« 帝王賞情勢を占う | トップページ | 東京優駿とカラータイマーの数奇な運命 »

2010年5月29日 (土曜日)

念願の古豪復活

>今週の桔梗屋出走馬[H22:45-47]
 今週は3鞍。中でも注目は土曜の2鞍です。
 何年も前から、我が出資馬の看板馬として活躍してくれた2頭が久しぶりの復活です。
 中でも、シルクウィザードは実に2年振りのレースとなります。
 先週はメビウスが重賞を勝利し、その口取りに参加という、一口馬主として冥利に尽きる出来事があったわけですが、今回、特にウィザードが復帰戦を迎えられた事は、個人的には同じかそれ以上に嬉しい出来事です。
 共に故障からの復帰で、しかも高齢馬という事もあって今後何走できるか判りませんが、これからも一走でも多く、その走りを見せて貰いたいと思います。

■土曜東京10R 鎌倉S(D1400) シルクアルボーレ号出走 15:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201005030310

 アルボーレが復帰初戦を迎えます。
 前走は昨年11月で、3月以来の久々の出走でしたが5着を確保と健在振りをアピールしてくれました。が、その後骨折を発症して放牧。
 その後、骨折からは回復したのですが、あまり数を使えない事もあって藤原厩舎からは転厩となり、関東に移籍。今回が転厩初戦となります。

 今回ですが、半年ぶりのレースではありますが、休養前にも7戦連続で掲示板を確保しており、ある程度以上通用する可能性は高いと思われます。確かな末脚を持っているものの、ほぼ最後方からのレース運びなのでいつも届かない…という展開が続いていたので、今回もレース展開がどうなるかが鍵になると思います。
 メンバー的には前走現級で馬券に絡んだ馬が5頭もいて結構ハイレベルですが、過去のレースぶりから十分に通用すると思います。いいレースを期待したいですね。

■土曜東京11R 欅S(D1400) シルクウィザード号出走 15:45
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201005030311

 長かった、本当に長かった休養から戻ってきたウィザードが復帰初戦を迎えます。
 前走は2年前の6月…という事で、1年11ヶ月振りです。脚部不安明けで、更に除外続きでここまで復帰戦が伸びてしまいました。しかし、ついにこの日を迎える事ができました。本当に嬉しいです。
 今回は何と言っても休養が長かったので、まずはどの程度能力を発揮できるかが鍵となります。対戦するのは、連勝中のナムラタイタンを初めとして歴戦のOP馬たち。そして、ウィザード自身は昇級初戦。常識的にはいきなりは厳しいと思いますが、まずは無事に回ってきて貰って、次走に繋げて貰いたいと思います。
 かつてはアロンダイトやイブロン、マンオブパーサーと戦ってきたウィザード。ここまで14戦、一度も掲示板を外していません。往年の力がどこまで残っているかは判りませんが、これからも無事に、一戦でも多く走って貰いたいと思います。


■日曜京都2R 3歳未勝利(D1400) シルキーフェスタ号出走 10:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201008040402

 フェスタが久しぶりの中央での出走を迎えます。
 去年の冬にデビューし中央で3戦しましたが、残念ながらイマイチの成績で放牧されました。
 が、その後復帰初戦として出走した地方交流戦でいきなり2着。その後もう一度地方交流を使って勝ち上がりの機会を目指すも、なかなか選出されず、とりあえず中央を走ってみる……というのが今回のレースとなります。
 そんなわけで今のところ地方でしか好走暦がなく、しかも中央の3戦では惨敗しているので正直期待度は低いのですが、追い切り時計が良く、減量騎手採用、更に前走の2着は実は成長したからかも…という事で、ひょっとしたらの期待も掛かります。
 いずれにしても今回は牡馬との交流戦ですし、前走馬券に絡んだ馬も多いので厳しいとは思いますが、まずは今後に繋がるレースができればと思います。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・メガリスが帰厩。
・ストレングスが短期放牧。
・プラチナムが障害試験を受けるも不合格。
・マタドールが放牧。

>その他、追加出資馬について悩み中……
 2歳の出資数が今のところ牡2牝3で、今後の追加出資予定が牡2牝1。
 もうすぐ2歳馬の申し込み締め切りという事で、駆け込み出資馬を悩み中です。
 中でも悩んでいるのが牝馬で、8-10(ファインステラ)、8-27(クールトップレディ)、8-48(ガトーディマンシュ)のどれか1頭を選ぶつもりなのですが……
 個人的にはクールトップレディが一番評価が高いのですが、ファインステラは最近の父ゼンノロブロイの活躍、ガトーディマンシュは近日入厩が決定という要素があり、どれを選んだものか悩ましいところです。実は現時点での出資馬(+その他の追加出資候補馬)に早期入厩馬が1頭もいないので、ガトーディマンシュを抑えておきたい気持ちもあります。
 とりあえずは日曜のダービーをゼンノロブロイ産駒(ペルーサ)が勝つようであればファインステラに決定、それ以外の場合は改めて3頭で悩みたいと思います……。

|

« 帝王賞情勢を占う | トップページ | 東京優駿とカラータイマーの数奇な運命 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/48482506

この記事へのトラックバック一覧です: 念願の古豪復活:

« 帝王賞情勢を占う | トップページ | 東京優駿とカラータイマーの数奇な運命 »