« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土曜日)

早苗さんとミラクルフルーツの将来を語り合う(注:競馬日記)

 ミラクルフルーツが勝ちましたよ!!
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200905010101

 これまでとは違い、中団で競馬を進め、直線で鮮やかに伸びて差しきり。見事な勝利でした。まずは勝ち上がる事ができてほっとしましたね。

Mfruits
 今後の焦点は……ここからどうやって「早苗賞」出走に持っていくかですね(笑)
 勝ち上がったレースがダートの1400で、肝心の「早苗賞」は芝2400。全然条件が違うので、常識的に考えると難しいですが、昨年の天皇賞(春)馬も父がフレンチデピュティでデビュー戦はダート1400を使っていますし、本人が適性に目覚めてくれれば可能な筈です。

「ふふっ…『血統的に芝2400の早苗賞を走る事も十分あり得る』。そんな常識に囚われていては、幻想郷で生きのこ(以下略)」

 ……さ、早苗さん!?

「良く考えて下さい。『早苗賞』は5月開催の500万条件戦です。そんなレースに出走できると思っているのですか?」

 えっ、えっ!?

「それまでにもう一つ勝てないなんて考えられません! 5月頃にはもっと大きなレースに出ていますよ!」

 そ、そうですよね!?

Sany9472
(おまけ写真:我が家のミラクルフルーツも元気です。新しい実も続々と…)

 ちなみに、馬連でも400倍ついたわけですが、単勝170倍もある相手の馬を含めて買えるわけもなく、馬券は単勝を当てたのみに終わりました。
 前走、同じコースで8.8秒も負けている馬を連れてくるなんて、常識ではあり得ない……。

■東京新聞杯当たったーー!!

 馬連が的中し、40倍くらいかな?と思って配当を見たら、何故か270倍もついていました。な、何で!?
 改めて良く見たら、2着のキャプテンベガが15番人気(単勝50倍)だったんですね。近走の成績からは、そこまで人気落ちするとは思いませんでした。個人的には、ゲイルスパーキー(13番人気5着)を穴候補として狙っていたのですが、まさかこれよりも人気がなかったとは…。

Photo
 何はともあれ、これで今年JRA初の万馬券的中となりました。
 万馬券ですが、ちなみに去年は6本当てていました。これから頑張って、今年も同じくらいのペースで当てていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金曜日)

早苗さんとミラクルフルーツについて語り合う(注:競馬日記)

 今週はミラクルフルーツが初勝利をかけて土曜1Rに出走します。
 デビュー戦で1番人気4着を皮切りに、ここまで3戦全て人気を下回る成績。前走に至っては、「フレンチデピュティのダート変わり」で期待される一戦でしたが、これも1番人気4着という結果でした。
 人気投票4位は嬉しい出来事でしたが、こちらの方でも4位止まりでは困ります。
 どうも決め手に欠けるようですし、まだ3戦しか使っていませんが、このパターンはなかなか勝ち上がれずに最後まで…

「ふふっ…『勝ち味に遅くて場合によっては未勝利で終わるかも』。そんな常識に囚われていては、幻想郷で生きのこ(以下略)」

 ……さ、早苗さん!?

「人気投票も終わった事ですし、そろそろ勝ち上がっておきましょうか。私が自機化される頃には、こちらも大きなレースに……」


>今週の桔梗屋出走馬[H21:15-17]+α

■土曜東京1R 3歳未勝利(D1400牝)ミラクルフルーツ号出走 10:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200905010101

 そんなわけで、ミラクルフルーツが土曜の1Rに出走します。
 1番人気での出走だった前走でしたが、先頭でレースを進めながら差されて4着という結果でした。ここまで3戦、どうももう一つ足りない感じです。
 今回ですが、対戦相手に前走馬券に絡んだ馬がいない(ただし掲示板確保は他に4頭)ですし、引き続きチャンスだと思います。また、今回1800→1400に距離が短縮されるので、過去2戦の様に先行しても直線で差されずに押し切れるのでは無いかと期待します。
 末永く応援するためにも、できればこのあたりで勝ち上がって貰いたいものです。いいレースを期待したいと思います。

■土曜東京10R 春望S(D1400)シルクプラチナム号出走 15:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200905010110

 プラチナムが土曜の準メインに出走します。
 前走は鮮やかな逃げ切り勝ちでしたが、今回は昇級初戦+約1年振りのレースとなります。
 ざっと見たところ、プラチナム以外に逃げ馬はいない(先行馬もハイエモーションくらいしかいない)ので、復帰前の様に前々で競馬をする事ができれば、案外美味しい展開になるのではないかと予想しますが……。
 とはいえ、何と言っても長期休養明けの昇級戦。まずは今回、どこまで力が出せるかが鍵となりそうです。それなりに次に繋がるレースをして貰いたいと思います。

■日曜京都5R 3歳新馬(T2000)シルクエステート号出走 12:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200908020205

 日曜の新馬戦でエステートがデビューを迎えます。
 スクむところがあったりと体質面は心配ですが、何とか新馬戦の残っている内にデビューする事ができました。調教数が少ないのが心配ですが、動きは良い様ですし、いきなり通用してくれればいいなぁ…と思います。
 体質面もありますし、今回通用するかも勿論大事ですが、この後順調に使えるかも重要な要素となります。できれば今回はそれなりの競馬を見せて貰って、調子を上向けてその後も順調に使える…という展開を期待したいです。


■日曜京都6R 3歳500万下(D1800)シルクメビウス号出走 12:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200908020206

 メビウスが日曜の条件戦に出走します。
 前走は1番人気に推されながら、直線で前が塞がる不利に襲われての4着。今度こそという一戦になりますが、今回、対戦相手のレベルが極めて高い一戦となりました。
 16頭中、前走掲示板を外している馬は僅か2頭。今回と同条件の飛梅賞2~5着馬や交流重賞4着の馬がおり、更に今回と同距離の1800mの未勝利戦を勝ってここに挑む馬が5頭もいるなど、とても平場500万とは思えない程、対戦相手のレベルは高いです。ここで好走する様で有ればすぐにでも重賞でも通用しそうですが…。
 個人的には能力的にも十分通用するとは思うのですが、今回は1400→1800の距離延長となります。血統的には大丈夫だと思いますが、今回初体験になる分がどう出るかが鍵となりそうです。
 人気は落ちると思いますが、厩舎サイドはかなりの強気です。もし来てくれれば馬券的にも美味しそうですが…。

>その他今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・ギャロップが登録抹消。
・アルボーレは放牧へ。
・イリスは3日の船橋交流戦に出走予定。
・ストレングスが短期放牧。
・パスワードが放牧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水曜日)

桔梗屋新馬紹介:シルクエステート/その他競馬日記

【シルクエステート】(6-59)(Estate=英語で「財産」)
 父:*ブライアンズタイム
 母:*ロスケイ(母父:Woodman )
 平成18年3月9日生 牡 栗東・岡田厩舎 募集価格3500万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2006106393/

 期待のブライアンズタイム産駒です。
 全兄のロスタイムは5勝馬で、準OPで活躍しました。一つ上の姉メイショウアサガオも現2勝で、昨年ローズSに駒を進めています。その他の兄姉も半数以上が勝ち上がっている事から、とりあえず1勝は確実にしてくれる…全兄でも結果を出しているBT産駒の底力で、あわよくばそれ以上も…という期待を持って出資しました。

 体質がまだいまいち強くないらしく、昨年秋に入厩も一旦宇治田原に放牧されたり、年始に帰厩してからも調教後にスクんだりとやや心配な面もありますが、動き自体は結構評価が高いようです。

 調教の動きを見極めて、状態次第では日曜京都の新馬戦(芝2000m)で武幸四郎騎手でデビュー予定です。


■「スタリオンブック」がネット公開に
 http://www.studbook.jp/ja/

 ※見るためには登録が必要です。

 そんなわけで、今年から冊子販売が取り止めとなり、ネットのみでの公開となった「スタリオンブック」。
 さっそく見てきましたが……個人的な感想ですが、何というか「最低限の情報はあるが、最低限の情報しかない」ですね。せめて繁殖牝馬の父は載せて欲しかった…。
 また、個人的な用途に使うために、結局印字する事になるので、こんな150ページ以上も打ち出すのは大変な事になりそうです。

 前々から何度か書いていますが、やはりこんな事になるなら、多少値上げしてでも冊子販売を続けるべきだったと思います。一冊五千円になろうが一万円になろうが情報を必要とする人は買いますし、一定の(本当に必要としている)読者は逃げずについてきたと思うのですよ。
 150ページも自分で印字が必要だったり、pdfを毎回立ち上げさせられる様な手間を払わせられる位なら、本代として一万円くらいポンと払った方がよっぽど安いです。

 ちょっと愚痴ってしまいましたが、これも、この「スタリオンブック」の情報が、個人的に極めて重要な、そして有用な内容だと思っているからこそです。何とかこのまま発行自体が中止になったりせずに続いていって欲しいなぁ……。


■「ウイニングポストワールド」2月20日発売
 http://www.gamecity.ne.jp/keiba/wpw/

 待ちに待った「ウイニングポスト」の新作ですよ! 逆転裁判みたいな絵柄だなぁ…
 今度は馬主、調教師、騎手いずれの立場でもプレイが可能になるとか。
 とはいえ、現時点での情報を見る限りでは、全てが可能になる神作になる可能性がある一方で、全て中途半端な地雷になる可能性も漂っています。今の光栄に、二兎どころか三兎も追うような真似は可能なのでしょうか?
 できれば発売日に手に入れたいところですが、人柱待ちの方がいいかなぁ…。


 とりあえず個人的な要望では、
・史実モードは別にいいです。「6」の様な感じに戻して下さい。
・ライバル馬の数をもっと増やして実際の競馬に近づけて欲しい。
・「6」の様な、プレイヤーデータをライバル馬主(今回は調教師+騎手も?)として取り込める仕様を取り入れて欲しい。実現したら俺、自分自身の馬主データと、月宮騎手をうぷするんだ…(わくわく)
・秘書への種付け機能の導入
 ……いや、別に相手はどうでもいいのですが(笑)要するに、馬主にも年齢や代替わりの要素を入れて欲しいのです。

 …と書きつつも、これまでの記事を見ると「種牡馬の情報ページに年齢が書かれていない」等、どうもどちらかというとダビスタに近い予感を感じさせます。これは……地雷臭がしてきたような……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火曜日)

ランキングの話、2題

■第6回東方シリーズ人気投票

 http://thwiki.info/th/vote6/

 とりあえず回顧記事として、私の投票内容とその結果を。

・早苗さん……4位(一押し)
・諏訪子様……16位
・八坂様………32位
・ルナサ姉……42位
・あっきゅん…51位

 早苗さんおめでとう早苗さん! 票数的に、更に上位もいけそうな感じです。
 とはいえ、今回はいろいろとバブル的な効果があったと思うので、今後その辺りが落ち着いた時にどうなるかですね(それでも今後も10位圏内は確保できると思う)。
 次回の人気投票までに、本編で、そして二次創作で、早苗さんのファンが益々増えるような作品に数多く出会える事に期待したいです。願わくば、私自身も僅かなりとも寄与できればと思います。

 続いて音楽部門。

・ネイティブフェイス………6位
・信仰は儚き人間の為に……11位
・上海紅茶館…………………13位
・華のさかづき大江山………25位
・ラストリモート……………43位
・少女が見た日本の原風景…55位
・月の妖鳥、化猫の幻……136位

 少女さとりが5位だったのが個人的にびっくりしました。結構人気あるんだなぁ…。

■2008ベストエロゲー投票

 http://mas.bne.jp/anko/besterog/2008/2008best_01.htm

 発表されていたので、去年の作品がどんな評価をされているのかな…と思ってチェックしてみました。……と言っても、去年の作品で知っているのは「コンチェルトノート」と「リトルバスターズ!」(の18禁版が出ているという情報だけ)と「闘神都市」(の続編が出たという情報だけ)と「ごらんの有様だよ!」(ネタだけ)だったりしますが……。
 結果は実際にリンク先か動画を見ていただくとして、「コンチェルトノート」で(エロゲ界隈の)「世間」に高く評価され、益々注目を集める様になった「あっぷりけ」さんの今後が楽しみです。まずは次回作の発表を楽しみに待ちたい所です。

 それにしても、「コンチェルトノート」もいろいろやっていた(笑)と思うのですが、それですら、目の肥えたファン層の目では「H」の追加評価点が何故かゼロなんですよ。ということは、これで高得点を得ているゲームはどれだけ「すごい」んだろう……

 後、この動画で、「巣作りドラゴン」を作った「ソフトハウスキャラ」さんが後継っぽい?ゲームを出していたのを今更ながら知ったので、ちょっと捜してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日曜日)

pomera(ポメラ)の感想(中編)

 前編に引き続き、pomeraの感想記事です。前回から更にある程度使い込んで気がついたことなどを書きたいと思います。

■pomeraについては、こちらを参照…
 http://www.kingjim.co.jp/pomera/

■キータッチについて
 前回の日記で、一つずれた場所を打ってしまうというネタを書きましたが、身体が慣れた?のか、大分ましになってきました。
 (pomeraに限らずノートパソコン系はみんなそうですが)仕様上キーボードとディスプレイの位置関係が固定されているわけですが、たぶんそれが普段使い慣れているものとはずれているのかもしれません。いずれにしても、このあたりは「慣れ」の問題になると思います。

■日本語変換(ATOK)について
 何というか、「期待したほどは賢くない」ですね。それでもIMEとは比べものにならないですが(職場で貸与されているパソコンはIMEで、いつも泣かされています…)。
 それでも限られたメモリの中で組み込まれている簡易型としては十分賢いですし、大筋では文句無いです。個人的には「調教すれば十分問題ないレベル」になると思います。
 あと、パソコンで使えるのにこちらでは使えない機能がいくらかあるのは仕方ないですかね。予測変換等の便利な機能に慣れてしまった身でpomeraで使えない場面に遭遇すると気になる事もあるのですが…。
 個人的に気になったのは「単漢字検索/変換」機能が無いことです。普通の変換とかでは出てこない(普通はあまり使わない)漢字等を出したい時に、読みや部首などから漢字を検索、入力する機能です。これが無い事で、外出先で文章を打っている時に望む単語を打ち込めずに困る場面が出てきそうです。一応文字パレットはあるのですが、一覧表から捜すのはちょっと大変です。
 その手の「特殊な漢字」がよく出てくる様な文章を書いている方は要注意です。香霖堂の「霖」が出せなくて困ったよ…。対策としては、母艦からその漢字が書かれている文章を移動させた後、コピペを使って単語登録しかないかなぁ…。

■外観および材質について
 外観や材質はまあ…カタログ等を見ていただいての通りなのですが、実際手にを取って感じた感想について数点書いておきたいと思います。
(私が使用しているのは「黒」なので、他の色の場合は事情が違うかもしれません)
 天板は鏡面仕上げという感じで、思った以上に高級感があります。「ピアノの表面みたいな感じ」と言えば分かりやすいでしょうか。そのおかげで、値段以上に(とは言っても2万円するわけですが)高級な感じがします。
 ただ、その代わりに非常に指紋の跡とかが付きやすくて目立ちますので、気になる方もいるかも知れません。私もこまめに表面を磨く事が多くなりましたが、「手入れのし甲斐がある」とも言えるのではないでしょうか(笑)

 注意すべきなのは、それ以外の部分(特に下面)がゴムっぽいプラスチックというか、そういう材質だという事です。何が言いたいのかと言うと、「滑りにくい材質」だという事です。
 受験生の方にはいいのかもしれませんし(笑)、このおかげで机の上で作業する際に操作時に滑ることも無く非常に有用なのですが、この「滑りにくさ」が収納する際には邪魔になる場面が出てきます。
 袋や小型の入れ物等、このpomeraを収納する際、本体のサイズだけを見てほぼピッタリの大きさの入れ物を選んでしまうと、このゴムっぽい材質が全然滑らないので、引っかかって大変入れにくいです。かく言う私自身が、そうした入れ物を選んでしまってちょっと後悔しています…orz 皆さんもpomera用の入れ物を選ぶ際にはサイズや形状等をよく吟味される事をおすすめします。

■字の見やすさ
 画面の表示サイズは三段階に切り替える事ができます。写真を貼付してみましたのでご参照下さい。

Sany9432
 文字サイズ 24x24 画面表示 横26縦17

Sany9431
 文字サイズ 36x36 画面表示 横20縦12

Sany9430
 文字サイズ 48x48 画面表示 横13縦08

 上記の3段階ですが、これとは別に設定できる「行間の大きさ」の影響を受けます。上記の数字は行間「小」の場合で、行間「大」にすると、一番上の設定の場合、表示行数は17→14行になります。
 一番大きな48x48ドットは文字が大きすぎて(=画面の文字数が少なすぎて)長い文章の作成時には使いにくい(目の遠い方向け?)ですが、他の2モードは特に使っていてストレスもなく程良い感じではないでしょうか。24x24でも字が小さすぎるという感じは特にありません。
 ただし、「上記3種類にしか設定できない」ので、たとえば原稿を書く際に、仕上がりのレイアウト(行数や文字数)に合わせてチェックする様な事ができないので注意が必要です。

 また、液晶にライトは付いていないので注意が必要です。…とは言っても、液晶そのものの視認性が非常にいいので、余程暗い所で使わない限りは全く問題ないと思います。変にライトをつけて電池の保ちが悪くなるよりはこのままの方がいいかな…。

■字を打つことのみに特化
 言い変えれば「テキストを書く事しかできないこと」。字面だけ見ればマイナス要素に見えますが、これはものすごいプラス要素です。
 この記事を見ておられる方は趣味や仕事、様々な方面で文章を書いておられると思いますが、文章を書いている時に襲われる様々な誘惑、そしてその誘惑に負けた事による後悔の数々……は、私がここで説明するまでもなく、胸に手を当てればいくらでも思い浮かぶと思います(笑)
 勿論文章書きはパソコンを使えばいくらでもできますが、パソコンはネットに繋がっています。そして、ネットを切っても、パソコンにはゲームがインストールされています。
 しかし、pomeraはそうした誘惑とは無縁です。勿論ゲームもネットも実装されていません。なにげにこうした「テキストを書く事だけに特化した」機械はワープロが廃れてからは存在せず、強いて言えば「ネットにも繋がず、ゲーム等も一切入っていないパソコン」を用意するしかなかったわけですが、そうした機械が久々に現れた事になります。
 思えば、私も昔は家にワープロがあって、その機能は今のパソコンに普通に入っているテキストエディタと比べても遙かに貧弱だったのですが、それでも、あの頃の方がより楽しく、夢中になって「文章を書くこと」に没頭していた様な気がします(注:単に私が年を取っただけである可能性もあります(笑))。こうして久しぶりに文章を書くこと「だけ」に没頭できる環境が戻って来た事で、文章を書く早さだけでなく、「質」も上がらないかな、と少し期待しています。

