« 京都競馬開始日記 | トップページ | ダービーへの挑戦、そして連続5出走 »

2012年4月22日 (日曜日)

新たな取り組み:ブクログと誰得動画

 ここ最近、日記の更新頻度が落ちているので、新たなネタをつくるべく、新しい事に手を伸ばしてみました。

■「ブクログ」をはじめてみました
 http://booklog.jp/users/nagatsukikikyo

 Web本棚サービス「ブクログ」を始めてみました。
 登録した本(自分の読んだ本)を本棚として展示したり、レビューを書いたりできるサービスです。
(mixiアプリに類似のサービスがあって、そちらにも入っていたのですが、こっちに移って来ました)

 とりあえずは、最近図書館で借りてきた本を中心に登録しています。
 昔に読んだ本にまで遡って登録していないので最近読んだ本だけの登録ですし、今のところは読んだ本を登録しているだけでレビューもしていないのですが、今後気が向いたらレビューも書いてみたいと思います。
 こちらは、図書館の貸し出し期限が二週間なので、概ね二週間に一度の登録になるかと思います。


■youtubeへの投稿動画を始めました

 以前から溜め込んでいる動画デジカメで撮影した動画の数々について、取り込んだままにしておくのも勿体ないですし、どれか一つくらいは視聴者の琴線に触れるかもしれない……と思い、youtubeにアカウントを取ってうpを始めました。こちらは、とりあえず休日に1本程度の頻度で続けていきたいと思います。

 微妙に下心もあって、今後の目標は、ものすごく再生数が増える→「パートナープログラム」に登録して収益を上げる(本業が副業禁止なので、収益化の時点で対応を考える必要がありますが)→働かなくて良いレベルまで収益が増える……と壮大なのですが、そもそも素材となる過去に撮影した動画たちが誰が得するのか全く不明なものばかりなので、実際のところはどう見ても無理だと思われます(笑)

 ちなみに、記念すべき第1回目の動画はこちらです。
・動画01:勝尾寺の鐘(大阪箕面の「勝尾寺」で鐘を撞いた時の映像)
 http://www.youtube.com/watch?v=8i7tp1wfCgQ

 誰に向けた動画なのか全く判りません(笑)
 今後も、主に旅行時に撮影した誰得動画を引き続き投稿していきたいと思います。何時の日か、どれかの動画が大ブームを起こすと信じて……!


 真面目な話をすれば、本気で再生数を増やしたいと思うなら、何らかの「人を引きつける動画」を投稿しなければならないわけですが、これがなかなか難しそうです。とりあえず、過去に撮影した動画では無理な気がします。

 以前から旅行時等には必ず動画デジカメを持参し、いろいろと撮影しまくっているのですが、動画として公開する視点から改めて見直してみると、実際のところ、使えるものはそれほどありません。
 自分自身はともかく、親族や友人が写り込んでいるものは使えませんし、そもそも人がわずかでも(判別可能なレベルで)写り込んでいる時点で肖像権の問題が出てくるので、そのままでは使えません。
(編集ソフトでぼかしたりカットすれば何とかなりそうなものも結構ありますが)
 自分が過去に撮影した動画では、諏訪旅行時のものや、競馬場でレースを撮影したものあたりは一定の需要がありそうですが、この点がネックになるので、公開する前に十分な確認や加工が必要そうです。

 また、それ以前に、動画の数が案外少なかったりします。
 改めて旅行時の写真を見ると、自分は「動画ではなく(静止画である)写真をとりまくる派」で、それほど動画の割合が高くない事が判りました。こちらは、スライドショー化すれば動画にできますので、折を見てやっていきたいところです。
 いずれにしても動画のストックが少ないので、今後もいろいろ撮影して増やして行きたいところてす。


 ……まあ、実際の所は、動画投稿がどうと言うよりも、「このあたりを理由にしてそろそろ動画デジカメを買い換えよう」というのが一番の動機だったりします。暫く続けてみて、長続きしそうであれば新しい動画デジカメを買おうかな、と思っています。

|

« 京都競馬開始日記 | トップページ | ダービーへの挑戦、そして連続5出走 »

動画」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

誰得動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/54536576

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな取り組み:ブクログと誰得動画:

« 京都競馬開始日記 | トップページ | ダービーへの挑戦、そして連続5出走 »