« 「さよなら、ジャコス」 | トップページ | 水曜の鈴蘭特別 »

2010年9月 4日 (土曜日)

まだ続く夏、そして競馬

 「夏競馬」と言えば思い浮かぶ小倉新潟開催は例年、9月の第1週まで続いているので、「9月に入っているのに夏競馬も何もないだろ…」と思っていたのですが、殊に今年に関してはまだまだ夏だと強く感じさせられますね。いつまでこの暑さは続くのでしょうか。


 ここ最近はうちの出資馬が毎週毎週怒濤の勢いで出走、そして活躍してくれていたのですが、今週は日曜に一鞍のみと一息ついた感じになります。
(とはいえ、エステートのレースは結構期待しています)

 今週については2歳重賞が組まれているわけですが、個人的には日曜札幌メインの「札幌日経OP」に注目しています。
 黒船×ゴールドティアラとどうみてもダート血統ながら、何故か芝の長距離に矛先を向けてから大活躍。2400~2600でレコード込みで三連勝中のゴールデンハインド。
 軽ハンデながら、3歳にして2600mのOP戦、みなみ北海道Sを勝ったトウカイメロディ。
 そのみなみ北海道Sの2着馬で、勝ちきれないながら長距離の逃げではかなり安定感が出てきたホクトスルタン。
 この3頭が直接対決する、非常に楽しみなレースです。
 出資馬のシルクオールディーが先週、同じく2600m戦の阿寒湖特別を勝ってくれましたが、今回の面々はタイミング次第では対戦する可能性のあった…そして、今後対戦する可能性が高い馬たちですし、菊花賞への可能性を考えると、3歳馬であるトウカイメロディの走りは特に要注目です。
 どんなレースになるのか、今から楽しみです。

>今週の桔梗屋出走馬[H22-83]

■日曜札幌8R 美唄特別(D1700) シルクエステート号出走 14:45
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201001010808

 エステートが日曜日の500万下に出走します。
 前走は降級初戦という事で期待されましたが、案外の内容で6着。馬場が悪かったりと一定の敗因はありましたが、それでも今年初めに500万を一度勝った時の鮮やかな差し脚と比べると、まだまだ本調子に戻っていないと感じさせる一戦でした。短期放牧を挟んだ今回、どんなレースを見せてくれるのか、調子は戻っているのかが鍵となります。
 今回ですが、このクラスで明らかに力上位な馬はいないものの、前走で掲示板に載った馬がかなりおり、さらにその多くが人気薄で突っ込んできている…と、どう評価すればいいのか難しいメンバー構成になっています。
 エステートが本来の能力を出してくれれば楽勝もありそうですが、その反面、足元を掬ってくれそうな馬も何頭もいる…という感じです。
 いずれにしても、今回はどこまで復調しているかを確かめる意味でも重要なレースとなりそうです。何とかここで上位に来て貰いたいところですが……。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・クリエイターが放牧。
・デイブレイクが放牧。
・タイムレスが今週復帰予定も、来週に延期。
・アーネストはショックウェーブ治療によるトウ骨の回復様子見中。
・オールディーは栗東に移動。次走(神戸新聞杯または菊直行)は状態次第。
・フェスタが笠松の交流戦「鈴蘭特別」(8日)に選出、出走予定。

|

« 「さよなら、ジャコス」 | トップページ | 水曜の鈴蘭特別 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/49348691

この記事へのトラックバック一覧です: まだ続く夏、そして競馬:

« 「さよなら、ジャコス」 | トップページ | 水曜の鈴蘭特別 »