« 戴冠の舞台へ | トップページ | 東方諏訪旅行記4-3:上社ゆっくり巡礼(後編1) »

2010年12月 5日 (日曜日)

JCダート終了(観戦記?など)

 ジャパンカップダートが終了。2番人気で出走し、初のGI制覇が期待されたシルクメビウス号は残念ながら5着でした。

 まだレース当日の夜という事もあり、敗因、そして次走どうするか等は今後の情報を待ちたいと思います。もう一週間もすれば、とりあえず東京大賞典に使うのか、それとも一旦放牧するかは判るかと思います。


 さて、残念な結果に終わったものの、出資馬のGI出走という事で、レースそのもの以外にも楽しみがあります。
 競馬場で売っているGI出走記念グッズ(やその他いろいろ)の入手です。

 本当は、「出資馬が出走しているGIの日、一日の競馬場で過ごす雰囲気」そのものが一番のご馳走なのですが、今回の私は微妙な時間に外せない用事が入ってしまい、昼頃には外出できない(家にいなければならない)状態になってしまっていました。
 そのため、残念ながら今回はレースそのものも自宅でTV観戦する羽目になったのですが、それでもせめて各種記念グッズだけは!という事で、朝一で阪神競馬場に行ってきました(11時台には帰っているという行程ですが…)。

 入手したかったものは、一昨日の日記の通りで、
・「ジャパンカップダート」記念グッズ:ダートコースの砂入りの小瓶
・「ジャパンカップダート」記念グッズ:マフラータオル
・「ジャパンカップダート」記念グッズ:全出走馬名入りTシャツ
・「ジャパンカップダート」記念グッズ:馬番ボールペン

 でした。

 過去の経験から、一番早くなくなると見ていたのが「馬番ボールペン」でした。
 去年のJCDでも今年の菊花賞でもいずれも私が買いに行った時には売り切れてしまっていました。
 菊花賞のシルクアーネストなどは馬券的には最低人気だったのですが、それでも当日は同日出走だったオールディーの分も合わせて、綺麗に無くなっている始末。シルクの馬は口数が多いこともあって出資者の数も多いので、そのあたりが影響している様です。
 そんなわけで、競馬場に着いたらまずは売店に走る予定だったのですが、実際に着いてみると……それては別に謎の行列が出来ていました。

 「ダートコースの砂入りの小瓶」待ちの行列でした。
 こちらは当日の馬券が必要なので、ある程度余裕があると思ったのですが、それどころではありませんでした。ほぼ9時過ぎに着いたというのに、ものすごい列です。
 慌てて馬券を買って行列に急いだのですが、その時には既に1000個配り終わって行列は解散していました。残念……。

 その反面、馬番ボールペンの方は購入できました。朝早く行ったのが良かったのか、それとも上位人気だったのである程度数を作っていたのかもしれません。

 そんな感じで、「ダートコースの砂入りの小瓶」は逃したものの、各種JCダートのグッズ類は無事に揃える事ができました。
 残念ながら「出資馬の初GI制覇記念グッズ」ではなくなってしまいましたが、今回の記念として大切にしたいと思います。


 そして、「ハリボテエレジー」のフィギュアも無事に入手できました。
 一応正門を入って直ぐのコーナーで貰えるのですが、相変わらず周知が控えめな事もあって、GI当日だというのに貰いに来る人もまばらです。折角の企画なのに勿体ないなぁ……。

Photo

 フィギュアですが、結構作り込まれていていい感じです。
 何と言っても、「中の人」まできちんと作られています(笑) 改めて見ると、特に前の人が体勢的に大変そうですね。そりゃ、カーブで曲がれないわ……(笑)

|

« 戴冠の舞台へ | トップページ | 東方諏訪旅行記4-3:上社ゆっくり巡礼(後編1) »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/50221139

この記事へのトラックバック一覧です: JCダート終了(観戦記?など):

« 戴冠の舞台へ | トップページ | 東方諏訪旅行記4-3:上社ゆっくり巡礼(後編1) »