« 東方八雲旅行記-2:旅行行程の決定と迫る台風 | トップページ | 日曜の競馬日記 »

2011年10月10日 (月曜日)

シルクHC 平成23年度(2011)募集馬検討-1

■シルクHC 平成23年度 募集馬リスト
 http://homepage1.nifty.com/september/silkH23.htm

 毎年恒例、シルク募集馬を検討する時期がやってきました。
 例によって自分用に募集馬検討ページを作成しました(上のURL)。私の寸評や謎の評価ポイント付けなどもあって、自分にしか判らない世界と化していますが、各馬の血統表へのリンク等は便利に使えると思います。

■募集馬の傾向についての感想

 さて、まずは募集馬の全体的な傾向についててすが、なんと言っても「社台化」に関して感じた事が中心となります。去年もすでに「社台化」が始まっていましたが、今年は更にその傾向が顕著になりました。
 そして、感想の参考にしようと昨年の募集検討日記を見てみたのですが、去年の「社台化」に関しての文章が、ほぼそのまま使い回せる事に気がつきました(笑) そんなわけで、ほとんど去年の文章から微調整をしているだけの状態ですが、今年の募集馬についての感想は以下の通りとなります。


 感想として、プロフィールからは「走るか走らないか未知数」な馬が多いです。
 勿論、馬というものはデビューするまで「走るか」(活躍するか)は判らないわけですが、ここで言っている「未知数」というのは、血統や近親成績から、走るか走らないかの期待値が判断し辛いという事です。

 具体的には、今回の募集馬は、

・父親が新種牡馬、またはデビュー直後で十分に実績が無いので能力が未知数
・母親の産駒がまだ少なく、繁殖能力が未知数

 募集馬の多くがこのどちらかに当てはまります。
 特に後者(母親の繁殖成績が未知数)に当てはまる募集馬は……穿った見方なのかもしれませんが、最初の産駒数頭がまだ勝ち上がっていなくて、繁殖牝馬として見限るかどうか悩んでいるっぽい(笑)母親の産駒もちらほら見受けられます。

 勿論、大活躍している天下の社台の生産馬である事を忘れてはいけません。これらの要素は、実際に活躍するかどうかとは別問題であり、プロフィールが未知数であっても走る馬は走ります。ただ、種牡馬や兄弟の成績から判断できないために未知数な度合いが強い、つまり、未知数であるというリスクが存在するわけです。
 そして、社台(だけでなく他の生産者もですが)は、こうした馬をシルクを初めとする一口馬主に「未知のリスク」を負って貰う事で「実験」をし、自身の生産馬の能力を確認している事になります。

 とはいえ、こうした「走るかどうか未知数」な馬を自身で持たずに、リスクを他者に負って貰う……というのは経営的には至極正しい姿勢です。
 そして、未知であるというリスクを負うことで、シルクHC側は、そして私たち出資者は、活躍する(可能性がある)馬を手に入れる事ができます。
(まあ、確信犯的に「走らないと思っている馬」を一口クラブに押しつける生産者……という図式も一部にはある様な感じですが……)
 もし「当たり」が入っていればみんなが幸せになれますし、できればそうなってくれる事を期待したいですね。


 そんなわけで、未知数な要素の多い、今回の募集馬。
 馬体など、個別の馬を見る事のできる相馬眼があって、未知数な中からでも素質のある馬を選べる能力のある方については、今回の募集馬は(「宝」が入っているのかは私には判りませんが)宝の山に映るのではないかと思います。
 ……問題は、私にはそんな「個別の馬を見る」能力が無い事です。

 私個人は「派手な未知より、地味な実績」を選定基準としてこれまで馬を選んで来たので、こうした変化は非常に困ってしまいます。
 例えば、今回の募集馬は数々の新種牡馬が並んでいますが、私にとっては、少なくとも産駒が実際に重賞を勝つまでは、彼らの種牡馬としての価値はゼロです。牝馬についても同様で「この母親なら走りそう」ではダメで、実際に兄姉が確実に勝ち上がるのを見て、初めて繁殖としての価値を認めるタイプです。
(この方法は、地味な実績馬を掴める一方で、個別の素質がダメでも、「重賞勝ち馬○○の全弟」等に飛びついてしまうので、善し悪しがあります)

 そのため、今回の募集馬ラインアップは、実績重視で馬を選んでいる私にとっては、なかなか選び辛いものがあります。

 とはいえ、そうした中でも結構気に入った馬がいましたので、次回の日記では自分が気に入った馬たちを紹介したいと思います。

|

« 東方八雲旅行記-2:旅行行程の決定と迫る台風 | トップページ | 日曜の競馬日記 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/52958196

この記事へのトラックバック一覧です: シルクHC 平成23年度(2011)募集馬検討-1:

« 東方八雲旅行記-2:旅行行程の決定と迫る台風 | トップページ | 日曜の競馬日記 »