« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月29日 (金曜日)

週末競馬日記

>今週の桔梗屋出走馬[H23-63]

■土曜函館11R 漁火S(T1800)シルクアーネスト号出走 15:25
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201102020511

 アーネストが土曜函館メインに出走します。
 前走は函館2000の「青函S」に出走。人気したものの、僅差ながら6着と案外な結果でした。その後、函館記念に登録も除外、自己条件のここに出走となりました。
 巻き返しを期してのレースとなる今回は鞍上に藤田騎手を確保。馬自身の調子も良く、距離も短縮されますし、結構期待できると思います。
 とはいえ、結構相手も揃っています。
 札幌2歳S2着、阪神JF4着でここに52キロで出走のアヴェンチュラ、同じく重賞2着経験があり、北海道で良績のあるモズ、そして前走青函Sで先着を許した馬たちも出走しています。
 相手関係は結構厳しいですが、厩舎サイドはかなり強気です。できればここで勝って貰って、秋のさらなる活躍に繋げて貰いたいところです。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・キングリーが入厩もDDSPの可能性が。
・ハリウッドサインは今週登録も除外。
・クリエイターが帰厩。
・ガトーディマンシュが関東(清水厩舎)に転厩。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金曜日)

ハッカ油の効能と2歳勢初出走

■ハッカ油を試してみた

 先日、夏の暑さ対策最終兵器(予定)の「ハッカ油」を購入しました。

 涼感は予想以上に効果が高く、汗もぴったりと止まっていいのですが、原液が強すぎて扱いを誤ると大変な事になりますね。
 入れ物から手のひらに原液を数滴垂らして、要所要所に少しずつつけていくわけですが、一度面倒になって余った分を手のひらに乗せたまま首筋を拭ったところ、あまりの冷たさに暫く悶絶する羽目になりました。かなり薄めて使った方が良さそうです。

 その他、当初の期待と違った事、要注意かなと思った事は、こんな感じでしょうか。

・期待していた「頭痛の緩和効果」(偏頭痛持ちなのです…)が思ったほどなかった
 こめかみに塗ると頭痛が緩和される…という記事が各所にあったので、かなり期待していたのですが……。とはいえ、集中力向上効果は結構あると思います。

・匂いが予想以上に強いので、外出先では使えない
 気づかない程度の匂いかと想像していましたが、予想以上に強いものでした。そう言えば、北海道旅行の際にホテルの売店の片隅に必ずある「ハッカ販売コーナー」からはいつもハッカの香りがしていた事を今頃になって思い出しました。
 自分の生活パターンからは、使えるのは実質自宅に限られてしまいますね。

・あくまでも「冷たく感じる」だけで、実際に冷えるわけでは無いことに注意
 自分の生活パターン(屋外での運動等が基本的にはない)ではどちらでも問題はなさそうですが、使い方によっては(ハッカ油の涼感を過信して、空調や帽子着用、水分補給等の暑さ対策を一切しない等)熱中症を誘発する事になりそうなので、注意が必要です。


 予想していたよりも扱いに注意を要する性質ではありましたが、うまく使えばこの夏をより涼しく過ごすことができそうです。


>今週の桔梗屋出走馬[H23:61-62]

■土曜函館4R 3歳未勝利(D1700)シルクフェリーチェ号出走 11:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201102020304

 フェリーチェが土曜函館に出走します。
 前走ではいい感じでレースを進めながら、直線で前が詰まるという致命的な不利で7着。今回は連闘での参戦となります。
 直線では不利に見舞われましたが、レース内容的にこの函館D1700という条件は合っていますし、スムーズな競馬ができれば勝利の可能性は十分にあると思います。今回鞍上に藤田騎手を押さえましたし、チャンスは十分だと思われます。
 この土曜日は同条件で牝馬限定戦もありましたが、そちらは前走掲示板の馬が結構揃っており、こちらの条件の方が相手関係は楽そうな感じです。前走中山で逃げ粘って2着に入ったミステリートレイン、2戦続けて2着のフォースワン等が人気になると思われますが、安定度や力ではフェリーチェも十分に対抗できると思います。
 そろそろ未勝利戦も少なくなってきましたし、今度こそここで決めて貰いたいところです。

■日曜京都5R 2歳新馬(T1200)アラディローザ号出走 12:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201108040805

 今年の2歳勢が初出走を迎えます。
 初陣を飾るのは、先週の日記でご紹介したアラディローザ号。エーシンホワイティの全妹という、今年の2歳馬中、一番の良血馬でもあります。直前追いこそ馬場の悪さもあって時計が出ませんでしたが、ここまでの調教過程も良好です。厩舎の期待もかなり高い様ですし、楽しみにしています。
 新馬戦という事もあって相手関係は不明ですが、評判馬が結構いる様です。ここでどれだけ通用するかは未知数ですが、デビュー勝ちを期待してレースを見守りたいと思います。今年の3歳勢が不振気味なだけに、ここで幸先の良い結果を出して貰って、2歳世代の快進撃に繋げて貰いたいところです。


>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・アーネストは函館記念に登録も除外。
・エステートが帰厩。
・キングリーが入厩。
・パームアイランドが放牧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月曜日)

万博記念公園「早朝観蓮会&象鼻杯」(H23) 後編

(前編の続きです)
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2011/07/h23-d181.html

■優雅な朝食
 さて、象鼻杯をいただいた後は、これも去年と同じパターンで蓮池のほとり、今回の象鼻杯の会場のすぐ横にある軽食店「はす庵」で朝食をいただきます。
 このイベントに合わせて早朝から開店しており、特別メニュー「蓮の実入り朝粥定食」が提供されています。蓮の実にはそれほど味がある訳でもなく、所謂「気分を味わう」メニューですが、朝に早起きして食べる朝粥は健康にも良さそうです。

 そして、窓の外から眺める蓮池は、なかなか風流なものがあります。店の立地の関係で、肝心な蓮の花が見られないのが少し残念ですね。お店が蓮池の端にあって、更に窓が蓮の花が咲いている方角とは反対なのです。個人的には、お店から蓮池が一望できるように改装した方がいいと思います。
 とはいえ、それでも窓からは池を泳ぐ鯉などが見られて、なかなかいい感じです。
 イベントもあってかなり混んではいますが、それでもこうした食べる朝食はなかなか優雅なものです。


 ふっ……、爽やかな朝、蓮池のほとりで優雅に朝食……。乙女にしか為せない技ね……。


■謎の客層

 「乙女にしか為せない技」の筈なのですが、改めて見回すと、実際にこのお店で食事をしている客層は、そして蓮の花を見に来ている人たちは(私本人も含めて)「乙女」とはほど遠いものがあります。
 ほとんどの方が年齢層がかなり高く、「第二の人生」に入っている方々です。一部親子連れもいますが、ひょっとしたら私は参加者の中で一番若い部類に入るのかもしれない、という感じです。
 そして、そのほとんどの方が結構高そうなカメラ機材を手に蓮の花を撮影しにきている方々です。こんなに立派な機材は、私は競馬場や東京ビッグサイトでしか見たことがありません(笑) そして、そうした開場で目にする所謂「カメラ小僧」とは全く異なる客層の人たちが高級カメラを手に朝から集まっているのです。
 「象鼻杯」そっちのけで撮影している方ばかりで、「象鼻杯」についても直接の目当 で来ているのではなく、蓮を撮影している横でちょうどやっているから参加してみる、といった方がほとんどでした。
 それにしても、自分もほとんど始発に近い電車で来ていましたし、駐車場にもそれほど車が止まっていなかった筈なのですが、これほどの人たちはどこから出てきたのでしょうか。別ルートでもう少し早い時間から始発があるので、そちらでしょうか。

 何はともあれ、数多くの見学者がどこから出てきたのか(笑)という疑問はともかく、なぜこれほどの人たちが早朝から蓮の花を見学に、そして撮影に来るのか、という理由は一度参加してみれば誰にでも判ります。
 蓮の花が幻想的で……本当に美しいからです。

■美しき蓮の花

 蓮池に咲き誇る蓮の花の数々。
 本当に美しく、わざわざ早起きして来るだけの魅力に溢れています。私がデジカメで適当に撮影しても「それっぽい」感じがします。
 見てください。自分ですら、これだけ幻想的、そして芸術的?っぽいものが撮影できるのですよ!!
Sany3874
(今回撮影分で一番お気に入りの一枚)

 この時期に合わせて蓮の花の写真コンクールが開かれており、今回撮影に来られている方々には、このコンクールの参加者もいるようです。去年の優秀作品が当日配られる団扇に載っているのですが、本当に美しいです。
 いい目の保養になりました。

■もうすっかり夏

 この後は、「象鼻杯」終了後に配布された「蓮酒」(蓮の茎を漬け込んで風味をつけたお酒)をいただき、更に早朝の日本庭園を散策して、こちらも早朝営業していた茶室で抹茶と和菓子をいただいたり……と、一通り満喫して帰ってきました。
 朝6時から開始という事もあり、これだけ楽しんで帰ってきてもまだ午前の早めの時間。自分の場合は9時台で、まだ競馬も始まっていません。引き続き、普段通りの週末の一日を楽しむ事ができます。早起きは三文の得といいますが、早起きにさえ耐えられれば、非常にお得に休日を過ごすことのできる、有意義なイベントではないでしょうか。

 後改めて感じた事は、「夏は朝から暑い」事でしょうか。イベント開始直後の6時頃はまだ大丈夫ですが、7時頃になるとかなり暑いです。ちょうどこのイベントに参加した日あたりに梅雨が明けたのですが、もうすっかり夏という感じです。
 この時期になると、海水浴にでも行くなら別として、午前中~昼間に屋外で行動するのはなかなか辛いものがあります。そうした意味でも、早朝に屋外で楽しめるイベントに参加する事は有意義だったと思います。今後も毎年参加したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金曜日)

3歳最終兵器と2歳最新兵器

 今週~来週にかけて、うちの出資馬で2頭がデビューを予定しています。
 3歳で唯一未デビューだったハリウッドサイン号と2歳の初陣となるアラディローザ号です。
 どちらも結構厩舎での評判が高い様なので、期待しています。

 先週のシルクフォーチュンの重賞勝ちを筆頭に、最近のシルク馬は結構勝ち星を量産しており、好調が続いています。うちの出資馬もこの勢いに乗って貰えればと思います。

>桔梗屋新馬紹介:ハリウッドサイン

【ハリウッドサイン】(8-50)(Hollywood Sign:ハリウッドに掲げられたサイン)
 父:タニノギムレット
 母:*オリンピアデュカキス(母父:Isopach)
 平成20年5月11日生まれ 牝 栗東:石坂正厩舎
 募集価格 1200万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2008102637/

 白老F生産馬。
 母親はイタリア産馬で、伊1000ギニーを始め重賞を3勝し、伊オークスでも2着に入っています。繁殖として輸入後、産駒は大体半分ほどが勝ち上がっています。出世頭はBT産駒のオリンピアンナイトで5勝。屈腱炎で数を使えなかったもののOPまで出世し、エルムS5着等の成績を残しました。本馬は同じBT系種牡馬を父に持つ事もあって、期待されます。
 トモの弱さもあってここまでデビューが送れましたが、調教時計もかなり良く、期待されます。厩舎の評価もかなり高い様ですし、なんとか素質を開花させてくれればと思います。


>桔梗屋新馬紹介:アラディローザ

【アラディローザ】(9-44)(Ala di Rosa:バラの翼)
 父:サクラバクシンオー
 母:ライジングサンデー(母父:*サンデーサイレンス)
 平成21年5月8日生まれ 牝 栗東:西園正厩舎
 募集価格 2000万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2009103898/

 千代田牧場生産馬。
 ファルコンSの勝ち馬で、古馬になっても活躍中のエーシンホワイティの全妹に当たります。一つ上の全兄ドラゴンライズも勝ち上がっており、母親の繁殖能力の優秀さ、そしてサクラバクシンオーとの相性も抜群です。
 調教での動きもかなり良く、結構期待できると思います。2歳早期からのデビューとなりそうですが、早々に勝ち上がって貰って、兄同様に末永い活躍を期待したいですね。
 また、うちの出資馬は(というよりシルク馬全体が)千代田牧場とは相性の悪い状態が続いています。できればこの馬が「当たり」である事を願いたいと思います。


>今週の桔梗屋出走馬[H23:58-60]
 今週は土日に3鞍。先ほどご紹介したハリウッドサイン、なかなか勝ちきれないもののいつ勝ってもおかしくないフェリーチェ、そして500万再卒業の掛かるファルシオンです(アラディローザは来週出走予定)。
 いずれもかなり期待できると思います。楽しみです。

■土曜函館3R 3歳未勝利(D1700)シルクフェリーチェ号出走 10:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201102020103

 フェリーチェが土曜の函館に出走します。
 力のあるところを見せながらも、どうしても勝ちきれない競馬が続いています。前走では芝1800に距離を伸ばしてみましたが、僅差ながら6着。今回、改めて勝ち上がりを目指します。
 今回はダート1700に矛先を向けてきました。ダート戦はこれまで1400mが最長ですが、前走では芝ながら1800を使っているので距離的には問題無いと思います。対戦相手は同様に勝ちきれない馬たちが多く、どの馬が勝ってもおかしくない感じです。この条件が合っていればあっさり勝ってもおかしくないと思います。詰めの甘さが毎回の課題なので、ダート戦で何とかいいところを見せて貰いたいと思います。


■日曜京都1R 3歳未勝利(D1800)ハリウッドサイン号出走 10:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201108040601

 3歳勢最後の1頭、ハリウッドサイン号がデビューします。
 体質の弱さでデビューが遅れましたが、何とか間に合った感じです。幸いにも一定以上の素質は秘めている様で、調教の動きも時計も結構良い感じです。今回はまだもうひと追い欲しい感じの、完調一歩手前の出来の様ですが、ここである程度目処の付く走りをして貰って、次走以降に繋げて貰いたいと思います。
 デビュー戦なので何とも言えませんが、今回はかなり対戦メンバーの層も薄く、適性や調子次第ではいきなり上位進出も十分に狙えると思います。期待しています。

■日曜新潟8R 3上500万下(D1200)シルクファルシオン号出走 14:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201104030208

 ファルシオンが日曜の新潟に出走します。
 500万への降級初戦となった前走でしたが、いい末脚で首差の2着。最近不調ではありましたが、1000万で連対していた底力を改めて見せてくれました。
 今回の対戦メンバーは、多少癖のありそうな馬はいるものの、実績ではファルシオンが再有力です。相性のいい新潟に移りますし、前走同様の調子でレースに挑めそうな事から、かなり期待が持てると思います。改めてここを勝って貰って、1000万クラスへの再昇級を決めて貰いたいと思います。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・クリエイターが放牧。
・エステートが放牧。
・引退したアルバスは佐賀競馬に移籍予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日曜日)

万博記念公園「早朝観蓮会&象鼻杯」(H23) 前編

 今年も、万博記念公園の「早朝観蓮会&象鼻杯」に行ってきました。

 http://park.expo70.or.jp/event/kanrenkai_ev2011.html

Sany3860

Sany3888

 開場が朝6時からという事で、5時前に起きて、始発に近い電車で万博に向かいます。自動車や徒歩では無く、電車で行く場合は万博公園へのアクセスはモノレールになります。休日の早朝という事でまた本数も少なく、始発かその次位の便で行くことになります。
 いつもより少し早起きなので眠気を感じますが、朝の爽やかな空気はそれを吹き飛ばしてくれる感じがします。これが陽が上ってくると灼熱地獄に変わるわけですが、まだ涼しい時間の雰囲気、そして透き通った空の青さは、夏が一番美しいのではないでしょうか。

(内容は基本的に去年と同じなので、去年の日記もご参照ください)
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2010/07/post-56d5.html

 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2010/07/post-e30e.html

 6時過ぎに会場に入り、蓮池の方まで行くと……去年と同じく、ものすごい人で溢れています。
 先着順の象鼻杯(お酒)目当てというよりも「蓮の花を撮影する人たち」が多いのも去年と同じです。お酒待ちの列もそれなりにありますが、ほとんどの方が機材を手に蓮の写真を撮りまくっています。
 お酒待ちの列は初日の土曜日だったせいか、去年よりこころなしか短めでした。日によって違うのかもしれませんが、象鼻杯だけが目当てであれば、もう30分程遅くても大丈夫な感じもします。
 10分程列にならんで、蓮の葉に注いだお酒を茎を通して飲む「象鼻杯」をいただきます。今年もお酒の提供は「菊正宗」さんでした。「象鼻杯」で蓮を通して飲んでいるという雰囲気も勿論ありますが、やっぱり生[酉元](きもと)のお酒は美味しいですね。
 今年はこのご時世という事で、(実際に象鼻杯に使われていたのは別のお酒:上撰・本醸造でしたが)売り上げの一部が被災地に寄付される「日本がんばろう」というお酒が展示されていました。

 私自身はこうしたイベントの時以外はそれほど日本酒は飲まなくて、更にちびちびとしか飲まないタイプなので一升サイズでしか売っていないお酒を買うのは辛いところがあります。
 そんなわけで、被災地支援のお酒そのものを買うことはできないのですが、今回提供された生[酉元](きもと)のお酒のミニボトルを購入して売り上げに協力する事と、ここで宣伝させていただく事で換えたいと思います。
 そんなわけで、皆さん、菊正宗さんのお酒を買ってあげてください~

(日本がんばろう)
 http://www.kikumasamune.co.jp/products/new/641_nippon_1_8.html
(生[酉元](きもと)造りのお酒各種)
 http://www.kikumasamune.co.jp/kimoto/lineup/index.html

 この後、横のお店で蓮の実が入った朝粥定食を食べたり、日本庭園を散策して抹茶をいただいたりしたのですが、その辺りについては次回、後編に続きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金曜日)

馬券も梅雨明けして欲しい

 早いもので、近畿でも梅雨が明けました。去年よりも9日も早いそうです。
 夏の電力の問題もあるので、早い時期の梅雨明けで暑い日が多くなりそうな流れは心配ではありますが、とりあえず現時点ではジメジメした季節が過ぎて青空が見られる事を喜びたいと思います。
 完全に太陽が昇ってしまうと暑くなりますが、早起きした時の爽やかな朝は、夏の楽しさの一つだと思います。

 ……そんなわけで、明日からは楽しみにしていた万博公園の「早朝観蓮会&象鼻杯」が始まりますので、(寝坊しなければ)早速行ってこようと思います。
 http://park.expo70.or.jp/event_detail.html?id=645

>今週の桔梗屋出走馬[H23:55-57]
 今回は土曜日に3鞍。中でも楽しみなのはアーネストの青函Sです。
 今週の選択肢として、日曜の「巴賞」もあったのですが、こちらに回ってきました。格上ではあるものの、距離がより短く(1800m)、軽い斤量、ブリッツェンさえ何とかすれば勝てそうな気がする巴賞の方が良かった気もするのですが、青函Sの方も十分に勝ち目があると思います。いいレースを期待したいですね。

■土曜中山3R 3歳未勝利(T1200)シルククリエイター号出走 11:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201106030703

 クリエイターが土曜の未勝利戦に出走します。
 デビューから4戦、2戦目の直千を除いては大敗が続いています。血統的には明らかに長い距離向きなのですが、マイルまで距離を伸ばしても成績が伸びず、なかなか適正がつかめない状態です。今回は1200芝、そして初めての左回りとなります。対戦相手的には状態次第ではそこそこ上位も目指せると思いますので、前進に期待したいです。今回初のブリンカーとなるので、その効果で何とか…
 デビュー戦で一緒に走ったオルフェーヴルは既に二冠馬です。それには及ばないにしても、せめて一勝くらいは挙げて貰いたいところです。


■土曜函館11R 青函S(T2000)シルクアーネスト号出走 15:25
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201102010711

 アーネストが青函Sに出走します。
 連闘で2連勝した得意の函館コース、前走GIから降級戦の準OPと好走条件が揃っています。短期放牧明けではありますが、十分に期待できると思います。対戦相手ですが、現級を勝っているリリエンタールと連勝中のエドノヤマトあたりが気になりますが、十分に通用すると思います。
 唯一の課題は、2000という距離でしょうか。1800まででは勝ち星を挙げているものの、2000以上では今のところ3戦して結果が出ていません。まあ、そのうち2つは重賞(京都新聞杯と菊花賞)ですし、残る1レースも(1番人気は裏切っているものの)僅差で掲示板は確保しているなど、完全に「守備範囲外」とは言い切れない感じです。できればここで勝って貰ってこの距離の適正を見せて貰いたいところです。
 2000にも対応できた場合、今後のレース選択の幅が広がります。秋の活躍がますます期待できますし、その前に(ここで勝てれば)次走は函館記念になる様です。今後につながるいいレースを見せて貰いたいと思います。

■土曜函館12R 津軽海峡特別(D1700)シルクエステート号出走 16:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201102010712

 エステートが土曜函館最終に出走します。
 昇級初戦の前走ですが、いい末脚で掲示板を確保。1000万下でも通用する力を見せてくれました。前回の昇級時にはクラスの壁を感じましたが、力をつけてきている様です。
 今回は放牧明けという事で、どの程度力を出しきれるか、そして今後も使い続けられるかがが鍵となります。対戦相手の中では降級のエアウルフと前走現級2着のプレシャスジェムズあたりが強敵となりそうですが、力を出せれば通用すると思います。期待したいですね。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・アルバスが引退。
・エスティーム、ガトーディマンシュが放牧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水曜日)

2億円が当たる! WIN5に的中しました!!!

 先日から始まった最高2億円の配当が期待できる新馬券「WIN5」(5重勝馬券)。「5レース全ての勝ち馬を当てる」という判りやすいシステムでありながら、なかなか奥深くて面白い馬券です。

 先週(宝塚記念の週)にはついに最高配当の2億円が出現。そして、初のキャリーオーバーとなりました。
 今週(7月3日)はキャリーオーバーが付くという事で、いつもよりもより高い配当が期待されます。そんなわけで、私も久しぶり(初物という事でやってみた導入初期以来)に挑戦してみました。

 その結果、見事5レース全てを的中。WIN5の配当(最高2億円の可能性がある)を手にする事ができました!

 ついに億万長者への道が! 配当は果たして!? なんだか人気馬が結構来ていた気がするけど、それでもキャリーオーバーしている事だし、数十万~百万円台あたりにはいくのでは!?(わくわく)

 ……………

 ……配当は19680円でした。
 一瞬、1億9680万円かと思いましたが、改めて見たらやっぱり19680円でした。

 ちなみに、3-2-2-3-4点ずつ、計144点買いだったので、一応黒字ではありますが……。
 今回のWIN5については、同じように「初めて当たった! 高配当クルー!?→配当低すぎる…(場合によっては赤字)」という思いをされた方は多かったのではないでしょうか。
 今回は、他の(人気が低い)馬も押さえていたのに人気馬の方が来てしまって、本当はもっと配当がついていたのに…とがっかりしたケースが複数ありました。とはいえ、逆に押さえていた1番人気馬に救われたレースもありました。


 今回の経験で、改めて感じたのは以下の2点でしょうか。

1.キャリーオーバーが出た時(可能であれば、その時だけ)に買うべき
 特に解説の必要も無い事柄ではありますが、普通の時よりも配当の期待値が高くなります。今回は結果的に2割増し程度になりましたが、キャリーオーバー額次第では馬券の期待値が100%を超える事もあり得ます。こうした時にこそ。そしてできればそうした時に「だけ」買うのが有効な作戦だと思います。
 買わない週に「つもり貯金」で余力を蓄えておいて、その分買う週でより幅広く買うのが戦略的にも有効ではないでしょうか。
 ただ、せっかくの面白い馬券なのに、毎週挑戦できないというデメリットはあります。可能であればTotoBigの様に、「キャリーオーバーが恒常化している」のが理想的な形なのですが……。

2.1番人気(や上位人気馬)を買い目に含める
 言うまでもなく、「外さないための保険」です。本来買う予定の馬たちに加えて、1番人気の馬(元々入っている場合はそれ以外で最上位人気の馬)を含める事で、そのレースで「取りこぼす」可能性が結構軽減されます。

 ここまでWIN5を見た感じですが、「上位人気馬が良く来る割には結構配当が付く」感じがします。また、各レースの生き残り票数を見てみると、勝った馬の単勝倍率以上の割合で票数が減っているケースが多いです。
 これはやはり、「5レースとも当てないといけない」という意識が影響していると思います。1レースだけ当てれば良い場合には1頭に絞って買うような馬であっても、WIN5の場合は「もし外れれば他の4レース分もダメになる」という意識が働いて、保険で他の馬にも手を広げる傾向がある様です。
 その結果、上位人気の馬の「WIN5で期待される配当」は「実際の単勝倍率」よりも高くなりますし、その意味でガチガチの上位人気馬であっても含める価値があります。

 ただし、各レースの買い目を増やすと、その分購入数も跳ね上がる事になるので、そのあたりとの兼ね合いが難しいところです。


 そんなわけで、私個人としては、当分は
・キャリーオーバーが出たときにだけ買う
・上記は多くても数週間に1度、たぶん10週に1度以下の頻度だと考えられるので、その時には各レースで「元々買うつもりの馬」に「保険用の1番(または上位)人気馬」を含める形で広めに買う

 という作戦で行こうかと思っています。

 今回は残念な配当ではありましたが、こうしてWIN5を当てた以上、次に億単位の配当を命中させるのも時間の問題です(たぶん)。
 宝くじや各種Totoの様に、「億単位の高額配当を当てる夢を買う」方法は数多ありますが、その中でもWIN5はその中でも数少ない「自分自身で買い目を全て決められる=運ではなく、自分自身の判断、能力で当てられる(はず)」ものです。そして、何より、自身が好きで毎週末の様にやっている競馬に、その様な「夢」を当てるチャンスが与えられているのです。
 これから馬券の腕を更に磨いて、是非とももう一度WIN5を当ててみたいものです。
(できれば次回はもっとマシな配当で……)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金曜日)

円環の理(リサイクル)

 ここ数回の日記で取り上げた通り、無事にパソコンの移行が完了したわけですが、1つ残された問題があります。
 逝ってしまった先代パソコンの処遇です。

 中身のうち、ハードディスクとビデオカードは全て摘出して再利用、DVDドライブも再利用のため摘出され、壊れたマザーボード等が取り付けられたケース(本体の外身)が残されています。再利用するつもりも無いので捨てる(リサイクルに出す)しかありません。
 だったら出せばいいわけですが、家電リサイクル法などのここ最近の社会情勢の変化もあり、もはや普通に捨てたり、タダで引き取って貰う事ができない世の中に変わってしまっています。特に2003年施行の「パソコンリサイクル法」の影響が大きい様です。ここ最近はずっと自作パソコンで中身の入れ替えが中心でゴミが発生しなかった(というか、いつか使うと思ってずっと捨てずに取っていた)のですが、いつの間にかこんな時代になっていたのね……。
 廃棄する場合は数千円の有料で引き取り。しかも周辺機器(プリンタなど)は引き取りすらしてくれないパターンも多いです。どうしろと……。
 HPをいろいろ見ていると、回収した品物を再生したりスクラップにする目的で無料引き取りをしている業者が結構いる様ですが、その手の業者に出しても大丈夫なのかはよく調べてみないと何とも言えない感じです。怪しげなところもありますし……。

 とりあえず今後の処理をどうするか、もうしばらく考えてみようと思います。
 他にも昔からの旧パソコンの残骸が溜まってきているので、何とかこの機会に綺麗にしてしまいたいところです。


>今週の桔梗屋出走馬[H23:50-54]
 今週は5鞍。そのうち3鞍が3歳未勝利です。未だ勝ち上がりが1頭しかいない3歳勢。そろそろ未勝利戦の終わりも迫ってきましたし、何とか1頭でも多く目処をつけてもらいたいところです。

■土曜京都2R 3歳未勝利(D1200牝)ガトーディマンシュ号出走 10:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201108040102

 ガトーディマンシュが土曜の未勝利戦に出走します。
 400キロを切る小さな馬体もあり、なかなか使い込めない状態が続いています。休養明けでも馬体が増えておらず、一度使って放牧…というパターン続きでなかなか先の見えない状態です。今回は約2ヶ月ぶりのレースとなりますが、何とかここから調子を上げて行ってもらいたいところです。
 前走で5秒負けているので相手関係以前の問題ではありますが、対戦相手自体はかなり恵まれています。何とか一定の着順を確保して今後に繋げて欲しいところです。初ダートですし、調子やダート適正次第では何とか……。

■土曜函館6R 3歳未勝利(T1800)シルクフェリーチェ号出走 12:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201102010506

 フェリーチェが土曜函館の未勝利戦に出走します。
 ここまで5戦、全て掲示板を確保、うち4回は馬券に絡みながら、なかなか勝ちきれない競馬が続いています。今回もチャンスだと思いますし、期待したいです。今回は初の1800m戦ですが、マイル戦で3着に入っていますし問題ないと思われます。
 主要なライバルは前走で馬券に絡んでいる2頭になると思われますが、この2頭共が前走が1800(フェリーチェは1400)なのが気になる点ですね。やや不利な要素だと思いますが、何とか跳ね返してもらいたいところです。
 厩舎サイドは「ゲートを普通に出ればあっさり勝てる」とまで言っています。そこまで力が抜けているかはわかりませんが、現在の未勝利馬で勝ち上がりに一番近いところにいると思いますし、きっかけさえあればすぐに勝てると思います。何とか今回で決めて貰いたいですね。

■土曜中山10R 江戸川特別(D1800)シルクアルバス号出走 15:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201106030510

 アルバスが土曜の中山に出走します。
 1000万に昇格してから4戦、なかなか厳しいレースが続いています。前走が着差では一番マシだったのですが、それでも1.6秒差です。今回は放牧明け初戦となりますし、何とか巻き返しに期待したいところです。
 今回は準OP好走馬もいて結構厳しいですが、その他のメンバーとの比較から1桁着順あたりは期待できるのでは…と思います。ここから調子を上げて貰って、1000万でも通用するところまで力をつけて貰いたいと思います。


■日曜京都1R 3歳未勝利(D1800牝)パームアイランド号出走 10:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201108040201

 パームアイランドが日曜の未勝利戦に出走します。
 既走馬に混じってのデビュー戦で見所のある内容で5着となり、これならすぐに勝ち上がれると期待されたのですが、続く2戦目は失速しての大敗。更に、レース後にDDSPらしい事が判明しました。放牧はされず、在厩で改善を目指しながらの続戦となります。
 ダート変わりも特に問題なさそうですし、降水確率も結構高く喉にも良さそうです。対戦相手もそれなりですし、調子次第では上位進出も十分可能だと思います。健闘を期待したいと思います。

■日曜京都7R 3上500万下(D1900)シルクエスティーム号出走 13:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201108040207

 エスティームが日曜の京都に出走します。
 現時点で勝ち上がっている唯一の3歳馬ですが、昇級戦の500万下では惨敗。勝ち上がったレースも含めて荒削りなレース内容が目立ちますし、素質を秘めつつもまだまだ成長が必要な様です。
 帰厩初戦となる今回ですが、気性面も成長し、動きも良くなっている様です。スタミナはかなりある馬なので、1900mという距離も歓迎です。今回はかなり相手がそろっており、1000万からの降級3頭、500万で掲示板が5頭とかなりレベルの高いメンバー構成です。いきなり好走は厳しいかもしれませんが、ここから調子を上げて行ってくれればと思います。

>その他、今週の桔梗屋出資馬あらすじ
・エステートが帰厩。
・アーネストが帰厩。
・アラディローザがゲート試験合格。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »