« 戴冠の時:ホースマンとファンの王者に…… | トップページ | 「黄昏のシンセミア」感想日記 4:不満点等-追記 »

2010年11月 3日 (水曜日)

諏訪、船橋遠征より帰宅

 諏訪、そして船橋遠征から帰ってきました。
 二日目の船橋のレースはやや残念な結果でしたが、全体的にはいろいろと収穫の多い一日でした。
 今回はいろいろ書きたい事も多かったので、諏訪/船橋旅行記としてしばらくの期間、旅行記を連載したいと思います。
(現在推敲中のシンセミアの感想の最終回うpがまだなので次回の日記がこれで、旅行記についてはその次からの予定です)

 例によって完結までしばらく掛かりそうなので、今日の段階では思い出を箇条書きで、概要版という感じで書いておきたいと思います。

>諏訪編(初日)

・上諏訪から上社に巡礼。自転車は足に来る。
・「北斗神社」は北斗というより聖帝十字綾
・いつの間にか「ゆっくり茶屋」が前宮の内部にできていた
・他にも新しい店ができていたり、豪華になっていたり(下諏訪と本宮前)
・御柱祭後なので、御柱や各種展示も新しくなっている。
・御柱祭自体は騒がしいのでちょっと…でも次回は行こうかな?
・秋宮「神楽殿」は改装中。秋宮拝殿、そして春宮は改装終了で綺麗になってた。
・夕方5時にはもう暗い。春宮に行きそびれる。
・ワイドビューしなの(振り子電車)は酔う。
・夜間撮影時、ミニ三脚の効果は絶大。全然ぶれなくなった。
・夜に見る菊花展はやっぱり綺麗。
・pomeraでの文章書きはやっぱり便利。後はコード出力機能と無線LANがあれば…。
・毎度の事ながら電車が少ない。30分来ない事も。
・スーパーあずさは下諏訪には止まらない事もある。
・綿の湯はいいねぇ…。

>諏訪編(2日目)

・春宮に参って大社四ヶ所巡礼完了。御朱印が揃って御神供ゲット。
・下諏訪の町中で振興イベントが。時間がなくて最初しか参加できず残念。
・限定品「イノシカバーガー」を購入。美味しかった。
・その横で諏訪子様が消防服を着ている謎の萌えババロアが販売されていた。
・ゆっくりしたかったね!!

>メビウスJBC編

・船橋競馬場混みすぎワロタ。
・パドックが全く見えず、入る隙間も無い(何とか見える場所を確保)
・メビウス横断幕の制作者の方から声を掛けていただいていたので挨拶に行こうとしたのですが、そんな状況で近づく事など到底できず会えずじまいに。次回はなんとか…。
・トウホクビジンはメンコに「美人」と書いてあった。
・パドックではメビウスの入れ込みが激しく、この時点から不安になる。
・とにかく人が多い。レースも見える場所の確保にかなり苦労する。
・フリオーソの為の?前残りの馬場を逆手に取って、武豊騎手が意表を突いた逃げでそのまま勝利。やはり上手いなぁ…。
・前残り展開でメビウスは4着。良くも悪くもいつもの休み明けと同じ展開に。
・次走で例によって巻き返すとは思いますが、他の敗因っぽい要素(左回り、地方の馬場、遠征)についても考察が必要かと。
・菊花賞の事もあったので、とりあえず無事に次走のJCDに使えれば言うことはないです。必ずGI制覇のチャンスをものに出来る日が来るはず!

 今回のシルクメビウスの結果(4着)についてですが、他にもいろいろと要因はありますが、個人的な感想は、
「今回は(毎回不振な)『いつもの休み明け』じゃないと期待していたけど、現地で見てみればやっぱり『いつもの休み明け』だった」……しょうか。
 今回は残念でしたが、次走のJCダートでは巻き返してくれればと思います。今回の敗因っぽい要素がほとんど消えますので、今度こそは期待できるのではと思います。

(いずれにしても、この『休み明け不振』属性はそろそろ克服してくれないと今後も困る事になりそうです。調教等も良かったですし、個人的には今回のJBCが、『休み明け不振属性』を克服した事を確認する場となる予定だったのですが……)

|

« 戴冠の時:ホースマンとファンの王者に…… | トップページ | 「黄昏のシンセミア」感想日記 4:不満点等-追記 »

東方紀行」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/49928471

この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪、船橋遠征より帰宅:

« 戴冠の時:ホースマンとファンの王者に…… | トップページ | 「黄昏のシンセミア」感想日記 4:不満点等-追記 »