« 競馬+近況等日記 | トップページ | 「神様のおかゆ」(第6回東方SSこんぺ投稿作品) »

2008年11月 9日 (日曜日)

「神様のおかゆ」(第6回東方SSこんぺ投稿作)後書き

07
(写真:今回のSSの舞台?天流水舎)

 今回の日記は「第6回東方SSこんぺ」に投稿したSS「神様のおかゆ」の後書きです。こんぺ会場からはこちら↓です。未読の方は、是非一度目を通していただけると嬉しいです。

 http://thcompe.hp.infoseek.co.jp/


■「神様のおかゆ」(東方Project 守矢一家/霧雨魔理沙SS)
(初出:H20.10.4 「第6回東方SSこんぺ」に投稿:第25位/65作品)

 題材が「水」という事で、いつも通り直球に「守矢一家で『水』といえばこれだろう」との発想でお天水を「神の粥」料理に使用、ついでに魔理沙を食材に投入してかきまぜたものが今回のSSです。
 タイトルが平仮名で「おかゆ」なのは、ネタ被りの際の差別化…というか、(ネタだけでなく似たタイトルのSSが出る可能性を考えて)見分けが付くようにしたというのが理由の一つでしたが、直球過ぎるためか、幸いにも?ネタ被りはありませんでした。
 作成にかなり手を焼いた事もあり正直不安だったのですが、それなりの評価を頂く事ができました。有り難い事です。

 このSS、元々は守矢一家内輪で、早苗さんが風邪をひいたので二柱がお粥を作って…という、ごくありふれた内容でした。
 が、ふと思いついて料理中の鍋に魔理沙を放り込んでみたところ、もの凄い勢いで膨らみだし、その後のこんぺ投稿期間の大半は鍋から吹きこぼれるお粥の処理に費やされる事になりました。本当は味付けにもう少し時間を掛けたかったところです。
 最終的に投稿期間中には何とか間に合ったものの、大味な、膨れ上がったお粥の調理に(投稿後に見直してみれば)もっと改善の余地があると感じさせる内容になりました。
 長さだけで言えば、前回作「最後の写真」の1.5倍。特に前半(起~承)部について冗長な出来になってしまいました。
 SS自体が冗長になった事、その結果SSが「大味」になった事、SS全体のテンポが遅くなった事は頂いた感想でも多くの方に突っ込まれていますが……すいません、その通りです。
 個人的には前半部の射命丸登場シーンや、宴会シーンあたりを中心に、削る余地がかなりあったと思います。
 今回に限らず前半が長くて「物語のエンジンが掛かるまでが遅い」のが私の作品全般に言える、前々からの弱点です。今回もお題となる「水」が実際に出てくるまでがかなり遅いです。冒頭の魔理沙の独白で早々に水差しが出てくるのはその対策でもあるのですが、そこから本編で水が出てくるのは後半になってからという……。
 勿論、時間を掛けて修正すればそのあたりの問題点は直せていたわけですが、それは他の方の作品についても同様ですし、同じ時間内でも私よりももっと長い/完成度の高い作品を出されている方は何人もいらっしゃいます。限られた時間でSSを書く…というこんぺの難しさを再認識させられる結果になりました。

 今回の反省を踏まえて、次の機会には、費やせる時間と分量をより考えた形で、今回よりも良い料理が作れる様に努力したいと思います。
 また、今回の作品についても一定期間寝かした上で、HP(本館の方です)再調理した修正版をUPさせていただきたいと思っています(前作「最後の写真」の方もまだ「寝かしている」最中なので、こちらは当分時間が掛かるかと…)。※投稿した際の原文は当BLOGに12日にUPしました

 こうした反省点もありつつも、酌み取って頂けた程度には、自分が込めたかった暖かさ、登場キャラ(特に早苗さんと守矢一家)への愛、自分なりの世界観を作品に反映出来たのではないかと思います。
 登場キャラが(一般的に捉えられている「幻想郷のキャラクター像」と比べて)優しい良い人すぎる感じになっていたり(私の作品の仕様です)、早苗さん×魔理沙という珍しい取り合わせで、しかも早苗さんの方が強いという一般的にはほとんど無い題材。そして、主役の一方である魔理沙について、どちらかと言えば負の感情が強く出ている……と、好みの別れる食材を使いまくったSSだったので、反応がかなり心配だったのですが、一定の評価をいただけてほっとしました。

 書いていて、特に魔理沙の描き方が、所謂「一般的に描かれている」ものとは異なっている点が、早々に違和感を感じられてしまう原因になるのでは…と心配の種でした。
 私的には「内面に踏み込んでいる」わけですが、皆さんの描いている「内面」はそれぞれ違うでしょうし、今回のSSよりは明るい魔理沙の内面像を描かれている方の方が多いと思います。事実、特に魔理沙好きの方を中心にそうした違和感を感じた方も結構おられた様で、自分の筆の至らなさだと反省しています。
 勿論、自分内部でのキャラ付けを変える事はできませんが、筆力が追いついていれば、もっと魅力的に描くことが出来た筈です。そして、今回のような魔理沙の描き方が(世間一般より)悪くても、魔理沙好きの方にも「これなら納得だ」と評価していただけた筈です。まだまだ精進が足りないです……。今回の反省点を次回に生かせればと思います。
 それにしても、今回題材に取り上げてみて感じましたが、魔理沙というのは魅力的ながら、本当に描くのが難しい、奥の深いキャラですね。表面的に描く分には動かし易いのですが、少しでも内面に踏み込むと、こうも難しいキャラになるとは思いませんでした。

 今回の経験を生かして、次回はもっと良い作品を書ける様になりたいです。
 いろいろ反省点も多かった今回のSSこんぺ参戦でしたが、いただいた批評、感想、そして読ませていただいた他の方の作品も含めて。SSコンペに参戦した事全てが自分にとっては素晴らしい糧となりました。改めて、書き手読み手含めて、参加した全ての方々に感謝の気持ちを捧げたいと思います。ありがとうございました。

|

« 競馬+近況等日記 | トップページ | 「神様のおかゆ」(第6回東方SSこんぺ投稿作品) »

SS」カテゴリの記事

東方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/43062038

この記事へのトラックバック一覧です: 「神様のおかゆ」(第6回東方SSこんぺ投稿作)後書き:

« 競馬+近況等日記 | トップページ | 「神様のおかゆ」(第6回東方SSこんぺ投稿作品) »