« 菊花賞(と京都)遠征記 | トップページ | 戴冠の時:ホースマンとファンの王者に…… »

2010年10月30日 (土曜日)

日曜(月曜かも)競馬日記

 先週の菊花賞に出走したシルクオールディーですが、非常に残念な事に、レース後に重度の屈腱炎発症が判明、そのまま引退が決まりました。
 更に、(休養明け初戦だった)シルクアーネストまで放牧(こちらは故障ではなくトモの疲れによるもの)となってしまう始末。やはり菊花賞というのは厳しいレースですね。
 そんなわけで、レース自体だけでなく後日談までが残念な結果となってしまった、今回の菊花賞でした……。

 そんな事もありつつ、今日は仕事帰りにJBC遠征時の電車の切符を買ってきました。既に宿も抑えてあるので、準備は万端です。菊花賞は残念な結果でしたが、JBC出走のシルクメビウス号には、良いレースを見せて貰いたいところです。


 そして、今週は台風が接近してきていますね。やや南に逸れそうな雰囲気になってきましたが、タイミング的には土曜の京都競馬や日曜の東京競馬の開催が怪しそうな感じです。今の内に、代替開催が行われるであろう月曜日に、どんな理由を付けて休むか考えておきたいと思います(笑)
(実際には火曜日からJBC旅行に行く手前、その分の仕事を先に済ませないといけないので、到底休めないわけですが……)

 本当に日曜の東京競馬が中止になった場合、天皇賞は一週間順延になるのかな?などと妄想しつつ、いつもの競馬日記に入りたいと思います。

>今週の桔梗屋出走馬[H22:97-100]
 そんな台風が来ている今週ですが、うちの出走は全て日曜(しかもうち3鞍が東京)です。果たして無事にレースは行われるのでしょうか?

■日曜東京2R 2歳未勝利(T1600) シルククリエイター号出走 10:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201005040802

 クリエイターが日曜東京の未勝利戦に出走します。
 2戦目となった前走ではいきなりの直千レースへの出走でした。不向きな条件で惨敗も覚悟していたのですが、最後に差し脚を見せるレースぶりで僅差の6着とそれなりの結果でした。
 今回は短期放牧を挟み、再びマイル戦に戻る事になります。同じくマイル戦だったデビュー戦では2秒離された10着だったのであまり強気にはなれないのですが、それなりに力をつけてきている様ですし、上位進出を期待したいところです。対戦相手も、僅差に来ている馬はそれなりにいますが、馬券に絡んだ馬は前走2着が1頭だけですし、一定の付け入る隙はありそうなのですが……。


■日曜東京9R 河口湖特別(D1600) シルクアルバス号出走 14:25
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201005040809

 アルバスが日曜東京の特別戦に出走します。
 前走は1000万への昇級初戦でしたが、使い込んでいた影響もあって実質「回ってきただけ」の競馬に終わりました。今回は放牧を挟んで改めての1000万への挑戦となります。
 今回ですが、少なくとも前走よりは力を出せる状態だとは思うのですが、相手関係がかなり厳しそうです。前走現級で馬券に絡んだ馬が4頭、500万を勝ってきている馬が何と6頭。彼らに先着するのは容易ではありません。しかし、逆にここでそれなりのレースが出来るようであれば、現級への展望も大きく拓けて来ます。今回、何とかいいレースをしてもらって、今後に繋げて貰いたいと思います。


■日曜福島10R 小野川湖特別(D1700) シルクエステート号出走 14:40
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201003030410

 エステートが日曜の福島に出走します。
 1000万から降級して2戦。いつでも勝てる…かと思いきや、思ったほど伸びないレースが続いています。いずれも僅差には来ているので、きっかけさえ掴んでくれればと思うのですが……。
 今回ですが、放牧明け初戦ですが追い切りは良いですし、結構チャンスはあるのではないかと思います。少頭数ながら前走馬券に絡んだ馬が4頭(うち1頭は前走1000万で3着)とそれなりに粒ぞろいのメンバー構成ですが、そろそろこのあたりで能力の片鱗を見せて貰いたいと思います。期待しています。

■日曜東京12R 東京GP(D1400) シルクアルボーレ号出走 16:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201005040812

 アルボーレが日曜東京の最終戦に出走します。前回は「サクラバクシンオーメモリアル」でしたが、今回は「エアグルーヴメモリアル」。二戦続けてのメモリアル戦への出走となります。
 前走は僚馬のシルクフォーチュンが素晴らしい末脚を見せる中、こちらはいまいち末脚が伸びずに10着という結果でした。今回ですが、調教を工夫したり、予め調教に騎手を乗せて癖を覚えさせたり……といろいろ工夫をして貰っているようなので、前走よりは期待できるのではないかと思います。
 対戦メンバーも、このクラスとしては比較的恵まれた感じですし、今回は結構期待できるのではないかと思います。どんな末脚を見せてくれるのか、楽しみです。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・ファルシオンが放牧。
・アーネストが放牧。

|

« 菊花賞(と京都)遠征記 | トップページ | 戴冠の時:ホースマンとファンの王者に…… »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/49881375

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜(月曜かも)競馬日記:

« 菊花賞(と京都)遠征記 | トップページ | 戴冠の時:ホースマンとファンの王者に…… »