« 9頭落馬の大事故発生 | トップページ | 重勝式馬券とレモネード »

2010年1月15日 (金曜日)

メビウス&メガリスの近況

 JCD後、放牧中のシルクメビウスですが、一時期疝痛を発症した事による馬体回復の遅れから、フェブラリーSには出走しない事になりました。JRA公式によると、ドバイの各レース(ドバイWC、デューティーフリー、ゴドルフィンマイル)にも登録していますが、多分こちらも出ないと思います(どちらにしてもフェブラリーSで連対でもしないと選出されないと思いますが)。

 残念ですが、まずは馬の状態を最優先に考えて貰って、目処が立った所で復帰して貰いたいと思います。調教自体は再開しているので、春競馬のどこかでは復帰できると思います。復帰後の活躍を楽しみに待ちたいです。

 フェブラリーSに合わせて諏訪まで温泉旅行に出かけるつもりだったのですが、こちらも延期ですね。こちらもメビウスの次走に合わせる形で考えたいですが、「かしわ記念」等は連休&御柱祭と被るのでかなり混みそうですね。帝王賞(6月)あたりまで待とうかなぁ……。

 そして、先週の9頭が落馬した「伝説の新馬戦」に出走したシルクメガリスですが、故障等は無かったものの、リフレッシュのために放牧に出されました。
 結構期待していた(最後まで走っていれば最低でも掲示板は堅かったと思う…)だけに残念ですが、心機一転してなるべく早めに、そして落馬の精神的なショックが無い形で復帰して貰いたいものです。

 それにしても、先日の落馬事故はスポーツ誌の一面に大きく載る等、まさに「伝説の新馬戦」になってしまいました。新聞の扱いの大きさを見ると、既に看板馬のシルクメビウスをある意味「越えた」シルクメガリスですが、できれば、実際の競走馬としての成績でも追いつける様に頑張って貰いたいです。「メビウス」と「メガリス」は語感が似ていて区別が付きにくいですが、できれば競走馬としての成績も「区別が付きにくい」と言われる程に、メガリスには成長して欲しいです。


 ちなみに、うちの出資馬はこの手の「伝説のレース」に居合わせるというか、変な話題になる事が結構多いです。過去にはこんな事もありました……。

>桔梗屋出資馬、過去の歴史的事件?遭遇馬
・シルクボンバイエ
 白面。山内厩舎ながらメンコ免除。NHK朝の連続TV小説「ファイト」に出演。
・シルキーブリーズ
 デビュー戦でGI馬ユートピアと対戦。真っ向勝負の結果、激しいレースでタイムオーバーに追い込む(自分を)。
・シルクロージネス
 デビュー戦でGI馬ウオッカと対戦。この戦いの経験が彼女を後に歴史的名馬に導いた(気もする)。当該レースではウオッカ相手に見所たっぷりだったのに、結局未勝利……。
・シルクアンタイド
 地方移籍後に三連単の史上最高配当を演出(自分が1番人気で飛ぶ事で)
・シルクアルバス
 未勝利戦で落馬しながら1着ゴールイン。一般のTVでも放送される。


 これらの事件簿に名前を連ねる事になったメガリスですが、実は今後、まともな?話題で記録に残る馬になる可能性が残されています。
 それは……「最高馬体重での勝利記録(602キロ)」です。
 現在記録を持っているのが現役の「クリーン」ですが、こちらが同じような時期に560キロ辺りでした。今回のメガリスの馬体重が556キロでしたので、今後の成長次第でこの記録を上回れる可能性は十分あると思います。
 いずれにしても、まずは無事にリフレッシュして帰ってきて貰って、勝ち上がれてからの話になります。復帰戦を、そしてその後の成長、活躍を楽しみに待ちたいと思います。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・今週は出資馬の出走無し(パスワードが登録するも除外)
・メガリスが放牧。
・クインビーが放牧。
・ヘラクレスが帰厩。
・シルク8-44(フジキセキ×メジロヴィーナス)に追加出資しました。

|

« 9頭落馬の大事故発生 | トップページ | 重勝式馬券とレモネード »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/47303268

この記事へのトラックバック一覧です: メビウス&メガリスの近況:

« 9頭落馬の大事故発生 | トップページ | 重勝式馬券とレモネード »