« 3歳最終兵器と2歳最新兵器 | トップページ | ハッカ油の効能と2歳勢初出走 »

2011年7月18日 (月曜日)

万博記念公園「早朝観蓮会&象鼻杯」(H23) 後編

(前編の続きです)
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2011/07/h23-d181.html

■優雅な朝食
 さて、象鼻杯をいただいた後は、これも去年と同じパターンで蓮池のほとり、今回の象鼻杯の会場のすぐ横にある軽食店「はす庵」で朝食をいただきます。
 このイベントに合わせて早朝から開店しており、特別メニュー「蓮の実入り朝粥定食」が提供されています。蓮の実にはそれほど味がある訳でもなく、所謂「気分を味わう」メニューですが、朝に早起きして食べる朝粥は健康にも良さそうです。

 そして、窓の外から眺める蓮池は、なかなか風流なものがあります。店の立地の関係で、肝心な蓮の花が見られないのが少し残念ですね。お店が蓮池の端にあって、更に窓が蓮の花が咲いている方角とは反対なのです。個人的には、お店から蓮池が一望できるように改装した方がいいと思います。
 とはいえ、それでも窓からは池を泳ぐ鯉などが見られて、なかなかいい感じです。
 イベントもあってかなり混んではいますが、それでもこうした食べる朝食はなかなか優雅なものです。


 ふっ……、爽やかな朝、蓮池のほとりで優雅に朝食……。乙女にしか為せない技ね……。


■謎の客層

 「乙女にしか為せない技」の筈なのですが、改めて見回すと、実際にこのお店で食事をしている客層は、そして蓮の花を見に来ている人たちは(私本人も含めて)「乙女」とはほど遠いものがあります。
 ほとんどの方が年齢層がかなり高く、「第二の人生」に入っている方々です。一部親子連れもいますが、ひょっとしたら私は参加者の中で一番若い部類に入るのかもしれない、という感じです。
 そして、そのほとんどの方が結構高そうなカメラ機材を手に蓮の花を撮影しにきている方々です。こんなに立派な機材は、私は競馬場や東京ビッグサイトでしか見たことがありません(笑) そして、そうした開場で目にする所謂「カメラ小僧」とは全く異なる客層の人たちが高級カメラを手に朝から集まっているのです。
 「象鼻杯」そっちのけで撮影している方ばかりで、「象鼻杯」についても直接の目当 で来ているのではなく、蓮を撮影している横でちょうどやっているから参加してみる、といった方がほとんどでした。
 それにしても、自分もほとんど始発に近い電車で来ていましたし、駐車場にもそれほど車が止まっていなかった筈なのですが、これほどの人たちはどこから出てきたのでしょうか。別ルートでもう少し早い時間から始発があるので、そちらでしょうか。

 何はともあれ、数多くの見学者がどこから出てきたのか(笑)という疑問はともかく、なぜこれほどの人たちが早朝から蓮の花を見学に、そして撮影に来るのか、という理由は一度参加してみれば誰にでも判ります。
 蓮の花が幻想的で……本当に美しいからです。

■美しき蓮の花

 蓮池に咲き誇る蓮の花の数々。
 本当に美しく、わざわざ早起きして来るだけの魅力に溢れています。私がデジカメで適当に撮影しても「それっぽい」感じがします。
 見てください。自分ですら、これだけ幻想的、そして芸術的?っぽいものが撮影できるのですよ!!
Sany3874
(今回撮影分で一番お気に入りの一枚)

 この時期に合わせて蓮の花の写真コンクールが開かれており、今回撮影に来られている方々には、このコンクールの参加者もいるようです。去年の優秀作品が当日配られる団扇に載っているのですが、本当に美しいです。
 いい目の保養になりました。

■もうすっかり夏

 この後は、「象鼻杯」終了後に配布された「蓮酒」(蓮の茎を漬け込んで風味をつけたお酒)をいただき、更に早朝の日本庭園を散策して、こちらも早朝営業していた茶室で抹茶と和菓子をいただいたり……と、一通り満喫して帰ってきました。
 朝6時から開始という事もあり、これだけ楽しんで帰ってきてもまだ午前の早めの時間。自分の場合は9時台で、まだ競馬も始まっていません。引き続き、普段通りの週末の一日を楽しむ事ができます。早起きは三文の得といいますが、早起きにさえ耐えられれば、非常にお得に休日を過ごすことのできる、有意義なイベントではないでしょうか。

 後改めて感じた事は、「夏は朝から暑い」事でしょうか。イベント開始直後の6時頃はまだ大丈夫ですが、7時頃になるとかなり暑いです。ちょうどこのイベントに参加した日あたりに梅雨が明けたのですが、もうすっかり夏という感じです。
 この時期になると、海水浴にでも行くなら別として、午前中~昼間に屋外で行動するのはなかなか辛いものがあります。そうした意味でも、早朝に屋外で楽しめるイベントに参加する事は有意義だったと思います。今後も毎年参加したいですね。

|

« 3歳最終兵器と2歳最新兵器 | トップページ | ハッカ油の効能と2歳勢初出走 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/52245974

この記事へのトラックバック一覧です: 万博記念公園「早朝観蓮会&象鼻杯」(H23) 後編:

« 3歳最終兵器と2歳最新兵器 | トップページ | ハッカ油の効能と2歳勢初出走 »