« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月27日 (月曜日)

小さな星の夢(南千里のプラネタリウム-2)

(前回:8月5日)
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2012/08/post-915f.html

 先日の日記で書いた南千里プラネタリウムですが、26日で閉館される(この土日で最終日)という事で、この土曜日(25日)に改めて足を運んできました。
Img_6616_2

Img_6617

Img_6623


 夏休みに入っているからか、それとも自分同様、別れを惜しみに来ている人が来ているのか、前に来た時と比べてお客さんで一杯でした。

 投影室の中で「夜」が来て、真っ暗な中に吸い込まれる様な満天の星空が映し出される瞬間は、いつ見ても(と言っても、子供の頃と閉鎖が決まってからの数回行っただけですが…)感動してしまいます。
 スライドでヘラクレス座やこと座の物語を観賞した後は、特別テーマ「恐竜は鳥になったのか」を見ました。その中に巨大恐竜の話題があって、自分が子供の頃は大きな恐竜と言えば「ブロントザウルス」だったのですが、いつの間にか「アルゼンチノサウルス」という(発見された場所そのまんまの)風情も何もない名前の恐竜に取って代わられていました。これも時代の流れなのかもしれません。

 このプラネタリウムですが、新しくできる市民センターには移設されたり「新プラネタリウム」の様なものは用意されないので、残念ながらこれで廃止という事になります。
 どう見ても赤字だったと思われるので、昨今のご時世では小さなプラネタリウムの様な牧歌的な施設は生き残れないのかもしれませんが、残念な事です。

 投影の最後に解説の方が、26日にプラネタリウム(昭和53年開設)が閉鎖される事を伝えた後、「このプラネタリウムが宇宙や星空に興味を持つお手伝いができたのなら幸いです」と言われたので、何だかじんと来てしまいました。
 自分自身はあまり行くことはできなかったのですが、この小さなプラネタリウムで見た星空の思い出が、人々の心のどこかに残ってくれればと思います。

 余談ですが、市民センター移設内容が決まった頃の市の資料(市民からの要望のQA)に「プラネタリウムを存続させて下さい」という要望が載っているのですが、それに対する市側の回答を要約すると「大阪市立科学館にプラネタリウムがあるから、そちらに行って下さい」というものでした。
 そういう問題じゃないだろ……と思いつつも、大阪市立科学館のプラネタリウムは世界有数の規模という事ですし、かなり人気もある様です。少し遠いのがネックですが、一度見に行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金曜日)

週末競馬日記(8/24)

■フランケル強すぎワロタ
 http://www.youtube.com/watch?v=mr_ChX6Jv4s

 これまでマイル路線を使われていたFrankelが中距離を試すべく「インターナショナルS」(約2100m)に出走したのですが……、ほぼ持ったままで7馬身差圧勝、これでデビューから13連勝(GIは8連勝+1勝)となりました。
 距離延長でも全く問題がない(というより、元々中距離でも良かった気がする)強さで、更にもう少し距離を伸ばせば凱旋門賞も視野に入ってきますが、果たして次走はどうなるのでしょうか。

 日本のファンにとっては、去年にグランプリボスが遠征したレースでの勝ち馬…と言った方が馴染みがあるかもしれません。あの時は、仕掛けが早すぎて(残り1000mからスパート)さすがに失速と危ないレース振りでしたが、その後ここまで化け物になるとは……。


>今週の出走馬[H24:54-55]

■日曜新潟4R 3歳未勝利(T2000牝) チャペルプリンセス号出走 11:40
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201204030604

