« 馬券も梅雨明けして欲しい | トップページ | 3歳最終兵器と2歳最新兵器 »

2011年7月10日 (日曜日)

万博記念公園「早朝観蓮会&象鼻杯」(H23) 前編

 今年も、万博記念公園の「早朝観蓮会&象鼻杯」に行ってきました。

 http://park.expo70.or.jp/event/kanrenkai_ev2011.html

Sany3860

Sany3888

 開場が朝6時からという事で、5時前に起きて、始発に近い電車で万博に向かいます。自動車や徒歩では無く、電車で行く場合は万博公園へのアクセスはモノレールになります。休日の早朝という事でまた本数も少なく、始発かその次位の便で行くことになります。
 いつもより少し早起きなので眠気を感じますが、朝の爽やかな空気はそれを吹き飛ばしてくれる感じがします。これが陽が上ってくると灼熱地獄に変わるわけですが、まだ涼しい時間の雰囲気、そして透き通った空の青さは、夏が一番美しいのではないでしょうか。

(内容は基本的に去年と同じなので、去年の日記もご参照ください)
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2010/07/post-56d5.html

 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2010/07/post-e30e.html

 6時過ぎに会場に入り、蓮池の方まで行くと……去年と同じく、ものすごい人で溢れています。
 先着順の象鼻杯(お酒)目当てというよりも「蓮の花を撮影する人たち」が多いのも去年と同じです。お酒待ちの列もそれなりにありますが、ほとんどの方が機材を手に蓮の写真を撮りまくっています。
 お酒待ちの列は初日の土曜日だったせいか、去年よりこころなしか短めでした。日によって違うのかもしれませんが、象鼻杯だけが目当てであれば、もう30分程遅くても大丈夫な感じもします。
 10分程列にならんで、蓮の葉に注いだお酒を茎を通して飲む「象鼻杯」をいただきます。今年もお酒の提供は「菊正宗」さんでした。「象鼻杯」で蓮を通して飲んでいるという雰囲気も勿論ありますが、やっぱり生[酉元](きもと)のお酒は美味しいですね。
 今年はこのご時世という事で、(実際に象鼻杯に使われていたのは別のお酒:上撰・本醸造でしたが)売り上げの一部が被災地に寄付される「日本がんばろう」というお酒が展示されていました。

 私自身はこうしたイベントの時以外はそれほど日本酒は飲まなくて、更にちびちびとしか飲まないタイプなので一升サイズでしか売っていないお酒を買うのは辛いところがあります。
 そんなわけで、被災地支援のお酒そのものを買うことはできないのですが、今回提供された生[酉元](きもと)のお酒のミニボトルを購入して売り上げに協力する事と、ここで宣伝させていただく事で換えたいと思います。
 そんなわけで、皆さん、菊正宗さんのお酒を買ってあげてください~

(日本がんばろう)
 http://www.kikumasamune.co.jp/products/new/641_nippon_1_8.html
(生[酉元](きもと)造りのお酒各種)
 http://www.kikumasamune.co.jp/kimoto/lineup/index.html

 この後、横のお店で蓮の実が入った朝粥定食を食べたり、日本庭園を散策して抹茶をいただいたりしたのですが、その辺りについては次回、後編に続きたいと思います。

|

« 馬券も梅雨明けして欲しい | トップページ | 3歳最終兵器と2歳最新兵器 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/52171956

この記事へのトラックバック一覧です: 万博記念公園「早朝観蓮会&象鼻杯」(H23) 前編:

« 馬券も梅雨明けして欲しい | トップページ | 3歳最終兵器と2歳最新兵器 »