« 危険王、乙 | トップページ | 親子揃ってあかんこ »

2010年8月27日 (金曜日)

菊舞台への前哨戦 第二幕

 先週「マレーシアC」に出走して1番人気ながら5着だったシルクアーネストですが、馬がトウ骨が気にしているという事で、一旦放牧に出される事になりました。
 期間は未定なので、秋競馬で復帰~次走は来年までいろいろと考えられますが、復帰後も引き続いての活躍を期待しています。

 そんなわけで「菊舞台への前哨戦」の第一幕はひとまず幕を閉じた(といいつつ復帰戦でいきなり菊花賞を使うかもしれませんが)わけですが、今週は引き続いてシルクオールディーの第二幕が控えています。
 何と言っても、出世レースの代表格、阿寒湖特別です。ステイゴールド、マンハッタンカフェ、ファインモーションとGI馬を輩出しているこのレース。ここを3歳で勝てれば重賞~GIへの出世が大いに期待できます。
 そして、オールディーはマンハッタンカフェ産駒という事で、親子制覇の掛かったレースにもなります。できれば、オールディーには頑張って貰って、競馬史上初となる阿寒湖特別親子制覇の偉業の偉業を見届けたいところです。そして、父に続く長距離レースでの活躍に繋がってくれればと思います。

>今週の桔梗屋出走馬[H22:78-82]

■土曜新潟2R 2歳未勝利(直1000) シルククリエイター号出走 10:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201004030502

 クリエイターが土曜日の直千未勝利に出走します。
 新馬戦では1600m戦に出走しての10着。レース内容や臨戦過程からも、もう少し成長してからのデビューでも良かったかな、これから使っての上積みに期待かなぁ…という感じでした。
 前走の内容から、比較的長めの距離で力を付けていくのかと思っていたのですが、今回はいきなり直千への出走。極端な転向となりました。
 前走でスタートが良かったことからのレース選択の様です。ブリンカーもつける様ですし、その効果に期待したいですね。
 対戦相手ですが、前走直千で3着に入っている馬が1頭おり、その馬が強敵となりそうですが、その他に前走馬券に絡んだ馬はいないので、明らかに楽な組み合わせではあります。距離が一気に短縮されるのがどう出るかわかりません(個人的には良くなるかというと疑問ですが…)し、直千というのは特にレース適性が問われるコースなので、適性次第ではいきなり上位になる可能性もあるかと思います。
 今回の出走の結果がどうなるかはわかりませんが、できればクリエイターの今後にとっていい方向に出てくれればと思います。

■土曜札幌11R 阿寒湖特別(G2:T2600) シルクオールディー号出走 16:40
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201001010511

 オールディーが札幌の出世レース、「阿寒湖特別」に出走します。
 前走は急遽の出走で、しかも仕上がり途上。レースでも鞍上がかなり早い段階から追いまくり…とかなり若さの目立つ内容でしたが楽勝し、高い素質を見せてくれました。
 この馬については素質はかなり高いもののまだ成長途上で、更に成長すれば更なる活躍が期待できます。そして、「更なる活躍」が来年になるのか、それとも今年の秋から見られるのかは、今回のレース次第となります。今回は更にクラスが上がり強敵達が相手となりますが、頑張って欲しいです。
 対戦相手としては、このクラスで長距離の安定勢力として君臨しているマームードイモンが断然の存在になるかと思います。前走でも同条件の支笏湖特別で、長距離で開花したゴールデンハインドの2着と走っており、最大の強敵になりそうです。ただし、この馬は勝負弱い面がある(昨年の阿寒湖特別でも1番人気で4着。その後1年間勝っていない)ので、その辺りにつけ込めればという感じでしょうか。
 調教師によると、今回の勝敗にかかわらず、次走は神戸新聞杯を使う方針との事。とはいえ、できればここを勝って次走を迎えたいところです。今回の、そして次走の先には、更に大きな菊の舞台が待っている筈。その弾みを付けるためのレースとなって貰いたいところです。


■日曜小倉6R 3歳未勝利(D1700牝) シルククインビー号出走 13:15
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201010020606

 クインビーが日曜日の未勝利戦に出走します。
 前走は復帰初戦でしたが、牡馬相手に6着とそれなりの走りを見せてくれました。叩いた今回は牝馬限定戦に戻りますし、期待したいところです。
 対戦相手については、続けて2~3着という馬が3頭もいるので馬券圏内は厳しいかも知れませんが、その他の馬たちはそれほどでもない感じなので、掲示板は十分狙えるのではないかと思います。
 ……というより、今回は掲示板に入らないと次が無い状態です。クインビーは既にデビューから5戦以上使っているので、次開催のスーパー未勝利に出走するためには、今回掲示板に入っている事が前提。今回掲示板を外せば、そこで終了です。後1~2回の内に勝つしかないという厳しい状態ですが、何とか頑張って貰いたいと思います。

■日曜札幌7R 3上500万下(D1700) シルクデイブレイク号出走 14:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201001010607

 デイブレイクが日曜の札幌に出走します。
 デビュー戦を楽勝し、昇級した前走でも期待されましたが出負けして5着。このクラスで通用する力は見せたものの、やっぱり1000m戦は短いかなといった印象でした。
 そんなわけで今回は距離を伸ばしてきたのですが、いきなり1700mへの延長となります。血統的にはぴったりだとは思いますが、前走からの一気の延長がどう出るかが鍵となりそうです。対戦相手的には前走馬券に絡んだのがヤマノベガだけとかなり楽な部類に入ります。条件さえ克服できればかなり上位が期待できそうです。いいレースを見せて貰いたいと思います。

■日曜新潟9R 妙高特別(D1200) シルクファルシオン号出走 14:35
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201004030609

 ファルシオンが昇級初戦を迎えます。
 前走では直線で鮮やかな差し切り勝ち。着差は僅かでしたが、直線では前が壁になったので外に回したりとロスもあったので、かなりいい内容だったと思います。前に取り付くのが早くなり、差しが届くようになったのも大きいですね。今回は1000万への昇級初戦となりますが、引き続き期待したいと思います。

 今週の週刊ブックを勝った時に「オールディーの阿寒湖特別にどの位印が付いているかな…」と期待しながらページを開いたのですが、(勿論オールディーにもそれなりに印がついていましたが)今回のレースである妙高特別のファルシオンの方にかなり分厚く印が並んでおり、驚きました。
 個人的には今回昇級戦ですし、まずはクラス慣れかなと思っていたのですが、前走の勝ち方はかなり高く評価されていたようです。

 そんなわけで期待も高いわけですが、実際に馬柱を見ると、かなり相手が揃っています。安定勢力のペプチドアトムを筆頭に、このクラスで馬券に絡んだ事のある馬や前走勝ってここに挑む馬など、強敵揃いです。もしここで上位に入線できる様であれば、今後かなりの活躍が見込めそうです。いいレースを期待したいと思います。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ

・エステートが帰厩。
・フェスタが帰厩。
・ガトーディマンシュが放牧。
・アーネストが放牧。
・優先募集馬には満口馬(抽選対象馬)は無し……という事で、応募した9-18、9-27は出資確定した様です。

|

« 危険王、乙 | トップページ | 親子揃ってあかんこ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/49270303

この記事へのトラックバック一覧です: 菊舞台への前哨戦 第二幕:

« 危険王、乙 | トップページ | 親子揃ってあかんこ »