« イリス症候群と香港競馬 | トップページ | 東方諏訪旅行記2-4:五穀豊穣ライスシャワー »

2008年12月14日 (日曜日)

いろいろ雑記

 今日は諏訪旅行日記をうぷ予定だったのですが、書いている内に思ったよりも長くなったので更新は明日か明後日となります。今回は雑記ということで…

■愛憎渦巻く、妖怪の山

Expqm1229155858
 なんじゃこりゃ……。

■今週の競馬(阪神JF)結果
 ブエナビスタ、強かったですね。前走強かったとは言え未勝利戦ですし、典型的な地雷だと思っていたのですが…人気馬はとりあえず押さえておく習慣のおかげで馬券はあたったものの、配当が低すぎて…。
 個人的に応援していた、「ききょうステークス」勝ち馬のショウナンカッサイが4着に、そしてイナズマアマリリスが5着に入ってくれたので来年が楽しみになってきました。
 元出資馬にシルクイグニションという馬がいたのですが、この馬が父スエヒロコマンダー、母イナズマヒバナ(イナズマアマリリスの祖母、イナズマクロスの妹)という「イナズマ牝系」(過去にはアブクマポーロ等を輩出)で、イナズマアマリリスは血統的にもかなり近いので親近感があります。来年も頑張って欲しいですね。

■「Pomera」と「Airpen Mini」を購入しました

 共に前々から気になっていたのですが、この前朝のニュース(NHKのまちかど情報室)を見ていたら、あろうことか両方揃って取り上げられていました。

 http://www.nhk.or.jp/machikado/info/details081212.html

 このままだと売り切れてしまって年内に買えなくなる!と慌ててネット注文。……が、Pomeraの方は手遅れ(というより前々から品薄だった)で品切れで入荷待ちになってしまいました。
 一年間頑張った自分へのご褒美(笑)になる予定ですが、共に年内に届くか届かないか微妙な情勢です。

 一応説明しておきますと、
・Pomera…テキスト入力に特化したデジタルメモ
 http://www.kingjim.co.jp/pomera/

・Airpen Mini…紙に書いたものがそのままパソコンに取り込めるペン&小型受信機
 http://www.airpen.jp/products/tokuchou-airpenmini.html


 共に、仕事でのメモ書きのみならず、気軽に文章や絵を描くための道具として役立ってくれることを期待しています。
 特に絵を描かれる方には「Airpen」はどうですかね? 描き方にもよるでしょうけど、下書きをスキャンする手間が丸々省けてものすごく便利そうですが…。

■シルクの再ファンド検討
 いろいろ考えた結果、ライヴリーデイズは既定路線通り見送り。そして、メルヴェイユの方は悩んだ結果、再ファンドに応募する事にしました。
 前に検証した「再ファンドで勝てる馬」のストライクゾーンからは微妙に下に外れているのですが、
・引退前に数を使ってくれて、そこそこの着順に来ていた
・地方では使う事に馬体が増えており、実は成長しているのかも
・来週にはもう入厩するらしく、すぐに使ってくれると思われる
(ライヴリーデイズは笹針をして暫く休むらしく、この点でも論外)

 これらの点を考えて、復帰後も8着圏内ギリギリあたりで丈夫に年間10戦程度走ってくれて、成長次第によっては勝利も挙げてくれる…と判断しました。

 後は前も書きましたが、リリーが戻ってきてくれれば、寂しい状態だった3歳勢にもそれなりに賑やかさが戻ってきます。後は願わくば、2勝目を挙げる馬が出てきてくれればいいなぁ……。


 あと、前回の日記で「イリス症候群」と揶揄したイリスですが、よく見たら今年8戦もしてくれていました。ネタにしてごめんなさい。でも、できればもうちょっと上位の着順まで来て貰いたいんだ……(※昨日は最下位でしたし)。

■第6回東方シリーズ人気投票 開催決定
 http://thwiki.info/th/vote6/

 前回開催は今年2月でした。今回は果たしてどうなるでしょうか。
 早苗さんと諏訪子様のベスト10入りはなるのか。八坂様の神徳は前回よりは浸透しているのか(笑)、緋想天、地霊殿組はどこまで食い込むのか。先日中巻が出た儚月抄で大活躍のよっちゃんはツチノコよりも上位に来られるのか(笑)…注目点は多いです。

 うちは当然、守矢一家を応援しているわけですが、支援弾が撃てるほどの生産性が無いところが難点です。今から何か書/描こうかなぁ…。


■「コンチェルトノート」の小説化が決定
 http://www.applique-soft.com/set.html

 ……って、書くのは桐月さんじゃないのですね。
 良作~地雷までいろんな展開が今後予想されますが(笑)、何はともあれ、実際に執筆される方の手腕、そして何より作品に対する愛着に期待して今後を待ちたいと思います。
(もし実力があったとしても、作品の雰囲気や方向性が全然違ったりするとアンソロとしては微妙になるので、いろいろ難しいものです…)

 とりあえずは「Winter Episode」の方を(冬コミには行けないので)店売りで早めに押さえる事にしよう…。


 後、先週に書きそびれてしまいましたが、公式HPで連載されていた読者参加企画「天都週報」が無事に最終回を迎えました。
 四ヶ月の間増え続ける投稿に、(普通は掲載しないであろう)批判やどう返したらいいのか判らない変化球にまで丁寧に回答する姿勢には深い感銘を覚えました。毎回見ていてとても楽しい四ヶ月間でした(私は人気投票で白雪に投票した位しか投稿面では参加していませんが)。
 ……というか、「もしかして」と思っていたのですが、やっぱりかなりの部分(というよりほとんど全部?)を桐月さんが担当されていました。本当にお疲れさまです。

 この「天都週報」だけでなく、ゲーム本編もキャラクターの豊富な表情や動き、そしてフローチャートに代表されるインターフェース面に力を入れて丁寧に作られているのが特徴的で、非常に好印象を受けました(設定本の誤植だけが残念でしたが、まぁ今後に生かしていただければと…)。
 ゲーム本編(シナリオ)の中身は勿論として、こうした面まできっちりと力を入れる真摯な姿勢は、いつの日か、作品の評価だけでなく「あっぷりけが作る作品」という物の評価となって、必ず報われる事でしょう。
 というか、前作からやっている身としては、「いつの日か」では無くて今すぐにでももっと高い世間的評価を受けてもいいと思っているのですが……。確実に浸透してはいると思うので、まずは次の作品に繋げて貰いたいところです。

|

« イリス症候群と香港競馬 | トップページ | 東方諏訪旅行記2-4:五穀豊穣ライスシャワー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

東方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/43419915

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ雑記:

« イリス症候群と香港競馬 | トップページ | 東方諏訪旅行記2-4:五穀豊穣ライスシャワー »