« 早苗さんと自機の装備について考える | トップページ | 2歳馬の馬名決定/桔梗屋新馬紹介:サリール »

2009年2月28日 (土曜日)

メビウスと馬券道場と白い逃亡者(競馬等日記)

 一日遅れになりますが、あきのさんにmixiの紹介文を書いていただきました。ありがとうございます! お陰様でプロフィールも大分賑やかになってきました。

 さて、紹介文通りメビウスは現時点では我が桔梗屋3歳勢を代表する孝行馬なわけですが(というか、まだメビウスしか勝ち上がっていない…)、これからも孝行馬であり続けるかどうかは、言うまでもなく今後の活躍に掛かっています。
 兄のコスモサレオスは去年の今頃、メビウスとほぼ同じ経過で2勝したものの、復帰戦の端午S以降奮わず、その後伸び悩んでいる経過があります。現在放牧中のメビウスも復帰戦は(兵庫CSに選出されなければ)端午Sなので、余計に気になる所です。
 父がステイゴールドに変わった分、血統的にはより晩成っぽい気もする(コスモサレオスの父はマイネルラヴ)ので、大丈夫だとは思うのですが……。

 そして、もう一つ重要なのが相手関係です。復帰後には(とりあえず初戦は確実に)世代の上位クラスと当たるわけですが、ここ最近でライバルになりうる馬たちにいろいろと動きがありました。
・勝ち上がったレースの2着馬、ジョーカプチーノが小倉の萌黄賞で快勝。
・昨年の全日本2歳優駿勝ち馬のスーニがアーリントンCで12着惨敗。
・同レースで、ダート2戦2勝でここに挑んだケイアイテンジンも9着敗退。

 とりあえず今日の結果で、スーニはダート路線に戻ってくる可能性が高そうですね。メビウスの当面の焦点として「兵庫CSに選出されるか」があるのですが、これで枠が一つ埋まった感じですね。今年はダート上位馬が芝に転向したりドバイに行ったりが多かったので、2勝馬でも出られるかなと思ったのですが、厳しそうな情勢になってきました。

■馬券が妙に調子がいい件について
 今日の土曜競馬で、多分「馬券道場」を始めてから初となる「5レースとも的中」を達成しました。

阪神8:アドマイヤミスティ 3着 複110
阪神9:ウィズディクタット 1着 複220
阪神10:ケンブリッジレーザ 3着 複720
阪神11:ミッキーパンプキン 3着 複220
阪神12:フミノパシフィック 2着 複430

 開催初日にしてかなり貯金が出来ました。この勢いがどこまで続くか判りませんが、今回の貯金を生かして今開催では昇段したいところです。

■プラチナムが3着に!
 そして、中山10Rの準OP「韓国馬事会杯」に出走したプラチナムが13番人気ながら3着に逃げ粘りましたよ!
 復帰後2回使ってじわじわと良化していましたし、鞍上が相性の良い大野騎手に戻ったので、芝が向けばひょっとして…と思っていましたが、鮮やかな変わり身を見せてくれました。
 今後も展開に注文はつくでしょうが、準OPでもやっていけそうですね。ここまでの成績の通りムラはありそうですが、展開が嵌ればこれからも穴を開けてくれそうです。もう6歳ですが、休み休み使っているのでまだ16戦しか走っていません。何とかもう一花咲かせて貰って、OPを目指して貰いたいところです。

 それにしても、(アーリントンCが外れた以外は)最近いろいろと調子がいいですね。早苗さんも自機になる程ですし、Blog名を「守矢神社記帳所」にした事で八坂様の御利益のお裾分けが来ているのかも知れません(笑)

|

« 早苗さんと自機の装備について考える | トップページ | 2歳馬の馬名決定/桔梗屋新馬紹介:サリール »

東方」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/44201804

この記事へのトラックバック一覧です: メビウスと馬券道場と白い逃亡者(競馬等日記):

« 早苗さんと自機の装備について考える | トップページ | 2歳馬の馬名決定/桔梗屋新馬紹介:サリール »