わなくても)甘味を得ることが出来るため、ダイエットの補助や糖尿病患者への療養面の効果も期待されていたのですが、元が熱帯の希少植物の実ということもあって、量産や普及面で問題があり、残念ながら現時点では「食べると味が変わる不思議!」なネタ系食べ物の域に留まっています。
 国内でも研究されている方がいますし(というよりも日本が最先端らしい)、国内でも温室で育てている農家があり、果実や苗を入手する事ができます(輸入販売業者もあり)。

 そんなわけで、昨日も紹介しましたが、これが「ミラクルフルーツの果実」です。
Photo

 昨日写真を掲載した際に、「赤いドングリっぽい」との感想をいただきましたが、実際には一般的なドングリよりも小さめで、長さは1cm強といった感じです。
(一緒に写っているのが、果実を食べた後の「種」)

 この赤い種を口に含み、しばらくしてから酸っぱい食べ物を食べる事で、何故か甘くなるというわけです。具体的には、舌にミラクルフルーツの果実の液をなじませる事で、味覚器官が酸味→甘みになるような作用が働くそうです。
 それでは、実際にやってみましょう。本日試してみたのは、以下の食べ物です。

1.レモン
2.紅茶(レモンティー)
3.トマト
4.ワイン
5.ビール

 まずは、ミラクルフルーツを食べる前。使用前の「素の味」を確認します。
 ……いうまでも無く、元々の味がします。特にレモンは酸っぱいです。一番判りやすい例としてレモンは今回このために買ってきたのですが、半額セールで買ったので(笑)まだ青さが残っている感じのもので、要するに「真っ黄色のいかにもな感じのレモン」ではありませんでした(そのため、「絵にならない」ので、今回写真はありません)。それでも、レモンはレモン。ものすごく酸っぱいです。この文章を書いているだけで思い出して唾液が出てきます。

 そんなこんなで、それぞれの味を確認した後、いよいよミラクルフルーツを口にします。
 ミラクルフルーツ自身はほぼ無味です。「こんなんで本当に味が変わるんかい?」と疑問に思いつつも口の中で(種を噛んでしまわないように気を付けながら)味わいます。
 そして、いよいよ、それぞれの食材を口にします。


 ……甘い、甘いですよ!! スイーツ(笑)

 どの程度甘くなるかは個人差があるそうなのですが、私の感覚ではこんな感じに味が変わりました。

1.レモン……レモンの砂糖浸けっぽい感じの味に
2.紅茶………角砂糖が1~2個入っている状態っぽい味に
3.トマト……かなり甘みが増した感じに
4.ワイン……元々ほとんど無かった甘ったるさが格段に上昇。貴腐ワインみたいだ…
5.ビール……辛口なのに甘ったるい感じに(※おいしくなっていない)

 これは確かにかなりの効果がありますね。なかなか面白いです。個人的にはレモンティーなどはよく飲むのですが、糖分削減にも効果がありそうです。

 さて、今回は一通り味が変わるか試してみたのですが、次回はうち的に本命となる食べ物について試してみたいと思います。

 その食べ物とは……そう! 「梅粥」です!
Photo_2

 何の変哲もない近場のスーパーで買ってきた梅粥が、ミラクルフルーツと一緒に食べるだけで「神の粥」に!! 
 洩矢教?の信者としては、是非とも試してみたい食べ物です。これを書いていても、「甘いお粥って美味しいのだろうか…」と微妙に不安になってきましたが(笑)、次回はこの「神の梅粥」を食べてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金曜日)

ミラクルフルーツが届きました

 そんなわけで、月曜日(13日)に注文していたミラクルフルーツが届きました。

Photo

 今日はもう遅いので到着報告のみですが、明日からいろいろと試していきたいと思います。次回の日記から長期企画「ミラクルフルーツ栽培日記」がスタートです。

 あと、紅楼夢のカタログも買ってきました。早苗さんと諏訪子様に挟まれて(本来の並びの場所には)4サークルしかない八坂様の扱いに全俺が泣いた。


>今週の桔梗屋出走馬[H20:91-92]
 今週は土日に各1鞍です。

■土曜東京10R 秋嶺S(D1600) シルクアルボーレ号出走 15:05
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200805040310

 アルボーレが土曜東京の準メインに出走します。
 鞍上に内田騎手を確保。抽選で多数の有力馬が除外されて準OPとしてはレベルも低め。かなりのチャンスです。
 今回の課題となるのは、東京への輸送が大丈夫かということと、1600への距離延長がどうかという事です。輸送自体は今回見てみないと判りませんが、差し脚で勝負するアルボーレにとっては東京コースはプラスに働くと思います。また、マイルの距離についても1700でそれなりに走っているので大丈夫だと思います。
 今回結果を出せれば今後かなり視界が広がります。フェブラリーSと同じ舞台である今回、いい結果を期待したいと思います。

■日曜東京5R 3上500万下(D1400) シルキーイリス号出走 12:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200805040405

 イリスが日曜の東京に出走します。
 ここ数戦、着順は奮いませんが、徐々に着差は詰めてきています。そろそろそれなりの着順に来て貰いたいところです。今回は相手関係も比較的楽ですし、減量騎手を起用した事での前進も期待されます。そろそろきっかけを掴んで貰いたい所です。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・アルバス、ユニヴァースが放牧。
・ゾディアックが帰厩。
・入厩したオーソリティーがいきなり喉鳴り?の手術orz
・エステートが入厩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月曜日)

TO 早苗、神奈子   10月13日 晴れ

※注:地ネタバレあり

 久しぶりにみんなと
 会えて楽しかった!

 また一緒に遊ぼうね!
        長月


 私から、「特別な人たち」だけに届けます。
 桔梗屋日記

 ……と、いうわけで、地霊殿NORMALをようやくクリアし、EXに突入しました。

 ……………

 ……………

 早苗さん来たあああああああああああああああああああああっっっっっっ!!!!!

 会話だけとか名前だけ登場とかは考えていましたが、まさか本人が出てくるとは思わなかったです。頑張って良かった……(感涙)

 人生には理不尽な事、ままならない事が数多くありますが、自分の大好きな分野において、願ったことが叶う、頑張っただけ報われるなんて、私は何と幸せ者なのでしょうか。
 何はともあれEXボスにも会いましたし、知ってしまった以上、EX(というより地霊殿全般?)については宗教的な理由から(笑)攻撃ができなくなったので、これにて東方地霊殿、終了です。めでたしめでたし。
(EXボス撃破後に会話とかがありそうな気もしますが、どのみち私の腕では難しいですし……)


 ……そんなわけで、夏コミから2ヶ月。長かったですが、ようやく我が桔梗屋でも地霊殿ネタバレ規制の全面解除となりました。
 原稿~地霊殿の影響で、これまでいろいろと中断していたものがあるので、ぼちぼちと再開していきたいものです。
 ネタバレに関わる事柄とかで、掲示板やメール等、何点かスルーさせていただいていましたが、これから(すいません、明日以降から…)返信させていただきます。長らく停滞しまして、申し訳ありませんでした。

 そのほかにもとりあえず今回の結果を受けて、何点か直ちに手を打つべき事柄があるので、少しずつ進めていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金曜日)

ナトゥールがデビュー+改めてシルクタテヤマ

 いよいよ今週から京都開催ですね。
 そういえば、ここ最近は京都競馬場に行っていないのですが、今はどうなっているのかなぁ……。淀駅の高架化ってもう終わっているのでしょうか。
 改めて番組表を見てみると、紅楼夢(11月2日)の前日に「八坂特別」というレースがあったりしますし、一度京都観光がてら開催中に行ってみたいところです。
(紅楼夢当日にゆっくりできるか怪しくなってきたので……orz)

>今週の桔梗屋出走馬[H20:88-90]
 今週は土曜2鞍、日曜1鞍です。特に土曜出走の2頭が気になるところです。

■土曜京都2R 2歳未勝利(S2000) シルクユニヴァース号出走 10:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200808040102

 ユニヴァースがデビュー2戦目を迎えます。
 デビュー戦は果敢に先行しましたが、残り200で脚が止まり、まさかの最下位。今回は巻き返しを期した一戦となります。
 どうやら現時点ではネオユニ産駒は長い距離の方が良いようですし、今回の距離延長はプラスに働くものと思われます。また、直線の坂が無くなるのもプラス材料です。ここでどれだけ巻き返せるか、注目です。
 対戦メンバー的には、とりあえず掲示板にはきて貰いたい所です。


■土曜京都5R 2歳新馬(S1400) シルクナトゥール号出走 12:40
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200808040105

 桔梗屋2歳勢の3頭目、ナトゥールがデビュー戦を迎えます。去年の札幌2歳Sの勝ち馬、オリエンタルロックの弟という良血です。今後の活躍が楽しみです。
 ……が、同じネオユニ産駒のユニヴァースがデビュー戦で最下位。そして兄オリエンタルロックも最近は全く奮わず。更に、ナトゥール自身もかなりの本数の調教を積みながら時計が全く詰まってこないという不安材料ばかりです。そして、いつも強気な山内厩舎でありながら、厩舎コメントまで弱気……とかなり不安なデビュー戦となりました。
 とりあえず、良血の片鱗を見せてくれる事と、実は実戦向きだというあたりに期待してデビュー戦を見守りたいと思います。何とか今後良化していってくれれば……。

■日曜東京8R 3上500万下(D1600) シルクアルバス号出走 13:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200805040208

 前走でついにこのクラスで掲示板を確保したアルバスが日曜東京に出走します。
 昇級初戦は苦労しましたが、ゲート難もかなり解消し、このクラスでもほぼ通用する様になってきました。調子もいいようですし、引き続いての期待が掛かります。
 今回は前走で馬券に絡んだ馬が5頭とレベルが高めなので、どこまで通用するかが鍵となりそうです。


>桔梗屋新馬紹介:シルクナトゥール

 そんなわけで、デビュー前日の紹介となりますが、ナトゥールの紹介記事です。

【シルクナトゥール】(6-56)(Natur=独逸語で「自然」)
 父:ネオユニヴァース
 母:*エンジェルインザモーニング(母父:Mt. Livermore)
 平成18年4月21日生 牡 栗東・山内厩舎 募集価格2500万円

 母名を見ていただいての通り、昨年の札幌2歳Sを勝ったオリエンタルロックの弟にあたります。父がマンハッタンカフェ→ネオユニヴァースに変わることで、更に良くなるのでは…という期待込みで出資しました。
(これを書いている時点でネオユニ産駒は1800専用機の様相を呈しているので、いろいろと予想外でしたが…)

 重賞勝ち馬の下、天下の山内厩舎ということでかなり期待の一頭です。
 現在の所、あまり調教タイムが伸びなかったりと心配な面も多いですが、徐々に実力を発揮してくれる事を願いたいです。


>その他:今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・オーソリティーが1日に入厩。
・エステートが10日に入厩。
・イリスが9日に帰厩。

 2歳勢もかなり入厩が進み、秋に向けて本格始動という感じです。そろそろ初勝利が欲しいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水曜日)

地霊殿攻略中-2

 修行の結果、NORMALで6面ボスの初期まで…は行ける様になりました。
 問題は、現時点で「現在の実力でミス無く行けた場合」の削れる無駄が無くなってしまった事です。これ以上先に行くには、「ボムを撃っている場所を使わずに通過する」「(ボムを使い切って)弾に当たっている場所で当たらないようにする」必要があります。要するに更に上達しなければならないわけですが、ここからが難しいんだ……。
 NORMALで目が慣れたのか、EASYでは普通に3~4機残してクリアできる様になっていました。これは…同じパターンでもっと上で目を慣らせば行けるかも!?

 ……というわけで、しばらくはLUNATICで目を慣らす荒行をこなそうと思います。しばらくしてからNORMALに戻れば、弾がスカスカに見えたり止まっているように見えたりして、楽勝でクリアできるようになる……予定です。

 既に1面前半でキスメがスペカを使ってきた時点で泣きそうなのですが(笑) この修行が後でNORMALクリアに生きると信じて頑張ります。

 EXで多分どちらかは出てくるであろう、八坂様と諏訪子様。そして(立ち絵か、せめて二柱の会話中に名前くらいは出てきて欲しい…)早苗さんに逢える事を信じて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月曜日)

地霊殿を攻略中

 とりあえず、EASYでクリアしました。
 なるほど、4面以降はこうなっていたのか……。
 本来一番偉いはずの小五ロリが4面で出るなんて、異例のパターンですね。そして、ぬこ、出番多すぎるよぬこ。
 今のところ新キャラにはそれほど食指が動かないかなぁ…(第一印象はともかく、後からじわじわ来るのが東方キャラですが)。

 そんな事より、6面ボスとの……そして、エンディングでのあの会話!!!!
 そう言えば、6面ボスの音楽は八坂様のテーマ(神さびた古戦場)に似ているような気がする!!
 これは……EXでは、来るのか?来るのか!!!??


 ……問題は、EXに入るにはノーマルでクリアしなければならない事です。EASYでいっぱいいっぱいな状態である現在から、どれだけ掛かるか…。
 とはいえ、いろいろと期待が高まってきましたし、テンション上がってきました!! 引き続きノーマルクリアに挑戦していきたいと思います。


■「第6回 東方SSこんぺ」開催中
 http://thcompe.hp.infoseek.co.jp/

 今回のお題は「水」。今回は65作品が投稿されています。
 採点期間は11月2日まで。結果発表は通例ではその翌日です。

 今回面白いのが、11月2日が東方紅楼夢の開催日だという事ですね。SS系サークルさんとかでは、終了後のオフ会の二次会?が発表の悲喜こもごもの舞台になるのでしょうか。
 もう一日発表が前にずれていたら、結果発表当日が開催日…で、現地で胴上げ?が見られたりとか、誕生ほやほやの優勝者さんのサークルに訪問できたりとか、それはそれで面白そうな事になっていた感じもします。


 それにしても…。
 私が前回のSSこんぺ(2月開催)に投稿したSSが「最後の写真」という作品で、内容は要するに「早苗さんが幻想郷に来たので、(電気が無くて)携帯電話を充電できません」というテーマだったのですが…。
 もし、(まだEXは見ていないですが)地霊殿6面~EDでの伏線通りの展開だったとすると、あれからまだ半年しか経っていないのに、電源が用意された事になるのですね。……しかも核融合で(笑)
 八坂様……どれだけ家族思いなんだ……(感涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土曜日)

開かれた、地霊殿への扉

 原 稿 オ ワ タ \(^o^)/


 ……というわけで、夏コミ以降、約2ヶ月弱に亘って続いてきた「地霊殿ネタバレ情報封鎖」も、ついに解除される時がやってきました。

 いや~、ここまで長かったです……。
 「地霊殿は原稿が終わってから!」と決めてからここまで。ネタバレ非掲載なサイト以外は原則的に巡回先から外したり、地霊殿特集とかでネタバレが出ている可能性がある儚月抄関係雑誌をスルーしたり、いかにもネタバレを口走りそうな(笑)ネットラジオの視聴を一時止めたり……東方の二次創作を書くために、一時期東方から離れるかのような、よく判らない状態になっていました。
 これで、これで、ようやく解放される……!

 原稿の間、ずっと「完成まで我慢すれば、ご褒美に早苗さん(と守矢一家)に地霊殿での出番ができるんだ……」と信じ込んで(笑)頑張ってきました。
 今回の頑張りが、原稿の出来に。そして、地霊殿での守矢一家の出演確率に反映されている事を願いたいものです。


 さて、我が桔梗屋での「地霊殿ネタバレ解除」は、正式には、私が「本編クリア+EXのボスを見るまで」になります。私の腕でどれだけ掛かるかはわかりませんが、のんびりと頑張りたいと思います。
(冷静に考えて守矢一家の出演確率がそれほど高くないので、微妙に盛り上がりに欠けるという…(笑))
 他にも、掲示板等のレスとか、自作ソフトとか、絵の練習とか、原稿の為に最近止まっていたものが結構あるので、10月はいろいろ頑張りたいと思います。


 それでは、金曜日に買ってきた地霊殿をインスコして来ます~!!

 ……と思いましたが、とりあえず先に、一緒に買ってきた「サナエチャレンジ!」の方をインスコする事にします。こっちは100%、早苗さんが出ますし(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »