« 東方竹取物語考察 8:難題「蓬莱の玉の枝」後編 | トップページ | 馬券七段に昇段!!と武蔵野S »

2009年10月30日 (金曜日)

金剛力士王拝観の思い出

 あれは忘れもしない平成16年12月19日の事。その日私は、久々に阪神競馬場を訪れていました。
 ここ数年、すっかり「書斎の競馬」が根付いてしまっている出不精の私。そんな私が久々に競馬場にまで赴いたのには訳がありました。
 ひとつは、年末という事もあって、JRAのカレンダー(他のカレンダーと違って基本的にJRA関連施設でしか売っていない)の購入も兼ねていたこと。
 そして、もう一つの理由が……その日の新馬戦で、かなりの評判馬がデビューする事でした。

 新馬戦はほぼお昼頃に発走なのですが、10時早々に到着してカレンダーを買ってしまった私は、(午前中のレースを買いつつも)少々手持ち無沙汰でした。そこで、中庭(この当時はまだ入れました)でまったりと「そのレース」を待つことにしたのです。
 少し早めの昼食をとった私は、その日は12月ながら比較的温かかった事もあって、芝生に転がってのんびりとしていました。
 そして、気がついたときはうとうとと眠り込んでしまったのです。


 夢の中。ふと気がつくと、目の前に人影が立っていました。上半身裸形で、筋骨隆々の姿。それは……
「仁王様!?」
 呼びかけますが、その仁王様は何も言わずにただ立っているばかりです。そして、突きだした手のひらは開いても握ってもおらず……指が三本だけ開いていました。
 そのまま最後まで口を開いてはくれませんでしたが……しかし、何かを強く私に訴えかけている事はわかりました。

 ……目が覚めると、「その新馬戦」の締切まであと5分、という頃でした。
 あの夢は何だったのだろう。そう思いながら出馬表を見ると……出走メンバーの中に、「彼の名前」があったのです。
 その時に、私は悟りました。
 あの夢は、「彼」がデビューする事を知らせに来たのだと。
 このレースは勿論、今後の三冠レースも世代最強馬として制するつもりなのだという事を。
 改めてオッズを見ると、既述の「評判馬」が1倍台の圧倒的な1番人気。「彼」は7~8倍という感じでした。配当としても十分に美味しそうです。単勝馬券を買った時には、ほぼ締め切りギリギリでした。

 中庭の芝生の高いところから、私はそのレースを眺める事にしました。
 ファンファーレ、そしてスタート。

 「彼」は悠々と先頭を走っています。
 3~4コーナー頃まで余裕な感じで先頭を走っており、完全に楽勝ペースでした。
 改めて先程の夢が脳裏をよぎります。
 これは……本当に強いのでは!? 三冠馬のデビュー戦を見ているのでは!?

 そう思った私が直線で見たものは、あっさりと「評判馬」に差されて4馬身突き放される「彼」の姿でした……。

(その時の新馬戦)
 http://db.netkeiba.com/race/200409050605/
(動画)
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm688298


 ……というわけで、三冠馬のデビュー戦を見に行った金剛力士王の引退が発表されました。
(居眠りして馬券を買いそびれかけたのと、「彼」に賭けていたあたりまでは実話です)
 http://jra.jp/news/200910/102903.html

 どうか、彼の地に行っても元気で、一日でも長く生きられます様に……。


 …そんなわけで、前置きが無駄に長くなりましたが、今回も競馬日記です。

>馬券道場
 IPAT馬券道場が今週が期末週(4週目)となります。今のところ昇段可能なペースで来ているので、何とか7段昇段を決めたいものです(先週の菊花賞でスリーロールスを複勝では無くて単勝で買っていれば、その時点で昇段できていたのですが…)。今週は土曜日の京都に「八坂S」がありますが、そのあたりで何とか8000円を突破したいところです。

>気になったニュース
 マイネルが「キングジョージ」勝ち馬Conduitを購入、JC参戦後、日本で種牡馬に。
 http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20091030-560873.html

 露骨に欧州血統なのでどうかと思いますが、日本で活躍しているバレークイーン系と同じ牝系なので、案外成功しそうな感じも……。


>今週の桔梗屋出走馬[H21:114-115]
 今週はストレングスとエステートが、土日それぞれで福島の最終レースを走ります。
 この2頭ですが、共に今回が復帰戦であること、岡田厩舎(と長谷川騎手)であること、そして…帰厩直後で、今週使うのはちょっと早いのでは?という事までが一致しています。
 個人的には岡田厩舎は体調管理が下手…というより無頓着(放牧先任せ)な様に思います。そのために復帰初戦を叩いて上向く筈が、使うのが早すぎたためにそのまま体調を崩してしまうパターンが多い感じがします。今回の2頭、特にエステートの方はじっくり育ててくれればかなり成長が期待できるだけに、何とか今回の復帰戦後も調子が上向いてくれればと思います。

■土曜福島12R 秋元湖特別(T1200)シルクストレングス号出走 16:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200903030312

 ストレングスが土曜福島の最終に出走します。
 初の直千で期待された前走でしたが、さっぱりの結果でした。今回は立て直されての復帰戦となります。
 今回ですが、前述の通り復帰してから使い出すまでが短いのと、輸送が苦手な傾向がある事、後は前走2着馬が3頭もいますし、いきなりはどうかな、と思われます。
 ただ、揉まれにくい大外ですし、調教時計も良かった事から、好走する目もありそうな感じです。何とかいい競馬を。そして今回使った後も次走上積みがある形で使える事を願いたいと思います。


■日曜福島12R 小野川湖特別(D1700)シルクエステート号出走 16:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c200903030412

 エステートが日曜福島の最終に出走します。
 ダートに転じてから素質の片鱗が見え始めたこの馬。2着×3回の後、8月22日の札幌でついに初勝利。その後放牧に出され、今回が復帰初戦となります。
 今回ですが、帰厩したのが20日なので、まだ二週間も経っていない状態で福島に輸送してのレースとなります。この状況でどの程度実力を発揮できるかが鍵となります。
 対戦メンバーは3戦連続で馬券に絡んでいるマッシヴエンペラーが1番手で、前走2着のヤマニンバッスルがそれに続く…という感じですが、その他は未勝利馬も混じっているという面々です。素質面では決して引けを取らないと思いますし、厩舎サイドでは「放牧前よりも調子が良い」と言っています。
 昇級初戦ではありますが、放牧前の水準のレースをしてくれれば、ここでも十分に上位争いが期待できると思います。是非ともいいレースを。そして、次走には更なる上積みを期待したいと思います。

>その他、今週の桔梗屋出走馬
・アーネストが帰厩。
・アルバスは短期放牧予定。
・アルボーレは除外、パスワードは今週自重。

|

« 東方竹取物語考察 8:難題「蓬莱の玉の枝」後編 | トップページ | 馬券七段に昇段!!と武蔵野S »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/46625763

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛力士王拝観の思い出:

« 東方竹取物語考察 8:難題「蓬莱の玉の枝」後編 | トップページ | 馬券七段に昇段!!と武蔵野S »