« 「黄昏のシンセミア」感想日記 3:駅前に行けない禁断症状が出てきた。ジャコス愛している。 | トップページ | シルクHC 平成22年度(2010)募集馬検討-3 »

2010年8月20日 (金曜日)

菊舞台への前哨戦 第一幕

 先週のメビウスの勝利で秋競馬でのGI出走、そして勝利がかなり現実のものとして見えてきたわけですが、その裏で、もう一つの「大レース制覇への芽」が出てきました。
 3歳馬のシルクアーネストとシルクオールディーが中長距離路線で活躍し始めた事です。
 この2頭ですが、今週にアーネスト、来週にオールディーが出走を予定しています。ここでの走り次第では、秋の菊花賞への参戦がかなり現実味を帯びてきます。好走を期待したいです。


>今週の桔梗屋出走馬[H22:75-77]

■土曜小倉2R 2歳未勝利(T1800) ガトーディマンシュ号出走 10:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201010020302

 ガトーディマンシュがデビュー2戦目を迎えます。
 デビュー戦は1200m戦に出走して0.9秒差7着という結果でした。まあ及第点ではありますが、もっと距離が合った方が良さそうな内容でした。その意味で、今回の1800m戦への出走は適性を試す意味でもいい機会だと思います。
 この時期の2歳戦という事もあり、大半が前走1200m戦からの転戦なので、かなり距離適性が鍵を握りそうです。前走1800mの新馬戦2着の馬が1頭いて、その馬が最有力だと思いますが、他に1800mを使っている馬は1秒以上離されていますし、他に前走馬券に絡んでいる馬は1200m戦です。適性次第では上位進出の目も十分あると思います。
 この馬にとってはデビュー戦が400キロを切っていた事もあるので、馬体の維持についてもクリアすべき点になります。この2点を克服して上位に来られるのか、注目したいと思います。

■土曜新潟4R 3歳未勝利(T1800牝) シルクレモネード号出走 11:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201004030304

 レモネードが4ヶ月ぶりのレースを迎えます。
 1月の新馬戦が5秒差、4月の交流戦が3秒差…と良いところが無い状態で関東に移籍しての初戦になります。牝馬の長めの距離ということで、適性があればひょっとして…というところですが、対戦相手には前走長めの距離で掲示板に載っている馬が、実に8頭も出走しています。
 その意味で、余程の変わり身を見せない限りは期待できないのですが、距離的には合っていると思うので、少しでもいいレースを見せて貰いたいと思います。
 
■土曜札幌9R マレーシアC(T2000) シルクアーネスト号出走 15:25
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201001010309

 アーネストが札幌の準OPに出走します。
 連闘で出走した前走でしたが、直線あっさりと抜け出して連勝してくれました。今回も昇級戦となりますが、この勢いと前走の余裕度からも十分に通用するものと期待しています。
 ただ、さすがに準OPという事もあり、かなり相手も揃っています。前走1000万勝ちの馬が他に2頭いますし、近い条件の前哨戦、漁火Sを使った馬たちが2,3着馬を筆頭に揃っています。特に4歳に強敵が揃っており、昨年のプリンシパルS勝ち馬であるケイアイライジン、そしてデイリー杯2歳Sを勝って今年春までOP戦で好走、前走も漁火S3着のシェーンヴァルトなどが強敵となりそうです。ここで彼らと互角以上の戦いができるようであれば、秋の展望が大きく開けてきます。できればここで十分に通用する力を見せて、更に大きな舞台へと進んでいって貰いたいと思います。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・ウィザードが放牧。
・クインビーは今週登録も除外。

|

« 「黄昏のシンセミア」感想日記 3:駅前に行けない禁断症状が出てきた。ジャコス愛している。 | トップページ | シルクHC 平成22年度(2010)募集馬検討-3 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/49201760

この記事へのトラックバック一覧です: 菊舞台への前哨戦 第一幕:

« 「黄昏のシンセミア」感想日記 3:駅前に行けない禁断症状が出てきた。ジャコス愛している。 | トップページ | シルクHC 平成22年度(2010)募集馬検討-3 »