« シルクアーネストVS中京記念 | トップページ | 南千里のプラネタリウム »

2012年7月27日 (金曜日)

輝く季節と日傘

 今日の日記タイトルは今週デビューする出資馬からです。馬の方は名前通り輝いてくれる事を期待するわけですが……。その反面、ここ最近の厳しい日差しには本当に困ったものです。
 そんなわけで、暑さに耐えかねて、今年もついに最終アイテム「日傘」を投入しました。さすがに仕事では使えないので、休日に外出する時だけですが……。
 実際に使ってみると、見た目以上に涼しさが段違いです。
 夏の日差しの中を歩くとき「死ぬほど暑い」から「死ぬほど」の言葉が外れる程の違いがありますし、「炎天下の中、常に日陰を歩ける」と言えば、その絶大な効果が判っていただけるでしょうか。
 この文章を書いている平成24年時点では「成人男性の日傘」というのはまだ違和感があり、実際に差して歩くのは少し勇気が必要な存在ですが、近年はどんどん日差しが強くなってきていますし、日差しを遮る事のできる日傘は実際に涼しくて実用的です。
 個人的には、クールビズと同様に何かのきっかけで急速に普及してくれるものと期待しています。

>デビュー馬紹介:アウレオーラ

【アウレオーラ】(10-14)(Aureola:イタリア語で「輝き」)
 父:ダイワメジャー
 母:シルクラジアンス(母父:*マイニング)
 平成22年1月26日生まれ 牡 栗東:大久保洋厩舎
 募集価格 1300万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2010104425/


 初年度出資馬であるシルクラジアンス号の子供となります。母親も「輝き」(radiance)なので、母親の輝きを受け継いでくれる事に期待したいです。母は3勝しましたので、できればそれ以上の活躍を……。
 母親はオークス馬の妹ですし、ダイワメジャーはカレンブラックヒルの活躍など、種牡馬として順調な滑り出しを見せています。出資馬の子供ということで「世襲出資枠」ではありますが、そうした贔屓目を抜いても期待できる一頭だと思います。
 同世代となるフラムドグロワール(シルクプリマドンナ(母親の姉)×ダイワメジャー)が新馬勝ちをしていますし、血統的に近いこの馬にも活躍を期待したいところです。

 約500キロと牝馬にしては大柄で、動きがもっさりしている…等のコメントが出ているので、使いつつかもしれませんが、早めに勝ち上がって貰い、末永い活躍を期待したいと思います。


>今週の出走馬[H24:47-49]

■土曜札幌6R 3歳未勝利(T1200) アラディローザ号出走 12:35
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201201010306

 アラディローザが土曜の未勝利戦に出走します。
 もう3歳の夏になりますが、なかなか体調の維持が難しく、いまいち使い込めない状況が続いています。北海道のレースになって、輸送の負担が軽くなっている筈なので今回は期待したいところです。
 今回は前走で馬券に絡んだ馬も何頭かいますが、こちらも6着ながら0.3秒差と僅差に来ていますし、十分に通用する目があると思います。そろそろ未勝利も残り少なくなってきましたし、何とか今回は目処のつくレースをして貰いたいと思います。


■日曜新潟5R 2歳新馬(T1400) アウレオーラ号出走 12:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201204020605

 アウレオーラがデビュー戦を迎えます。
 この時期の新馬戦ながら、フルゲートとなりました。新馬戦という事で相手関係は読めないですが、こちらも調教本数自体は結構こなしていますので、通用する可能性は十分にあると思います。
 厩舎サイドからは既に「距離はもっとあった方がいい」「ダートの方がよさそう」「大柄なのでもっと調教をこなした方がよさそう」等の台詞が飛び出しているので不安の方が大きいですが、まずは今回、今後に繋がる走りを見せて貰いたいと思います。


■日曜新潟11R NST賞(T1800) シルクアーネスト号出走 15:45
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201204020611

 アーネストが日曜新潟メインに出走します。
 前走の米子Sでは着実に賞金を上積みしたかったところてしたが、展開が向かず6着。レース自体は荒れましたが、勝ち馬のフラガラッハや人気していたショウリュウムーンは続く中京記念でも活躍しており、結果的にはハイレベルなレースでした。残念ながら当のアーネストの方は中京記念を除外されてしまって参加できませんでしたが、改めて重賞に挑戦するために、今回改めて賞金の上積みを目指します。
 今回は頭数も相手関係も比較的手頃ですし、左回りの1800はベストに近い条件だと思います。何とかここは確実に勝って貰いたいところです。
 鞍上の松岡騎手は弟のマイネルラクリマで重賞を勝っていますし、何とか今回、上手く馬群を裁いて貰って、本来の力を十分に引き出して貰いたいと思います。

>その他、今週の出資馬あらすじ
・ファルシオンが放牧。
・エメラルドチャームが帰厩。
・エステートが帰厩。

|

« シルクアーネストVS中京記念 | トップページ | 南千里のプラネタリウム »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33967/55293451

この記事へのトラックバック一覧です: 輝く季節と日傘:

« シルクアーネストVS中京記念 | トップページ | 南千里のプラネタリウム »