« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月27日 (土曜日)

二週間ぶりのの競馬日記

 出資馬の出走が無かった事もあって日記が二週間空いてしまいました。
 この間の出来事として大きなものと言えば、やはりフェブラリーS。エスポ君が強い競馬で勝ってドバイが楽しみになった…わけですが、その後本人を含めてダートの有力所が軒並みドバイを回避してしまって、気がつけば「芝馬のドバイWC」になってしまっていて、非常に残念です。「シチー」の馬は海外遠征には積極的、というイメージを持っていたので、この展開はかなり意外でした。
 今年からドバイがAWに変わることもあるので、芝とダート両方の国内トップクラスの馬がどの程度通用するかを見られるいい機会だと思っていたのですが……。


 あと、私個人としては、前回開催で何とか馬券道場(初段)に昇格しました。
 馬券の買い方は、基本的に最終週直前まで複勝でコツコツ貯める→そのまま昇段できそうなら手堅く逃げ切り/際どい場合は次第に大振り狙いの単勝へ……というパターンで、昇段に足りていない水準によって最終週での「大振り度」が変わってくる、というものです。
 昨年は結構余裕を持って、3週目~4週目の土曜日の時点で(複勝買いだけで)ほぼ昇段水準に達しているパターンが多かったのですが、今年に入ってからは調子が悪く、今回の昇段も最終週が「大振りしたバットがたまたま当たった」結果でした。
 そんなわけで、どうも今年はあまり馬券の調子が良くありません。年初に新型インフルエンザに罹ったのが影響している…というか、最近の馬券の調子を見ても、実はまだ治っていないのかも知れません(笑) そろそろ調子が戻ってくれるといいのですが……。
 商品(昇段賞)が今年は訳のわからない首輪(※実際は腕輪)なので微妙にやる気が薄れているのですが(笑)、昨年八段を取った手前、今年も何とか頑張ってそれなりの段位までは昇段したいと思います。


>シルキールンバが園田で初勝利
 http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2010%2f02%2f24&k_raceNo=7&k_babaCode=27

 元出資馬で、園田で再ファンドを目指しているシルキールンバが移籍後5戦目で初勝利を挙げました。
 これで、グランス家の伝統(シルキーグランス産駒が全て勝ち上がり)は辛うじて受け継がれました。現2歳のBT牡馬(アルボーレの全弟)にも、この伝統が引き継がれて欲しいと思います。

 ルンバ自身についてですが、この後もう1勝すれば中央での再ファンドが可能になるわけですが……残念ながら、正直、今の競走成績では食指が動かないですね。今回も相手関係等に恵まれての勝利ですし、体重は相変わらず減り続けていますし…。
 中央の500万下で苦戦続きだった姉のスイーティーが現在B2クラスで定着しているのと比較しても、C2クラスでやっと勝てた、という状況は物足りないです。個人的には、繁殖牝馬としての活躍の方に期待したいところですが……。

>今週の桔梗屋出走馬[H22-15]
 2週間ぶりの出走ではありますが、今週も日曜の1鞍だけです。来週辺りから復帰予定の馬が何頭かいるので、ここからの春攻勢を期待したいところです。

■日曜阪神3R 3歳未勝利(T1800) シルクアーネスト号出走 10:55
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201009010203

 アーネストが今年の初戦を迎えます。
 昨年の秋に5戦しましたが、全て掲示板圏内と堅実なのは確かなのですが、なかなか勝ちきれない競馬が続きました。ここ2戦は、勝ち馬がヒルノダムール、カネトシディオスと相手が悪かったのも確かですが、それにしてももう一押し足りない感じです。今回は休養明けになりますが、厩舎サイドは良い感触を持っているようですし、期待したいと思います。
 うちの3歳馬で一番勝ち上がりに近い馬…ではあるのですが、今回はかなり相手が揃いました。対戦する15頭のうち、7頭が前走で馬券に絡んでいるという、非常にレベルの高いメンバー構成です。
 今後に繋ぐためにも、何とかここでは掲示板以上を確保して貰いたいところです。ここ数戦はほぼ確実に人気以上の着順には来ていますし、(3着以内に来てくれれば)馬券的にも妙味がありそうです。いいレースを期待したいと思います。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・メビウスは近日帰厩→アンタレスS→東海Sの予定。
・エステートが帰厩。
・ストレングスが関東に転厩手続き完了。
・アルバスが放牧。
・オールディーが帰厩。
・ナトゥールが帰厩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土曜日)

後ろから妨害!そういうのもあるのか!(競馬日記)

 今日(土曜日)は重賞こそありませんでしたが、京都のメイン「アルデバランS」はトランセンドVSフサイチセブンの対決が非常に見応えがありました。フェブラリーSには間に合いませんでしたが、この2頭は春競馬でかなり活躍しそうです。春のダート戦線が楽しみです。
 後は、東京の2Rで降着があったのですが、「後ろから前の馬を妨害した」という珍しいパターンでした(JRA公式にパトロール動画あり)。確かに後ろからぶつかるのは落馬や故障の原因になって危ないのですが、実際に降着まで行ったのは初めて見た様な気がします。

 あと、今週は騎手・調教師試験の合格発表と騎手の引退というニュースがありましたね。今年は馴染み深い騎手や元騎手が多かったのが印象深いです。
 毎年、現役騎手が調教し試験に合格→月末で引退というのは、この時期の風物詩ではあるのですが、今年は特に数が多い気がします。実績面から角田騎手が大きく取り上げられがちですが、個人的には菊沢騎手と橋本美騎手が印象深いです。
 それぞれの引退後の活躍に期待したいと思います。


>今週の桔梗屋出走馬[H22:13-14]
 今日は日曜日に2鞍です。
 実は日曜日は資格試験に出かける予定でして、丁度試験中の時間帯に出走するためにレースを生では見られないのですが、できればレース後に良い知らせを届けてくれればと思います。

■日曜京都7R 4上500万下(D1800) シルクヘラクレス号出走 13:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201008020607

 ヘラクレスが叩き2走目を迎えます。
 久々の復帰戦となった4日の大井交流戦では、終始絡まれる辛い展開ながら、最後まで気を抜かずに走ってくれました。着順は奮いませんでしたが僅差の競馬でした。復帰前は気分良く行けないと早々に諦めてしまう競馬が多かっただけに、次走に期待させる内容でした。
 今回は4日に出走→14日に出走という事で連闘に近い状態なので、前走から調子を崩さずに上積みが見込めるかが鍵になると思います。メンバーはそれなりですし、今回はできればそこそこの着順に来て貰いたいものです。

■日曜中京10R 岡崎特別(T1800牝) リーガルアミューズ号出走 14:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201007010810

 リーガルアミューズが昨年9月以来の復帰戦を迎えます。
 昨年6月からのレースでは一時の不調から一変しての大活躍。勝ち星こそ上げられませんでしたが、2着3回、掲示板3回と良いレースを続けてくれました。今回復帰初戦となりますが、ここからも同様の快進撃を期待したいと思います。
 今回の対戦相手も比較的軽めではありますが、まずは今回はリーガルアミューズ自身がどこまで調子を戻しているかが鍵となります。休養前の最終戦では完全に調子を崩して最下位に敗れています。まずは今回は着実に復調している所を見たいと思います。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・ファルシオンが帰厩。
・アルバスは脚の疲労で放牧へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火曜日)

リリーホワイト(仮)の馬名がついに正式決定!

 馬名が公募されていた、道営競馬でデビュー予定の白毛の2歳馬「フラッシュリリーの2008」の競走馬名がついに決定、発表されました。
 父親はハクホウクン。白毛馬、つまり「白い」馬、そして母の名は「リリー」。
 ……とくれば、やっぱりここは、あの名前しか無いのではないでしょうか。

 最終的に選考された名前も、そんな素直な気持ちから名付けられたものではないでしょうか。

 それでは、いよいよ実際にリンク先から見てみましょう。
 選ばれたのは……この名前です!!!

 http://www.hokkaidokeiba.net/topics/main.php?p_tcd=0000001784


 ……………。

 とりあえず、応募総数が1537通と、かなり集まったみたいですね。
 最終的に選ばれた名前で応募したのは4名の様ですが、他にどんな名前の応募が集まったのか見てみたい感じもします。
 今後の続報に。そして、この馬のこれからの活躍に期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日曜日)

出資馬の子供、オースミスパークが重賞制覇!!

 土曜の「小倉大賞典」で元出資馬シルクスパークルの子供、オースミスパークが見事な逃げ切り勝ち。重賞初制覇を挙げました。「オースミ」の馬という事で勿論自分の出資馬では無いのですが、元愛馬の子供が重賞を制するという嬉しい出来事でした。

 http://db.netkeiba.com/horse/2005106719/

 シルクスパークルはフォーティナイナー産駒で、クリスザブレイヴ(富士S勝ち、朝日杯で1番人気)の下として期待された馬でした。3歳5月の未勝利戦デビューでいきなり3着に入って期待されましたが、そこで鞍上が郷原騎手にスイッチ。その後引退まで1~2番人気続きも勝てず、結局4戦未勝利で引退、繁殖入りしました。勝てなかったものの掲示板を一度も外す事無く、順調に行っていれば…と素質を惜しまれる馬でした。

 その後産駒の募集を楽しみに待ち続けているのですが、残念ながらその機会は無く、今回こうして個人馬主に渡った産駒が重賞勝ちをする事となりました。
 一つ上の兄、ナリタスパークも勝ち上がりましたし、オースミスパークもデビュー時から時々脆さも見せながらも毎回軽快な逃げを見せてくれて、応援しつつも「これが出資馬だったらなぁ…」と残念に思っていました。

 こうした「自分が出資できていた(シルクで募集されていた)可能性のある馬」が活躍する姿を見ると、そうした機会が、そして縁が無かったことを本当に残念に思います。
 具体的な例としては、早田牧場倒産等で関係が切れてしまった「ビワ系」の馬たち(シルクプリマドンナの牝系やブエナビスタ等の「ビワ」牝馬の産駒)が最大の例になりますが、その他にもネヴァブション(元出資馬で、うちの重賞初出走馬のシルクカンパーナの下。兄妹延べ2頭がシルクで募集)等もこうした例に挙げられます。
 そして、今回、オースミスパークの例が新たに加わった事になります。

 もしこうした馬がシルクで募集されていたら、少なくとも元出資馬縁のネヴァブションやオースミスパークは間違いなく出資応募していたと思われるので、そうした縁が無かった事が本当に残念です。
(逆に、たぶんブエナビスタはシルクで募集されていても手を出さなかったと思う(笑))

 オースミスパーク(というか、シルクスパークルの産駒の全て)はセレクトセールに出ており、オースミスパーク自身は1900万円で落札されています。山路さん(法人化後は「オースミ」)が全て競り落としているので、もし競ると値段が吊り上がる可能性もありますが、セリに出ている以上は購買して募集馬とする可能性はあった筈です。
 個人的には、「こうなる」(子供が重賞を勝つ)前に、スパークルの子供か、(繁殖牝馬としての)スパークルを抑えておいて貰いたかったです……。

 シルクの仕入れ担当の方、そして募集馬選定の方々には、今回の(敢えて辛辣な表現を使いますが)「募集馬仕入れの失敗」を糧にして、今後に生かして貰いたいと思います。
 いつの日か(というか、これを機に)スパークルの子供がシルクで募集されたらいいのになぁ……。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・交流戦に出走したヘラクレスは長休明け、絡まれ通しながら7着健闘。
・ストレングスがついに転厩! 入厩即出走→即放牧の無限ループから解放へ。
・パスワードが放牧。
・フェスタが放牧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水曜日)

愛馬がきさらぎ賞に出走!!

 明日の交流戦にヘラクレスが出走するため、久々に平日の競馬日記です。
 今週は今のところ週末には出走馬が無い予定ですし、ここでいい競馬をして盛り上げて貰いたいところです。

>今週の桔梗屋出走馬[H22-12]
 タイトルで「きさらぎ賞に出走!!」と書いていますが、勿論、3歳出資馬の勝ち上がりが1頭だけで、しかもその1頭が屈腱炎休養中のうちが中央の「きさらぎ賞」に出走できるわけもなく……。実際はこっち↓です。

■木曜大井10R アーバスS如月賞(D1800) シルクヘラクレス号出走 15:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_nar&id=n201044020410

 木曜日の交流戦でヘラクレスが復帰戦を迎えます。
 4歳時までは軽快な先行力を発揮して2勝しましたが、ここ最近は逃げ足が十分に発揮できずに沈んでしまう競馬が続いています。休養前、昨年5月のレースでも同様で、勝ち馬から3秒も負けてしまう内容でした。
 今回は中央勢にそれほど強敵がいませんし(一番有力な馬が9歳馬!?)、地方勢もここまで連勝で来ている馬もいないので、相手関係は比較的恵まれていると思います。ただし、9月ぶりのレースになりますし、休養前は惨敗続きだったので強気にはなれません。今回のレースを通じて、何とか復活へのきっかけを掴んでくれればいいのですが……。
 能力的なものはもとより、気分良く行けずに揉まれてしまうと早々に諦めて失速してしまう所のある馬なので、何とかこのあたりの性格が治ってくれれば…と思います。今回鞍上には菅原勲騎手が乗りますので、その手腕に期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »