« 万博公園の「早朝観蓮会&象鼻杯」に行ってきました(前編) | トップページ | 黄昏の新蝉 »

2010年7月11日 (日曜日)

万博公園の「早朝観蓮会&象鼻杯」に行ってきました(後編)

 万博公園「早朝観蓮会&象鼻杯」参加日記の後編です。

(万博公式HPの紹介:動画)
 http://www.expo70.or.jp/movie/kanrenkai_2010.html

■象鼻杯でお酒を飲む

 途中で配布された(お酒を飲むので)「私は車に乗ってきていません」の確認チェックリストを手に待つこと暫し。20分ほど並んで待ち、ようやく自分の番が回ってきました。
 実際に飲んでいるのはこんな感じ(写真)です。
Sany2793

 蓮の葉にお酒を注ぎ、長い茎をストローの様に使ってお酒を飲みます。
 これが象の鼻の様に見える事から「象鼻杯」と言われています。お酒が蓮の茎を通る事で蓮の香気が混じり風味が良くなりますし、その雰囲気も相まって夏のひとときの涼感を得るには持ってこいです。
 使われる蓮は各人毎に使い捨てではなく、人が変わる毎に(口を付けた)茎の先を鋏で切る形で使用されています。さすがにある程度短くなると交換されるため、順番の運次第でストロー代わりになる茎の長さが違ってきます。私の時には結構短くなっていましたが、それでも4~50cm程度の長さがありました。
 実際に飲んでみた感想ですが、予想していた以上に蓮の茎に開いている穴が大きい事もあって、無理矢理吸わなくても普通に飲める感じでした。
 お酒も美味しかったですよ! 元々の(素の状態の)お酒と飲み比べていないので何とも言えませんが、「象鼻杯」で飲んでいる雰囲気もあり、より美味しく感じられました。

■早朝観蓮会と撮影大会

 「象鼻杯」を飲んだ後、今回は「早朝観蓮会」でもあるということで、改めて会場である蓮池を見回してみました。

 驚かされたのは、会場に来ていたのは、この「象鼻杯」目当ての客ばかりでは無かった事です。むしろ、蓮見学目当てのお客さんの方が遙かに多くて、「象鼻杯」の行列そっちのけで蓮の花を撮影しまくる人たちの多い事多い事……。
 それも、本格的な(と言っても私の目にはカメラのゴツさや三脚の有無でしか判別がつきませんが)撮影機材を持ってきている人が多く、そんな人たちは競馬場の最前列に陣取っている連中と比べても遜色がありません。
(どうやら観蓮会の蓮を題材に写真コンクールが行われている様で、そちらが目的の方も多かった様です)
 そうしたカメラ小僧……というには明らかに年齢層がかなり高い人たちが池の畔にずらりと並んで蓮を撮りまくるという光景が繰り広げられていました。

Sany2810
(写真:白蓮を撮影しようと群がるカメラ小僧?たち)


 折角来たのだからという事で、私も彼らに負けずに(と言ってもこちらは普通の動画デジカメですが)蓮の花を撮影。
 何と言っても蓮の花が美しい事もあって、自分が撮ってもそれなりに綺麗に撮れます。
Sany2828
 白蓮、綺麗だよ白蓮。

 自分の(色の)好みから白蓮を中心に撮っていますが、現地にはそれ以外にも紅色の蓮もあり、それも程よく上品な感じの紅色で、これもいい感じです。

Sany2831
 個人的には青系の色の方が好みなのですが、残念ながら現地には青系の蓮は見あたりませんでした。あれは綺麗だと思うのになぁ……。
 この観蓮会に合わせて写真のコンテストも開かれているのですが、去年の最優秀作(下記リンク先の写真)が上品なごく薄い青色に見える白蓮でした。光の具合でそう見えるわけですが、こんな色の蓮が目の前に咲いていれば、本当に綺麗だろうなぁ……。

 http://park.expo70.or.jp/news_detail.html?id=81

■朝粥と蓮酒

 象鼻杯を飲み、写真を撮ったところで、近くの食堂「はす庵」にて朝食。
 名前通り蓮池のほとりにある食堂で、こちらも観蓮会に合わせて早朝から特別に開店しており、更に特別メニュー「蓮の実入り朝粥定食」が提供されているのです。
 さっそく注文して、窓からの景色を愉しみつつ朝食を採りました。
 普通のあっさりした定食ですが、お粥の中に蓮の実が入っているというものです。
 蓮の実もあっさりしていて美味かったです。量の方もあっさり目ですが、朝食である事や客の年齢層を考えると妥当な感じでしょうか。

Sany2817

 朝食を終えてお店から出ると、外の「象鼻杯」会場では既に配布を終了していたのですが、丁度、その後開始された「蓮酒」の配布が行われていました。
 こちらは限定100名なのですが、ちょうどタイミング良く貰うことが出来ました。
 小さなコップの中にお酒が入っています。どうやらこのお酒に蓮の茎が浸け込まれていて、風味の出たお酒らしいです。過去開催の様子をいろいろブログ等で調べた際には「蓮の茎が浸けられた」状態で出ていたのですが、今回は蓮の茎は無しで、こころなしか色が付いた気もしなくもない?お酒のみが出てきました。
 そんなわけで、「蓮酒」なのかどうかはいまいち実感が湧かなかったのですが、蓮「見」酒である事は間違いありません。綺麗な蓮を眺めながら、美味しくいただきました。

 そんな感じで、早起きは少々大変でしたが、それに十分に見合うだけの体験でしたし、目の保養にもなったとても充実したイベントでした。
 この時期のイベントという事もあって当日の天気の兼ね合いもあるのですが、これからも毎年参加したいですね。

 来週も開催されていますし、興味のある方は(早起きが大変ですが)是非行ってみて下さい!


■エキスポランドの今

 帰りは正面玄関から戻りました。
 折角万博(自然文化園)に来たから……という事で、「太陽の塔」を撮影。

Sany2858

 自然文化園からモノレールの駅に向かうところで、(旧)エキスポランドの様子が見られるわけですが……ここは、現在は農業型体験施設「ファームエキスポ」になっています。

 http://nopo.nougyou.co.jp/farmexpo/index.html


 あの、子供の頃から慣れ親しんだエキスポランドが、近未来の象徴だった設備が……今や田んぼや畑に。そしてブタ牧場に……。

Sany2861

 ど う し て こ う な っ た

 いや、勿論、「どうしてこうなった」のかは判っていますし、皆様もご存じの通りなわけですが……。
 私はこの地域に住んでいる事もあって子供の頃から万博公園に足を運んでいましたし、エキスポランドは色々と思い出が詰まっていた場所でした(ちなみに「ブタ牧場」や「田植え体験」は、元「急流滑り」のプールがそのまま使われています……)。
 往時を知っている身で現状を見てしまうと……やっぱり寂しさは否めないですね。

|

« 万博公園の「早朝観蓮会&象鼻杯」に行ってきました(前編) | トップページ | 黄昏の新蝉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/48852636

この記事へのトラックバック一覧です: 万博公園の「早朝観蓮会&象鼻杯」に行ってきました(後編):

« 万博公園の「早朝観蓮会&象鼻杯」に行ってきました(前編) | トップページ | 黄昏の新蝉 »