« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土曜日)

日曜の競馬日記

 シルクメビウス号の復帰戦(東海S)の鞍上が武豊騎手に決定しました。
(今後スマートファルコンとぶつかった際には間違いなく乗り変わると思われるので、嬉しい事ながら鞍上を努める騎手が安定しない事に対する不安感もあります)

 何気に凄い事なのですが、一昔前であれば間違いなくあったであろうワクワク感をあまり感じないのは、やはり武騎手のここ最近の不振故でしょうか。
(東海Sに乗りに来ているという事は、その裏で開催されるオークスに乗鞍が無いという事ですし)
 先日はメジロ牧場解散という残念なニュースがありましたが、少し前までリーディングのトップを走っていた武騎手の低迷が常態化している事は、良くも悪くも時代が変わった事を感じさせます。
 とはいえ、何と言っても「あの」武騎手ですし、その手腕に期待したいところです。東海Sのメビウスは勿論ですが、まずは日曜日のフェリーチェをそろそろ勝たせて貰いたいなと思います。


>今週の桔梗屋出走馬[H23:33-35+特別編]

■日曜京都3R 3歳未勝利(T1200)シルクフェリーチェ号出走 11:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201108030403

 フェリーチェが日曜の未勝利戦に出走します。
 2着×2回で勝ち上がりが期待された前走は1番人気に推されたものの直線で失速、5着という結果でした。フケの影響で全く競馬にならなかった様です。今回は改めて勝ち上がりを掛けてのレースとなります。
 今回ですが、対戦相手で有力なのが前走2着のネオザミスティックあたりでしょうか。しかしこの馬も成績に波がありますし、他に何頭か僅差続きの馬たちもいますが、フェリーチェが実績1番手と言っていいと思います。前走が度外視できる事が前提ですが、勝てる可能性は結構あるのではないでしょうか。
 ただ、今回は本当に前走が度外視できて、いつも通りの走りができるのかが鍵となります。前走の様にフケでないこと、3戦振りの芝、そして初の芝1200mがどう出るか、そして前走で14キロ減った体重がどうなっているかなど、不確定要素が結構あります。できれば克服していいレースを見せて貰いたいところです。
 ここで決められずに放牧でもされてしまうと、未勝利の残り時間が危なくなって来るので、できればここで決めて欲しいと思います。

■日曜新潟12R 3歳未勝利(D1800)シルクエステート号出走 16:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201104010412

 エステートが日曜新潟の最終に出走します。
 前走は直線でいい末脚を見せてくれて差し切り勝ち。1000万に再昇級を決めました。
 今回は昇級初戦となります。前回に1000万に上がった時は不良馬場だった事もあり14着と大敗しています。改めて今回は1000万でどこまで通用するかを占うレースとなります。また今回は、復帰して1度叩いて放牧を繰り返していたエステートにとっては久々の続戦でのレースとなります。どの程度調子を維持しているかもポイントとなります。
 対戦相手ですが、準OPで活躍していたスタッドジェルランを筆頭に、現級で掲示板に載っている馬が多数おり、かなりレベルは高そうです。どこまで通用するかはわかりませんが、いいレースを見せて貰いたいと思います。
 

■日曜東京12R 4上1000万下(D1400)シルクファルシオン号出走 16:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201105020412

 ファルシオンが日曜東京の最終に出走します。
 復帰戦の前走は変則開催の影響で阪神への輸送が影響したのか、10着という結果でした。今回は得意の東京コースに戻るので、改めて期待したいところです。
 今回は初めての1400m戦となります。過去のレースでは良績はD1200mに集中(前走を除けば全て掲示板圏内)していますが、1600になるとサッパリと言った状況です。その中間となる今回の1400でどの程度やれるのかは、今後のレース選択にも影響してくるので注目したいところです。
 対戦相手は、前走2着馬が2頭、掲示板が1頭いますがその他は前走掲示板を外している馬ばかりなので、調子と距離適性次第では結構いけるのではないかと思われます。良いレースを期待したいところです。

■5月3日名古屋 かきつばた記念(G3:D1400)シルクウィザード号出走 15:55
 http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?k_raceDate=2011%2f05%2f03&k_raceNo=10&k_babaCode=24

 ウィザードが交流G3「かきつばた記念」に出走します。
 福山に移籍後2連勝。その勢いで「黒船賞」に出走が決まっていましたが、震災の影響でレース自体が中止に。その後「東海桜花賞」5着を挟んでここに駒を進めてきました。
 前走の東海桜花賞ではマルカハンニバルやキングスゾーンといった地方の最強クラスとほぼ互角のレースをしていますし、彼らとの比較からも交流重賞で掲示板あたりは狙えるのではないかと考えられます。
 今回は交流重賞ですが中央勢はセイクリムズン、セレスハント等が出走しているものの、この時期に交流重賞が続く事もあってやや層は薄めです。上位に食い込む目も十分あるのではないでしょうか。
 ウィザードにとっては3歳時のダービーGP以来5年振りの重賞となります。良いレースを見せて貰いたいと思います。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・パームアイランドがゲート試験合格。
・スペンサーが放牧。
・フェスタが放牧。
・ガトーディマンシュが放牧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月曜日)

WIN5の検証

 今週から始まった「WIN5」、第1回が無事終了しました。

1.京都10R 1人気 単勝3.5倍
2.東京10R 3人気 単勝6.1倍
3.新潟11R 3人気 単勝5.5倍
4.京都11R 3人気 単勝5.1倍
5.東京11R 4人気 単勝10.8倍

的中票数 663票
払戻金 810,280円
参考:単勝×5で転がした場合の配当:646,776円


 勿論私も馬券を買っていたわけですが、5レースを各2頭ずつ購入(32点買い)で、2頭中先着した馬の着順が1着-11着(笑)-2着-2着-2着でした。
 2レース目(東京10R)で1番人気だったトップカミングが謎の最下位大敗という不幸な出来事があって外れてしまいました(もう1頭には配当狙いで人気薄を入れていましたがダメでした…)が、その他のレースは全て狙った馬たちが連対。
 片方に「滑り止め」として人気馬を入れたおかげでもありますが、これなら「この調子で買い続けていればいつかは全レース当たりそうな気がする」と思わせる結果でした。

 今回は結構人気サイドばかりが来た割に配当が付いていますし、これなら三連単を買うよりも良さそうな感じがします。
 上記に比較を書いていますが、控除が1回しか無い関係か「単勝転がし」をするよりも配当がついていますし、結構いいのではないでしょうか。


 とはいえ、この馬券の魅力は最高2億円、そしてキャリーオーバーの存在です。個人的にはやはり、キャリーオーバーが付いてより高い配当が狙える週に買いたいなと思います。
 そのキャリーオーバーがどの程度の頻度で発生するか、検証してみたいと思います。

 今回の的中票数が663票。これがどこかの週で0票になるか、的中票×2億円払って余るかする必要があります。今回の売上げが7億円ほどなので、的中が3票以内ならキャリーオーバーの可能性がある感じでしょうか。

 かなり適当な試算ですが、例えば今週の場合、1レース目(単勝3.5倍)が荒れて、単勝35倍の馬が勝ったとすると、的中票数は1/10になるので60票ほどまで減る事になります。同じ様にもう1レース穴馬が来ると的中票が1桁まで減ってくる感じでしょうか。このあたりまで来ると、キャリーオーバー発生も現実味を帯びてきます。

 で、「そんな場合」を改めて書いてみると……

1.単勝35倍(今回の10倍)
2.単勝6.1倍
3.単勝33倍(今回の6倍)
4.単勝5.1倍
5.単勝10.8倍

 これで、単純計算でなら的中票は今回の1/60になるので10票まで下がります。ちなみに配当は5000万円程になるでしょうか。「一応当たる可能性はあるかもしれない」レベルで5000万ですし、かなり美味しそうに見えますね。

 ……とはいえ、ここから更に数倍(的中なしにするためには10倍)配当が付くような週がどれだけあるかと考えると、少し微妙な気がします。個人的には「稀(数ヶ月に1回)にしか発生しない」のでは無いかと思われます。
 類似企画であるTotoBIGやロト6が成功している背景は「キャリーオーバーがかなりの頻度で発生している」事にあると思います。個人的には、もう1レースほど増やした方がいいのではないかと思います。

 ……まあ、それよりももっと前に改善すべきなのは「馬券配当に税金が掛かる事」だと思いますが。折角2億当てても4割も税金で持って行かれたらやり切れない思いになりそうです……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金曜日)

シルクアーネスト「僕に投票して、大金持ちになってよ!」

※……ただし、買っても当たるかどうかは運次第です(笑)
(アーネストも頑張ってくれるとは思うのですが……)

 ようやく今週から関東開催が復活しますね。
 今週は例年より一週遅れで皐月賞があります。東京開催となってどうか、というのも馬券予想で悩ましいポイントですが、改めて馬柱を見るとものすごく豪華ですね。
 弥生賞1~3着馬、スプリングS1~3着馬、若葉S1~2着馬が全て揃っていますし、その他の重賞を勝って直行という馬も結構います。有力馬で出ていないのはグランプリボスくらいでしょうか。予想は難しそうですが、見応えのあるレースになりそうです。

>今週の桔梗屋出走馬[H23:29-32]
 未だに1頭も勝ち上がっていないうちの3歳馬たち。
 その中で、比較的勝てそうだと思っていたシルククロノス号が調教時に故障を発症、引退が決定してしまいました。太め&出遅れを繰り返しながらもそこそこ僅差の競馬を続けていただけに残念です。
 今週からはようやく関東開催が復活、うちの出資馬たちも4頭が出走します。うち3頭が3歳未勝利馬たちです。何とか1頭でも多く勝ち上がってくれればと思います。

■土曜京都5R 3歳未勝利(T1600)ガトーディマンシュ号出走 12:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201108030105

 ガトーディマンシュが土曜の京都で復帰します。
 去年の夏~秋に3戦使われたものの、一番良かったのが0.9秒差の7着。400キロぎりぎり~切るあたりと小さくて非力で、まずはもっと成長して馬体を増やさないと…といった状態でした。去年の10月から放牧に出され、今回は復帰戦を迎えます。
 放牧から帰って来る歳には440キロ台まで増えており、成長したかもと思われたのですが、帰厩時の輸送などで一気に410キロ台まで減ったりとやはり非力な体質の様です。成長度も勿論ですが、まずはどの程度の体調で使えるかが問題となります。レース時の馬体重に注目したいところです。
 3場開催になった事もあってメンバーはかなり薄くなっており、前走3着馬2頭、4着馬1頭が最有力ではありますが、その他の馬たちは成長度次第では何とかなりそうにも思えます。何とか今後に目処をつけるレースを見せて貰いたいと思います。

■土曜新潟6R 3歳未勝利(D1800)シルクエスティーム号出走 12:40
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201104010106

 エスティームが土曜新潟に出走します。
 デビュー戦の前走ではゲートで大きく出遅れ、3コーナーまで最後方というレース運びでしたが、その後はじわじわと伸びて8着まで前進してくれました。今回は叩いての前進も期待できますし、ゲート練習効果でスタートも良くなる事が予想されますので、改めて期待したいところです。
 対戦相手ですが、3場開催時の新潟という事でかなり薄くなっており、全出走馬の前走着順の最高が8着……という面々です。過去に馬券に絡んだ馬もいるので何とも言えませんが、エスティーム自体がゲートをまともに出てくれて、しかも上積みもある……という前提は必要なものの、十分期待できると思います。今後のレース選択のためにも、できれば掲示板あたりに来て貰えれば……。

■日曜新潟4R 3歳未勝利(D1800)シルクスペンサー号出走 11:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201104010204

 スペンサーが日曜新潟に出走します。
 2月にデビューして2戦使ったものの、共に3秒以上の敗退。使いながら調子を上げていく必要がある……という内容でした。
 その後3月に一度出走が確定したものの、地震で開催中止。その後は関東開催が休止されたために、再開されるここまで待っての出走という経緯になりました。
 前走後順調に調教を積まれていますし、ある程度の上積みが期待できるかと思います。どうやら他馬を気にする面もある様なので、枠番やレース運びなども鍵となりますが、対戦相手はかなり軽いので、できればある程度今後の目処が付く競馬をしてくれればと思います。

■日曜新潟11R 魚沼S(T1600)シルクアーネスト号出走 15:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201104010211

 アーネストが日曜新潟メインに出走します。
 復帰から3戦、4着3着4着と僅差ながら勝ちきれない競馬が続いています。どうも自身はそれなりに伸びてはいるものの、決め手を持つ馬に差されるという感じです。また、特に小倉ではスムーズなレース運びができずに負けてしまう面があったので、今回の新潟でどんなレースをしてくれるかに注目したいと思います。
 対戦相手ですが、ラインブラッドやシゲルモトナリあたりがアーネストと同じ様な成績ですが、多分彼らと共に1番人気候補になると思われます。実力的には十分通用すると思うので、できればここで決めて貰いたいところです。
 今回好走できれば、左回り(何気に今回が初めて)とマイルでも対応できる事になりますので、今後のレース選択が大きく広がります。その意味でも頑張って貰いたいと思います。

 このレースですが、今週から始まる重勝馬券「WIN5」最初の5レースのうちの一つとなります。その意味で注目を集めると思いますし、アーネストには2億円?の使者として勝ち馬に名を連ねて貰いたいところです。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・クリエイターが帰厩。
・シルクHC「春のプレゼント大会」で3000円分の出資割引証を当選。
・アルバス、フェスタは放牧予定。
・クロノスは20日に抹消。
・メビウスが23日に帰厩予定。
・ウィザードが「かきつばた記念」に選出、出走予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水曜日)

東方諏訪旅行記4-6:夜の諏訪大社秋宮

■第4回東方諏訪旅行:目次
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2010/11/post-f31b.html

 さて、宿で夕食を終えたところで、散策に出かけます。
 行き先は勿論、近くにある諏訪大社(秋宮)です。

■夜の秋宮
 夜の秋宮を散策するのがお気に入りで、今回で諏訪旅行も4回目となりますが、毎回必ず立ち寄っています。上諏訪に宿を取った際にもわざわざ夜に電車で下諏訪まで行った程です。
 今回の秋宮に限らず、こうした神社(ひょっとしたら観光地全般に言えるのかもしれませんが)は、夜や朝方に行くと、昼間に行った時とは違った表情を見せてくれるので非常に面白いです。他の観光客はほぼいないので、こうした雰囲気を独り占めできるのもいいですね。
 観光地によっては治安の問題もあるかもしれませんし、昼間以外は立ち入り禁止になったり、門を閉じてしまって入れなくなっていたりする事もありますが、もし問題なく行ける場所であれば、宿で一服した後で行ってみるのもお勧めです。
(……といいつつ、同じ諏訪大社でも前宮などは夜中は怖そうなので、自分も行く勇気は無いです(笑))

 秋宮については、夜であってもすぐ近くに銭湯(児湯等)があったり、近くのホテル(山王閣等)で外来風呂があるなど、お風呂巡りの途中に立ち寄る事ができます。
 また、この時期の秋宮については、夜に来るとより楽しめるイベントが開催中だったりします。
 境内で開催中の「菊花展」です。

■菊花展
 諏訪各地の方々が育てた菊の花を展示するイベントですが、夜間はライトアップされており、非常に幻想的で綺麗です。以前の諏訪旅行でたまたま開催時期に来て見ることができたのですが、とても良かったので今回も楽しみにしていました。
 今回も綺麗に違わぬ美しい菊たちを見ることができました。夜中、静まり返った秋宮に照らし出される花々は一見の価値ありです。

■三脚の効果は ばつぐんだ!
 今回、こうした写真を撮っていて改めて感じたのが「三脚の重要性」でしょうか。
 私はカメラとして三洋の「Xacti」を使っているのですが、その形の関係上、手に持ちやすい反面、手ブレには弱い構造になっています。
 要するに形の関係上「置けない」ので三脚無しでは手で持つしかありません。勿論手ブレ防止機構はついているのですが、夜間での撮影等ではどうしても写真がブレてしまっていました。

 そんなわけで、過去の旅行時に夜間の写真がブレてばかりだったので、今回はついに三脚を持参する事にしました。
 ……と言っても、夜中に撮影するためだけに大きくて重い本格的な三脚を持参するわけにも行かないので、今回持っていったのは折りたたみ(というより伸縮)式の手のひらサイズのもので、しかも百円ショップで買ったものでした。
 本体もアルミなので非常に軽くて、縮めて鞄の隙間に入れればOKなので気軽に持っていけます。

 そんなお気軽な品物なので、「ある程度役に立てば…」程度の期待で持っていったのですが、実際に持っていって見るとその効果は抜群でした。夜景や暗いところでの写真などがブレがほぼ無くなって綺麗に撮れます。これはいい買い物をしました。
17
18
19
20
21
(夜の秋宮で撮影した菊花展写真の数々。一番最後は翌朝撮影です)

 とはいえ、こうした写真を撮る際には、神社の様に撮影に使える台になる場所があまりない所では地面(石畳)などに置くことになります。
 本格的な三脚であれば絵になるのかもしれませんが、伸ばしても大して足が長くなるわけでもない小さな三脚をセットする……という事で、セッティングの際にはかなり身を屈めて三脚を置いたり、撮影範囲の確認のためにかなり低い体制になったりと……正直、その姿は傍目から見たらかなり怪しいです(笑)
 その意味でも、夜中の参拝で良かったのかもしれません。
(上記の写真が、何だかローアングルのものが多いのも、そうした事情からです)

 そんな事を書きつつも、菊花展を初めとして夜の参拝を堪能した秋宮。翌朝も参拝するわけですが、2日目については次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日曜日)

年齢疑惑(懐かしい映画の話)

 なぜいきなりこんな話題を取り上げるのかは……たぶん、あと数日したら気兼ねせずに話せる様になるのかもしれません。

■霊幻道士/幽幻道士
 1985年頃に公開された台湾映画。
 清王朝時代の中国を舞台としたホラー映画?で、

・以前から流行っていたカンフーアクションものだった
・明るい(可愛い?)中華版ゾンビである「キョンシー」が受けた
・「幽幻道士」のヒロインである少女「テンテン」が可愛かった

 などの要素が受けて、日本国内でも大ブームとなった。
 その人気から、その後続編が数年間に亘って制作されるほどの人気作品であった。

 うろ覚えの記憶としては、
・主題歌が(中国語の)「はとぽっぽ」だった
・映画だけでなく、TV番組でも「キョンシーズ」とかいう番組をやっていた
・数年間、映画がしばしば放映され、テンテンを初めとする出演者がバラエティー番組等に呼ばれていた
・三枚目キャラだった萃香頭の活躍とダイナマイト突撃が印象に残った

 ……というあたりでしょうか。とにかく当時(昭和の最後あたり)はかなり流行ったという記憶があります。
 主役級のキャラはテンテン(小学生くらいの女の子?)と同年代の友達数名なのですが、彼女たちは現在は何をしているのでしょうか。

■いつ頃見ていたのか?

 で、ここからが本題なのですが、この作品が流行ったのが昭和の最後あたりで、改めて調べて見ると、映画の公開は1985年(昭和60年)だった様です。
 いつの間にかブームが終わった記憶があるのですが、5年ほどブームが続いたと仮定すると、1990年(平成2年)まで。

 1990年に見た作品の記憶が残っている(物心がついている)とすると、とりあえず5歳としても1985年生まれ(26歳)、10歳だったとすると1980年生まれ(年齢表示自粛)、15歳だったとすると1975年生まれ(年齢表示自粛)という事になりますが……。
 とりあえずどう贔屓目に見ても、10代という線は消え(ry)


 ……………


 ……まあ、レンタルビデオで見たと考えればいいわけですし、結構長いことTV放映していた筈ですし、そもそも特撮物?マニアなので別に今の年齢で知っていてもおかしくない様な感じもします。きっとそうですよね!
 それにあれはそもそも神奈子様のコスプレっぽい感じもしますし(笑)、一家その物が昔っぽい(世間の流行から遅れている)感じもしますし、それを考えれば……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金曜日)

もうひとつの桜花賞

■シルクウィザードが東海桜花賞で掲示板を確保

 http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2011%2f04%2f14&k_raceNo=11&k_babaCode=24

 福山競馬に移籍後、3連勝と活躍中のシルクウィザードが地方重賞の「東海桜花賞」に出走、5着と健闘しました。
 マルカハンニバルやキングスゾーン、マルヨフェニックスといった地方の一線級と最後まで首位を争う上々の内容でした。これなら、今後も地方での重賞、そして交流戦でも活躍できそうです。
 今回同じく「東海桜花賞」に出走、果敢な逃げで見せ場を作ったシルクプラチナムも合わせて、福山に移籍した元出資馬2頭は今後も活躍して楽しませてくれそうです。

 それにしても、シルクでこの2頭を地方出資馬として募集してくれていれば(以下、これまでと同じ愚痴なので略)


>今週の桔梗屋出走馬[H23:27-28]
 今週は土曜に2鞍。
 8ヶ月の長いトンネルを抜けてようやく先週に初勝利を挙げたわけですが、それでも4月にしてまだ1勝。もう少し勝利を上積みしたいところです。
 今週の2頭はここ最近不調なので、いきなり今回勝利…は難しいとは思いますが、今後の復調にむけたきっかけを掴んで貰いたいところです。

■土曜小倉6R 4上500万下(D1700牝)シルキーフェスタ号出走 12:45
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201110030106

 フェスタが土曜小倉に出走します。
 交流戦で勝ち上がってから、500万では厳しいと思わせるレースが続いています。3戦使って、7着(9頭立ての交流戦)-13着-12着といった状態です。今回はこれまでの短距離から1700m戦に距離を伸ばす事で、変わり身が見られるかが焦点となります(まあ、3走前に惨敗した交流戦が1800mだったわけですが…)。個人的には一度芝を使って貰いたいところですが……。
 前走2着馬が2頭、3着馬が4頭とかなり相手が揃っているので厳しいとは思いますが、何とかきっかけを掴んでくれればと思います。

■土曜小倉12R 開聞岳特別(D1700)シルクアルバス号出走 16:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201110030112

 アルバスが土曜小倉最終に出走します。
 1000万に昇格してから3戦、苦戦が続いています。3戦共に2秒以上離された2桁着順。更に前走では心房細動での大敗。その後障害移籍を目指したものの、2回続けて試験に不合格。結局今回は改めて平地への挑戦となります。
 ここ数戦の経緯から強気にはなれませんが、何とかここから調子を上げてくれればと思います。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・パームアイランドが入厩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日曜日)

8ヶ月間ぶりの勝利

 本日の小倉最終Rで、出資馬のシルクエステートが見事な差し切り勝ち。これでうちの出資馬もようやく今年初勝利を挙げる事ができました。
 今回の勝利ですが、父親のブライアンズタイムにとっても丁度1500勝目(SS、NTに続いて史上3頭目)という節目に当たりますので、競馬関連ニュース等でもエステートの名前を見る事ができそうです。


 今回の勝利ですが、うちにとっては、ようやく長いトンネルを抜けたという形になりました。
 4月になってようやく年間初勝利というのもかなり遅く、一口馬主を始めた初期(初出資世代が2~3だった頃)を除けば最も遅い時期での初勝利となります。
 そして昨年も、メビウスを中心とした前半~夏までの活躍が目立ちますが、その後パッタリと勝利が止まってしまっていたため、今回は何気に昨年8月(オールディーが勝った阿寒湖特別)以来、実に8ヶ月ぶりの勝利となりました。

 一口出資馬たちは長いスランプが続いていましたが、今回のエステートの勝利を機に、何とか勢いを取り戻して貰いたいところです。メビウスを初めとする古馬たちの復活も期待したいですが、それよりも、特に現3歳馬の奮起を期待したいです。今のところまで1頭も勝ち上がっていないので、ここから1頭でも未勝利戦があるうちに間に合ってくれればと思うのですが……。

 エステートについては以前から(この馬の体質もあるらしい?のですが)一度使っては即放牧という使い方に思うところがあったのですが、今回の勝利で獲得賞金が募集額を超えました(数字上越えただけで、黒字かどうかとは別問題ですが)ので、いろいろありつつも最低限以上の仕事はしてくれていると思います。今後改めて1000万クラスに上がってどこまで通用するかは未知数ですが、これからも頑張って貰いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土曜日)

第3回JAPAN WORLD CUP

■第3回JAPAN WORLD CUP公開

 「あの」JAPAN WORLD CUPの第3回が公開されました。

 http://www.jra-jwc.jp/win5/

 今回は、新馬券(WIN5:5重勝馬券)に合わせた企画という事もあって、一気に5レース開催にパワーアップ。勿論全てのレース、出走馬がカオスです。
 開催レースは、

1.サラ系箱障害(準OP:東京)
 最後の直線に「はてなボックス」があり、何かが起きる。
2.コスプレステークス(OP:京都)
 コスプレをした馬のみで実施される競走。
3.ハリボテ記念(G3:東京。1着賞金5400万円)
 世界のハリボテ3歳馬最強決定戦。8頭全てがハリボテ。3コーナーで何が起きるのか!?
4.アニマル国際(G2:京都。1着賞金8000万円)
 動物系ホースの最強決定戦。過去に登場したバーニングビーフ、ジラフ、ジャンボナンプラー、コンコン等が出走する豪華レース。
5.第3回ジャパンワールドカップ(GI:東京。1着賞金10億円)
 世界最強馬決定戦。出走馬全てにツッコミ所しかない。ギンシャリボーイ、チョクセンバンチョー等が出走。ハリボテエレジーは3.0に。そしてアメリカからは最強のメカハリボテ(制作費20億円)が……。


 今回ですが、毎日20口が与えられてその中で1~4レースを予想、全てのレースが的中すれば最終レースの「第3回ジャパンワールドカップ」(4月23日に結果公開)の予想を応募できる、というシステムになっています。
 5重勝馬券という事もあり、1レースでも外せばダメという仕様で、各レースの予想を当てないと次のレースが見られないという結構厳しい条件です。毎日20口までしか買えないので、どのレースで手厚く張って的中率を上げるか、等の作戦が必要になりそうです。予想屋の存在等もある程度関係しそうですが……。


 そんな「JAPAN WORLD CUP」。とりあえずやってみた結果、運良く2日目にして4レース目まで的中、5レースの予想まで進む事ができました。
 5レース目については、とりあえず謎の馬「UMA」に投票しておきました。当たるかどうか楽しみです(個人的にはハリボテが勝ちそうな気もしますが……)。

 実際のカオス振りはものすごく面白いので、皆さんも是非是非行ってみて下さい。


 それにしても、この「JAPAN WORLD CUP」への力の入り具合を見ていると、JRAがこの「WIN5」で売上げ回復にものすごく期待している、という事が伝わってきます。
 実際、この震災さえなければ、「JAPAN WORLD CUP」「WIN5」ともにかなり大きな話題になっていたでしょうに……。

>今週の桔梗屋出走馬[H23-26]
 今週は日曜最終の1鞍です。もう4月になったのに未勝利、という状態になってきました。何とか初勝利を挙げたいところですが……。

■日曜小倉12R 日豊特別(D1700)シルクエステート号出走 16:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201110021212

 エステートが小倉最終に出走します。
 前走は3着に健闘。ここ最近、確実に掲示板圏内は確保してくれています。
 とはいえ、続けて使え込めないのが欠点で、今回も短期放牧明けとなります。一度勝っている条件なので勝てるだけの力はあるのですが、なかなか万全の状態で使えないのが残念なところです。
 今回ですが、前走に現級で馬券に絡んでいる馬が3頭と、それなりの対戦相手が揃っています。連続して馬券圏内に来ている馬揃いなので、実績的には4番手といったところでしょうか。何とか力を見せてくれればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土曜日)

馬券道場復活

 今週から電話投票が復活しました。
 電話投票休止に伴って中断していた馬券道場も併せて再開。普段の馬券購入が基本的に馬券道場が中心になっている私にとっては、とりあえずは通常通りの馬券生活が戻ってきた形になります。
 先週の売上げを見るとものすごく減っていて、改めて電話投票や馬券売場で購入している人の割合がかなりいる事を再認識する結果になりました。個人的には「もうほとんどの人がネット投票で買っているんじゃないの?」と思っていたのですが……。
 電話投票が再開したものの、東日本を中心に馬券売場や競馬場が閉鎖されている場所も多く、まだまだ影響は大きそうですが、願わくば(被災地の復興に合わせて)一日も早く正常な状態を取り戻してくれればと思います。

>今週の桔梗屋出走馬[H23:24-25]
 今週は2鞍。
 ともにかなり期待できるので、何とか今年初勝利を挙げて貰いたいものです。

■日曜阪神1R 3歳未勝利(D1200)シルクフェリーチェ号出走 10:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201109020401

 フェリーチェが初勝利を掛けて未勝利戦に出走します。
 もともと確勝を期してD1200の牝馬限定戦に出る筈だったのですが、変則開催になった影響で牝馬限定戦が無くなってしまい、ここへの出走となりました。
 本来であれば3着-2着と来ているフェリーチェは最有力馬となる筈なのですが、今回はレースが絞られた影響か、結構強力な対戦相手が揃っています。2着が延べ6回!でここまで掲示板を外していないデイブレイク、2戦連続2着のロンドあたりが強力なライバルとなりそうです。その他にも僅差の競馬続きのヒショウ、フレンチミシルあたりは警戒の必要があります。
 このレースですが、初出走馬が6頭もいるというのも特徴となります。やはり新馬戦終了直前に開催中止となった影響が出ている様です(他のレースにはもっと初出走馬が多いものもありますが)。この初出走馬たちの中に思わぬ素質馬が紛れている可能性もあります。
 とはいえ、フェリーチェ自身も調子がいいですし、前走同様、武豊騎手を確保しています。何とかここで初勝利を挙げて貰いたいところです。

■日曜阪神10R 難波S(T1800)シルクアーネスト号出走 15:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201109020410

 アーネストが日曜の準OPに出走します。
 3月12日の中京記念に出走が確定していましたが、金曜日に地震が発生して競馬は中止。延期された中京記念は再度出馬投票のやり直しになったのですが、延期の影響でOP馬が殺到して出走できませんでした。更に、代わりに出走予定だった準OPも出走馬多数で除外に。ようやく今週に出走する事ができました。
 今回のレースも延べ19頭が除外されるという、かなり過密な状態になっており、アーネストも除外権利を持ちながら抽選での出走となっています。当分はレースの出走自体が大変な状態が続きそうです。できれば、今回賞金を上積みして、少しでもレース選択の幅を広げて貰いたいものです。
 本来よりも3週間遅い出走となっていますが、引き続き良い状態を保っていますし、好勝負が期待できると思います。対戦相手はストロングリターンとブレイブファイトが強敵となりそうですが、十分に勝ち負けできるだけの力はあると思います。何とかここで決めて貰いたいですね。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・エステート、フェスタが帰厩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »