« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月24日 (金曜日)

「彅」(なぎ)くらい漢字で書こうよ…

 理由(特に今回は主に電子媒体で表示できる漢字の制限)があるのは判っているのですが、今回の件に限らず、「普通の一般人なら漢字が判っている名称」が平仮名で混ぜ書きされている記事を見ると、馬鹿にされている様で非常に不快ですね。普通に漢字を使ってルビを打てばいいと思うのですが。大体、「彅」を書けるかはともかく、読めない人間なんてほとんどいないでしょうに……。
 読み易さも勿論大事だと思うのですが、「低い知識水準に合わせるために、全体のレベルを落とす」必要は無いと思うのですよ。「活字を日常的に目にする」以上の漢字学習の手段は無いと思うのに、何と勿体ない……。


 ……と愚痴を書きつつも、今日の日記はこの一件とは全く関係のない競馬日記です(笑)


>今週の桔梗屋出走馬[H21-49]
 今週はパサージュの未勝利戦1鞍のみです。
 もう今年50戦近いというのに未だに一勝だけだとは…。何とかならないかなぁ…

■日曜福島5R 3歳未勝利(T1200)シルクパサージュ号出走 11:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200903010605

 パサージュが福島の未勝利戦に出走します。
 過去2戦、17着-15着と大敗続きなので今回も強気にはなれないのですが、今回は比較的適性のありそうな芝の短距離戦に戻ります。デビュー戦では掲示板に載っている条件ですし、何とか巻き返して貰いたいところです。
 対戦相手もかなり楽な組み合わせで、前走掲示板に載った馬が2頭だけという面々です。何とかここでそれなりの着順にきて貰いたいところですが…
(前走2着のフジマサキャプテンは前々走12.7秒差負けから巻き返しているのですよ。こちらも見習いたい?ところです)


>今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・ファンキーブロンドが足の不安再発で経過診察中。屈腱炎再発っぽい…_| ̄|○
・アルボーレが帰厩を目前に骨膜が出て歩様悪化。様子見へ_| ̄|○
・タイムレスが24日に山内厩舎に入厩。2歳馬の入厩、第1号です。
・ストレングスが帰厩。
・ヘラクレスは今週登録も除外。
・ルンバがゲート試験合格。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水曜日)

メビウス、交戦は不許可

 先週は皐月賞でトライアンフマーチを馬券に含める久々の馬券的快挙?があったわけですが、その裏で、IPAT馬券道場で大ポカをやらかしてしまいました。
 最終日、ほとんど8000円(昇段基準)に届き掛けていたので安全策でそこそこの人気馬の複勝にした訳ですが、馬券を買ってから予想以上に人気が出たため倍率が下がり、的中したものの僅か20円(倍率では0.1倍)だけ昇段に届かない事態に…orz
 今週から新期間が始まるので、今回は気を付けて確実に昇段したいものです。
(というより、できれば最終日までもつれ込まずに余裕のあるペースで当てたいところです)

 さて、シルクメビウスが登録していた交流重賞「兵庫CS」のJRA選出馬が発表されたわけですが……。

【出走予定馬:5頭】
・ゴールデンチケット(毎日杯2着/皐月賞11着)
・スーニ(全日本2歳優駿、伏竜S)
・トップオブピーコイ(カンナS)
・ミッキーペトラ(弥生賞2着/皐月賞10着)
・メトロノース(北海道2歳優駿)

【補欠馬:5頭】(以下補欠順位順)
1.ハイローラー(もちの木賞/京成杯5着)
2.ケイアイテンジン(500万下/アーリントンC9着)
3.シルクダンディー(500万下/毎日杯12着)
4.ポルカマズルカ(500万下/伏竜S7着)
5.スマートタイタン(500万下)


 ……まさか補欠にも入っていないとは思いませんでした。

 補欠の5頭は賞金が900万(500万勝ち)なので、何頭か芝からの転戦組で高賞金馬が登録してボーダーが上がった+予想以上に賞金900万の馬が登録してきた事で、900万の馬たちで抽選した結果、抽選洩れになったと考えられます。残念…_| ̄|○

 スーニ等との直接対決を楽しみにしていたのに…。僕のドキドキ(死語)を返してくれ(笑)

□□□□□□□□□□□□□□チラシの裏↓□□□□□□□□□□□□□□□□

 木木木 厩 舎 、 自 重 し ろ

(まあ貴方達ですか。芝からの転戦組3頭が「あの連中」ですよ…)

(とはいえ、現在のルール上当然の権利ではありますし、芝→ダート路線に切り替えるにはベストのタイミングではあるので、何とも言えない…)

□□□□□□□□□□□□□□チラシの裏↑□□□□□□□□□□□□□□□□


 それにしても、前走は500万特別を5馬身千切っているというのに、補欠にすら入れないとは…。前走平場500万クビ差勝利の馬が(補欠に)選出されているので、賞金900万の馬はレース内容は加味されず、純粋に抽選で選ばれていると思われます。

 今回の除外を受けて、次走は来週末の「端午S」に変更する旨が発表されました。気持ちを切り替えて、端午Sでの好走を願って応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日曜日)

東方諏訪旅行記2-9:諏訪大社秋宮と厭い川の翡翠

■第2回東方諏訪旅行:目次
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2008/11/post-93a7.html


 さて、諏訪湖散策を済ませた後は、この旅行の締めという事で諏訪大社の下社…春宮秋宮の二社に参拝します。
 この他にも、前回の旅行で行きそびれた場所として、藤島神社(洩矢神社の対岸にある神社)や博物館等にも行きたかったのですが…このあたりは次回旅行のお楽しみですかね。

■諏訪大社下社秋宮
 そんなわけで、上諏訪→下諏訪まで電車で移動し、秋宮まで歩きます。
 ここは何度来てもいいですね。大鳥居をくぐって石段を上り、神楽殿の大注連縄が見えると、諏訪に来たのだなぁという実感が沸きます。
 何度来ても……というか、そもそも前の晩も来ているわけですが、この場所は大好きです。

01

02

03

04
(写真1~4:諏訪大社下社秋宮)

※この後、春宮の項でも触れますが、この風景は今年の秋以降数年間見られなくなりますので、巡礼をお考えの方はお早めに…。

 参拝とご朱印を忘れずに済ませた後は境内を巡り、秋宮の風景を堪能します。
 御柱の横には、前回の旅行よりも格段に数を増している東方系の絵馬たち。散策する私に、絵馬も「ゆっくりしていってね!!」と言ってくれています。
(実際にそういう絵馬が掛かっているのですが…写真のうぷは自粛で…)

 その言葉に甘えて?ゆっくりと境内を巡り、神楽殿や本殿、御柱そして秋宮という場所の雰囲気そのものを楽しみながら散策します。
 勿論「境内の雰囲気」には、その場所に居る人々…神職の方は勿論、地元や各地からの参拝者の方も含まれます。眺めていると、参拝者の方が次々とやって来るのですが、半分位は神楽殿にお参りしただけで満足して帰ってしまいますし、残りも奥の本殿や御柱を少し見て帰る人が多いですね。神楽殿の大注連縄の印象が強いせいか、神楽殿が本体だと思っている方が多い(というかほとんど)の様です。また、この諏訪大社に「参拝地」では無く「観光地」として来ている方も多い様で、派手な?神楽殿や御柱を見て満足してしまう人が多い様です。
 勿論神楽殿や御柱もすばらしいのですが、境内の雰囲気そのもの……そうした全てが秋宮(そして諏訪大社)の魅力なのに、全部を味あわずに戻ってしまうのは、何というか「勿体無い」なぁと個人的には思います。特に春宮などでは、神社本体の参拝はそこそこに、近くの「万治の石仏」に行ってしまう方が多かったり…。良くも悪くも観光地化してしまっているのかなと感じます。
 私も時間的に余裕が無い中数を回っているので偉そうに言えた義理では全くないのですが(笑)、その名所の魅力や雰囲気を楽しむのではなく、「その名所に行くことそのもの(その名所に行く事だけ)」を目的にしている(というより、結果的にそうなっている)方が増えている様に感じました。
 本当に旅行を楽しめたかは、その場所を十分満喫できたか、その土地で思い出を作ることができたかだと思うのに、勿体ない……。

 ……偉そうに言っている割に、何を言いたいのか自分でも良くわからなくなってきましたが(笑)、ともかく、こうした旅行の際には駆け足では無く、余裕のある時間でその土地(観光地)の雰囲気、魅力をじっくりと味わえる様な行程を組む事が大事だと思いました。
(実際の所、自分も諏訪旅行は駆け足での行程なので、半分以上自己反省も込めた文章ですが)
 ここを読んで下さっている方には、これから諏訪旅行を計画されている方もおられると思いますが、(東方絡みのものに限っても)回るべき、魅力のある名所は本当に多く、そして各所に散らばっているので限られた時間の中で全てを訪問するのは本当に大変です。
 正直言って、学生さんが数泊滞在するとかでない限り、一度の旅で全部の場所を(十分堪能できる形で)巡るのは無理です。改めて、二回以上来る事を前提に、最初の旅行は「とりあえず一通り見て回る」か、訪問箇所を絞った方がいいかと思います。

■源符「厭い川の翡翠」

 さて、神社仏閣にお参りした際の定番イベントとして「おみくじを引く」があります。
 このおみくじ、勿論諏訪大社にもあるわけですが、諏訪大社のおみくじは、所謂「普通のおみくじ」の他に「翡翠みくじ」があります。ちなみに普通のおみくじが100円なのに対して、翡翠みくじは300円と3倍です。
05
(写真5:参考写真。上社前宮の社務所)

 この翡翠みくじ、袋を開けるとおみくじと共に小さな翡翠が入っています。

06
(写真6:翡翠みくじ)

 この翡翠ですが、諏訪とは結構縁のある石なのです。
 翡翠は姫川の流域から産出される事で知られており、下流域の翡翠が多く産出される地域は現在「糸魚川(いといがわ)市」になっています。
 ここは全国でも(というより世界でも)稀な良質の翡翠の産地で、「玉(ぎょく)」と呼ばれて宝石として扱われており、日本では主に勾玉の材料として使われていました。
 現代でもこの「糸魚川翡翠」は高い価値を持つ品物として知られており、試しに「糸魚川翡翠」でぐぐって見ると、5~6桁の値段の商品がゴロゴロと出てくる超高級品です。
 姫川は安曇野を源流(昔は青木湖が源流という説もあり)として北方面に流れている川で、最終的には新潟県から日本海に繋がっています。
 源流が白馬等の、長野県外の人間にとっては「スキー場が一杯あるところ」として思い浮かぶ場所で、諏訪からは100キロ弱程度離れています。糸魚川市に至ってはほぼ新潟の河口付近なので「諏訪の関係史跡」として挙げるのは少し無理があるかもしれません(少なくとも、諏訪に行ったついでに糸魚川も同日に見る…のはかなり無理そうです)。

 ただ、建御名方神の母(大国主神の妻神)である奴奈川姫がこの地方出身で、建御名方神が諏訪に入る際には姫川を遡るルートを通ったと言われています。古来から諏訪とこの地方とは深い関わりがあった様ですね。
 清流として知られていますが、「暴れ川」として知られており、事ある毎に氾濫する事から「厭い川」(いといがわ)と呼ばれていました。「糸魚川」は、この「厭い川」が語源となっており、「厭い川の翡翠」はここから来ています。

 そんなわけで、普通よりもお高いおみくじではありますが、現地に行かれた際は引いてみるのも一興ではないでしょうか。

■三匹獅子舞
 そんな訳で、のんびりと参拝していた訳ですが、少しすると、いきなり目の前で何かの行事が始まりました。神楽殿の前に「祭」と書かれた半被を来た方々が集まってきて、巫女さんから清めの水を貰っています。
(今更言うことでも無いのですが、巫女さんは赤い袴です)

 更に暫く見ていると、神楽殿の前で獅子舞が始まりました。
 良く「獅子舞」と聞いて思い浮かべる「獅子一体の中に2~3人入って舞う」タイプの物では無く、「一人の獅子×3」で舞うというものでした。神楽殿の前で、祭り囃しに合わせて舞う獅子舞はなかなか良い物でした。
 関係者の方が広げていた幕には「福島県川内村 高田島三匹獅子舞」と書かれていました。

07
(写真7:高田島三匹獅子舞。顔があまりはっきり映ると何なので、少し遠目のアングルで…)

 調べてみるとこの「高田島三匹獅子舞」は福島県の川内村(いわき市の北隣)の伝統芸能(重要無形民俗文化財)で、定期的に舞を奉納に来ている様ですね。
 川内村と言えば、最近のネタとしては「税金滞納者の定額給付金を差し押さえようとした」ニュースで名前が出ましたが、蛙の名所(モリアオガエルの生息地)で、「蛙の詩人」草野心平が愛した土地として知られています。

(高田島三匹獅子舞)
 http://www.kawauchimura.jp/tourism/sisimai.htm

 旅行前に予め神事関係は調べていたのですが、旅行期間内には特に何も予定されていないので残念だな……と思っていたので、ちょっとした嬉しい驚きでした。

■そして春宮へ…
 そんな感じで、秋宮を巡った後は徒歩で春宮へ。
 春宮では、思わぬ出来事があったわけですが、それは次回の日記で書かせていただきたいと思います。

 小町も真っ青のマイペース振りで(笑)連載開始から半年近く経過している諏訪旅行記ですが、次回がいよいよ最終回です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月17日 (金曜日)

未勝利馬三連続突撃(競馬日記)

 今週は皐月賞で盛り上がっていますが、土曜日には障害の国際GI、中山グランドジャンプがありますよ!
 外国から遠征してきたジノラッド、オペラオー産駒GI初勝利に挑むテイエム二騎、地味に父子二代制覇に挑むオープンガーデン(父ゴーカイ)などなど、平地には無い魅力で一杯です。あの大竹柵や大土塁を想像するだけでご飯が何杯でも食べられそうです。どんなレースになるのか楽しみです。

>今週の桔梗屋出走馬[H21:46-48] +α
 今週は未勝利馬の復帰戦×3です。
 ナトゥールは放牧前が全くダメでしたが、帰厩後に成長が見られているっぽいので、変わり身に期待したいところです。
 他2頭は共に新馬戦を使って放牧→今回が復帰初戦となります。共に良化はしているようなので、こちらも変わり身を期待したいですね。


■土曜福島4R 3歳未勝利(T1800)シルクナトゥール号出走 11:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200903010304

 ナトゥールが復帰初戦を迎えます。
 ここまで5戦、全て2桁着順。成績を見る限り正直期待薄なのですが、調教時計も以前よりはかなりマシになっていますし、鞍上に安光騎手を確保するなど期待できそうな要素もあります。
 対戦相手ですが、前走で馬券に絡んだ馬が2頭いるものの、共に人気薄でのもの。他の馬は全て掲示板圏外…というメンバー構成なので、変わり身さえ見せてくれればひょっとして…という期待もあります。頑張って欲しいです。とりあえず贅沢は言わないので、せめて今回は1桁着順あたりを…


■日曜福島3R 3歳未勝利(T1200)サリール号出走 10:40
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200903010403

 サリールが復帰戦を迎えます。
 デビュー戦の前走はマイル戦に出走。直線ではいまいち伸びず1.1秒差11着という結果でした。
 今回は短期放牧を挟んでの復帰戦となりますが、帰厩後の調教時計も結構いいですし、変わり身の余地は十分あると思います。また、前走からは距離が長い感じもありましたので、1200m戦に変わるのもプラスに出るのではないでしょうか。
 対戦相手は、ここ最近3~4着を繰り返しているジャグラーキングが1番手で、後はドングリの背比べといった感じでしょうか。他に前走掲示板の馬がコウギョウサクラ(5着)だけで、それも1.2秒差なので、掲示板あたりなら十分狙えそうに思います。期待したいですね。

■日曜阪神5R 3歳未勝利(T2200)シルクエステート号出走 12:40
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200909020805

 エステートが復帰戦を迎えます。
 2月のデビュー戦は1.7秒差の8着。体質が弱く、満足に調教を積めなかった事を考えれば、まあ、こんなものかな…という結果でした。放牧を挟んで、体質もある程度改善されている様です。今回以降どの程度順調に使えるか、そして調子を上げられるかが鍵となりそうです。
 対戦相手ですが、前走3着の馬が3頭おり、これらの上位争いかと思いますが、共にマイル戦や1800m戦を使ってのものなので、距離適性次第では荒れる可能性もあります。(休養明けのエステートが2200m戦で息が保つかの方がより不安材料ですが)
 勿論今回上位に入ってくれれば言う事ないですが、まずは今回は無事に回って貰って、次走以降に繋いで貰いたいと思います。


・その他に、コチャ号が土曜福島5Rに出走します。メンバー的にはジャックボイスのタダ貰いレースかなぁ。その他出走馬はかなり低レベルですが、本人もここまでサッパリなので、まずは放牧でどの程度成長したかが鍵となりそうです。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・プラチナム、パサージュは今週出走予定も除外。
・パスワード、ユニヴァースが放牧。
・ファンキーブロンドの屈腱炎は順調に回復。関東に転厩の上復帰へ。
・メビウスは予定通り兵庫CSに登録へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月曜日)

兵庫か端午か…/スイーティー出走

 メビウスの次走と目される兵庫CS(選出されれば)/端午S(兵庫CSに選出されなければ)ですが、伏竜Sのスーニ(次走兵庫CS予定)の勝ち方が強烈だった事もあり、有力馬が軒並みスーニを避けて端午Sの方に行くみたいですね。この調子なら、メビウスは普通に兵庫CSに選出される様な感じがします。
 多分来週月曜あたりに発表の筈なので、楽しみです。

>明日の桔梗屋出走馬[H21-45]
 明日の川崎交流戦にスイーティーが出走します。
 発走時間が妙に遅いと思ったら、もうナイター競馬が始まっている(というか、3月中頃からやっている)のですね。

■火曜川崎9R エイプリルS賞(D1600)シルクスイーティー号出走 20:15
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_nar&id=n200945041409

 スイーティーが川崎の交流戦に出走します。
 ここ三戦ほどは中央でのレースでしたが、8着13着14着と全く振るわない結果続きでした。やはり勝ち上がったのが地方交流戦、しかも人気薄だった事もあり、もう一皮剥けないとこのクラスでは通用しにくそうです。
 その意味では今回もどうか…という感じなのですが、今回は得意の川崎交流戦でのレースとなります。川崎では12番人気で勝ち上がったレースを皮切りに、ここまで3戦、全て人気以上の着順に来ています。今回も人気薄となりそうですが、あっと言わせて貰いたいところです。
 対戦相手ですが、中央勢はJRAの500万で好走している馬はいないですし、地方勢も不安定な成績の馬が多いです。川崎適性と調子次第では、十分上位進出の芽はあると思います。頑張って貰いたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日曜日)

桜吹雪と風祝樹(園芸日記)

 一月ほど前の話になるのですが、家の近くに市営の貸し農園があるので応募していたのですが、あえなく落選してしまいました。何でも、ものすごい倍率だそうで…。小さくても畑を持って、本格的に農園でいろいろ栽培してみたいのですが、道は遠そうです。

 そんな感じで、春ですよー、ということで、久々の園芸日記です。

■桜吹雪とプランター

 桜の時期もそろそろ終わりに近づいて、我が家の桜も桜吹雪が舞い散り、緑の方が目立つ様になってきました。
 今日は桜吹雪で「春の雪野原」となった庭を勿体ないな…と思いながら(でも週末にしかできないので今やらないと一週間放置状態になる)掃き掃除。
 掃き集めた花びらは、こんな感じ(写真)でプランターに入れます。写真は途中の物ですが、最終的には土が桜の花びらでトッピングされて、一面真っ白な状態になります。
Sany0244

 このプランターに掛けられた桜の花びらですが、勿論「トッピング桜」を作るためにある訳ではなく、この後、土に鍬き混んで、肥料となります。桜の花びらが肥料として有効なのかは判りませんが、秋の落ち葉と共に、すっかり季節の風物詩になっています。この桜が、夏には栽培したゴーヤの、そしてプランター稲の収穫となって還ってくるのです。
 桜が散れば、いよいよ園芸シーズンも本格化します。うちでは、桜が散ったタイミングでゴーヤと稲の種を(発芽のために)水に浸けます。これから楽しみな季節ですね。

 ちなみに今回の桜の花びらはまだ綺麗?なのですが、この次の段階として、桜の花の「萼(がく)」…というか、花の根本部分が落ちてくるのが結構難儀ですね。花びらの様に綺麗じゃないですし、量も同じくらい落ちてきますし、芯?がある分、きちんと掃除しないと排水溝に詰まりますし……。

■冬を越した風祝樹

 冬を越せずに枯らしたら格好悪いので(笑)昨年秋に購入してからこの日記ではスルーしていた風祝樹(ミラクルフルーツ)ですが、無事に春を迎える事ができました。
Sany0241

Sany0242

 写真を見ていただいての通り元気な姿を見せてくれていますし、今年に入ってから何度か実も付けています。

 この風祝樹、実の性質(食べたものの味が変わる)から、洋名の「ミラクルフルーツ」の方が有名ですが、観賞用としてもなかなかいいですね。緑も綺麗ですし、その中で赤い実が映えていい感じです。

 購入時に本体の他に小さな苗も一緒に鉢に付いて生えていまして、そちらも元気に育っています。また暇を見つけて新しい鉢に株分けしたいと思っています。
 赤い実が目に映えますし、枝振りの感じから考えるに、盆栽に仕立ててみても結構行けるのでは、と思っています。とりあえず温かくなってきましたし、今年は自家製の実から発芽させて実生に挑戦してみたいですね。頑張って数を増やしてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金曜日)

大スポの競馬ページが豪華になっていた

 今週からカラー16ページにパワーアップしていますね。
 個人的には、以前の紙質の方が、予想時に赤ペンの「乗り」が良くて見易かった感じがします。
 あと、以前のように一番外側の紙を外すと阪神8~12Rになっている(各競馬場毎に分解できる)構成の方が使いやすかったのですが、元に戻してくれませんかね。まあ、これはたまたま今週がGI開催週なので特別構成になっているだけかもしれませんので、少し様子を見たいと思います。表紙に「競馬ダイスポ 本日の構成」というコーナーがある位だし、レイアウトも考えていてくれる筈!


(「大スポ」の表紙を飾った東方系の記事たち)
 http://www.tokyo-sports.co.jp/1men/s/0117.jpg

 http://www.tokyo-sports.co.jp/1men/s/0047.jpg

>今週の桔梗屋出走馬[H21:43-44]
 もう4月というのに、まだ今年は1勝(42戦)しかできていません。しかし、今週こそは何とかしてくれる筈! 頼むぞ、シルクタテヤマ!


■土曜福島5R 3歳未勝利(T1200)シルクユニヴァース号出走 11:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200903010105

 ユニヴァースが土曜福島5Rに出走します。
 2着2着と来て期待された前走は1番人気に支持されたものの、落鉄が響いて4着という結果でした。今回、改めて勝ち上がりに期待したいと思います。
 三場開催で、しかも福島では芝1200の未勝利が3鞍も組まれている事もあり、今回はかなり相手関係にも恵まれました。初出走やいきなり激変する馬が出る可能性を除けば、相手となるのはケイアイホシノカミとファイナルラップの2頭になりそうです。共に既に対戦していますが、前者は2走前で先着(2着/4着)していますし、後者には先着されています(3着/4着)が、こちらは落鉄の不利があってのものです。順当に行けば、ユニヴァースが最有力と見ていいと思います。
 勝ち上がりの大きなチャンスだけに、何とかここで決めて貰いたいところです。

■日曜福島12R 4上500万下(D1700)シルクヘラクレス号出走 16:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200903010212

 ヘラクレスが日曜福島の最終Rに出走します。
 園田交流戦の前走は単勝1.2倍の1番人気に支持されたのですが、マークした勝ち馬に引っ張られる形で掛かってしまい、最後は伸びずに5着という案外な結果でした。その後は調子も良く更に上向いている様なので、何とか今回巻き返しを期待したいところです。
 今回は前走中央で馬券に絡んだ馬3頭とそこそこのメンバー構成です。このメンバー構成的には、何とか掲示板圏内以上には来て貰いたいところ。いいレースを期待したいと思います。


>今週の桔梗屋出資馬あらすじ
 ここ最近はユニヴァースが惜しい競馬続きで、土曜のレースで初勝利を目指す訳ですが、来週あたりから放牧に出されていた面々を中心に、3歳未勝利勢の復帰ラッシュが続く予定です。何とか1頭でも多く勝ち上がって貰いたい所です。

・ルンバが美浦・大竹厩舎に入厩(栗東・藤原厩舎からの厩舎変更)
・メビウスが帰厩。次走は予定通り端午Sか兵庫CS


 今回の日記で、昨年頭から始まった「守矢神社記帳所」(BLOG)の方は延べ200本目の記事となりました。一年1/4で200本なので、思ったよりもマメに(約2日に1本ペース)書いている感じですね。最近はペースが落ち気味なので、頑張りたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日曜日)

還付金を銀行に振り込みますので(以下略 とアリゾナ

 ……という葉書が届いていました。
 一見、還付金詐欺っぽく見えますが、実はコレ、本当の「還付金振込通知書」だったりします。先月、確定申告を行った分の結果連絡が送られてきたのです。
 私は普通の勤め人なので、毎年の税金関係はいつもは会社がやってくれて、年末調整の紙とかを貰って終わりなのですが、諸般の事情から、今年初めて確定申告をする事になりました。郵送での申告なので少し心配でしたが、一か月ほど掛かったものの無事に還付金を受け取れる様です。
 ちなみに私が受け取れる額は3万3千円程です。お金が増えるよ。やったねたえちゃん!

 ……と、一見、めでたいイベントの様に見えますが、実はそうでは無かったりします。確定申告で帰ってくる…という事でおわかりの通り、このお金は「払いすぎた税金が返ってきた」だけだからです。


 この確定申告を行う事になった「諸般の事情」ですが、要するに一口馬主関係です。
 一口馬主関係の税金の扱いについては過去にもいろいろあったのですが、去年からは一定額を源泉徴収(賞金が一口馬主クラブに入る時点で引かれる)されて、年末に再計算した上で「本当に払うべき額」との精算処理を確定申告で行う仕組に変わったのです。
 で、その額が年間3万3千円…。
 この額が確定申告の精算で帰ってきた……という事は、言い換えると、確定申告をしないと、この額が持って行かれたままになるという事です。給与所得者で普段行わない私にとっては、確定申告というのは結構精神的に負担が掛かる…というか要するに面倒くさい(笑)ので、少額だったら諦めて放っておこうと思っていたのですが、さすがに額が大きいので今回初めての確定申告に踏み切ったという訳です。

 3万3千円という額も大概大きいですが、500口クラブなのを考えると、馬代金に換算すると1650万円相当になります。馬がもう一頭買える額ですね。
 そのあたりを考えると、毎年これだけの額が余分に持って行かれて、しかも確定申告しないと帰ってこないと言うのは非常に大きな事です。馬主クラブ側としても、私の例から言えば1650万円分、購買力を削られている事になります。
 これから毎年この状況が続くと思うとうんざりしそうです。


 これはそもそも、「一口馬主」というのが、文字通りの「馬主の小口分割版」としてではなく、「金融商品(ファンド)」として扱われている為です。実質は勿論「馬主の小口分割版」であるにも関わらず、税法上も「金融商品(ファンド)」として扱うために、こうしたややこしい状態になっている訳です。
 こんな状況では「一口馬主」として競馬界にお金を落としてくれる層が逃げてしまうと思うのですが、一般の馬主層等で、「一口馬主」に否定的な考えを示している人が多いのでなかなか改善は難しそうです。
 一般馬主層から見ると、「一口馬主」は大きな資金を(自分には出来ない分割募集という形で)持って良い馬を押さえてしまう存在なので、権益上対立する存在になるのです。でも、今の馬が売れない時代、そんな事を言っている場合では無いのに……。

 まあ、この手の「一口馬主に否定的な人」の代表格として知られていた誰かさんは誰…に事実上身売りしました(※1)し、向こうも大変なのかもしれません。

http://www.asahi.com/sports/update/1231/HOK200812310005.html


(※1)うまいこと言った。

>以下、おまけの動画紹介

■アリゾナの老人、○○を語る
 いろいろ調べると流行ったのは去年の今頃みたいなのですが、一年遅れで改めて紹介を……。

・涼宮ハルヒの憂鬱
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm3117983


・AIR
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm3130406
・ひぐらしのなく頃に
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm3130745
・キノの旅
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm3789038

・youtube(字幕が無いです)
 http://www.youtube.com/user/GrumpyJiisan

 各ビデオを見ていただいての通りなのですが、要するに、アリゾナの砂漠地帯に住んでいる老人が、いろいろなアニメについて語る…というものです。
 一見、自然科学系の番組に字幕を充てた、「総統閣下シリーズ」みたいな字幕コラ、嘘字幕かと思うのですが、喋っている英語を聞くと、本当にそのアニメについて語っています。そして、その内容も的確…というより異常に詳しいです。何者だよ、この爺さん(笑)

 (本人のHP)
 http://grumpyjiisan.wordpress.com/

 本人のHPを見ると、作品の新旧、有名無名に関係なくものすごい勢いでアニメを鑑賞してはビデオで語っています。
 世界は…本当に広いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金曜日)

白い逃亡者

 次号のREXで星蓮船の体験版が付くらしいですね。
 これでネタバレを恐れて巡回先が少なくなる状態から解放されるお…

■コチャ、QMA6の世界へ

 行きつけのゲームセンターにQMA6が入っていたのでプレイして来ました。優雅に行きますわ。
 以下、簡単な感想↓

・QMA5からの移行により、さなえ(ペットの白蛇)が卵に逆戻り。
・孵化させるためには餌(アイテム)購入が必要なのですが、稼働直後で予習1回仕様なのでなかなか辛い所です。
・サツキ先生、声が暗…落ち着きすぎかなぁ。
・決勝戦のグラフイックの顔が怖いです。
・増加ジャンルが得意(と思っていた)ものばかりだったのですが、予想外に苦戦。
・まだ稼働直後で低いクラスに強敵多+段位が低いので獲得石が少ないので、もう暫くはまったりプレイで様子見かなぁ…。


■今週の注目レース:伏竜S
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200906030409

 ダートのOP戦。
 11頭立てですが、スーニ、メトロノース、ナサニエルと言ったダート重賞活躍馬に加え、残り8頭も全てがダートで500万を勝っている…という超豪華メンバー(新馬/未勝利勝ちでの格上挑戦馬なし)です。そろそろ中央でもこの時期にダートG3くらいを作ってもいいと思うんだ。
 芝から戻ってきたスーニがここで力を見せて59キロを克服し「第二のサクセスブロッケン」となるのかが最大の焦点ですが、出走馬のレベルがかなり高いだけに、新たなる強豪が登場するかもしれません。

 このレースの出走メンバーは、順当に行けば上位馬は次走で兵庫CS、その他は端午Sに駒を進める事になります。
 うちのシルクメビウスも選出されれば兵庫CS、選に漏れた場合は端午Sを復帰戦に予定していますので、メビウスの今後を占う意味でも非常に重要な一戦です。どのようなレースになるのか注目しています。


>今週の桔梗屋出走馬[H21-42]
 今日はプラチナムの1戦のみ。
 しかし、土曜日中山のメインレースに有力馬(の一角)としての堂々の出走です。春の中山の芝を駆ける、白い逃亡者の勇姿にご期待下さい。

■土曜中山11R 船橋S(T1200)シルクプラチナム号出走 15:45
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200906030311

 プラチナムが土曜中山メインに出走します。
 前走は久しぶりとなる芝でのレースでしたが、果敢に逃げを打ってあわやの三着という上々の結果でした。前走の勝ち馬アーバニティは次走で重賞を勝利。いい勝負をしたプラチナムにも引き続いての期待が掛かります。
 今回は前走と同じ中山1200芝。そして、前走「韓国馬事会杯」の2~4着馬が出走して来ており、そのあたりが強敵になりそうです。韓国馬事会杯2着馬のエーシンエフダンズはトリトンSでも3着に入っており、近走安定した成績です。こちらが一番の強敵になりそうです。同4着のファルカタリアも出遅れながらも最速の末脚を繰り出しており、侮れない存在です。
 プラチナム自身ですが、前走以外の着順が悪い(ただしこれは良化途上だからですが)事、ハンデ戦の前走から4キロ増となること(前述の2頭は同斤量、+2キロ)など、ライバルと比較するとやや不利に映ります。また、自身の形である逃げに持ち込む事が好走の条件となりますので、同型のメイビリーヴとのスタート争いが鍵となります。相手は番手に拘らないタイプ+休養明け+中山苦手なので何とかなりそうではありますが…。

 そんな感じで、前走よりも条件は厳しいですが、ここで好走できればいよいよオープンも視野に入ってきます。良いレースを期待したいと思います。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・エステート、サリール、メビウスが帰厩。
・マタドール、アルボーレ、ストレングスが放牧。
・ルンバは美浦の大竹正博師に転厩へ。
・シルク公式の「プラチナム出走情報」で、調教師が(誤植で)前走を見る限りクラ「ブ」の壁も無さそう…と言っていて吹きました。確かに現状のシルクでは社台やラフィアンの様な上位クラブとは壁がありそうですが(笑)もっと頑張って欲しい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »