« 2歳馬デビュー予定! | トップページ | 東方竹取物語考察 3:難題「仏の御石の鉢」 »

2009年6月26日 (金曜日)

メイクデビューと連闘と(競馬日記)

 シルクメビウスが出走予定のジャパンダートダービーの出走メンバーが発表されていますが、自身の出資馬が出る、という事を抜きにしてもかなり面白いメンバーですね。
 完全にメンバーが確定してから改めて日記を書くつもりですが、それにしてもテスタマッタが本当に出走してくるとは思いませんでした。こんな臨戦過程で勝つようなら脱帽するしかないですが、果たして…。
 ともあれ、(ラヴェリータ以外は)世代のトップが揃った、多分芝のダービー以上に面白いレースになりそうです。自身の出資馬がその有力馬に名を連ねている事の幸せを噛みしめつつ、当日を楽しみに待ちたいです。

 後は、明日の「安芸S」にメトロノースが出走するので、世代間の実力を測る意味でも注目しています。カネトシコウショウが除外されてしまったのが残念ですが……。
 メトロノースは端午Sの時には「空気の抜け始めた早熟馬」だと思っていたのですが、ユニコーンSで不利がありながらかなりの末脚で6着に飛び込んで来たのでびっくりしました。早熟と考えたのは勘違いで、短距離ならかなり強いのでは…と思います。今後メビウスが短距離側にシフトした場合は手強いライバルとして再戦する事もあるのではないかと思います。
(個人的には、一番怖いパターンはジョーカプチーノがダート転向してフェブラリーSあたりに出てくることですが)


>今週の桔梗屋出走馬[H21:68-72]
 今週は、デビューの2歳新馬が2鞍。そして残る3鞍は全て連闘…という極端な組み合わせとなりました。
 新馬2頭は昨日の日記で紹介したタイムレスとアーネストの2頭。土曜にデビューするタイムレスが、今年の桔梗屋2歳勢の初陣となります。
 連闘の3頭は、頑丈さが売りのナトゥールはともかく、エステートとリーガルアミューズは「連闘をする様なキャラ」じゃなかったので、少し驚いています。先週の好走から当然期待は高いのですが、反動が出ない事を願いたいものです。


■土曜札幌1R 3歳未勝利(D1700) シルクエステート号出走 10:40
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200901010301

 エステートが土曜の札幌に出走します。
 初ダートの前走では鮮やかな変わり身を見せての4着。走破時計は他の未勝利戦と比べても抜けていますし、手前を変えないままであの走りだった事、出遅れた事なども考えると、順調に使えれば次走で勝ち上がりの大チャンス……なのですが、まさかの連闘での出走となりました。
 ここまで、調教してはスクみ、一度使ってはスクんで短期放牧…を繰り返してきたので、次走までは少し空くだろうと思っていたのでびっくりです。確かに体質は以前より良化している様でしたが、それにしても連闘とは……。

 今回のレースですが、前走の内容が極めて良かった事に加え、対戦メンバーにも恵まれました。善戦続きで前走4着(前走掲示板はエステートとこの馬だけ)のコスモジュゲムとの一騎打ちが予想されますが、持ちタイムからはエステートが有利だと思います。
 問題は、前走がフロックでは無いのか、そして体調に問題なく前走と同じ水準で走れるかだけだと思います。前者については時計の裏付けがあるので大丈夫だと思いますが、連闘の影響が気がかりです。こうして使ってきた以上は大丈夫だと思いますが……。
 心配な面もありますが、勝ち上がる大チャンスです。いいレースを期待したいです。

■土曜札幌4R 2歳新馬(D1000) シルクタイムレス号出走 12:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200901010304

 タイムレスがデビュー戦を迎えます。
 デビュー戦はダート1000m、9頭立て。厩舎サイドでは「普通に回ってくれば勝てる」「距離は芝の長い方がいい」等々、景気のいいコメントが並んでいます。その割にデビュー戦は何故かダート1000mなわけですが、鞍上に藤田騎手を確保してくれましたし、確実に勝ちに来た、と好意的に捉えたいと思います。

 今週の調教時計はテンから飛ばして最後失速した様な感じでやや期待外れでしたが、その前の週の調教は良かったですし、まあ大丈夫ではないかと…。
 調教タイムからはアイシークレットが人気になりそうでしょうか。その他にも新種牡馬としてトーセンダンス産駒やスパイキュール産駒がいるのが興味深いです。
 この面々の中で、どんなデビュー戦を見せてくれるのか。楽しみに待ちたいと思います。

■日曜阪神2R 3歳未勝利(D1800) シルクナトゥール号出走 11:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200909030402

 ナトゥールが連闘で出走します。
 先週は道中~4コーナーまではそれなりにいい感じだったのですが、いざ追ってみると…という感じで11着でした。どうも追ったときの走り方(フォーム)に問題がある様です。
 その分?体質はかなり頑丈な様で、ここ最近はずっと中1~2週で順調に出走を重ねており、今回も連闘して来ました。メンバー的にも決して楽とは言えませんが、ひたすら走り続ける事で何かのきっかけを掴めるかもしれませんので、応援したいと思います。

■日曜阪神4R 2歳新馬(D1200) シルクアーネスト号出走 12:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200909030404

 アーネストがデビュー戦を迎えます。
 早い時期の新馬戦なので、少頭数を期待していたのですが、蓋を開けてみれば16頭立てとなりました。調教内容もそれなりですし、芝と比べて評判になっている馬はいないっぽいので、何とか上位に入って貰いたいものです。
 ダートの短距離戦ということで、スタート直後の挙動(とその前段階として枠順)が鍵を握りそうです。その辺りにも注目したいです。
 育成過程ではかなり評価が高かった馬ですし、ここまで順調に来て早期デビューに漕ぎ着けてくれました。何とかレース本番でもいい走りをして貰いたいと思います。

■日曜阪神6R 3上500万下(T1800牝) リーガルアミューズ号出走 13:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200909030406

 リーガルアミューズが連闘で出走して来ました。
 これまで不振続きでしたが、先週のレースでは直線外から上がり33秒台の末脚で突然の2着。まるで別馬の様で、どうしていきなり好走したのかさっぱり判りません。父アグネスタキオンの訃報に何か思うところがあったのかも知れません(と言っても、前走の時点ではまだ生きてましたが…)。以前から調教自体は結構良かったので、気性的な原因か何かがあって、前走では何か条件が嵌ったのかもしれません(メンコ着用効果っぽい?)。

 今回のレースでは、前走と同様の走りができるのかという事と、連闘の影響がどうかが鍵になると思います。同じく連闘で出走するエステートと同様、何回か使っては放牧を繰り返して来た馬なので……。
 好走した前走と同じ舞台で、しかも牝馬限定戦ではありますが、前走2着馬が2頭(しかもハーリカの方は3戦連続)いますし、降級馬カイゼリンは前走愛知杯で0.6秒差に来ていたりと、決して楽な相手関係ではありません。しかし、その他の馬たちの比較からは、できれば掲示板には来て貰いたいところです。どのようなレースを見せてくれるのか、注目です。

|

« 2歳馬デビュー予定! | トップページ | 東方竹取物語考察 3:難題「仏の御石の鉢」 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/45460894

この記事へのトラックバック一覧です: メイクデビューと連闘と(競馬日記):

« 2歳馬デビュー予定! | トップページ | 東方竹取物語考察 3:難題「仏の御石の鉢」 »