« 週末の競馬日記 | トップページ | 天命を尽くして人事を待つ »

2011年5月21日 (土曜日)

2連勝、そして2連覇を目指して

 明日の京都は出資馬であるフェリーチェ(2R)、メビウス(11R:東海S)に加えて、9Rの「昇竜S」ではシルクの僚馬、シルクシュナイダー号が鞍上武騎手で出走します。一昔前のシルクでは考えられなかった(笑)シルク武豊祭りです。
 最近は不調な武騎手ですが、いずれも一定以上の勝機がある馬たちだと思います。何とか明日は良い結果を期待したいものです。

>今週の桔梗屋出走馬[H23:41-42]

■日曜京都2R 3歳未勝利(T1400牝)シルクフェリーチェ号出走 10:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201108031002

 フェリーチェが日曜京都2Rに出走します。
 フケで大敗した2走前の結果から心配された前走でしたが、僅差の3着。巻き返して好走してくれたのは嬉しかったのですが、できればここで決めて貰いたかったのも正直なところです。
 今回は牝馬限定戦(何気にデビュー5戦目なのに今回が初めてです)に変わり、改めて勝ち上がりを決められるかが焦点となります。

 とりあえずは前走2着馬が1頭、2着馬が1頭いるので、彼女たちとの比較が鍵でしょうか。アイドルバイオは10番人気での3着で、その前2走が2桁着順。前走2着馬のアグネスクローバーはその前に2走が9着-6着といずれも1秒以上負けています。安定度ではフェリーチェの方が有利だと思われます。安定度的には、僅差で6着-3着-3着のガールズストーリーも気になる存在です。
 とはいえ、フェリーチェの方が(フケの2走前を除いて)安定しているので、順当に行けば勝てる可能性は結構高いと思われます。
 鞍上の武騎手にはこの後、メインレースの東海Sでメビウスへの騎乗も控えていますし、ここで前祝いといって貰いたいところです。

■日曜京都11R 東海S(D1900)シルクメビウス号出走 15:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201108031011

 メビウスが連覇を掛けて東海Sに出走します。
 ブェブラリーS以来の出走。トランセンドを差し切って制した昨年の東海Sから1年。トランセンドの姿こそありませんが、今回も強敵が揃っています。今回の出走条件で、彼らとの戦いはどうなるでしょうか。
 東京大賞典では先着したものの、その後大活躍。当時より成長していると思われる、ゴルトブリッツ。
 スランプから復活し、前走でアンタレスSを勝ったテスタマッタ。
 同じく3歳時からのライバル、ワンダーアキュート。
 3着コレクターながら、対戦した3戦全てでメビウスに先着している、バーディバーディ。

 主要メンバーとの力関係とかいろいろ思うことはあるのですが、メビウスの場合は何と言ってもまずはここで本来の力がどの程度出せるかが鍵となります。過去のパターンから復帰初戦は十分に力を出せず、叩き2戦目から調子が上がって来るタイプなので…。
(厩舎サイドは「過去の休養明けよりは力を出せる出来」と言っているのですが、フェブラリーSの時にも同じ事を言っていた気がします)
 とはいえ、どこまで馬場が湿るかはともかく雨が降りそうですし、得意の重馬場も期待できますし、鞍上には武豊騎手を確保。田中博騎手からアドバイスを貰ったりしている様ですし、末脚に期待したいです。

 いずれにしても、昨年夏以降勝利から遠ざかっていますし、そろそろ復活したいところです。
 これで叩き二戦目であれば強気で見られますし、これで負けるなら仕方ないと思うのですが……。本番はここを叩いた帝王賞なのかもしれませんが、今年の情勢的に、ここで賞金を加算しないと選出されない様な気もします。何とかいいレースをして貰いたいと思います。

|

« 週末の競馬日記 | トップページ | 天命を尽くして人事を待つ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/51730463

この記事へのトラックバック一覧です: 2連勝、そして2連覇を目指して:

« 週末の競馬日記 | トップページ | 天命を尽くして人事を待つ »