« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月29日 (土曜日)

週末競馬日記

>今週の桔梗屋出走馬[H23:4-5]

■土曜東京10R 春望S(D1400)シルクアルボーレ号出走 15:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201105010110

 アルボーレが土曜東京の準メインに出走します。
 今年で明け9歳となりました。2歳でデビューしたので、これで足かけ8年という長いつきあいとなっています。最近は着順こそ悪いですが、まだ末脚の切れ味は残っています。前走でも出走メンバーで最速の末脚を繰り出していますし、展開次第では上位進出の目はありそうです。
 今回は前走で現級2着の馬が3頭いたりとメンバー的には揃っているのですが、有力馬に先行馬が多い感じですし、今回はハンデ戦で53キロと軽めの斤量です。何とかいいレースをしてくれる事に期待したいと思います。

■日曜小倉9R 4上500万下(T1200)シルクマタドール号出走 14:15
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201110010409

 マタドールが日曜の小倉で復帰初戦を迎えます。前走は昨年の5月なので、8ヶ月ぶりとなります。
 昨年からは着実に力を付け、5着-3着-2着-2着と着実に順位を上げ、中央初勝利が目前に迫った矢先に骨折が判明、無念の放牧となりました。今回は復帰初戦となります。
 今回ですが、相手関係はかなり軽め(前走、現級で掲示板に載った馬が2頭だけ)で、実績だけであればマタドールが最右翼です。休養明けではありますが、結構人気は集まりそうですし、ある程度力が出せる様であれば十分に通用すると思います。

 今回の焦点は、何と言っても骨折からの休養明けなので、どの程度本来の力が出せるかという一点に絞られると思います。アルボーレ(9歳)ほどではないですが、マタドールも明け7歳となりました。何とかこのチャンスを生かして、念願の初勝利を挙げて貰いたいところです。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ

・アルバスが障害試験を再度受けるもまた不合格。疲れが出たので放牧へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水曜日)

払いすぎたお金が戻ってくるかもしれません(一口馬主の税金-1)

 この時期(平成23年の1月)になって何なのですが、先週末に、今更ながら「平成21年(一昨年)分の」確定申告(というより還付金の申請)を行いました(郵送での申告)。

 私は給与所得者で副業もしておらず、資金運用系でも申告する程の損得はありません。そのため、基本的に毎年の税金関係は会社の年末調整で完結していました。
 が、平成20年頃から一口馬主の税金の集金システムが変わってしまいました。簡単に言えば、「一定額を先に天引きし、改めて確定申告(還付申告)で調整する」方式になってしまったのです。
 この、「天引き(源泉徴収)される一定額」が結構高め(利益の20%)で、しかも「一口馬主全体で黒字である」事を前提にして引かれているので、赤字の場合は全額、必要ないのに源泉徴収されている事になります。
 私の場合はこの年の一口馬主としての収支が赤字でしたので、この天引きされた分は還付申告を行えば全額返金されるわけです。
 逆に言えば、「還付申告をしないと帰って来ない」わけで、非常に面倒です。

 これまではこうした利益の処理も含めて、基本的に「必要であれば確定申告をする」システムになっていました。私のように給与所得者で、一口馬主が赤字であったり、確定申告義務ライン(その他の所得が20万以上)に行っていない人たちは何もしなくて良かったのですが、最近の改正で、「還付申告しない限り損をする」仕組みになってしまいました。全く面倒なものです。
 こうなった理由は、所謂「一口馬主」が、馬主と同様に扱われず、法的には「商品ファンド」(先物取引とかと同じ)として扱われている事に起因しています。その裏には、一般馬主の意向とか、国税庁やどこからかの圧力とかいろいろあるらしいです。少なくとも一般の馬主はこんな税金の扱いはされない(条件を満たせば事業所得になったり損失の繰り越しができる事も…)ですし、何とか改善して貰いたいところです。

 何はともあれ、とりあえず今後もこの仕組みが変わらない限り毎年つきあう事になりそうなので、自分用のメモも兼ねて要点を纏めておくと、

・黒字になった馬は、(一口馬主全体で黒字になっているかに関係なく、個別の馬について)利益の2割が源泉徴収されている。
・上記の額は、一口馬主全体で赤字だった場合は還付申告により全額還付される。
・黒字だった場合は確定申告を行い、再計算して精算される。
 「一口馬主の黒字額+その他の収入の所得税率」で所得全体を再計算し直す形になるので、場合によっては(税率が上がるラインを越えると)所得全体に影響が出る。
 ちなみに、一般的な所得ライン?の課税所得が330万~695万円で税額20%、195万円~330万円の場合10%です(別途控除額あり)。再計算後の所得次第で還付されたり余分に取られたりする事に。
・黒字の馬がいない場合(当然、全体でも赤字)は、そもそも税金を天引きされていない(源泉徴収されていない)ので、確定申告をしても意味が無い。
・「黒字」「赤字」の要素(収入や経費)は(減価償却等の概念が絡んでいる)「税金的な意味」で計算されるので、一般的なイメージとは異なるので注意。クラブから送られている明細書をよく読む必要あり。

・会社が年末調整を行っている給与所得者で、(一口馬主の収支を含む)その他の所得が20万円未満の場合は、(他に申告が必要となる要素が無ければ)確定申告(または還付申告)を行う義務は無い。
・ただし、還付金についても申告を行わない限り帰って来ない。
・申告して戻ってくる額が微額で、手間に対して割に合わない場合は申告せずに放っておくという手もありかと思います。

・「確定申告」(黒字額の精算)を行う場合は、基本的に所定の期間(2月16日~3月15日)に申告を行う必要がある。
・「還付申告」の場合は、5年以内であればいつでも可能。

 ちなみに、私の平成21年の場合、黒字(=利益の2割が天引きされている)の馬は、メビウス、アルボーレ、パスワードの3頭。大半がメビウスの黒字額で、源泉徴収だけで3万円以上引かれています。
 また、アルボーレやパスワードに「利益」が出ているのは、レースでの活躍というより見舞金や引退時の精算関係による収入で、しかも高齢で減価償却費が掛からない(6歳4月時に全て償却されてゼロ扱いになる)事が関係しているので、その事も考えると、この年は実質メビウスだけ黒字という状態でした。

 全体的には結構赤字だったのですが、黒字だった馬について3万円ほど天引きされているという事で、今回はこの天引き分を返して貰うために還付申告を行ったわけです。

■参考:平成20年分の還付申告を行った時の日記(H21.4.5)
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2009/04/post-45a1.html

 で、何でこんな時期に還付申告をしているのか(これまで放置していたのか)ですが、還付なので急がなくていい(確定申告と違い、5年以内ならOK)事もあるのですが、要するに「書類を書くのが面倒なので、いずれ時間が取れた時にやろう」と思いつつ、いつの間にか忘れていた(笑)事が原因です。

 そして、何故今になって申告をしようと思ったのかですが、もうすぐ関係書類が届く今回分(平成22年分)については、昨年かなり出資馬たちが活躍してくれたので、ひょっとしたら確定申告が必要になるのでは……と思われたからです。
 22年度分の確定申告を行うのに、まだ21年度分を出していないのは流石にまずいだろう……という事で、慌てて申告書を作成、還付申告を行ったわけです。


 そして、この日記を書いている時点で、22年度分の関係書類(私の場合は、シルクHCから申告時の添付書類となる「収支明細書」が送られてきます)が届いています。
 この収支明細書を改めて見直すと、思わぬ結果となったわけですが……この事については、次回の日記で書きたいと思います。

(第2回↓に続く)
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2011/02/post-2e92.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日曜日)

「長月さんって言うんですね」「イカちゃんの事が大好きなんですね」

■早苗、入魂プロジェクト! イカ娘生写真直売所
 http://shop.picturei.jp/ika/

 先日までアニメが放映されていた「侵略!イカ娘」のコラボレーション企画で、主人公のイカ娘の事が大好きな少女「早苗」が撮影した(という設定の)写真を公式販売しているサイトです。
 「クリスタルプリント」というかなり高品質の写真が1枚300円(4枚1000円)というかなり安い値段設定になっている事もあり、元の作品の日記も相まってかなり売上げが上がっている様です。

 http://journal.mycom.co.jp/news/2011/01/03/012/index.html

 各所で実際に注文された方の感想等が上がっていますが、かなり画質も良く、評判も上々の様ですね。
 こうした企画は面白いですね。今後、他の作品でもこうした流れが出てくるのではないかと思います。