 チャペルプリンセスが日曜の未勝利戦に出走します。
 勝ちきれないながらも、過去のレースでは2着や3着に入っており、もう少しで勝ち上がれそうなところまで来ています。今回こその期待が掛かります。
 今回の相手関係を見れば「本来の力が発揮できれば」十分に勝てる可能性があると思います。ただ、前走では勝ちきれないうちに数を使いすぎてピークを越えてしまい、13着に大敗して放牧された経緯があります。今回、短期放牧で約二ヶ月間空けましたが、この休養で十分に調子が戻っているのか、そして復帰初戦からどこまで力を発揮できるかが鍵となります。
 復帰初戦という事で、本来なら叩いた次走以降に更に期待できる……という流れですが、今回は時期が時期なので、ここで5着以内に入れなければ「スーパー未勝利」への出走権も獲得できず、即引退という展開となります。
 現時点での3歳未勝利の出資馬ですが、勝ち上がりがある程度以上期待できるのは、正直この馬だけです。何とか残されたチャンスを生かして貰いたいと思います。

■日曜新潟9R 両津湾特別(D1800) シルクエステート号出走 14:35
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201204030609

 エステートが日曜新潟の特別戦に出走します。
 前走は直線でいい末脚を見せての2着。3着馬には5馬身差をつけていますし、現級での2着は3度目。1000万クラスでは上位の力を改めて見せる内容でした。
 今回は中一週となりますが、他の出走馬に前走現級で馬券に絡んだ馬がいないなど、かなり恵まれたメンバー構成になっています。かなり大きなチャンスですし、是非ともここで勝って準OPに昇級して貰いたいと思います。

>その他、今週の出資馬あらすじ
・キングスクルーザーが入厩。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月18日 (土曜日)

楽しみな競馬新企画2件

 発表から少し経ってしまった情報ですが、競馬界で二件ほど、この秋から楽しみな新企画?が実施されますね。

・JRAネット投票で地方競馬の購入が可能に
 http://www.jra.go.jp/news/201207/072401.html
・園田競馬でナイター競馬が開始
 http://www.keiba.go.jp/topics/2012/0724_1.html

 特にナイター競馬については、あの雰囲気が好きで、過去にも何度かわざわざ関東の大井競馬場まで足を運んでいたりしていたので、すぐ近くの園田でやってくれるという事で、大いに楽しみにしています。開始後、早い内に行ってみたいと思います。
 今年は9月から開始ですが、やはりナイター競馬は夕涼みを兼ねてこそだと思いますので、来年以降は夏にもやって貰いたいところですね。

 JRAのPATで地方競馬の馬券が買える件については、売り上げへの効果がかなり期待できそうですが、従前の(即PATではない方の)PATについては、口座ロックの関係で基本的に土日しか購入できないのがネックですね。買えない日が多いと、実際に利用する人も少なくなってしまうのではないかと思います。そろそろシステム的に可能だと思いますし、口座ロック制度を解除して欲しいところですね。

>今週の出走馬[H24-53]

■土曜小倉6R 3歳未勝利(D1700) エメラルドチャーム号出走 12:45
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201210020706

 エメラルドチャームがデビュー二戦目を迎えます。
 その血統などから、この世代で最も期待していた馬だったのですが、いざ5月にデビューしてみると3秒差の大敗と、がっかりする結果でした。まだ仕上げ途上で、実質公開調教としてのレースだったにしても負けすぎで、更に「使いつつ調子を上げていく」筈が放牧に。今回は放牧からの復帰初戦となります。
 調教の内容から動きは大分良くなってきたようですが、前走の内容もありますし、今回はかなり相手が揃っています。更にこの馬は芝向きの血統だと思われるのですが、今回もダート戦だったりと、正直いきなり好走できるかは怪しいと思います。
 まだ二戦目なので、今回の結果に関係なく「スーパー未勝利」には使えますが、チャンスはあと二回です。状況は厳しいですが、勝ち上がりを期待させる走りを見せて貰いたいと思います。

>その他 今週の出資馬あらすじ
・アーネストが放牧。
・フェスタが引退。
・キングスクルーザーが入厩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月曜日)

東方八雲旅行記-4:八雲風穴

(東方八雲旅行記 目次)
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2011/09/post-a9c6.html


 前回の日記が去年の年末なので、かなり……というか、半年以上も間が開いてしまいましたが、何事も無かったのかの様に(笑)「八雲旅行記」を再開します。
 日記の間が開いたので改めて書きますと、今回の日記は昨年9月2日に出雲旅行を行った時の日記です。

 日記の更新が止まったのは、「夏に行くと涼しい場所」である八雲風穴の紹介日記を書いている間に、冬になってしまったからです。真冬に納涼日記を書いてもありがたみも何も無いので、再び暑い季節になるまで待っていました。
 放置……もとい、季節を待っていた甲斐があって、再び夏本番の季節が巡ってきました。去年にこの場所を訪れた趣旨が「節電で大変な時期に、電気を使わなくても涼むことのできるいい場所」を紹介する事で、いわば昨年度限定でした。予想に反して、今年も節電の季節が続いていますが、今回ご紹介する八雲風穴の様な天然の涼しい場所を上手く利用して、夏を乗り切りたいものです。


■八雲風穴に到着
12

 そんなわけで、八雲風穴に到着しました。
 事前に「来客者が年間2万人」突破などの記事を見ていたので、もし混んでいたらどうしようかと旅行前には思っていたのですが、平日&シーズン終盤である事に加えて、何と言っても台風が来ている状況なので、わざわざ車を走らせて山の上まで足を運ぶ人は少ない様でした。
 去年(平成23年)はシーズン中1万7千人程の来客があった様で、一般公開が約二ヶ月間である事を考えると、平均して一日250人程度の来客でしょうか。この日はたまたま空いていましたが、普通の日に行った場合は結構混んでいるのかもしれません。
 ともあれ、この日は自分と入れ違いに前の客(二人連れ)が帰って行きましたが、その後は誰も来ませんでした。入場料(大人200円子供100円)を支払って、貸し切り状態の八雲風穴に入っていきます。
 最初の扉をくぐり、前室に入った時点で20度を切る程に気温が下がるので、結構涼しいです。倉庫みたいな感じになっていて、八百屋にある様な野菜用の段ボールが幾つも置かれていました。中に実際に野菜が入っているのかは判りませんが、今でも冷蔵庫代わりに保存用として使われているのかもしれません。
13

 その後、更に扉をくぐって、八雲風穴へと入っていきます。
 「八雲風穴」という名前から洞窟っぽいイメージだったのですが、実際には吹き抜けになった二層構造の地下室といった感じです(入れませんが、実際には地下三階まであります)。一辺が5~6mのほぼ正方形の空間で、更に階段に使われているスペースもあるので、中はそれほど広くありません。周辺の地下水の冷気が地下室の石積みの壁から出てくる天然のクーラー室…といったイメージです。
16

(出雲観光協会の紹介ページ)
 http://www.izumo-kankou.gr.jp/314

 実際の中の状況ですが、ちょうど当日に撮影した動画があるため、こちらを見ていただくのが一番早いと思います。

(当日の撮影動画)
 http://www.youtube.com/watch?v=RrDXBlsQT2U


 当日の写真や動画に映っている気温計(各階に取り付けている)を改めて確かめてみると、前室が17度、地下1階が13度、地下2階が6度、(入れない場所ですが)地下3階は5度でした。外が30度以上ある事を考えれば、驚きの涼しさ……というより寒さで、外とは異世界といった趣きです。この天然の冷房を体感できるだけでも、この場所に行ってみる価値はあると思います。

15
(写真:気温計とは若干数字が違いますが、現地の温度表示板)


 また、すぐ横には入場券販売も兼ねた売店があります。
 天候もあって、客は私しかいなかったので、お土産を買いお店の方とつついろいろと雑談しました。
 こんな台風の中にわざわざ来た事や、(駐車場が目の前にあるのに)2キロ下から山を登ってきた事などに驚いておられました(そりゃそうだ)。
 お茶などをごちそうになったり、大変親切にしていただきました。ありがとうございます。


 訪問当時ははもう9月に入っていましたし、台風が来たという事で、外はそれほど暑くなかったのですが、8月のカンカン照りの日であれば、この八雲風穴の涼しさ、心地よさもひとしおではないかと思います。
 今年(平成24年)の八雲風穴は9月9日まで一般開放されている様です。皆さんも是非、八雲風穴に涼みに行ってみて下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金曜日)

あんたの馬券、日本じゃ14番目だ

 「IPAT馬券道場」ですが、先週までの第8期も夏割期間(昇段規定が緩い)に助けられて、何とか昇段する事ができました。
 今回の昇段で、当面の目標だった六段に到達。今年の残り期間であと2回昇段できれば、JRAに名前が掲載される八段となるので、頑張りたいところです。
 それにしても(前回の昇段時も書いた気がしますが)現時点で全国で八段の方が2名、七段の方が11名なので、自分がいる六段より上は全国で13名しかいない事になります。全く実感がないですが、一応自分は馬券では全国14位タイの腕前らしいです(笑)
 そんな全国トップクラスの腕前であれば、今頃は何かの怪しげな通販の様な感じで、札束風呂に美女に囲まれながらこの日記を書いていてもおかしくない筈なのですが、現実との落差は一体何なのでしょうか(笑)
 とりあえず、今期も夏割期間で昇段に有利ですし、まずはもう一段昇段できる様に頑張りたいと思います。


>今週の出走馬[H24:50-52]

■土曜新潟12R 3上500万下(D1200) シルキーフェスタ号出走 16:30
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201204030112

 フェスタが土曜新潟の最終Rに出走します。
 ここ最近は全くふるわない成績が続いていますが、距離短縮と比較的余裕のある仕上げで何とか変わり身を目指したいところです。
 残念ながら対戦相手がかなり濃く、前走現級2着馬が4頭、3着馬が3頭、未勝利勝ちで勢いに乗っている馬が2頭……と超豪華メンバーです。ここでいきなり好走するのはかなり困難だと思いますが、短距離で減量ジョッキーを起用していますし、展開次第では健闘も可能ではないでしょうか。今後につながる走りに期待したいと思います。


■日曜新潟10R 瀬波温泉特別(D1800) シルクエステート号出走 15:10
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201204030210

 エステートが日曜新潟の準メインに出走します。
 もう6歳ですが、着実に力を付けてきており、2走前にはクビ差2着に入るなど、現級で十分に通用する力を持っています。今回も期待したいと思います。
 今回は前走現級2着馬が2頭いて手強そうですが、その他のメンバーには二桁着順の馬が多いですし、掲示板圏内以上は十分に確保できるのではと思います。スタート直後でテンに置かれて追走に苦労→直線でいい脚を使うも届かず……というパターンが続いていますので、今回は少しでも前目で競馬をしてくれれば、更に期待できると思います。池添騎手の手腕に期待です。

■日曜新潟11R 関屋記念(G3:T1600) シルクアーネスト号出走 15:45
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201204030211

 アーネストが関屋記念に出走します。
 中京記念を除外され、賞金上積みのために出走した前走のNST賞でしたが、展開が向かずに4着という結果でした。今回の関屋記念も賞金的に出走できるか危ぶまれましたが、何とか出走できた形です。
 なかなか賞金が上積みできず、思うようにレースが選べませんし、出走できたレースでも展開が向かないパターンが続いていますが、ここ数戦では確かな末脚を武器に、OP以上でも安定して上位に来ています。今回は重賞としては対戦相手も手薄ですし、左回りのマイルと最も得意な条件となっています。かなり期待できると思います。
 5月から使い込んだ事もあって、前走でピークを過ぎた感じなので、今回を使って放牧、秋に備える予定となっています。できればここで賞金を加算して、いい形で秋の更なる活躍に繋げてくれればと思います。


>その他、今週の出資馬あらすじ
・ライズトゥフェイムが入厩→ゲート試験合格→調整再放牧へ
・チャペルプリンセスが帰厩。
・アウレオーラが放牧。
・クラウディオスがゲート試験合格。
・アラディローザが放牧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日曜日)

南千里のプラネタリウム

 先日、南千里(千里市民センター)のプラネタリウムまで足を運んで来ました。
 南千里は昔は通学ルートに当たっていたので、図書館(同じ市民センターの2階で、プラネタリウムの一階下)や向かいのゲームセンター、(動かないエスカレーターのある)ショッピングセンターなどによく通っていました。
 ショッピングセンターの本屋も行きつけでしたし、ここに入っていたおもちゃ屋さんは自宅に最も近い「ディスクシステムの書き換え機」のある場所だったので、よく通ったものです。

 そんな南千里なのですが、卒業して通学ルートから外れ、また、図書館も自宅近くに新しくできた事で、電車でひと駅といつでも行ける筈なのになかなか行かなくなってしまいました。
 久しぶりに行ってみると、ここ暫く行かない間に南千里もすっかり変わってしまい、駅周辺の建物はほぼすべて入れ替わってしまったような感があります。
 今回行った千里市民センターだけが昔のまま残っている状態で、駅から歩いていく当時の歩道橋(連絡通路)も、現在の主要ルートから外れてしまっており、前の阪急オアシスに繋がっていた筈の突き当たりは行き止まりになってしまっています。

Img_6036


Img_6038

 正直、南千里の駅前は総替えされたイメージがあったので、この建物や古い歩道橋だけがまた残っていた事の方に驚いてしまいました。

 そんなわけで、久しぶりの懐かしさと共に、「まだ残っていたのか」といった印象を持ちながら、何となく図書館とプラネタリウムに行ってみました。
 今回行ったのがたまたま時期が良かったのか、それとも虫の知らせだったのか……現地の張り紙を見て知ったのですが、ちょうど「千里市民センター」の施設は移転直前の時期でした。
 8月中旬から9月頭にかけて、南千里図書館は新しい場所に移転。プラネタリウムの方は移転先を確保して貰えなかったようで、残念ながら、8月26日で閉館となるようです。
 今回、何となくたまたま行ったのですが、ちょうど、あとわずかな時間で今の図書館もプラネタリウムもなくなってしまう、というタイミングだったのです。

Img_6040


Img_6042

 そんなわけで、折角の機会なので、久しぶりにプラネタリウムを観賞する事にしました。前回にここに来たのはいつかわかりませんが、どれだけ遅くても高校生くらいだと思われますので、ものすごく久しぶりです。
 プラネタリウムは土日の13時半と15時の2回投影が行われており、料金は大人100円、子供50円です。

 小さなプラネタリウムという事で、大人になった身で久しぶりに見たらつまらないかも……と思っていたのですが、実際に始まってみると、真っ暗何に浮かぶ星々は思った以上に大迫力で、10m程度の小さなドームなのに、こんなに深い表現力があったことに驚かされました。約45分の上映時間、十分に楽しむ事ができました。
 この時に取り上げていたテーマは「星の一生」的なものでしたが、説明がかなり大人向けで、本来の客層?である子供たちに判るのかな……と少し心配になってしまう程、本格的なものでした。
 とはいえ、子供向けに星に因んだ童話の紹介などもありましたし、なんと言っても、夜空の迫力がすばらしく、何というか、「無限に広がる大宇宙」感が半端ではありません。子供にも、そして全ての人たちに、星空の魅力を十分に伝えてくれる内容だったと思います。

 現在は上映メニューは新しい……そして最後となるものに変わっている筈ですので、閉館となる8月26日までに、もう一度プラネタリウムに足を運んでみたいと思います。

 この日記を読まれる方に、地元の方がどれだけおられるかはわかりませんが、最後の機会に、もう一度、昔見た思い出のプラネタリウムを見に行かれてはいかがでしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »