« 新蝉、3歳ダート、そして直接対決×2 | トップページ | 黄昏のシンセミア、そして…血の宿命 »

2010年7月16日 (金曜日)

注目の直接対決2鞍

 激しく今更ながら、ついったーを始めました。

 http://twitter.com/nagatsuki_kikyo

 何となく始めたので、使い続けるかは様子を見て考えたいと思います。
 ブログの日記の横にパーツとしてつぶやきが出ているのが何となく良さげだな、と思って始めたので、とりあえずはこのブログの機能説明を見て、どうやるか調べて見たいと思います。

>今週の桔梗屋出走馬[H22:57-61]
 今週は5頭出走です。が、その中に出資馬同士が同じレースで対戦するものが2レースもあるため、レース数で言うと3レースという事になります。
 2頭出しのレースはどちらも勝ち負けが期待できますし、プラチナムの障害未勝利も叩き二戦目+減量ジョッキー起用は魅力です。良いレースを見せて貰いたいですね。

■土曜新潟4R 障害未勝利(H2850) シルクプラチナム号出走 11:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201004020104

 プラチナムが2戦目の障害を迎えます。
 障害デビュー初戦となった前走は期待して見ていたのですが、実際に走ってみると勝ち馬から10秒も離されるという完敗の内容でした。何というか、明らかに「飛越が下手」という感じで、折角障害に転向したのに…と先が思い遣られる内容でした。
 今回は、この障害戦を戦うに当たっては致命的とも言える欠点が、二戦目で慣れてきて?どの程度マシになっているかが鍵となりそうです。
 鞍上に減量騎手を確保していますし、平地の足を生かすことができれば上位進出の可能性もあると思います。できればここで少しでも変わり身を見せて貰いたいです。

■土曜函館9R STV杯(T1800) シルクアーネスト号出走 15:25
■土曜函館9R STV杯(T1800) リーガルアミューズ号出走 15:25
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201002020109

 アーネストとリーガルアミューズが土曜函館メインに出走します。
 何と8頭立てという少頭数です。
 アーネストは先週の恵山特別を休み明けで楽勝してのレース。クラスは上がるものの同条件でのレースとなります。連闘となりますが、前走が休み明けでしたし、太かったという事で叩いた今回は更に力を出せると思います。
 リーガルアミューズも前走復帰初戦でしたが、こちらはまさかの最下位でした。行きたがってしまい思うようなレースができなかった感じで、気性面が原因だった様です。こちらも叩き2戦目ですし、いい時期のレースが出来るようであれば巻き返せる可能性も十分です。
 1000万下ながらそれほどめぼしい馬もおらず、ハンデ戦ながらハンデ頭は54キロです。実績的には前走500万を勝ったばかりのアーネストかサイレントメロディが1番人気有力…というメンバー。できれば勝っておきたいところです。
 対戦相手は、ホープフルS5着等の実績があり、前走500万下を勝っているサイレントメロディが一番の強敵になりそうです。その他の馬たちは十分対抗できそうですが、前走1000万下で僅差だった馬もいて、展開次第では足元をすくわれる可能性もありそうです。リーガルアミューズは前走の成績から人気は無さそうですが、その前の2戦は1000万で僅差の競馬をしていますし、今回調教も良かったですしこのメンバー相手なら巻き返す余地は十分だと思います。
 そんなわけで、不安点もありますが、チャンスのかなり大きなこのレース。できればどちらかに勝って貰いたいところですね。

■日曜函館7R 3上500万下(D1700) シルクアルバス号出走 14:10
■日曜函館7R 3上500万下(D1700) シルクエステート号出走 14:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201002020207

 土曜のSTV杯に引き続き、日曜の函館でアルバスとエステートが同じレースに出走します。
 アルバスは前走いい末脚を見せてくれての2着。500万で長く足踏みが続いてきましたが、晩成の血が目覚めたのか、ついに勝ち上がりの兆しを見せています。前走と同じ舞台ですし、鞍上には横山典騎手を確保。引き続いての期待が掛かります。
 エステートは休養明け初戦となります。前走は1000万への昇級初戦でしたが、重馬場+臨戦過程もあって2桁着順に終わりました。今回はクラス編成による降級初戦となります。
 降級戦という事で一度勝っている500万での一戦。能力的には十分通用して良いのですが、何と言ってもこの馬(というより厩舎)は臨戦過程と調子が重要です。これまでにしてはじっくりと仕上げてくれていますし、通用しても良さそうですが……。
 こちらも、土曜のレースと比べると不安点はあるもののどちらかが勝つ可能性は十分ある、というレースになります。今後に繋ぐためにも、どちらにもいいレースをして貰いたいと思います。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・デイブレイクが函館競馬場に移動。
・メビウスは22日に札幌競馬場入り→BGCへ。
・ストレングスが帰厩。
・フェスタが帰厩。

|

« 新蝉、3歳ダート、そして直接対決×2 | トップページ | 黄昏のシンセミア、そして…血の宿命 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/48893008

この記事へのトラックバック一覧です: 注目の直接対決2鞍:

« 新蝉、3歳ダート、そして直接対決×2 | トップページ | 黄昏のシンセミア、そして…血の宿命 »