« 東方諏訪旅行記4-4:上社ゆっくり巡礼(後編2) | トップページ | 「長月さんって言うんですね」「イカちゃんの事が大好きなんですね」 »

2011年1月22日 (土曜日)

クロノスがデビュー(週末競馬日記)

>桔梗屋新馬紹介:シルククロノス

 今週、シルククロノス号がデビュー予定です。明け3歳では3頭目のデビューとなります。
 最初の2頭のデビューは結構早かったのですが、その後デビュー馬が出ないまま間が開いてしまい、年が明けたこの時期にようやく3頭目がデビューです……。既デビューの2頭は今のところ残念な成績になっているので、クロノスには何とか頑張って欲しいものです。

【シルククロノス】(8-44)(Kronos:ギリシャ神話の神)
 父:フジキセキ
 母:メジロヴィーナス(母父:*トニービン)
 平成20年2月18日生まれ 牡 栗東:中尾秀厩舎
 募集価格 1500万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2008102728/


 「最強の出遅れ(スタートが悪い)馬」として知られ、重賞入着の常連だったメジロディッシュの孫にあたります。伯母のメジロシャープやメジロビクトリアも結構活躍しましたし、母のメジロヴィーナスも2勝。兄メジロアルタイスも現在2勝を挙げています。
 血統や近親から「メジロの馬」という印象ですが、実は何気に社台、白老Fの生産馬です(母親が白老Fに買われた)。母親は今回の父フジキセキ(というよりSS系)は初の配合となっています。この配合でどんな活躍をしてくれるか楽しみです。
 ゲート試験で2度不合格になったりと不安な面もありますが、調教時計も徐々に良化してきています。レース本番では能力を見せて貰いたいところです。

>今週の桔梗屋出走馬[H23:2-3]

■土曜京都6R 3歳新馬(T1600)シルククロノス号出走 13:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201108010706

 クロノスがデビュー戦を迎えます。
 新馬戦という事で、相手関係はいまいち不明ですが、エアメサイアの初子(エアワンピース)やディープインパクトの第一子(最初に生まれた産駒:ナリタカサブランカ)あたりが話題に上りそうな馬でしょうか。
 ここでどの程度通用するかは走ってみるまで判りませんが、京都芝のマイル戦で好走できれば今後のレースの幅も広がりそうです。調教時計も良くなって来ていますし、鞍上には岩田騎手を早めに押さえてくれています。初戦からいいレースを期待したいと思います。

■土曜京都8R 4上500万下(D1200)シルクデイブレイク号出走 14:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201108010708

 デイブレイクが復帰初戦を向かえます。
 デビュー戦を既走馬相手に楽勝した時にはかなり期待されましたが、その後は人気を裏切る競馬が続いています。
 特に放牧前はD1700戦を使ったものの共に人気を裏切る結果で掲示板にも載れないという成績でした。今回は1200mに戻るので、巻き返しを期待したいと思います。対戦相手も前走馬券に絡んだ馬がいないなど、かなり楽なメンバー構成です。復帰初戦となるので調子次第ではありますが、いきなり上位進出の目も十分にあると思います。期待したいと思います。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・アルバスが障害試験を受けるも不合格。
・スペンサーがゲート試験合格。

|

« 東方諏訪旅行記4-4:上社ゆっくり巡礼(後編2) | トップページ | 「長月さんって言うんですね」「イカちゃんの事が大好きなんですね」 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/50651417

この記事へのトラックバック一覧です: クロノスがデビュー(週末競馬日記):

« 東方諏訪旅行記4-4:上社ゆっくり巡礼(後編2) | トップページ | 「長月さんって言うんですね」「イカちゃんの事が大好きなんですね」 »