 さて、この「侵略!イカ娘」なのですが、私はアニメ開始当時はまだコミックスは未読だった事もあり、アニメを見たのがこの作品の初見でした。

 ……で、上記の記事に出てくる「早苗」というのが主人公のイカ娘を追い回す変態でして、しかも話数が進む毎に酷くなっていくので(特に4話と10話は酷かった(笑))、「こいつ、変態だ(笑)」……とニヤニヤしながら見ていたのですが、ふと、「そう言えばこの子のフルネーム(苗字)は何なんだろう」と思って調べて見ると、「長月早苗」でした……。
 何で、よりによって自分と同じ「長月」……。

 ショックを受けつつも、その後改めてアニメや原作やその他絵や動画を見直しているうちに、いつの間にか感情移入したのか、何だか妙な親近感というか、他人とは思えない様な気持ちになって来ました(笑)
 そんなわけで、彼女の活躍を今後も影ながら応援したいと思います。

 この人気ならアニメも多分2期をやりそうな気がしますし、新たな活躍?が見られる事を楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土曜日)

クロノスがデビュー(週末競馬日記)

>桔梗屋新馬紹介:シルククロノス

 今週、シルククロノス号がデビュー予定です。明け3歳では3頭目のデビューとなります。
 最初の2頭のデビューは結構早かったのですが、その後デビュー馬が出ないまま間が開いてしまい、年が明けたこの時期にようやく3頭目がデビューです……。既デビューの2頭は今のところ残念な成績になっているので、クロノスには何とか頑張って欲しいものです。

【シルククロノス】(8-44)(Kronos:ギリシャ神話の神)
 父:フジキセキ
 母:メジロヴィーナス(母父:*トニービン)
 平成20年2月18日生まれ 牡 栗東:中尾秀厩舎
 募集価格 1500万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2008102728/


 「最強の出遅れ(スタートが悪い)馬」として知られ、重賞入着の常連だったメジロディッシュの孫にあたります。伯母のメジロシャープやメジロビクトリアも結構活躍しましたし、母のメジロヴィーナスも2勝。兄メジロアルタイスも現在2勝を挙げています。
 血統や近親から「メジロの馬」という印象ですが、実は何気に社台、白老Fの生産馬です(母親が白老Fに買われた)。母親は今回の父フジキセキ(というよりSS系)は初の配合となっています。この配合でどんな活躍をしてくれるか楽しみです。
 ゲート試験で2度不合格になったりと不安な面もありますが、調教時計も徐々に良化してきています。レース本番では能力を見せて貰いたいところです。

>今週の桔梗屋出走馬[H23:2-3]

■土曜京都6R 3歳新馬(T1600)シルククロノス号出走 13:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201108010706

 クロノスがデビュー戦を迎えます。
 新馬戦という事で、相手関係はいまいち不明ですが、エアメサイアの初子(エアワンピース)やディープインパクトの第一子(最初に生まれた産駒:ナリタカサブランカ)あたりが話題に上りそうな馬でしょうか。
 ここでどの程度通用するかは走ってみるまで判りませんが、京都芝のマイル戦で好走できれば今後のレースの幅も広がりそうです。調教時計も良くなって来ていますし、鞍上には岩田騎手を早めに押さえてくれています。初戦からいいレースを期待したいと思います。

■土曜京都8R 4上500万下(D1200)シルクデイブレイク号出走 14:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201108010708

 デイブレイクが復帰初戦を向かえます。
 デビュー戦を既走馬相手に楽勝した時にはかなり期待されましたが、その後は人気を裏切る競馬が続いています。
 特に放牧前はD1700戦を使ったものの共に人気を裏切る結果で掲示板にも載れないという成績でした。今回は1200mに戻るので、巻き返しを期待したいと思います。対戦相手も前走馬券に絡んだ馬がいないなど、かなり楽なメンバー構成です。復帰初戦となるので調子次第ではありますが、いきなり上位進出の目も十分にあると思います。期待したいと思います。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・アルバスが障害試験を受けるも不合格。
・スペンサーがゲート試験合格。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日曜日)

東方諏訪旅行記4-4:上社ゆっくり巡礼(後編2)

■第4回東方諏訪旅行:目次
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2010/11/post-f31b.html

■諏訪大社上宮前宮
 さて、続いては諏訪大社の上宮前宮に向かいます。
 諏訪も4回目という事もあり、すっかり道も覚えてしまっています(というより、特に上宮については道路沿いですし、迷う要素はないのですが)。自転車を置いて鳥居をくぐり、前宮への参拝ルートを上がっていきます。
 社務所の側を通ると、程なく、上に拝殿と御柱が見えてきます。

 前回からの変化なのですが、やはり御柱祭の後なので、御柱等が新しくなっている事でしょうか。他の3社と違い、前宮については違いが御柱位しかわかりませんが、それだけに、真新しい御柱が目に映えます。

13
(写真:前宮の新しい御柱)

 そんな事を考えながら、拝殿に向けて坂を登っていきます。そして、ふと右手を見たとき……大きな変化が起きている事に気がつきました。

 そこには、喫茶店が経っていました。そう……前宮の中に喫茶店がオープンしていたのです。

14
(写真:前宮の入口。よく見ると奥に「ゆっくり茶屋」の建物が見えます)

 このお店については「近くにできている」という情報は各所で見ていたので、前宮の入口近くの道路沿いなのかな、後で道すがら探してみようかな……位に思っていたのですが、「近く」どころではありません。一般的な視点から見れば、どう見ても諏訪大社の「中」です。本当にありがとうございました。

 現地をご存じの方に説明しますと、前宮は、
1.道路から鳥居をくぐり、入っていく
2.少し上ると、左手に十間廊、右手に社務所
3.更に少し上がると前宮拝殿。近くに御柱や水眼の清流など

…という構成になっており、一般的な視点では「1」の鳥居をくぐった時点で神社の内部です。
 で、その喫茶店なのですが、「2」の社務所等がある場所から「3」の本殿等に上がっていく道の途中、道の右手に普通に建っているのです。それも、分かれ道があって少し歩けば行ける……というレベルではなく、道のすぐ右側に普通に建っています。そこから見上げると本殿が普通に見える状態で、参拝ルートから行けば社務所よりも近い位です。

 確かに、前宮については鳥居の先(つまり、山全体)が丸々諏訪大社の土地というわけでは無い様で、道を少し外れると民家が見えていたりはしたのですが……それにしても、普通に神社の内部、本殿目の前の道路沿いにあったので、本当に驚きました。
 場所が本当に諏訪大社の内部で、前宮を参拝に来た人しか来店する可能性が無いので商売になるのかは良くわかりません。鳥居前の道路沿いであれば、まだ通りすがりの車とかが来るのかもしれませんが……。他の諏訪大社3社と違って観光客向きでは無いと思いますので、何とか頑張って欲しいなと思いました。
 今回は時間の関係で喫茶店には入らなかったのでどんなお店だったのかは判りませんでしたが、次回の機会には入ってみようと思いました。

15
(写真:「ゆっくり茶屋」の建物)

 ちなみに、窓からちらっと内部が見えたのですが、お店の中には蛙の人形が。そして、目玉のような突起の付いた特徴的な帽子が置かれていました。やはりあれは諏訪に伝わる伝統的な装束なのでしょうか(笑)

 そして何より、入り口の看板に書かれていた言葉が印象的でした。

「 ゆ っ く り し て い っ て ね 」
16


 この言葉から、諏訪の皆さんのもてなしの精神が伝わって来ました。

 今回は時間的な制約があったために喫茶店に寄る事ができず、ゆっくりできなかったのですが、次回はもっと余裕のある日程で諏訪参拝に来たいなと思いました。お茶や軽食を楽しみながら諏訪大社の景色を楽しむのもいいかもしれませんね。

 次回こそはゆっくりするんだ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土曜日)

マークミスに要注意

 今年に入ってから好調が続いているIPAT馬券道場。
 順位はどのくらいかな~と成績を再確認してみたのですが、見てみると自分で思ってたよりも妙に回収額が少ない事に気がつきました。
 何故だろう、と詳しく調べて見ると、先週日曜日のレースのひとつで購入時にマークミスをしていたらしく、予想した(本来当たっていた)馬では無く、別の馬に印をしていた事が発覚しました。不注意のために貴重な複勝8.3倍×2が……。
 幸いにも今期は調子が良く、それでもかなり黒字なので、気を取り直して昇段を目指して頑張りたいと思います。

 そんなわけで、今日からセンター試験が始まる様ですが、皆さんもマークミスに気をつけて頑張って下さい。
(ここを見に来る方で受験生はいない気がしますし、とうに試験が始まっているこんな時間に書いても遅いのですが)


>今週の桔梗屋出資馬あらすじ
 今週も出走がないため、微妙に寂しい週末です。来週は新馬デビューも予想されていますし、楽しみにしたいところです。

・プラチナムが引退。先日引退のウィザードと共に、福山に移籍予定。
・スペンサーが入厩。
・クロノスは今週デビュー予定も一週間延期。
・アーネストが帰厩。
・フェリーチェがゲート試験合格。
・メビウスが放牧。次走はフェブラリーSか名古屋大賞典。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金曜日)

5重勝単勝式馬券の予習と検証

 皆様ご存じの通り、今年の4月から「5重勝単勝式馬券」が発売される事になりました。

 http://jra.jp/news/201012/120602.html


 今回(から)の日記では、これから4月までの間、この「5重勝単勝式馬券」の予習と検証を兼ねて、自分自身で5重勝予想を模擬でやってみたいと思います。
 模擬でやってみて、本当に5レース当たる様だったり、3~4レースくらいは結構当たる様であれば、実際に導入された時にもやってみたいと思います。


■模擬「5重勝単勝式馬券」の購入ルール(実際に開始された時もこの買い方をする予定です)
1.各レース「自分が勝つと思った馬」と「1番人気の馬」の2頭ずつを選択して購入。
 5レース×2頭なので、順当に行けば毎回2の5乗で32通り。3200円ずつ使う事になります。毎週1回の宝くじ?投資額としては、まあそれなりの線かと…(次項の条件次第で減額されますが)。

2.「自分が勝つと思った馬」と「1番人気の馬」が一致した場合、および「1番人気の馬」の単勝が1倍台だった場合は、「1番人気の馬」のみを購入する。
 上記の場合は1頭に絞る事で買い目を絞ります。1レースで買い目を絞ると購入額も半分(3200円→1600円)になるので、的中率は下がるもののお得感の方が大きいと見ています。

 ただし、模擬企画での購入レースは、「関西主場の後半5レース」で行います。実際の「5重勝単勝式馬券」の対象レースとは異なりますが、これは「馬券道場」で予想した馬を「自分が勝つと思った馬」としてそのまま使用する(使い回して手間を省く)ためです。
 私の「馬券道場」の予想方法は複勝買いなので、今回使う「自分が勝つと思った馬」も実際は「3着以内に来る可能性」で選んでいるので、単勝としての的中精度は私の実際の馬券予想能力よりは低くなっていると思われます。まあ、元々の「馬券予想能力」がそれほど大したものではないわけですが……。

 なお、「1番人気の馬」がどれなのかや、1倍台なのか…は、私が馬券を購入する時点(大体午後0時台)で判断しますので、最終的なオッズとは異なる場合があります。

 そんなわけで、ここからは毎回の摸擬購入の結果を書いていきます。今後4月まで、ここより後ろの予想結果は黙々と追加されていきますが、追記されても最新日記として一番上に来るわけでもないので、過去ログに埋もれていく事になるかと思います。
 ……もし的中する事があれば、別途日記を立ち上げるので、その時には改めて注目される事になるかもしれません(笑)


■ここから毎回の予想結果
(凡例)
 購入日、レース、購入数、的中R数、外れたRの最高着順
 勝つと思った馬の馬番/1人気馬の馬番(!付きは1倍台) → 着順
 予想配当:5Rの単勝を掛け合わせた数値。実際とは違うのですが、模擬という事で

◇01月05日 水 京都8~12R 16点買い 2R的中 他:14着2着2着
 619510/164!637 → 141/(2)14/32/24/141
 予想配当:4,892,659円

◇01月08日 土 京都8~12R 16点買い 0R的中 他:2着3着2着3着6着
 312641/12!10965 → (1)2/73/82/313/126
 予想配当:65,822,801円

◇01月09日 日 京都8~12R 16点買い 3R的中 他:5着4着
 713212/1418129 → 31/1/31/95/74
 予想配当:1,014,899円

◇01月10日 月 京都8~12R 8点買い 0R的中 他:2着6着3着3着5着
 142864/1411224 → 2/126/312/53/5
 予想配当:104,978,184円

◇01月15日 土 京都8~12R 16点買い 2R的中 他:2着3着2着
 11941510/11!101389 → 2/110/34/142/51
 予想配当:104,019円

◇01月16日 日 京都8~12R 16点買い 0R的中 他:2着4着3着3着2着
 89101310/981055 → 82/104/3/103/27
 予想配当:3,707,187円

◇01月22日 土 京都8~12R 8点買い 3R的中 他:6着3着
 39475/1513!23! → 86/31/(3)1/63/(6)1
 予想配当:89,609円

◇01月23日 日 京都8~12R 8点買い
 124121412/1267112 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水曜日)

新年金杯

 あけましておめでとうございます。今年も桔梗屋旅館を宜しくお願い致します。

>初詣の異変

 例年、うちの新年初めの日記は初詣のネタになっています。毎年の初詣先は大阪箕面の「勝尾寺」という「勝ち運(勝負事)の寺」です。
 例年は元日に行くのですが、今年は雪が元日からかなり降って危なかった(お寺が箕面の山の上にあるのです)事もあり、3日に行ってきました。
 帰りにはお寺の近くにあるお墓参りに行ってきたのですが、更に山の上にある事もあってかなり雪が残っていて脚元が滑って怖かったです。雪は積もるは、寒いわで大変でした。
 将来、こんなくそ寒いお墓に入らなければならないと考えると嫌になってきます。頑張って長生きしようと思いました(笑) 俺、死んで霊になったら、お墓には行かずに、(冷暖房完備にした)仏壇のある部屋に引きこもるんだ……。


 あと、うちが競馬系?HPである事もあり、毎年最初の日記には「勝尾寺」への奉献酒のネタを乗せています。「勝尾寺」の勝ち運にあやかろうと、毎年勝負事に関係する各方面の方々がお酒を奉納しているのですが、その中に有力馬主の名前も見られます。
 毎年の日記を見て頂いての通り、取り上げる方はほぼ固定だったのですが……今年は大きな変化がありました。

 なんと、毎年かならず奉献していた「アド○イヤ軍団」の名前がありませんでした。過去の日記を見ると、少なくとも平成14年からは継続してお酒を奉献していたのが確認できるので、これは大事件です。私が見落としている可能性もありますし、ひょっとしたら匿名で奉献する方針に切り替えたのかもしれませんが、正直驚きました。
 そして、その代わりに?新しく姿を見せたのが「グ○ンプリ軍団」という奉献者です。去年の写真を確認しましたが、名前が見あたらなかった(そこまで気をつけて撮影していないので見落としている可能性はありますが)ので、今年から新たに登場したと思われます。
 「グラン○リ軍団」だけなら一般的な名称?ですが、連名で書かれている名前が社長さんの名前と一致するので、間違いなく馬主の「グラ○プリ」さんです。

 去年の「アドマ○ヤ軍団」と「グ○ンプリ軍団」の競馬での成績は皆様ご存じの通りです。「御利益」の方は既に去年から出てきている様な気もしますが、お寺の神通力の強さを見る意味でも、今年の競馬ではこの傾向がどうなるのかに注目したいと思いました。

 あとは、願わくば、毎年欠かさず参拝している私にも、勝ち運が来る事に期待したいところです。とりあえず最低でも、ここ3戦先着を許しているアドマイヤスバルに先着させてくれるあたりの御利益を何とか……(笑)

>その他(馬主関係)
 そう言えば、京都金杯に出走する「立直冠(仮名)」の馬主が今回から変わっていますね。「前の馬主さん」については、ここ最近、馬主から撤退?等の噂が出ていますが、果たしてどうなるのでしょうか? 他にも手放した馬が数頭いる様ですし、今後に注目したいです。
 「前の馬主さん」は(経過はともかく(笑))最近話題になってかなり売れた「あの本」の出版社の会長なので、金銭的には問題無さそうな気もするのですが……。
(というより、児童書で確固たる地位を築いていますし、安泰だと思っていたのですが…)

>今週の桔梗屋出走馬[H23-1]

■水曜中山10R 初日の出S(D1200)シルクプラチナム号出走 14:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201106010110

 今年の初出走は中山準メインのプラチナムです。
 もう今年で明け8歳ですし、久々の前走がイマイチだったのであまり期待は持てないのですが、ダートに変わる事はプラスに働くと思います。
 前走も直線に入るあたりまでは前々で競馬をしていましたし、ダート変わりで粘りが増す事に期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »