« お盆の自宅待機競馬日記 | トップページ | 3歳勢終了 »

2011年8月17日 (水曜日)

東方諏訪旅行記4-8(終):門前ひろばと「萌ぇろあ」

■第4回東方諏訪旅行:目次
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2010/11/post-f31b.html

 さて、前回から結構間が開いてしまいましたが、長かった諏訪旅行記も今回で最終回です。

 過去の旅行であれば「電車に乗って船橋に向かいました。終わり。」で終わってしまい、書くことが無いわけですが、この時の旅行では、
・前回の旅行から一年以上経っていた+その間に大イベント「御柱祭」があった事も関係して、いろいろ新しい名所ができていた
・丁度当日、下諏訪で町おこしのイベントが実施されていた
 といった出来事がありました。


■新たな名所「門前ひろば 食祭館」
 前回の旅行から「御柱祭」を挟んだ事もあり、各所にいろいろな設備が増設されていたのですが、その中でも目玉となるのが、下諏訪の大社通り沿い、秋宮のすぐ近くに新設されていた「門前ひろば 食祭館」です。
 場所的には、あの「おんばしらグランドパーク」の道を挟んだほぼ反対側にあたります。

(門前ひろば 食祭館)
 http://shokusaikan.net/

 下諏訪の名所?といえば先ほど名前を挙げた「おんばしらグランドパーク」があるのですが、ちょっとしたモニュメントがあるものの、いわば「単なる広場」でした。
 しかし、今回できていた「門前ひろば」は、食事処に地元の名産品売場、更に足湯もついて、かなり本格的なものになっています。
 下諏訪の名産品については、下諏訪駅にある売店、そしてそれぞれの宿などで買えましたが、今回の様な下諏訪温泉街のすぐ側にあるようなタイプの店はこれまでありませんでした。
 後は、大人数の観光などで昼ご飯を食べる場が足りない、というのはこれまでの下諏訪が抱えていた弱点だったと思うのですが、今回この施設ができたことでかなり改善されたのではないかと思います。
 駐車場スペースも結構用意されていますし、一般観光客が名産品やお土産を買いやすいですし、かなりいい施設では無いでしょうか。
 今回は実際に中でお土産を買ったり、ご飯を食べたりする余裕がなかったので、また次の機会にゆっくりと見てみたいと思います。

 そして、この日、この「食祭館」の駐車場(門前ひろば)を会場の一つ(イベントの本部)として行われていたのが、町おこしイベント「三角八丁」です。

■町おこしイベント「三角八丁」

 「三角八丁」(さんかくばっちょう)は、諏訪大社春宮、秋宮、春宮の南側にある大鳥居の近くにある大灯籠に囲まれた、一辺が約八丁(900m弱)の三角形で囲まれた「三角八丁」で行われる町おこしイベントです。今回(昨年秋)で第14回だったようで、イベントとしてはかなり定着している様です。

 このイベントですが、どうやら半年に一回開かれているようです。今回の日記で取り上げているのは昨年秋のイベントですが、その後今年春(4月17日)にもイベントが実施されており、後述の萌えババロアについても出展されたようです。
 「三角八丁」でぐぐってみると各所でチラシを実際に見られますし、日程を合わせて諏訪旅行に行ってみるのもいいのではないでしょうか。

 この「三角八丁」、特産品の販売や各店でのサービスだけでなく、お酒の試飲など様々な催しもあってかなり楽しそうなイベントでした。
 とはいえ、私の方は残念ながらこの後で船橋まで移動するタイムリミットがあったために、ほとんど最初だけ見て電車に乗り込むような感じになってしまいました。秋宮、春宮の参拝を兼ねて順路を歩いて、上記の「食祭館」会場で美味しそうだった「イノシカバーガー」を購入して駅に急ぐ…という感じでした。
 今回は時間が無くて十分に楽しめませんでしたが、良さげなイベントでしたし、いつかまた開催日にゆっくりできる日程を組んで再度諏訪旅行に行きたいと思います。

 そして、このイベントで偶然発見した今回の旅行最後の目玉が……その「食祭館」会場でイノシカバーガーと一緒に販売されていた「萌ぇろあ」です。


■「萌ぇろあ」

 「イノシカバーガー」を求めて販売ブースに並ぶと、その横で何やら萌え系スイーツが売られていました。
 パッケージに何やら萌えキャラが描かれている、大きめのプリンみたいなものが売られています。昨今はどんな堅めの?イベントでも萌えグッズがつきものとなっていますが、その波がこの諏訪にも訪れた様です。


 その名も……萌ぇろあ。
 パッケージに萌えキャラの描かれたババロアで、50個の限定販売らしいです。
 1個650円で、販売ブースにはその萌えキャラのイラスト付きで「限定50個 おいしいババロアです♪」というポスターと、更にその横に同じキャラクターを使って「消防団員募集」というポスターが掲示されていました。
 何でも、キャラクターが消防服を着ているのは、この企画が下諏訪の消防団によるもので、このグッズ等をきっかけにして、消防団の人手不足勧誘(関心を持って貰って、ゆくゆくは消防団に入って貰いたいようです)を目指しているそうです。

・当時の紹介記事(長野日報)
 http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=19519

 その「萌えキャラ」がどんなものかというと、消防服を着た(結構背の高い)金髪の女の子が描かれていました。
 本来の服装は中に着ている青っぽい服装の様でしたが、消防団がらみのキャラクターという事もあってその上に消防服を纏っています。
 そして特徴的なのが、これも企画がらみで被っていると思われる「消防団の帽子」の上に、何故か目玉の様なものが付いていた事でしょうか。

 具体的にはこんな感じです。


03

(写真:「萌ぇろあ」に描かれていたキャラクター「洩矢諏訪子」ちゃん)

 ……ちなみにキャラクターの名前は「諏訪子ちゃん」というそうです。諏訪のキャラクターだから「諏訪子ちゃん」なのでしょうか。可愛い名前ですね!


 ……と、とぼけるのはこのくらいにしておいて(笑)そんなわけで、何故か諏訪子様のイラストが描かれたババロアが売っていました。

 絵を描かれた方の描き方もあって、やや頭身が高く、年齢も大人びて見えた……はっきりした表現をすると、ロリっぽくなかった(笑)事と、普段の服装と異なる消防服を着ていた事もあり、最初は諏訪子様だとは気づきませんでした。
 こう、自分的には……何というかですね。諏訪子様はこんなムチムチではなくて、もっと幼い感じで(以下略。※愛用者の感想です。効能、性癖には個人差があり、効果を確約するものではありません)
 という感じで、少しイメージとは違ったものの、一般の町おこしイベントで諏訪子様の萌えババロアが売られていて驚きました。新聞記事を読むと、コスプレの店員さんがいたらしいのですが、記憶に残っていないので、コスプレ店員さんのいない時間帯だったのかもしれません。

 折角なので、この「萌ぇろあ」を買っても良かった(この日に諏訪で宿泊とかだったら宿に買って帰ったと思う)のですが、この後は電車に乗る予定でしたし、電車でババロアを食べるのもどうかな…と思って買いませんでした。
 滞在時間が短かったので何とも言えませんが、事前にそれほど外部に宣伝されていなかった?事もあり、少なくともこの「萌ぇろあ」目当てで会場に来ている東方ファンの方は見なかった感じがします。限定50という事なので完売はしたとは思いますが、諏訪(というより岡谷かな)で同人イベントを時々やっている様ですし、こうしたイベント合わせであれば、より需要があるのではないでしょうか。
(諏訪に移住して、更に消防団に入ってくれる人が出てくるかは、何とも言えませんが……)


 この「萌ぇろあ」という思わぬ発見があったものの、元々の私の目当ては、猪と鹿の肉が入っているその名も「イノシカバーガー」で、こちらは飛ぶように売れていました。何とか手に入れて車内で食べましたが、結構おいしかったです。

27
282

(イノシカバーガー:写真)


■終わりに

 そんなわけで、4回目となった諏訪旅行は以上の様な感じでした。

 元々、船橋への競馬観戦旅行がメインで、「せっかくだから諏訪に前泊しよう」と後から諏訪旅行を追加した事もあって、諏訪での行程が全体的に窮屈になってしまい、やはりもっと各所で時間を掛けて楽しみたかったな……といった旅行となってしまいました。
 とはいえ、これは今回の旅行で実際に諏訪に行ってみて発見した「新しい魅力」、そして(前に見たけど改めて時間を掛けて楽しみたい)「魅力的な場所」が数多くあった事も原因です。もう4回目なので、これまで回ったところはそれ程時間をかけなくてもいいかな、と思っていたのですが……。
 やはり、私にとっては諏訪という土地は魅力的な様です。
(まあ、もう4回も行っている時点でわかりきってはいる事ではあるのですが……)

 今度は丸二日ほどかけて、のんびりと旅行したいですね。今回遭遇した町おこしイベントがまだ秋にあると思われますので、その辺を目処に計画してみたいと思います。
(今回の旅行のメインだった競馬の日程にもよりますが)

 この日記をうpした時点ではまだ未入手ではありますが、この夏に東方シリーズも新作が登場しましたし、おそらくはまた新たな「東方系名所」が誕生しているのではないかと思われます(実は今回も守矢一家が糸を引いていて、諏訪に新名所が発生しているのかもしれませんが(笑)) 他の名所も回ってみたいと思いますが、やはり諏訪は好きな場所なので、また行ってみたいですね。
 また一泊かけて東京に遠征する際には。そしてできれば単独の旅行で。また諏訪を訪れてみたいと思います。

■おまけ:その後

 船橋までJBCの観戦に行っていました。
 出資馬のシルクメビウス号が出走(4着)していたので現地応援でした。
 ここから覚醒するスマートファルコンの単勝がかなり美味しいなぁ……。
(勿論自分はメビウスの単勝馬券で旅費を捻出予定でしたが、外れました(笑))

29


|

« お盆の自宅待機競馬日記 | トップページ | 3歳勢終了 »

東方紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/52499629

この記事へのトラックバック一覧です: 東方諏訪旅行記4-8(終):門前ひろばと「萌ぇろあ」:

« お盆の自宅待機競馬日記 | トップページ | 3歳勢終了 »