« 八坂ステークスにフランちゃん出走へ | トップページ | いよいよ紅楼夢 »

2008年10月29日 (水曜日)

ミラクルフルーツの早苗(奇跡「ミラクルフルーツ」考察日記 第3回)

 さて、ここまで一通りミラクルフルーツでいろいろと味の変化を楽しんできたわけですが、今回は、ミラクルフルーツを食べ終わった後の話になります。

 つまり……ミラクルフルーツを育てる(栽培する)。

 とはいえ、実際に栽培するのはかなり大変そうです。
 第1回で紹介しましたが、ミラクルフルーツは元々熱帯系の植物なので、日本で育てるのは大変な様です。どうやら温室の使用が推奨環境のようですが、残念ながらうちにはありません。冬場に気を付ければ室内でも何とかなるらしいので、そのあたりに気を付ければ何とかなるかもしれません。
 更に、育つまでがかなりかかりそうです。
 こちらも第1回で紹介しましたが、「桃栗3年、ミラクル7年」。要するに種を植えてから実が採れる段階まで成長するのに7年も掛かるという事です。ものすごく気の長い企画です(笑)
 しかも、その「ミラクル7年」も、きちんとした環境で育てたら、という条件での話です。温室など、専門の環境で育てている農家などではもっと短縮できるらしいですが、ネットで栽培しているページをいろいろ見ていると、苗のまま何年も成長しないケースが結構見られます。かなり扱いが難しい植物の様です。


 ……とはいえ、そのあたりに悩むのは芽が出てからと言うことにして、とりあえずは種を植えたいと思います。
 ミラクルフルーツの実を味わってから、中の種を取り出します。
 ……これが、ミラクルフルーツの種になります。

Photo

 とりあえずこの種を土に入れ、水を切らさない様に注意しながら見守ると、一ヶ月弱で芽が出てくるそうです。いきなり一ヶ月も待たなければならない時点で気が長いですが、まったりとやっていきたいと思います。もうこの時期という事もあり、気温も低くなって来ているので発芽するかもちょっと怪しいですけど……。


 無事に発芽すれば、この後の「ミラクル7年」に続く遠大な計画となる第一歩。まずは、ミラクルフルーツの苗を見ることを目標にやっていきたいと思います。

 これで無事に芽が出れば、それはつまり、「ミラクルフルーツの早苗」という事になりますね。どきどき……。「ミラクルフルーツの早苗」の誕生を見守り、その後7年間の成長を見守るという遠大な企画となります。
 果たして無事に成長させる事ができるのか? 今後は、状況に変化がある度に取り上げていきたいと思います。


 ……………


 と言いたいところですが、実はこちらに料理したものをご用意してあります(料理番組風に)。……じゃなくて、既に育ったものをご用意してあります。
2

 ……すいません、さすがに7年も待ってられないので、実はミラクルフルーツの苗木も一緒に購入していました。既に数年経過している苗ですが、よく見ると傍らには芽が出て間もない、ミラクルフルーツの早苗の姿も見えます。
 こちらの方は既にミラクルフルーツの実(らしきもの)ができかけていたりしますし、順当に行けばそれほど待たずに収穫に取りかかれそうです。まずはこちらの苗木が無事にこの冬を越せるかが、今後の鍵となりそうです。
 そんなわけで、今後はこの苗木の成長記録と、種の発芽→成長記録が今後の予定となります。今後音沙汰がなければ、飽きたか冬の間に枯らしてしまったかだと思ってください(笑)
Photo_2
(ミラクルフルーツの早苗)

|

« 八坂ステークスにフランちゃん出走へ | トップページ | いよいよ紅楼夢 »

園芸」カテゴリの記事

東方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/42946234

この記事へのトラックバック一覧です: ミラクルフルーツの早苗(奇跡「ミラクルフルーツ」考察日記 第3回):

« 八坂ステークスにフランちゃん出走へ | トップページ | いよいよ紅楼夢 »