« 日本テレビ盃の結果とJBC情勢 | トップページ | 神戸新聞杯(と茨城新聞杯) »

2010年9月24日 (金曜日)

スーパー未勝利決戦 後編

 先週に出走したシルクレモネードは結果が出せず、残念ながら引退となりました。
 今週はその他にもシルクメガリスが故障から回復できず引退、(こちらは勝ち上がっていた馬ですが)シルクタイムレスが屈腱炎再発で引退と、一週間で3頭も引退……という寂しい週となってしまいました。特にメガリスはデビュー戦の9頭落馬事件さえなければ……。
 明日の土曜日は、未勝利馬の残る1頭、シルククインビーのスーパー未勝利があります。是非とも頑張って貰いたいところです。

 明日の日記では神戸新聞杯に出走するシルクオールディーを中心に、日曜日の出走馬についての記事を更新予定です。日曜の出走馬はオールディと1000万特別に出走するシルクファルシオンで、共に3歳馬です。今年は3歳出資馬の活躍が目立ちますが、こうした華々しい活躍ができるのも、確実に出資馬が勝ち上がってくれるという基礎があってこそだと思います。その意味でも、明日のクインビーの頑張りには期待したいと思います。


>土曜の桔梗屋出走馬[H22-87]

■土曜阪神6R 3歳未勝利(D1800) シルククインビー号出走 13:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201009040506

 クインビーがスーパー未勝利に出走します。
 なかなか勝てないながらもそれなりの着順を続けており、前走では3着と初めて馬券に絡む事ができました。「何回か使っていればチャンスも…」という感じなのですが、残されたチャンスはこの1回のみ。ここで勝つ事ができるかが鍵となります。


 対戦相手で馬券に絡んだ馬はクインビー1頭のみ。その意味ではクインビーが実績最右翼ではあるのですが、その他の前走僅差で掲示板に来ている馬たちとの力関係が鍵となりそうです。
 2戦連続で0.1秒差の競馬をしているダノンゲットウィンが一番強そうですが、今回の初ダートがどう出るかが焦点となります。他はムラがあったりキャリアが少なかったりしますが、エリモマーヴェラス、サーノ、レインボーローズ、テラノステルスあたりが可能性がありそうです。
 クインビーは毎回着順の割には1着馬に離されている(前走も3着ながら1.9秒差)ので、最後のチャンスで勝ちきれるかが問題となります。

 とはいえ、慎重にレースを選んだ事もあり、メンバーにはかなり恵まれた感じで、これで勝てないならもう仕方がないと思います。何とかこのチャンスを生かしてもらいたいですね。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・メガリスが引退。
・タイムレスが屈腱炎再発、引退。
・レモネードが引退。
・メビウスが帰厩。
・アルボーレ、フェスタは今週登録も除外。

|

« 日本テレビ盃の結果とJBC情勢 | トップページ | 神戸新聞杯(と茨城新聞杯) »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/49549737

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー未勝利決戦 後編:

« 日本テレビ盃の結果とJBC情勢 | トップページ | 神戸新聞杯(と茨城新聞杯) »