 そして、携帯性の高さ(畳んだ状態ではほぼ手帳サイズです)と、いつでも即使えるフットワークの軽さ。これを入れると、文章「だけ」を書く環境としては当時よりも遙かに恵まれたものになります。図書館(勿論許可されている場所ですよ)や喫茶店での筆の進み具合は素晴らしいです(笑)


 ほぼ購入から一ヶ月が経ち、いろいろ文章を書きましたが、ここに至ってようやく電池の目盛りが一つ減りました(それでも2/3残っている)。本当に長持ちしますね……。
 前後編の予定でしたが、もう少し書くネタが残っているので、また次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金曜日)

早苗さんと九字刺しについて考える(注:競馬日記)

 先週の中京新馬戦でデビュー、3着に入ったオーソリティーですが、次走はどこに使うのかなと思っていましたが、なんと、今週の未勝利戦でいきなり連闘で出走して来ました。
 先週のレース後の厩舎コメントからは1~2週間くらい調整してからかな…と思っていたのでびっくりです。

「ふふっ…『新馬戦を使った後は連闘しない』。そんな常識に囚われていては、幻想郷で生きのこ(以下略)」

 ……さ、早苗さん!?

「折り返しの新馬戦があった頃には、デビューの開催で2~3回走るのはよく有りました。それを考えれば普通です」

 そ、そうですよね。別に問題ありませんよね!?

「山内厩舎と言えばラガービックワン。あの12連闘を考えれば、2連闘なんて少ない方です!」
 http://db.netkeiba.com/horse/1992102313/

 あ、あれは特殊な例でですね…あれと比べられても…。

 ところで、ミラクルフルーツやライスシャワーのインパクトに押されて唯一のまとも?な弾幕扱いされている「九字刺し」ですけど、あれって「九字」そのものよりも、絶対「串刺し」をもじって適当に名前を考えて作ってますよね(笑)

 そんなわけで皆様、もう「第6回東方シリーズ人気投票」への投票は済みましたでしょうか。早苗さんと守矢一家に清き一票を!

>今週の桔梗屋出走馬[H21:10-14]
 今週は驚きの土曜日に一気に5頭出走です。冒頭で取り上げたオーソリティーもそうですが、ストレングスも連闘です。果たしてどうなる事やら…

■土曜中京5R 3歳未勝利(T1200)シルクオーソリティ号出走 12:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200907010505

 オーソリティが連闘で出走して来ました。
 前走は喉の調子と相談しながら、明らかに仕上げ途上での出走でしたが、3着という上々の結果。時計的にレースレベル云々はあるのですが、オーソリティ自体も手前を変えないままでの走りでしたし、状態を考えれば十分今後が期待できる走りだったと思います。個人的には少しずつ距離を伸ばして試して貰いたかったのですが、今回の連闘がいい方向に出る可能性は十分あると思います。
 舞台は先週と同じ中京1200芝。対戦相手も、前走2着3着の馬が1頭ずついるだけですし、レベル的に前走以上は十分期待できると思います。今回も喉の影響は大丈夫か、そして上積みが有るのかが鍵になりますね。後は、前走は時計が遅かったので、今回の競馬で少しでも時計を縮めて欲しいと思います。

■土曜中山7R 4上500万下(D1700牝)シルクスイーティ号出走 13:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200906010707

 スイーティーが中山7Rに出走します。
 久々の中央出走となった前走でしたが、8着は確保したものの2秒以上離されており、中央で通用するのか怪しげな内容でした。今回は少しでも上積みを見せて貰いたいところです。
 今回も同様に牝馬限定戦で、メンバー的には前走馬券に絡んだ馬が2頭だけですし、上位進出の目は十分あると思います。この辺りの対戦相手で掲示板あたりに来られないと今後も厳しそうですし、頑張って貰いたいと思います。

■土曜京都7R 4上500万下(D1800)シルクヘラクレス号出走 13:40
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200908010707

 ヘラクレスが京都7Rに出走します。
 久々となった前走は2番人気ながら10着と案外な結果。降級初戦ということで期待が高かったのですが、やはり久々が響いた様です。今回は叩き二走目ですし、調子が上向いている事に期待したいです。
 こちらも対戦相手は、前走馬券に絡んだのが1頭、1000万から降級で休養明けが1頭いる位でかなり楽なメンバー構成です。今回は何とか上位に来て貰いたいところです。

■土曜京都8R 4上500万下(D1200)シルクストレングス号出走 14:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200908010708

 ストレングスが連闘で出走して来ました。
 前走は久々の復帰初戦でしたが、押しても完全には先手を取れず、直線では早々に脱落…といいところの無い結果でした。休養明け初戦なので仕方がないのですが、復帰初戦でいきなり大幅馬体減で、過去最低体重での出走だった事が気に掛かりました。それだけに(前走「太かった」ならともかく)今回の連闘は驚きました。体調が心配ですが、何とか無事に回ってきて貰いたいと思います。
 ダートは過去に1回使っており、4番人気14着だったので正直期待薄なのですが、最近の不調は精神面が大きいので、ひょっとしたら連闘効果がいい所に出ないかな…と淡い期待を寄せています。

■土曜京都11R 羅生門S(D1400)シルクアルボーレ号出走 15:45
http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200908010711

 土曜の京都メインにアルボーレが出走します。
 ここ4戦続けて掲示板を確保。前走も3着でしたし、追い込み脚質ながら安定した成績をおさめています。後は展開さえ向けばいつでも勝てそうなのですが…。
 今回ですが、過去にも増して強力な対戦相手が揃いました。近走で先着されているアンダーカウンター、イリューシブネス。上位常連のアドマイヤゴルゴ、サンエムパーム。他にも好素質馬ランザローテを始め、前走で1000万を勝っている馬が3頭。おそらくこれまでこのクラスで走ってきた中で一番強力な、OP…ひょっとしたら重賞並と言ってもいいメンバー構成だと思います。ここで上位を確保できたら、本当に価値があるのですが…。
 有力馬に先行馬が多いので、アルボーレに展開が向かないか期待しています。鞍上には岩田騎手を確保。いい競馬を見せて貰いたいと思います。

>今週の桔梗屋出資馬あらすじ+α
・イリス、リーガルアミューズが帰厩。
・サリールが入厩。
・ギャロップはこのまま引退へ。

・火曜の大井交流戦に出走したコチャは7着。
・日曜の京都で二代目ドングリがデビュー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月曜日)

東方諏訪旅行記2-6:土着神「七つの石と七つの木」

■第2回東方諏訪旅行:目次
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/11/post-93a7.html

 さて、前回の「天流水舎」に引き続き、今回は前回の旅行で見そびれた東方系史跡数カ所を確認して来ました。
 それは……「七つの石と七つの木」です。

 この「七石七木」について改めて説明しておきますと、かつて行われていた神事の巡回ポイントであり、ミシャクジ様が宿る場所でもあります。
 かつて、御頭祭の際には大祝や神長官(守矢氏)を初めとする一行がこれら「七石七木」を回って木や石にミシャクジ様を「降ろし」て豊作を祈り、秋の御立座神事では豊作のお礼として同様のルートを回ったという事です。
 この「七石七木」ですが、以下の場所にあります。

七石
1.硯石…諏訪大社上社本宮。今回訪問
2.御沓石…諏訪大社上社本宮。今回訪問
3.小袋石…前宮の近くから道を上がった山中。未訪問
4.児玉石…児玉石神社。未訪問
5.御座石…場所に二説あり。御座石神社説と不明(諏訪大社上社内のどこか)説。未訪問
6.亀石…諸説あり。有力候補である高島城に今回訪問。
7.蛙石…諸説あり。有力候補である場所に今回訪問。

七木
1.桜湛……現存せず
2.真弓湛…現存せず
3.峯湛……前宮から上がった山中に現存。
4.檜湛……現存せず。「干草椹木跡」の石碑が「七社明神社」に現存
5.松木湛…現存せず
6.橡木湛…現存せず。「闢廬(あきほ)社」に切株有+枯木が保存(非公開)
7.柳湛……現存せず

 先に「七木」から書いてしまいますが、現在残っているのは「峯湛(みねのたたえ)」だけです。その他は現存していません。
 正確には、「○○の湛跡」と言った石碑が残っているものもありますし、かつてあった場所が特定されているものもあるので、史「跡」としては存在していると言えるのかもしれませんが、訪問する優先度は低いと考えられます。
 残る「峯湛」は諏訪大社上社前宮や近くにある「前宮公園」から少し山中に入った所にあるようです。こちらは、数年前に台風で折れたりした様ですがまだ現存しているとの事。
 こちらは訪問する候補に挙げていたのですが、時間が無かった事と(後述する「小袋石」同様)山中という不確定要素が大きかったので今回は断念しました。次回は行ってみたい所ですね。

 それにしても、「七木」は一本しか残っていないのですね。まあ、人間よりは長生きするとはいえ木の寿命も有限ですし、仕方ない面はあるのですが…。
 個人的には、御柱祭の印象もあり、こうした神事に使う木は代替わりして続いていくイメージがあったので、むしろ、枯れた(寿命が来た)後、別の木に受け継がれずにそのまま廃れた?事が意外に思いました。上社の筒粥神事等もありますし、信仰の興廃等が関わっているのかもしれません。

 そして、「七石」ですが、今回訪問したのは「硯石」「御沓石」「亀石」「蛙石」の4つです。

・硯石と御沓石
 共に、諏訪大社上社本宮にあります。前回も諏訪大社上社本宮には勿論行っていたのですが、「硯石」の方について、一般からは見えない場所にあると勘違いしていたため未回収でした。実際には、入れないものの、見ることは出来る場所でした。

 それぞれの場所ですが、これは現地の案内図が判りやすいと思います。
01
(写真1:諏訪大社上社本宮の案内図。硯石と御沓石の場所に注目)

 手書きで何ですが、赤で囲ってあるのが「硯石」で、同様に青で囲っているのが「御沓石」です。
 「硯石」は、配置図を見ていただいての通り、普通は入れない神域にあり、参拝所から奥に入った斎庭あたりに入らないと見えないと思っていたのですが、実際は、矢印を入れた角度から(四脚門と宝殿の間あたりから)その姿を見る事ができます。
02
(写真2:硯石)

 逆に、「御沓石」の方は「一の御柱」の後ろに普通にあります。
03
(写真3:御沓石。御柱の左手に注目)

 こちらは逆に、注連縄こそあるものの現地には立て看板等が無いので気づかない方も多いのではないかと思います。手前にある「一の御柱」が目立ちすぎて、後ろの石にまで注意が回らないのかもしれません。ちなみに(写真には写ってませんが)更に後ろには「天の逆鉾」という石柱が立っていますが、こちらは江戸時代に建てられたものらしく、神話とはあまり関係ない様です。

・蛙石
 場所にはいくつかの説があるのですが、そのうちの一つが「諏訪大社上社本宮の近く」にあるというものです。その場所は実際に名所扱い?されているので判りやすいと思います。
 場所は、本宮から西に少し行った所で、外観はこんな感じになっています。
04
(写真4:蛙石の全景)

 フェンスで覆われていて、遠目からは「道ばたの井戸」っぽく見えるので、看板の存在に注意していれば見つけやすいのでは無いかと思います。
 中を覗き込むと、「蛙石」はこんな感じです。
05
(写真5:蛙石)

 うーん、蛙っぽいような、そうでも無いような…。もう少し水位が高ければ、蛙に見える様な気もします。

・亀石
 こちらは、現在「高島城」にあります。
 高島城には前回の旅行でも行ったのですが、その時はチェックし忘れていたので、今回改めて高島城を訪問して捜してきました。
 普通に敷地内に無造作に?置かれていました。

06
(写真6:亀石)

 こちらは亀に見える…ような気もします。
 説明書きによると、この「亀石」、現在の場所に来たのは平成19年になってからということで、実はごく最近だったりします。元々は確かに高島城にあったのですが、明治期に運び出され、いろいろ転売されたり、個人所有になって庭石にされたりしていたのですが、所有者の方の好意で平成19年に戻ってきたそうです。
 水を掛けると願いが叶うらしいのですが、その根拠(というか元になったエピソード)は良くわかりません…。

 それにしても、この「亀石」だけでなく「蛙石」(高島城の庭石にするために運ばれたらしい)等、「七石」は高島城が絡んだものが多いのですが、高島城は1598年築城ですし、先代の高島城(茶臼山城)でも15世紀後半築城の様です。そこから考えると、この「七石七木」の成立はそれほど(少なくとも神話レベルの)昔では無いと考えられます。現在の形で成立したのはここ数百年程の事で、そして廃れたものなのではないかと想像されます。
 「七木」が代替わりせずに現存していないものが多いのも、そのあたりが関係しているのかもしれません。


 残る3つですが、そのうち「児玉石」「御座石」は、(所在地の有力候補が)それぞれの名前を冠した神社にあります。
 「御座石神社」については、茅野駅から東に2キロ…と、他の関連史跡からは離れた場所にある事から今回は除外しました。これは次回車で行った時かなぁ…。
 「児玉石神社」は、実は今回訪問すべく自転車を走らせたのですが……どこを間違えたのか道に迷って訳の分からない所に迷い込みまして、結局見つかりませんでした…。帰ってから改めて地図を見ると、それほど迷うほどでも無いはずなのですが…。これは次回の旅行で回収したいと思います。
 もう一つ、「小袋石」は「上社の前宮~本宮間の中央辺りの分かれ道(守矢史料館の近くにある「高部」の交差点)から山を1キロ程上がって、更に雑木林に少し入った所」にあるらしいのですが、自転車で山を登るのは辛い+時間の問題+山道という不確定要素があったので今回は断念しました。場所的に「峯湛」とは比較的近いので、次回の訪問の際にまとめて回収したいと思っています。

 そんなわけで、「七つの石と七つの木」で記事を組んでおきながら、今回回収できたのは「七石」のうち4つのみでした。残念です…。
 次回、春~夏頃に訪問を予定しているので、今度は全部回ってみたいところです。次回の取材分と合わせて、土着神「七つの石と七つの木」完全版(と言っても現存するものだけですが)を作りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日曜日)

第6回東方シリーズ人気投票 開催中

※本記事は投票期間中、常に先頭に表示されています。

「第6回東方シリーズ人気投票」、現在投票受付中です。
Thvote6
http://thwiki.info/th/vote6/


Pleasevoteme

「今度の人気投票、八坂様と諏訪子様に清き一票をお願いします!あ……あと……もしよければ、その、私にも……」

 (絵は使い回しですが…)桔梗屋では、早苗さんと守矢一家を応援しています。
 どうか、皆さんの清き一票を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金曜日)

早苗さん、ライスシャワーを語る(注:競馬日記)

 桔梗屋史上最高価格馬として期待の高かったオーソリティですが、中京芝1200でのデビューとなりました。
 喉鳴り明けとは言え、まさかこんな形でのデビューになるとは思いませんでした…。勿論デビューできるだけでも有り難い事なのですが、それにしてもバリバリの長距離血統が芝1200とは…。

「ふふっ…『長距離馬は短距離戦を使わない』。そんな常識に囚われていては、幻想郷で生き残(以下略)」

 ……さ、早苗さん!?

「知ってますか? あのライスシャワーは新潟の芝1000m戦でデビュー勝ちしているのですよ」

 !! そ、そうですよね。芝1200は十分許容範囲内ですよね!

「それに、鞍上は武騎手じゃないですか。これなら勝ったも同然です!」

 早苗さん…その人は確かに「武騎手」なんだけど…あの、そのですね…

 ……今回のネタにはしましたが、普段からトラグーンやオーソリティとの絡みで親しんでいるおかげで、QMAで武英智騎手を答える問題に正解できて、競馬検定でSを取れました。ありがとう、武英智騎手!

 それにしても、今週の中山の新馬はクラウザーさんはデビュー(土曜6R)するわ、卵かけご飯はデビュー(日曜3R)するわですごい事になっていますね。これは本当に競馬なのだろうか…。


>今週の桔梗屋出走馬[H21:6-9]
 今週は土日に4鞍。冒頭で取り上げたオーソリティ&パサージュに加え、パスワードとストレングスが出走です。どれもひょっとしたらいい線行くのでは…という感じで楽しみです。

■土曜京都12R 1000万下(D1400)シルクパスワード号出走 16:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200908010512

 パスワードが土曜京都の最終に出走します。
 ここ2戦続けて前が窮屈になるレース運びとなり、着順は奮いませんが、3走前に3着に来ている様に通用する力自体はある筈です。今回は減量騎手を起用し、前々で競馬をする予定との事。
 対戦相手は前走掲示板組が4頭いますが、その他のメンバー構成からは、掲示板を狙うことは十分出来そうに思います。外枠なので包まれる事もないでしょうし、巻き返しを期待したいです。


■日曜中京5R 3歳新馬(T1200)シルクオーソリティ号出走 11:50
■日曜中京5R 3歳新馬(T1200)シルクパサージュ号出走 11:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200907010405

 中京の新馬戦で、出資馬2頭が直接対決の形でデビューを迎えます。
 オーソリティについてはまずは喉鳴りの影響、そして短距離への適性が鍵となります。相変わらず喉は鳴っているらしいですが、動き自体はいいですし、走りには(多分)影響は無いとの判断の様です。鞍上から喉の調子を見極めるために、敢えて(上位騎手ではなく)厩舎所属の武英智騎手を配置するという念の入れようです。
 とりあえず何とも言えませんが、まずは喉の影響でパッタリ…とならずにそれなりの走りで回って来てくれればと思います。
 パサージュは所謂「安馬」で血統も地味なので期待度もそれなりでしたが、入厩前後の経過、調教時計が予想以上に良くて、今回も使っている馬に調教で先着したりしている様です。結構実戦に行って良いところがあるのでは…と期待しています。
 いずれにせよ相手関係次第ではあるのですが、それほどの評判馬はいない?感じですし、共に今後に期待を繋げる走りをして貰いたいと思います。

■日曜中京9R 4上500万下(T1200)シルクストレングス号出走 14:15
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200907010409

 ストレングスが日曜中京で復帰戦を迎えます。
 ↓でも取り上げていますが、8日に帰厩したばかりで、今回いきなり18日に出走となります。当然調教数も少ないわけで、いきなり大丈夫なのか少し心配です。ちなみに帰厩後の調教は1本のみで、引っかかった結果、全体では時計が掛かっている…という内容です。普通はこの状態では、と思うのですが…。
 厩舎側は何故か強気で、今回か次走(小倉1週目の巌流島特別)で勝つつもりの様です。確かに、対戦相手的にはそれほどレベルが高くない(前走馬券に絡んだ馬がいない)ので、調子さえ戻っていれば十分勝ち負けに持ち込めそうですが…。
 あまりにも急仕上げなのは気になりますが、初戦向きですし、鞍上も2走前に好走した芹沢騎手を確保しています。メンバー的に前々で競馬ができそうですし、いい競馬を期待したいと思います。

>その他、今週の桔梗屋出資馬+αのあらすじ
・ストレングス、ユニヴァースが、エステートが帰厩。
 ※ストレングスは8日に帰厩して、18日出走です。
・ギャロップは骨膜が思わしくなく、引退の可能性も。

・放牧されていたクールシャローンが9日に帰厩。
・コチャは20日大井の交流戦「寒椿特別」に選出されており、そちらに出走予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木曜日)

pomera(ポメラ)の感想(前編)

 年末に届いてから、ぼちぼち使い始めています。
 届いてすぐに使うと思っていたのですが、届いた時期が年末という事もあり、このpomeraの使用を想定した場面(外出先での使用)がなかなかありません。図書館や喫茶店で使おうかと思っていたのですが、図書館は年末年始に閉まっていますし、喫茶店には年末年始の忙しい時間に行く暇が無いという(笑) ともあれ、年末年始を過ぎ、最近はちょくちょく使っているので、思いつくままに感想を書いてみたいと思います。
 今回を含めて2回(長引くようなら3回)の予定です。

■pomera自身については、こちらを参照…
 http://www.kingjim.co.jp/pomera/
Sany9046


■キーボードについて
 とりあえずの感想として、まずはキーボードへの慣れの問題がありますね。
 ボードの感触自体は個人的には特に問題ないですし、押しても反応しないという事もありません。ミニノートの財布(SA1F)を買ったときにはキーの反応がすごぶる悪く、ネットでいろいろ情報を見て、設定変更したりキーの裏側に小ネジを入れたりと大変でした…。
 そうした事もなく、大筋で問題ないのですが、キーの配置への慣れがやっぱり必要なようです。ぱっと見、キーの配置は普通なはずなのですが、何故か、主に右側のキーについて、「本来よりも一つ左側のキーを打ってしまう」傾向があります。私はカナ打ちなので、「゜」が「゛」になったり、「。」が「、」になったりといった打ち損じが時々出ます。どうも身体(指)が覚えているものとは微妙に違うのかもしれません。まあ、これについては私個人にしか言えない事かもしれませんし、慣れるに従って解消してくる事だと思います。
 ちなみに、この手の小型の機器でよくある、「キーボードの一部が特殊配置」(スペースがなくて、キーボード右側の「む」や「゜」等が変な場所にあるとか)とかも無く、本当に普通のキーボードです。
 後はテンキーが無い事位ですかね?私自身はそれほど数字を書くことはないですが、このpomeraを使われる方のスタイルによっては、不便に感じることもあるかもしれません。

■各種制限(文字数、単語登録数)
 後は、このpomeraが簡易的に?文章を書くことに特化している関係での各種制限でしょうか。
 主に引っかかりそうなのが、
・一文章が8000字まで
・登録単語100個まで

 という制限です。
 ちなみに一文章8000字だけでなく、本体メモリの関係で、本体に登録できるのは48000字という制限があります。
(ただし、マイクロSDカードへの保存が可能です。2Gまで使えますが、テキストファイルである事から、実質文章数については制限なしに等しいです)

 文章8000字というのは、原稿用紙では20枚ということで、何となく少ないイメージがあります。
 試しにうちのSSを数えてみたところ、「最後の写真」で2万字強。1/3くらいしか書けない事になります。一度に書ける限界は短編SSを1本というところですかね。
(ちなみに今回の日記をうぷ前に再カウントしてみたところ、3000字弱でした)
 このあたりは、使うスタイルによるかとは思いますが、一般的には、「外出先でアイデア等を書き留める」→「母艦(パソコン)に移して仕上げる」流れで使う分には8000字は十分な量ではないかと思います。
 ただし、このpomeraをビューアー(外で入手した文章をテキスト化して読む)目的で考えている方には辛い制限だと思います。「保存できないだけで、開く分には文字制限なし」とかの改善はあってもいいと思います。

 後は単語登録数の制限ですね。
 いかにATOKが(IMEよりは)賢いと言っても、固有名詞や人名への対応には限界があります。気をつけていないと「幻想卿」「諏訪湖様」等の誤字で溢れる事になってしまうので、登録は間違いなく必要です。
 そんな単語登録ですが、登録可能数は100個(文字数の長さによって多少変化)です。この数がどうかですが…
 折角なので、この機会に検証してみました。私の母艦で長年受け継がれているATOKの辞書登録単語数を調べてみました。

 昔から使っているので、葉鍵時代からの単語も多々含まれている(最古の登録単語は「鶴来屋」っぽい)のを入れても、115個でした。使い方にもよりますが、案外大丈夫なのではないでしょうか。
(ちなみに私が母艦で使っているのは今だにATOK13とかなので、新しいものを使っていれば登録せずに済んでいた単語も結構あるかと…)

■電源について
 前にも書きましたが、電源の入切は「一瞬」です。
 電源ボタンの長押し(約1秒)の後、電源投入から操作できるまでが約1秒弱です。まさに一瞬。
 そして切る時は、セーブをしている関係?で僅かに長めの2~3秒かかります。これでも十分に短いですが、これも、キーボードを畳むと自動的に電源断の処理がされますので、普通に片づける(畳んで胸ポケットなり鞄の片隅なりに放り込むだけですが)際に全くストレス無く行えます。
 この「一瞬で使えるようになる」「使い終わったらすぐに片づけられる」というのは本当に便利です。

 そして、もう一点特筆される事に、電池の保ちの良さがあります。
 pomeraの使用電源は、単4電池2個(+電池切れ時に働く補助用としてボタン電池)。電池耐久時間は、公称では、20時間。電源OFFなら1500時間!です。

 普段、数時間で汲々としているノートパソコン等と比べれば無限に近い長さ。とにかく長持ちします。
 私のpomeraの場合、12月25日に届いた際に、お店から添付されていた電池(たぶんお試し用でそれほど容量は無いと思われる)を放り込んだだけなのですが、まだ一度も交換していないですし、電池の残量ゲージはまだ満タンで一メモリも減っていません。
 まあ、点灯しての使用時間がこの文章やその他諸々で、まだ数時間しか経っていない事もあるのですが、それにしても長持ちです。待機電力もあるはずなのですが…一般的なノートパソコンと比較すれば、その差は歴然としています。
 これは、旅先や出先にノートパソコンを持っていった場合の様に、電源の保ちを気にする心配が全くないことを意味します。本体そのものの軽さ、小ささだけでなく、電源関係の付属品類も携行不要になるわけです(万が一切れても、適当にコンビニあたりで電池を買えぱいいですし)。
 お手軽に、胸ポケットに入る大きさで、どこでも文章が打てる機器。…本当に便利なものが手に入る様になったものです。

 ベタ褒めだけでも何なので、一つだけ難点(という程でもないですが)を挙げておくと、「電源を入れた際は、カーソルは常に文章の先頭」という事があります。言い換えると、「電源を切る際のカーソル位置は保存されない」という事です。文章の推敲、手直し中に電源を一度切るケースもある事も考えると、カーソル位置は覚えておいてくれた方が良かったかなぁ…

 結構いろいろ書いたのですが、ほかにもいろいろあるので、この感想日記は次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水曜日)

桔梗屋新馬紹介:シルクオーソリティ&シルクパサージュ

 今週末の新馬戦で、3歳出資馬2頭がデビュー予定となりました。
 今のところ、共に中京の芝1200m戦に出走予定なので、このまま行けばデビュー戦での直接対決となります。自重するかもしれませんし、除外の可能性もあるので今の時点では何とも言えませんが……。

 この2頭が無事にデビューすれば、これでこの世代はようやく9頭中5頭がデビューする事になります。屈腱炎のファンキーブロンドは仕方ないにしても、残る3頭も何とか新馬戦が残っているうちにデビューして貰いたいところです。
 そして、現時点ではまだメビウスしか勝ち上がっていないので、そろそろ続く馬が出てきて貰いたいところ……。

■桔梗屋新馬紹介:シルクオーソリティ

【シルクオーソリティ】(6-08)(Authority=英語で「権力」)
 父:ダンスインザダーク
 母:チアズダンサー(母父:アンバーシャダイ)
 平成18年3月15日生 牡 栗東・山内厩舎 募集価格5000万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2006100974/

 良血馬が多い本年度出資馬でも頭一つ抜けている、桔梗屋史上最高価格、5000万円の高馬です。
 母チアズダンサーはエルフィンSの勝ち馬でオークスにも出走しました。特筆すべきは繁殖入りしてからの成績で、チアズブライトリー、チアズメッセージの2頭が重賞を勝っています。父がダンスインザダークに変わりますが、同じSS系という事で期待が高まります。

 馬体等もいい感じで成長していてデビューが楽しみ……だったのですが、何と喉鳴りが発覚。厩舎で手術を受ける事になりました。
 その後は厩舎で仕上げを行っているのですが、初期は調教で遅れてばかりでしたが、徐々に(ムラはあるものの)比較的ましになってきました。
 明らかに長距離血統ながら、デビュー戦は中京1200という事で、喉の回復具合と相談しながらの手探りでのデビューだと考えられます。
 ここまでの過程的に、初戦からどうかな…とは思いますが、後から成長してくる血統だと思いますので、まずは今後に繋がる競馬をして貰いたいと思います。喉が完治していればいいなぁ……。


■桔梗屋新馬紹介:シルクパサージュ

【シルクパサージュ】(6-76)(Passage=フランス語で「一節」)
 父:*マイネルラヴ
 母:シルクグラフィック(母父:*ブライアンズタイム)
 平成18年3月19日生 牝 栗東・湯窪厩舎 募集価格800万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2006104589/

 縁故出資枠馬(母シルクグラフィックが元出資馬)。
 母シルクグラフィックはSkip Awayの姉を母に持つBT産駒でした。その良血から活躍が期待されましたが、早田牧場倒産→上野育成牧場放置事件に巻き込まれた結果調整が遅れ、ようやく3歳6月にデビューするも、4戦全て2桁着順という結果で引退しました。本馬はその初仔になります。
 その良血馬と、良くも悪くも現役時代に消耗していない事から、繁殖としていい所が出ないかと期待しています。

 馬自身は血統的に地味なために募集時に全く人気が出ませんでしたが、比較的調教でもいい動きをしているようですし、実戦でいいところがあるのでは…と期待しています。

>最近のこちゃ(QMA日記)
 引き続きまったりプレイ。
 相変わらずミノタウロス組で上がりもせず下がりもせず定着。とりあえず上級魔術師には上がりましたが、ここから賢者に達するにはちょっと時間が足りない感じです。ここから必要魔法石数が倍々に増えていくなんて……。
 最近は仕事帰りに数回プレイというスタイルで、検定の方に力を入れています。競馬検定はSを取りましたが、最新の国語力と江戸時代はまだA止まりです。もう少しではあるのですが…。
 それにしても、検定の点数が、実力よりも問題の「引き」で変動する面が大きいというシステムは何とかすべきではないでしょうか。せめて、「最終問題以降は、的中しつづける限り何問でも問題に挑戦できる」とかにした方がいいと思います。
(どうも「6」では検定システムは無くなるっぽいですけど)

 とりあえず「卵」を買う事を当面の目標にしているのですが、何で500マジカもするのでしょうか…。
 後は、お店の人の胸を触ろうとしたら、バリアみたいなので弾かれるのですけど、これは一体……? 256回突っつき続けたらバリアを破壊できたりするのかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日曜日)

黒歴史交換ノート、2年目に入りました

H20112421
「桔梗屋旅館にようこそ!
 そして、守矢の神社に参拝、ありがとうございます!
 今度の人気投票、八坂様と諏訪子様に清き一票をお願いします!
 あ……あと……もしよければ、その、私にも……」
「……とりあえず、どれか一つに絞りなさい、早苗」
「みんな、早苗に一票入れてあげてね!」


 というわけで、昨年末からコツコツと描いていた早苗さんの絵がようやくできあがりました。
 折角スペルカード(笑)のデザインに凝ったのに、縮小したら良く判らなくなってしまいました……そんなわけで、描画時のサイズの当該部も一緒にうぷします。
H201124up


 概ね、冒頭の早苗さんの台詞通りの各用途で使い回される予定です。
 今後、桔梗屋旅館のトップページや、人気投票期間の日記(守矢神社記帳所)など、所々に使用されると思いますので、すいませんが宜しくお付き合い下さい。


 それにしても、こんなに時間が掛かるとは思いませんでした。現時点での絵描き能力の五割り増し程度の力を出して描きました(笑)が、その分時間と精神力がごっそりと……。
 引き続き修行を重ねたい所ですが、そろそろ本業?のSSの方が疎かになって来ましたし、自作ソフトの方ももうちょっとで完成の段階で止まっているので、しばらくはその辺りに力を注ぎたいと思います。
 まぁ、そんな事をいいつつも、「次は○○」と決めてやるよりも、その時その時に興味が向いているものをやるのが一番だとは思いますので、今年は今後もいろいろと気の向いたことに挑戦して、成長できたらいいなぁと思います。


 余談ですが、(開始した時期はそれぞれ違いますが)同じように絵の修行をされている知り合いが二人ほどいるのですが、ちょうどお二人とも、今日の更新で画像をUPされているのですよ。
 それを見て、
 片方の方の「入 れ て ね」の素晴らしさに。
 そして、もうお一方のデッサンの上手さに(日記の内容的にネチョ画像が来ると期待してページを開いたらこの有様だよ!! …いや、女性の裸体ではあるのですが)。
 まだまだ自分も修行が足りないなぁと感じさせられました。
 今回の早苗さんのイラストを描いている際にも、いろいろと課題として思い浮かんだ事が多々ありますので、今後に生かして行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土曜日)

持たぬものにはわからんだろう

 武豊騎手が「腕の痛み」で乗り変わりなのですね。

 紆余曲折はともかく、こうした結果になった以上、一定の批判は避けられないでしょう(何気に復帰後の重賞は全て人気以下の着順ですし)。
 というよりも、むしろ何故「早期に復帰したのか」の方が個人的には気になっています。別に年末~1月位まで休養していても大きな批判を受ける事も「干される」(というより有力馬が他に行く)事もそれほど無かったと思われるのですが……。
 いろいろ憶測自体はできますが、やはり続報待ちかなぁ。
 何はともあれ、まずは(完全に治して)早期に復帰して欲しいですね。

 それにしても、普段は気にも留めていませんでしたが、武騎手も今年で40ですし(それを言うなら安藤騎手/49歳等もありますが)、今後の展開によっては今年はリーディングの座が他の騎手に移る事もあるのかもしれませんね。


■週末のこちゃ(QMA日記)

 2次予選、3次予選、決勝進出がバランス良く出る……という感じで、良くも悪くもミノタウロス組に定着して来ました。「引き」次第で、近々フェニックス組には上がれると思いますが、この状態で上のクラスで通用するかは疑問です。

 どうやら、私の素の「クイズの」能力は、フェニックス組の中下位(実際上がってみないと判りませんが)~ミノタウロス組中上位という辺りの様です。
 ここで限界…というわけでは無く、今後続けていけば「ゲームとしての」上達…要するに、一度見た問題を覚える事でのプラス分が出てくる(というより、現在は後発の分、この面で大きく遅れを取っている)と思いますので、その上積みでどこまで行けるかという所ですね。

 まあ、とは言っても、ゲーム自体があと1~2ヶ月で無くなってしまう事ですし、そんなに根を入れずにまったりと楽しみたいと思います。俺、「6」が出たら本気を出すんだ……。

 とりあえず今後は、明日から始まる検定のうち、江戸時代検定と国語力検定が面白そうなので取っておきたいですし、来週末からの全国大会でどこまで通用するか試してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今宮戎神社に行って来ました

 (もう昨日の話になりますが)本日から「十日戎」(宵宮)と言うことで、今宮戎神社に参拝に行って来ました。
 毎年この時期は難波近辺まで夜店が並んだりと、とても賑わっていて楽しいですね。

 昨年の諏訪旅行をきっかけに御朱印集めに目覚めたので、今回参拝時にいただこうかと思っていたのですが、さすがにこの時期はそれどころでは無い様で、どこで受け付けているのか判らずじまいでした。祭りの期間外に社務所に行けばいいのかな?
 この今宮戎神社、その名前の通り恵美須町(日本橋)からほど近いわけですが、その割に十日戎以外の時期には行った事がなかったりします。御朱印も回収したい事ですし、この機会に?また日を改めて「平時の今宮戎神社」に行ってみようと思いました。

>今週の桔梗屋出走馬[H21:3-5]
 今週は3鞍。アルボーレ兄妹とヘラクレスが出走します。
 スイーティーとヘラクレスは共に(中央は)久しぶりなので期待と不安が半々と言った所。アルボーレは今回結構チャンスなので楽しみです。

■土曜中京3R 4上500万下(D1700牝)シルクスイーティー号出走 11:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200907010103

 スイーティーが土曜の中京に出走します。地方交流戦にも登録していたのですが、補欠のためこちらに回ってきました。
 最近地方交流戦ばかり走っており、中央では未勝利時代に3回…しかも全て2桁着順だったので、今回中央で通用するかがまずは大きな鍵となります。当時とは違い、交流戦ながら500万下で4着に入っていますし、地力は強化されていると思うのですが…。
 手頃な頭数の牝馬限定ですし、得意な川崎競馬場に近い小回り左回りなので、適性で何とか少しでも上位に入って貰いたいです。

■日曜中京6R 4上500万下(D1700)シルクヘラクレス号出走 12:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200907010206

 ヘラクレスが日曜の中京で復帰します。去年4月以来となります。
 復帰前は、7番人気での逃げ切りで500万下を制し、次走で1000万下に挑戦するも惨敗という内容でした。
 今回は降級初戦で、対戦相手の面々も比較的低めのレベルではあるのですが、長期休養明けでどこまで力が出せるのかが鍵ですね。いきなり勝ち負けになることも期待できますが、力を出し切れない事も考えられます。まずは今回は無事に回ってきて貰って、今後に繋いで貰いたいと思います。


■日曜京都10R 大和S(D1200)シルクアルボーレ号出走 15:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200908010410

 アルボーレが日曜京都の準メインに出走します。
 ここ3走で3-3-4着とかなりいい所まで来ているのですが、差しの脚質もあってなかなか勝ちきれない競馬が続いています。今回は1200m戦となりますが、過去に実績もあり問題は無いと思います。今回こその期待が掛かります。
 対戦相手ですが、おそらくアルボーレは実績最上位です。しかし、前走で掲示板の馬が4頭いますし、紙一重の差で続いている馬が多いです。展開一つで結果も様変わりしそうですし、何とかアルボーレに向いた流れになって貰いたいですね。有力馬には先行馬が多い(でも逃げ馬ではない感じ…)ので、前崩れになれば言うこと無いのですが…。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・ドラグーン、ギャロップが脚部不安で放牧orz
・メルヴェイユ、プラチナムがゲート試験合格。
・ストレングスが帰厩予定。

 今週はドラグーンとギャロップの脚部不安→放牧が非常に痛いです。どちらもこれから頑張ってくれると楽しみにしていたのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木曜日)

1月8日のこちゃ(QMA日記)

 ミノタウロス組にて3回プレイ。

 このクラスから対戦相手が全員?人間に。何か対戦相手が黄金賢者とか大賢者とか大魔道士とか、ものすごそうな肩書きの方ばかりで、こんな中で一人だけ見習魔術士とかの称号で混じって良いのか不安になりました(笑)

 初回、いきなり苦手分野に当たって2回戦落ちを味わうも、その後は決勝進出→3回戦とそれなりの結果に。とりあえずはクラスに定着はできそうです。
 調べてみると、過去3回の平均順位が切り捨てで4位以上で昇格するらしいので、次回プレイでフェニックス組に昇格する可能性もあるわけですが、今回やってみた感触では、逆に降格する危険の方が怖いですね。対戦相手が全員人間になりましたし、苦手ジャンルに当たって1~2回戦落ちが続いて…というのは十分ありそうです。
 まだ引っかけ問題に釣られたり、初めて見る回答方式に混乱したり…と無駄がある感じなので、そのあたりが解消できればもう少し上を目指せそうかな、というところです。

 引き続き競馬検定もやってみました。
 やはり過去の最高得点によって難易度(得点)が違うようで、今回は普通にA判定で、S判定に僅かに届かず……というところまで行けました。この分なら次回はS判定が取れそうなので頑張りたいです。


 段位の方は確か毎回2ランクずつ程度上がっていたので、初級魔術士6~7段くらいでしょうか。
 こちらの方は、来週開始の全国大会では3倍経験値が貰えるらしいので、その時に一気に伸ばす方向で行きたいと思います。まったりやっていれば自然に上がるとは思いますが、「6」の稼働までにできれば賢者までは行きたいなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水曜日)

今日のこちゃ(QMA日記)

 昨日に引き続き、4回程やってきました。

 組:初回でガーゴイル組に昇格→4回目終了時にミノタウロス組に昇格
 階級:初回で見習魔術士に昇格→4回目終了時にカンスト、次回初級魔術士に昇格予定

 …今のところは楽勝ですが、いろいろ調べてみるとこの辺りからそろそろ「壁」が見えてきそうな感じですね。ここからは出題ジャンル次第では早期敗退とかも出てきそう…


 その後、競馬検定にも挑戦してみましたが、結果はB判定。
 ほとんど正解したはずなのに?と思って調べてみたら、過去からの最高点によって難易度(≒到達可能得点)が変わるのですね。またもう一度やってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火曜日)

QMA始めました

 ふと見かけたプレイ動画が面白そうだったので、発作的にQMA5を始めてみました。
 ゲームセンターそのものに入るのも久しぶりだったので、いろいろ様変わりしていてびっくりしました。ゲームをやる前にまずはカードを買わないといけないとは…。

 とりあえず、選択キャラはシャロン、キャラ名は「コチャ」でプレイ開始。こちゃ~。

 引っかけ問題に何回か騙されつつも概ね順調に進み、とりあえず何回かプレイした結果、次回のプレイでガーゴイル組昇格/修練生卒業という所まで進みました。

 いや、なかなか楽しいですね。ゲーム自体の雰囲気もいい感じですし、1コインで結構な時間お手軽に楽しめるのも良いです。
 通勤経路や家の近くにも筐体が置いている店があるので、とりあえずは壁に当たるまでは時々通って、まったりとランクを上げていきたいと思います。


 それにしてもシャロン可愛いっすね、シャロン。
 声といい仕草といい、胸の微妙度といい(笑)非常に好みです。頑張って共に賢者まで上り詰めたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日曜日)

正月休みも終わりか…

 うーん、いろいろとやりたい事があったのですが、予定の半分程しかできなかった…orz
 大掃除→本の整理→読書という流れになったのが最大の原因ですが(笑)


 平成21年の我が桔梗屋出資馬軍団は、シルクメビウスの直線(というより3コーナー辺りから)ドン詰まりという、いきなりの躓きからスタートしました。これで一年間大丈夫なんでしょうか……。
 いや、これは多分次走勝利フラグなんだ! …たぶん。

■ミルクが採れた初日の競馬

 中山金杯ですが、元日の日記でアドマイヤ軍団を取り上げた事ですし、押さえておこう…とアドマイヤフジを馬券に含めて置いたおかげで当てる事ができました。まぁ、手を広げて買っていたので収支はトントンですが…。
 どうやら元旦の日記がフラグになっている…というか、本当にお守りの効果が出ている感じがしますし、明日の京都金杯もアドマイヤ2頭を買い目に入れておこうと思います。ヴィクトリーも奥さんの馬ですし、アドマイヤさんは何気に3頭出しだなぁ。

 その他の馬券は、京都11~12Rが当たったのでまずまずの結果に。アップドラフトの複勝はもっと付くと思っていたのに…。
 京都12Rは、丑年なのでミルクトーレルを軸にしたのがズバリ的中しました(笑) この馬、ドラグーンの妹と言うこともあって前々から応援していましたが、今年も活躍してくれそうですね。このクラスは卒業できそうですし、兄妹対決もあるかもしれません。まもなく復帰するドラグーンにも頑張って貰いたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土曜日)

卵かけご飯のおあずけと今年の初出走

 タマゴカケゴハン号がデビューする日曜中山3Rを楽しみにしていたのですが、出走取り消し(球節炎らしい)になってました…orz
 折角日記のタイトルにしたのに、ご覧の有様だよ!!

>今週の桔梗屋出走馬[H21:1-2]
 年も改まり、我が桔梗屋の出資馬たちも新たな戦いが始まります。昨年は後半がやや失速気味でしたが、今年は勝利を先延ばししていた?部分もしっかり回収して貰って、目標を上回る活躍を期待したいです。
 今週は日曜に2鞍。昨年後半に活躍してくれたメビウスとパスワードが出走します。ここで好成績を挙げて貰い、勢いをつけて貰いたい所です。
 特にメビウスの方は、シルク馬全体でも今年初出走となりますし、頑張って貰いたいですね。


■日曜京都3R 3歳500万下(D1400)シルクメビウス号出走 11:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200908010103

 今年の初出走はメビウスが出走する日曜3Rです。
 前走は圧倒的人気馬を直線で撃破し、好タイムでの差し切り勝ち。今後に高い期待を持たせてくれる勝ち方でした。今回は昇級初戦となりますが、前走並の時計で走ってくれれば十分勝ち負けできるだけに、期待も高まります。

 出てくれば一番の強敵になると思われたケイアイテンジンが何故か出走しておらず、ここは大きなチャンスとなります。とはいえ、怖い馬も結構います。ポインセチア賞掲示板組の2頭、そして前走GIに出走し、楽勝したダートに戻るフキラウソング。更には2走前2着だった時の勝ち馬であるユーセイヤマトオー。後は初ダート馬が「化けた」場合が怖いですね。
 とはいえ、前走だけ走ってくれれば掲示板以上も行けるのではないでしょうか。
 調教時計がいまいちで、中一週の影響も気になりますが、前走勝ったときもそれほど時計が良かったわけでも無いので、多分大丈夫だと思われます。
 勿論勝ってくれれば言うことはないのですが、昇級初戦ですし、まずはクラスに目処をつける競馬を見せて貰いたいですね。

■日曜京都9R 4上1000万下(D1400)シルクパスワード号出走 14:35
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200908010109

 パスワードが京都9Rに出走します。
 前走は上位進出の期待が掛かりましたが、結果は6着。今年から1000万下でも「5着以内出走優先」制度が出来たので除外の心配もありましたが、無事に出走できる事になりました。
 前走はちょっと窮屈になった面もあったので今回スムーズに走る事ができれば前進が期待されますが、メンバーが強化されているのでどうかな…というところでしょうか。前走このクラスで掲示板に載っている馬が4頭いるので、今回は(次走に確実に出走するためにも)掲示板確保が課題になると思います。その他の馬も簡単に「切れる」馬があまりいないので、前走よりも厳しい戦いになると思います。
 この条件(京都D1400)では、前回走った去年5月では10番人気で4着と健闘しています。今回も人気以上の走りを期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金曜日)

お正月には餅ではなく卵かけ御飯がお薦め

 今年初勝負、ばんえい競馬の帯広記念で馬単万馬券を取りました!
 ニシキライジン(人気薄で2着)良くやった!
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_nar&id=c200965010210

 しかし熱いレースを見せて貰いました。この勢いをJRAのレースにも繋げたいところです。

■今週の注目馬等
 正月競馬ということで、モチを応援しようかと思っていたのですが、今週は不出走でした。まあ、先週に出走したからなぁ……。
 代わりに、今週は日曜中山3Rでデビューするこの馬↓を応援して、美味しい思いをしたいと思います。

 それにしても、馬主さんはこの馬に何を願ってこんな名前を付けたんだろう…。サンツェッペリンとかのまともな?名前の馬も持っている方なのですが。
 http://db.netkeiba.com/horse/2006106165/

 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200906010103

■今週の桔梗屋出走馬決定
 日曜京都3Rにメビウスが、9Rにパスワードが出走決定。共に抽選を突破してくれたみたいです。
 詳細は明日の出走情報で触れますが、特にメビウスの方は、出てきたら怖いと思っていたケイアイテンジンが何故か出走しておらず、かなり上位進出の目が高そうで楽しみです。ポインセチア賞組とフキラウソングや初ダート馬が「化けた」場合が怖いですが、前走だけ走ってくれれば掲示板以上もいけるのではないでしょうか。

 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200908010103

■別館のデータ更新と気になるデータについて

 今日は、別館「ききょうステークス」の各種データを年明けに合わせていろいろ更新しました。
 サボっていた重賞結果の更新を始め、トップページに記載の出資馬の年齢を増やしたり……ですが、この時期のメインとなるのは、シルク出資検討コーナーで重要な判断材料の一つにしている「最近数年の調教師の成績」欄に去年の結果を反映させる事です。

 http://homepage1.nifty.com/september/silkH20.htm

 うちでは、出資馬選定検討のポイント基準の一つに「過去2年の厩舎連対率」を使っている関係で、この時に「平成20年の連対率」を調査して、評価値を「平成18年/19年データ」→「平成19年/20年」データに変更する作業を毎年この時期に行っているのです。
 各厩舎のデータを調べてこつこつとデータを更新……去年の結果次第で(自分の)評価が上がったり下がったりするのを見ていろいろ思ったりする訳ですが……。調べていて今年の変動で特に顕著に感じたのが、「山内厩舎の成績の下降が激しい」事です。

 過去5年の連対率を書いていくと、平成15年から、187→183→245→204と来ていたのですが、昨年はいきなり129まで下がっています。これはデビュー初年を除く平成2年以降、最低の数値です。これまで一番悪い年でも161あった事を考えると、異例の事態です。
 言うまでもなく山内厩舎と言えば、シルクでは目玉になる厩舎の一つのわけですが、他の(特に関西の)厩舎のデータと見比べていただければ判りますが、正直去年の成績は「並以下」に近い水準です。
 勝ち星についても去年は17勝で、こちらもデビュー2年目以降最低値です。大丈夫でしょうか……。

 山内厩舎は一昨年後半に特定の馬主の馬が大挙として転厩する出来事がありました。ダンツ、ロード、チアズの馬辺りですね(その後もこれらの馬主の馬が入厩している事もあるので、完全に「切れた」訳でもないのが謎です)。
 そうした中で一番象徴的で、後から考えると痛かったのが深見氏の馬。中でも一度は山内厩舎に入厩→いつでもデビュー可能な段階まで仕上げた時点で転厩となった「ディープスカイ」号で、この馬のその後の活躍は皆さんご存じの通りです。
 今回の急激な成績低下は、やはりこうした出来事が大きな影響を及ぼしているという事になると思います。

 去年があくまで異常値と捉える事もできますが、シルクとも縁が深い(というか、私自身も出資馬がいますし)厩舎ですし、この不調から早期に立ち直って貰いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木曜日)

今年の目標とか初詣とかアニソン三昧とか

 新年早々に更新した日記でしたが、改めて読み返すと、書き方が微妙に宗教っぽいですね(汗) ……まあ、Blog名も「守矢神社記帳所」ですし、これはこれで良しという事で。八坂様や早苗さんが言っていると脳内変換するんだ(笑)

 何はともあれ、
・創作活動(特に自分が好きな東方や守矢一家)
・馬関係(馬券、一口馬主)
・その他、公私全般

 ……について、私にとっても皆さんにとっても良い年になれば。そして、そうした事に、私自身が少しでもプラス方面で関わる事ができたらいいな、と思います。

■今年の目標

 今年の具体的な目標ですが、
・年内に同人誌発行
・その他もSSとか絵とか自作ソフトとか頑張る
・年間90戦8勝 重賞一桁着順(競馬)

 競馬の方は以前に書いたの詳細は省略として、やはり同人誌作成が大きな目標になるでしょうか。
 具体的には、11月の?紅楼夢に守矢一家の文庫(SS)本を出す形で動きたいと思っています。
 SSを書く自体は問題ないのですが、同人誌の「本」を作るノウハウが全くないので、いろいろ勉強しながら11月を目指していきたいと思います。

■初詣に行って来ました
 うちの一家は毎年、お墓の場所との関係もあり、箕面の「勝尾寺」に初詣に行ってます。

 http://www.katsuo-ji-temple.or.jp/

 今年も雪が降って寒い中、参拝してきました。

Sany9175

Sany9187
 この勝尾寺、大阪の方ならご存じの方も多いと思いますが、「勝運の寺」として知られているお寺で、毎年多くの参拝者で賑わっています。勝運のお寺ということで、受験生から病気平癒、選挙等あらゆる分野で「勝つ」事を願う参拝者が訪れます。
(去年と同じなので、去年の元日の日記をコピペして使えるのが嬉しいところです)

 お寺には「勝運を求める著名人や企業等」が奉納したリストが掲示されていたり、奉納されたお酒の樽が置かれており、それを眺めるのも毎年の風物詩になっています。
 そしてその中に……今年もありましたよ!

 「アドマイヤ軍団 近藤利一」
Sany9180

 いつもお酒の奉納、ありがとうございます、近藤さん。今年もアドマイヤ軍団が活躍する様に祈ってます。
 どうか、アドマイヤの馬がこれからも活躍しますように。(特に馬券を買った時に)重賞でも上位に入れます様に。有馬記念みたいな感じのはいいです(笑)
(アドマイヤの馬をよく見ると、頭絡の左耳の辺りにこのお寺のお守り…青地に金の「勝」お守りを付けて走っています。興味のある方は注意して見てみて下さい)

 この「奉納されたお酒」ですが、数年前までは参拝者に振る舞われていたのですが、飲酒運転への対策もあって、最近は中止されています。(運転しない私にとっては)毎年の初詣の楽しみだったのに……。でも、基本的に車で来ることが基本な場所になるので、仕方のない事なのかもしれません。

■「今日は一日アニソン三昧」が面白かった件

 大晦日ですが、紅白やその他の特番は(付き合い程度しか見ず)もっぱらNHKFMで「今日は一日アニソン三昧」というラジオ番組を聞いていました。

 http://www.nhk.or.jp/zanmai/archive/081231.html

 この番組、タイトル通り、朝9時~翌日(つまり年を越します)の0時30分までひたすらアニメソングを流すという番組です。

 NHKの番組だからNHKでやったアニメしか流れない……という事は全く無く、番組の最初に掛かった曲は「ストライクウィッチーズ」の主題歌。その後もアニメや(アニメ化された)ゲームの曲が次々と掛かりました。
 その後も続く神選曲。午後6時台には「真赤な誓い」→「創聖のアクエリオン」が不意打ちで流れて実況は大混乱。その後も「鳥の詩」が(三年連続で)掛かり、しかも歌っているLiaさんが生出演。11時半過ぎには紅白がクライマックスを迎えている裏でいきなり「子作りしましょ♪」と予告無しに流れたり…とNHKの本気を垣間見せる内容でした。というか、これって本当にNHKですよね?
(それにしても、掲示板実況で「恥ずかしくないもん!」とか「はいてない」とか「NHK(日本はいてない協会)」とか連呼されていたので調べてみたら……本当にみんな「はいてない」んですね、この作品……)

 特に年を越してからの選曲が秀逸で、新年早々、エヴァ→絶望先生→誰がために(009年だから?)と続き、締めは「だんご大家族」という怒濤の展開で多いに楽しめました。……新年最初がこれでいいのかというのはともかく。009年は早々から残酷で絶望な死の荒野で弔いの鐘がよく似合う人生なのですね(笑)

 この番組(一応は)今回で最終回らしいのですが、できれば、毎年大晦日のイベントとして定着して貰いたいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守矢神社に初詣

 あけましておめでとうございます。
 今年も、早苗さんと、八坂様と、諏訪子様にとって……そして、守矢一家の信者の皆様にとって、いい一年となります様に。

 早苗さんと、八坂様と、諏訪子様が更に好きになれるような、素敵な作品に沢山巡り会えます様に。
(願わくば、私の筆でそうした作品を一つでも生み出せますように)


 そして、皆さんの馬券と、一口馬主運が向上します様に。
 皆さんが好きな馬が、活躍します様に。


 創作活動やその他、全ての事柄について、努力しただけ報われますように。


 ここに来て下さった皆さんにとって、今年も、健やかで幸せに過ごせる一年である事を願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »