« 週末はフェブラリーS! | トップページ | そろそろ初白星を(競馬日記) »

2011年2月19日 (土曜日)

九度目の挑戦(フェブラリーS展望)

■シルクメビウス号出走! フェブラリーS(GI)
 http://jra.jp/keiba/thisweek/2011/0220_1/syutsuba.html

◇参考:桔梗屋、GI制覇への道(過去出走成績)
01 H18.09.18 シルクウィザード  ダービーGP   5着/14頭(4人)0.8秒差
02 H21.07.08 シルクメビウス   JDダービー   2着/13頭(2人)0.3秒差
03 H21.12.06 シルクメビウス   JCダート    2着/16頭(5人)0.6秒差
04 H22.10.24 シルクオールディー 菊花賞      15着/18頭(8人)1.2秒差
05 H22.10.24 シルクアーネスト  菊花賞      17着/18頭(18人)1.6秒差
06 H22.11.03 シルクメビウス   JBCクラシック 4着/13頭(2人)1.8秒差
07 H22.12.05 シルクメビウス   JCダート    5着/16頭(2人)0.5秒差
08 H22.12.29 シルクメビウス   東京大賞典    5着/14頭(3人)2.0秒差
(GI出走:2月振り9度目)

 今年最初の中央GI「フェブラリーS」にメビウスが出走します。

 大きな勲章が期待された去年の秋でしたが、GIを3度使って4着5着5着という結果でした。現役屈指の実力は持つものの、その性質からなかなか実際に勝てる形で歯車がかみ合わない感じです。
 日記タイトルでは「9度目の挑戦」になっていますが、これはうちの出資馬全体での事で、メビウスにとっては6度目のGI挑戦となります。これまで全て掲示板に載っているものの、なかなか手が届かないGIのタイトル。今度こその期待が掛かります。

 今回ですが、

・元々、東京大賞典後は暫く休養予定だったが、予定を変更しての出走
・帰厩してからそれほど経っていないので仕上がり途上。
(厩舎サイドも、もう1、2週あれば…という発言をしている)
・休養明け初戦、左回りにはあまり良績が無い。
 重馬場に良績があるが、現時点まで稍重まで戻っているので当日は両馬場っぽい
・輸送で入れ込む性質があるので、関東での競馬はどうか

 あたりの不安点がありますので、去年の秋3レースと比べれば、やや期待値が下がってしまう感じでしょうか。
 ただし、

・トランセンドは去年の東海Sで撃破経験あり、フリオーソは中央に良績無し、セイクリムズンは好走経験が1400mまで……と付け入る隙は十分にある。
(むしろ、やや人気は落ちるものの、こうした隙が無さそうなダノンカモンやバーディバーディの方が怖い感じですね。特にバーディバーディの方はここ2戦先着されているだけに尚更……)
・フェブラリーSは逃げ馬はほとんど勝った事がない
・有力馬に先行馬が揃っており、差しに向く展開になりそう
・コース適性等がありつつも、東京ダート1600は「ユニコーンS」で勝っている
・今回乗り変わった岩田騎手の手腕に期待


 ……と、勝てる可能性のある要素も結構揃っています。期待したいところです。

 個人的には、勿論勝ってくれれば言うことはないのですが、去年の秋が消化不良気味だった事もあるので、まずは今回はその実力を、そして持ち味を出し切った競馬を見せて欲しいですね。届いても届かなくても、直線で、あの周りが止まって見える末脚を見せて欲しいと思います。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ

■シルクアルボーレ号が引退。
 2歳~9歳まで実に足かけ8年という長い間頑張ってくれたアルボーレもついに引退となりました。
 素晴らしい末脚を武器に4勝し、衰えが見え始めるまで準OPでも安定勢力として活躍してくれました。
 入れ違いで(厩舎は違いますが)入厩した全弟のエスティームに、後を継ぐ活躍を期待したいところです。

 今後はまだ未定ですが、地方に移籍すればまだやれると思います(↓の2頭も活躍していますし)ので、再募集に期待したいところです。


■地方に移籍したシルクウィザードが2連勝、黒船賞出走権を獲得
 http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2011%2f02%2f19&k_raceNo=9&k_babaCode=30

 本日(2月19日)に行われた福山の「いろは丸特別」で高知の快速馬ポートジェネラルを撃破して優勝、2連勝を挙げました。レコード勝ちのおまけ付きです。
 このレースは交流重賞の「黒船賞」トライアルで、勝ち馬には優先出走権が与えられるので、無事であれば次走は黒船賞に出走する事になりそうです。出資馬ではなくなってしまいましたが、引き続き応援したいと思います。
 今回撃破したポートジェネラルは地方短距離馬の強豪で、交流重賞でも時々掲示板圏内に来ています。調子や対戦相手次第では黒船賞でも結構期待できるのではないでしょうか。

 なお、このレースでは同じく元出資馬のシルクプラチナムも出走していました。今回は失速してしまいましたが、地方移籍初戦となる前走もウィザードと同じレースに出走してウィザードが1着、プラチナムが2着。3着以下を8馬身突き放す強い競馬を見せています。両馬共に、これからも福山で活躍し続けて貰いたいものです。
(地方移籍という事で「いつ初出走するのかな」と気にはしていたのですが、まさかこんなにすぐに出走するとは思わなかったので、移籍初戦は見落としてしまいました…)


 それはそうと、両馬ともに、もっと早い段階で地方移籍して、地方再募集してくれていれば言うことなかったのですが、募集されなかったのが残念ですね。
 こうした中央ダートで一定の実績を挙げた馬の地方移籍時こそ、シルクが導入した地方馬募集制度が生きると思っているので、今後はもっと積極的に募集して貰いたいと思います。

|

« 週末はフェブラリーS! | トップページ | そろそろ初白星を(競馬日記) »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/50915809

この記事へのトラックバック一覧です: 九度目の挑戦(フェブラリーS展望):

« 週末はフェブラリーS! | トップページ | そろそろ初白星を(競馬日記) »