« 大スポの競馬ページが豪華になっていた | トップページ | 兵庫か端午か…/スイーティー出走 »

2009年4月12日 (日曜日)

桜吹雪と風祝樹(園芸日記)

 一月ほど前の話になるのですが、家の近くに市営の貸し農園があるので応募していたのですが、あえなく落選してしまいました。何でも、ものすごい倍率だそうで…。小さくても畑を持って、本格的に農園でいろいろ栽培してみたいのですが、道は遠そうです。

 そんな感じで、春ですよー、ということで、久々の園芸日記です。

■桜吹雪とプランター

 桜の時期もそろそろ終わりに近づいて、我が家の桜も桜吹雪が舞い散り、緑の方が目立つ様になってきました。
 今日は桜吹雪で「春の雪野原」となった庭を勿体ないな…と思いながら(でも週末にしかできないので今やらないと一週間放置状態になる)掃き掃除。
 掃き集めた花びらは、こんな感じ(写真)でプランターに入れます。写真は途中の物ですが、最終的には土が桜の花びらでトッピングされて、一面真っ白な状態になります。
Sany0244

 このプランターに掛けられた桜の花びらですが、勿論「トッピング桜」を作るためにある訳ではなく、この後、土に鍬き混んで、肥料となります。桜の花びらが肥料として有効なのかは判りませんが、秋の落ち葉と共に、すっかり季節の風物詩になっています。この桜が、夏には栽培したゴーヤの、そしてプランター稲の収穫となって還ってくるのです。
 桜が散れば、いよいよ園芸シーズンも本格化します。うちでは、桜が散ったタイミングでゴーヤと稲の種を(発芽のために)水に浸けます。これから楽しみな季節ですね。

 ちなみに今回の桜の花びらはまだ綺麗?なのですが、この次の段階として、桜の花の「萼(がく)」…というか、花の根本部分が落ちてくるのが結構難儀ですね。花びらの様に綺麗じゃないですし、量も同じくらい落ちてきますし、芯?がある分、きちんと掃除しないと排水溝に詰まりますし……。

■冬を越した風祝樹

 冬を越せずに枯らしたら格好悪いので(笑)昨年秋に購入してからこの日記ではスルーしていた風祝樹(ミラクルフルーツ)ですが、無事に春を迎える事ができました。
Sany0241

Sany0242

 写真を見ていただいての通り元気な姿を見せてくれていますし、今年に入ってから何度か実も付けています。

 この風祝樹、実の性質(食べたものの味が変わる)から、洋名の「ミラクルフルーツ」の方が有名ですが、観賞用としてもなかなかいいですね。緑も綺麗ですし、その中で赤い実が映えていい感じです。

 購入時に本体の他に小さな苗も一緒に鉢に付いて生えていまして、そちらも元気に育っています。また暇を見つけて新しい鉢に株分けしたいと思っています。
 赤い実が目に映えますし、枝振りの感じから考えるに、盆栽に仕立ててみても結構行けるのでは、と思っています。とりあえず温かくなってきましたし、今年は自家製の実から発芽させて実生に挑戦してみたいですね。頑張って数を増やしてみたいです。

|

« 大スポの競馬ページが豪華になっていた | トップページ | 兵庫か端午か…/スイーティー出走 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/44650090

この記事へのトラックバック一覧です: 桜吹雪と風祝樹(園芸日記):

« 大スポの競馬ページが豪華になっていた | トップページ | 兵庫か端午か…/スイーティー出走 »