« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月29日 (土曜日)

週末競馬日記(9/29)

 日曜日には台風が来そうですが、果たして競馬は大丈夫でしょうか……。

>今週の出走馬[H24:59-60]
 昨日の日記で紹介した2歳馬2頭のデビュー戦です。
 クラウディオス、キングスクルーザーともに、調教時計は正直良く無いのですが、その代わりに「実際に馬場で走ると見違える様に動きが良い」との厩舎コメントが出ています。
 本当にレース本番でいい走りをしてくれるのかは、実際に走ってみないと何とも言えません。期待と不安が入り交じったデビュー戦となります。勿論勝てれば一番いいのですが、まずは今後に繋がる走りをして貰いたいと思います。

■土曜阪神5R 2歳新馬(T1800) クラウディオス号出走 12:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201209040805

■日曜阪神6R 2歳新馬(D1400) キングスクルーザー号出走 12:40
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201209040906


>その他、今週の出資馬あらすじ
・チャペルプリンセスは現役続行、新潟の500万下へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金曜日)

クラウディオス&キングスクルーザーがデビュー!

 土日に出資2歳馬の2頭、クラウディオスとキングスクルーザーがデビューを迎えます。本日の日記では、両馬について紹介したいと思います。
(出走日記については、また明朝に……)


>デビュー馬紹介:クラウディオス&キングスクルーザー

【クラウディオス】(10-23)(Claudius:ローマの天文学者)
 父:ネオユニヴァース
 母:オーバーザウォール(母父:*ドクターデヴィアス)
 平成22年3月6日生まれ 牡 栗東:石坂正厩舎
 募集価格 2200万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2010104068/

 福島記念を勝ったオーバーザウォールの産駒です。また、3歳時には夏に3連勝するなど、一時は秋華賞候補として名前が挙がっていました。健康に数を使えれば、更に活躍していたのではと思われます。
 母親の弟にサンバレンティンやインティライミがいる血統です。本馬の兄姉は上4頭が勝ち上がれなかったので繁殖能力に不安がありましたが、一つ上の兄であるフェデラルホールが3連勝と、夏の上がり馬として菊花賞に名乗りを上げています。本馬もどちらかと言えば晩成型の様な感じはしますが、早めに勝ち上がって着実に力をつけて貰いたいと思います。
 馬名の「クラウディオス」は、「クラウディウス」と同じなので、古代~帝政ローマでしばしば目にする名前です。ただし、本馬については、所謂クラウディウス氏族ではなく、「トレミー」の名前でも知られる天文学者クラウディオス・プトレマイオスが馬名の由来のようです。
 馬名の由来となったクラウディオスは、古代を代表する大天文学者で、現代使われている主要な星座を定めたのも彼だったりします。また、その他にも、古代の天文学書「アルマゲスト」や「トレミーの定理」などで現代にその名を残しています。彼にあやかって、本馬も後世に名前を残せるだけの活躍ができるのか、注目したいと思います。

【キングスクルーザー】(10-34)(King's Cruiser:王のクルーザー)
 父:*クロフネ
 母:フィールドサンデー(母父:*サンデーサイレンス)
 平成22年4月6日生まれ 牡 栗東:平田修厩舎
 募集価格 1500万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2010104469/

 母フィールドサンデーのクロフネ産駒です。
 母親はエリザベス女王杯2着で、函館記念などを勝ったブライトサンディーの全妹で、自身にもシンザン記念3着などの活躍があります。母親の活躍時期が3歳春までだったので、早熟血統かと心配されましたが、ここまで兄姉は全て中央か地方で勝ち上がっており、全兄のベンティスカは3勝、姉のアヌアヌエは現2勝しています。
 ここまで兄姉の勝ち鞍が全てダートですが、血統的には芝もいけるのではないかと思います。着実な勝ち上がり、そしてその後の活躍を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日曜日)

平成24年度 シルク募集馬検討

 今年もシルク募集馬検討の季節がやって参りました。
 とりあえず一通りの検討ができましたので、自分の優先出資応募予定などを書いておきたいと思います。

 http://homepage1.nifty.com/september/silkH24.htm

 今年については、出資馬は世代で4頭。振り分けは関東関西、牡馬牝馬と均等に分けて、関東牡馬、関東牝馬、関西牡馬、関西牝馬で各1頭で考えています。
 そんなわけで、上記の各枠毎に1頭を選ぶことになるわけですが、自分の出資基準でポイント付けしていった結果、現時点で良さそうだと思ったのは、以下の馬たちです。

■関東牡馬
11-02 キングカメハメハ×*マチカネハナサソウ 大竹正厩舎 2500万円
11-04 ゼンノロブロイ×*マイベストスター   萩原清厩舎 2500万円
11-10 ネオユニヴァース×レジェンドトレイル  小島茂厩舎 2500万円

■関東牝馬
11-28 *オペラハウス×セクシーココナッツ   畠山吉厩舎 1300万円

■関西牡馬
11-43 ゼンノロブロイ×*プンティラ      音無秀厩舎 2800万円
11-48 ネオユニヴァース×*フィックルフレンズ 大久保厩舎 2000万円

■関西牝馬
11-44 ゼンノロブロイ×ストームホイッスル    宮徹厩舎 1600万円


 とりあえず、候補馬が1頭ずつしかいない11-28と11-44についてはほぼ出資確定で、複数の候補馬がいる牡馬については今後考えていきたいと思います。
 本来ならすぐには手を出さずにギリギリまで様子見したいのですが、今年はより社台化が進んだために優先募集時の人気がどれだけ集中するかわからないですし……。

 11-28(*オペラハウス×セクシーココナッツ)については、これまで兄姉の全てが勝ち上がっていますし、プレノタートだけでなくザラストロが新潟2歳Sを勝つなど、母の繁殖能力の高さが際立っています。父親がオペラハウスとやや地味ですが、ここまでの兄姉の父も全て地味ですし(笑)「地味ながら実績を上げている種牡馬」は自分も好むところです。
 11-44(ゼンノロブロイ×ストームホイッスル)については本来であればそこまで人気が集中する馬ではなさそうで、様子を見る事ができた筈だったのですが、兄のメイケイペガスターが強い内容で新馬戦を勝ったために情勢が変わってきました。次走とされるデイリー杯が締め切りに掛かる微妙な時期にあるため、もしここで好走すれば、応募が殺到してしまうと押さえづらくなると考えられますので、優先期間の内に確保しておきたいと思います。

 関東牡馬については、候補3頭はいずれも甲乙付けがたいので、できれば当分様子を見たいと思います。早期に満口になってしまった場合は、縁がなかったということで……。種牡馬はなるべく分散させたいと思っていますので、他の枠でどの馬に出資するかとの兼ね合いも含めて考えたいです。

 関西牡馬では候補が2頭いますが、11-48(ネオユニヴァース×*フィックルフレンズ)は兄フィックルスターが喉鳴りで引退→地方でも悲惨な成績、一つ上の兄フロイントもボーンシストで2歳なのにもう引退……と兄姉の成績(というより体質)が芳しくないので、もう1頭の11-43(ゼンノロブロイ×*プンティラ)の方に傾いています。
 11-43(ゼンノロブロイ×*プンティラ)は、母が独オークス馬と、独血統萌えの自分にはうってつけの血統です(笑) ドイツ血統云々で言えば、父親もドイツ牝系出身のマンハッタンカフェである11-45(母ウミラージ)の方が本格的ではあるのですが、個人的にはこちらの方が好みです。
 歴代の種牡馬が初期はディープインパクト×2→その後別種牡馬に変更……と、社台的には「格下げ」されているので、できれば父ディープ以外の産駒である兄ポラールリヒト(父アグネスタキオン)が勝ち上がれるのかを見極めてから出資するか決めたいところです。しかし、姉ペルレンケッテが3勝目を挙げるなど順調に出世して来ているので、様子見の時間がどれだけあるのか、優先期間に押さえておくべきかは慎重に見極めたいと思います。


 そんなわけで、今のところですが、優先期間には
11-28 *オペラハウス×セクシーココナッツ   畠山吉厩舎 1300万円
11-43 ゼンノロブロイ×*プンティラ      音無秀厩舎 2800万円
11-44 ゼンノロブロイ×ストームホイッスル    宮徹厩舎 1600万円
 上記3頭に応募して、残る1枠は今後の経過次第に決めるといった感じで考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月曜日)

国立民族学博物館の特別展「世界の織機と織物」を見てきました

 この連休の入場無料イベントに合わせて、大阪の万博公園に行ってきました。
 これは、かつて開催された「大阪万博」の閉幕日に因んだイベントで、万博の自然文化園や日本庭園だけでなく、併設されている文化施設である「国立民族学博物館」や「大阪日本民芸館」も入場無料になるというものです。
(正確には、各施設毎に土曜日だけ無料だったり、土+月曜が無料だったりと異なっていますが、15日の土曜日は揃って無料でした)

 折角の無料イベントという事で、「国立民族学博物館」に。
 常設展示(大人420円)に加えて、特別展(大人830円)までが無料になるという大変財布に優しい企画です。
 ちょうどこの時期は「世界の織機と織物」という企画展を行っており、個人的に興味を持ったので足を伸ばしてきました。

■特別展「世界の織機と織物─織って!みて!織りのカラクリ大発見」
 http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20120913loom/index

 世界各地の様々な織物や織機が展示されており、非常に興味深かったです。
 「織物」は、
・一本ずつ互い違いに分けた縦糸(経糸)の間に横糸(緯糸)を通す
・縦糸の分け方を上下(または左右)反対にして、交差させる
・前回と反対の交差になった縦糸の間に横糸を通す
 ……というプロセスを繰り返す、仕組みだけなら本当に簡単なものです。しかし、実際に行うには高い技術が必要で、織物の技術は世界各地で様々な形で発達して来ました。
 今回の展示では、世界各地の織物や織機が展示されており、実際に体験できるコーナーもあって、とても興味深く展示を見てきました。

 また、本館の展示スペースには「無停止杼換式豊田自動織機(G型自動織機)」や「ジャカード織機」を初めとする世界の織機が展示されており、機械好きにはたまらない内容になっています。

・無停止杼換式豊田自動織機(G型自動織機)
 http://www.jsme.or.jp/kikaiisan/data/no_016.html

 「トヨタ」の創業者、豊田佐吉が開発した自動織機で、織機の生産性を飛躍的に向上させるとともに、グループ発展の基となった名機。

・ジャカード織機
 19世紀初めに発明された、織り方のパターン制御に「パンチカード」を用いた機械で、コンピュータ技術の発展の歴史上、重要な発明品でもある。


 私個人は「民族学」というよりも「技術史」的な方向で興味を持ちましたが、かなり面白い展示でした。
 正直、今回行ったのは「無料だったから」なのですが(笑)、実際に見に行ってみると、お金を払うだけの価値のある内容の濃い展示内容でした。皆さんも機会がありましたら、是非一度行ってみて下さい。

 また、この日はたまたま月に一度の「みんぱくゼミナール」という公開講座の開催日で、ちょうど今回の展示に関係した講座だったので参加して来ました。こちらも興味深い内容で、とても有意義な一日を過ごす事ができました。
 この公開講座は無料で受講できますし、今後のテーマも面白そうなものが多いので、また行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土曜日)

スーパー未勝利2本目

 シルクの平成24(2012)年度カタログが届きました!
 去年とかなりレイアウトが変わっていてびっくりしました。募集馬1頭毎に1ページになっていて、種牡馬は別コーナーでまとめて紹介する形に変わっています。
 これからじっくり募集馬を見定めて、応募する馬を決めていきたいと思います。


>今週の出走馬[H24-58]

■日曜中山4R 3歳未勝利(T1600) チャペルプリンセス号出走 11:45
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201206040404

 チャペルプリンセスが日曜中山のスーパー未勝利で勝利を目指します。
 復帰戦となった前走、休養前の調子落ちからは回復していたものの、またも勝てず4着。なかなか勝ちきれないまま、ついに今回最後のチャンスを迎える事となりました。もし勝てなくても地方からの出戻りコースも選択肢としては残されていますが、何とか今回で勝ち上がって欲しいところです。
 今回はマイルに距離を短縮させ、更に鞍上に減量騎手を配置する賭けに出ました。
 対戦相手は、前走2着馬3頭、3着馬2頭、掲示板確保馬が5頭とかなり揃っていますが、何とか勝って欲しいと思います。

>その他、今週の出資馬あらすじ
・デイブレイクが帰厩。
・エメラルドチャームが引退。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火曜日)

震災復興国債

 今日は誕生日という事で、たまには良い事でもしてみようと、「震災復興国債」を購入してみました。

(震災復興国債)
 http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/fukkou/

 http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/issue/hendou10/No_40.html

 ……まあ、実際のところは、利率に目が眩んだ事が理由であって、震災復興のために力を貸そう!という清い心(笑)が動機ではないのですが。
 今回の「変動10年」の場合、銀行に預けてもほぼ金利ゼロのこのご時世に、利率が0.5%(税引前)もありますし、今後万が一インフレ化した場合でも連動して利率が上がる仕組みになっているので、(リスクを取らない安全資産の運用先としては)銀行に寝かせておくよりはいいのではないでしょうか。

 一応「震災復興」国債に応募したという事で、財務大臣から感謝状がいただける様です。
 大臣と言えば、応募した早々にあんな事になって……と思っていたのですが、あちらは「金融担当大臣」で、財務大臣とは別ポストの様です。

 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/590342/

 まあ、いずれにしてもこの政治情勢では感謝状を誰(どの財務大臣)からいただける事になるか判らないのは同じ事ですが、どなたから感謝状が届くのか楽しみに待ちたいと思います。

 ちなみに、この「震災復興国債」とは別に「復興応援国債」というのがあり、こちらは最初の三年間の利子が低くなっていて、その分が震災復興に使われる形になっており、文字通りの「復興応援」商品となっています。
 一定額(100万円/1000万円)応募すると記念硬貨が貰える事になっているので、復興応援に合わせて記念硬貨を貰うべく応募しようかと検討したのですが、記念硬貨の図柄が何だか奇抜すぎるので様子を見る事にしました。

(記念硬貨の図柄)「第三次発行分」の千円銀貨を参照……
 http://www.mof.go.jp/currency/coin/commemorative_coin/earthquake_reconstruction/20120828.html

 「子供の絵」というのもそうですが、「硬貨にカラーで絵が描かれている」事がすごいです。こうした事が技術的に可能な事なのですね。この調子でいけば、いずれは「萌え硬貨」を見る事ができるかもしれません(笑)

 これはこれで復興を応援している感が出ていて味のある図柄の様な気もしますし、貰ったときに日記ネタになる様な気もしますが、さすがにこのためだけに資産を100万円も動員するのには勇気が必要です(勿論金貨が貰える1000万円などは用意できる筈がない)。
 金貨の方は、現在の地金価格が7万円する事を考えれば、これだけでも(1000万円分購入したとすれば)0.7%の利子に相当するので、なかなか割の良い投資であるような気がします。資金に余裕のある方は一考の余地があるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土曜日)

スーパー未勝利開始!

 今週からいよいよ、3歳馬の勝ち上がる最後のチャンスとなる「スーパー未勝利」が始まります。
 出資馬に3歳未勝利馬を4頭も抱えていたうちも、この時期の切実さについては例外ではありません、が……

・アラディローザ → 先週出走、掲示板を外したので出走権なし→引退
・バーニッシュ  → 戻ってきても間に合わないので地方転出、再ファンドを目指す

という形で「スーパー未勝利」に入る前に早くも2頭が脱落(バーニッシュは戻って来てくれる可能性はありますが)。残るはチャペルプリンセスとエメラルドチャームの2頭のみとなりました。
 共に、チャンスは一度きりなので、何とか勝ち上がって貰いたいと思います。


>今週の出走馬[H24-57]

■土曜阪神3R 3歳未勝利(D1800) エメラルドチャーム号出走 11:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201209040103

 そんなわけで、スーパー未勝利出走組の1頭、エメラルドチャームのレースです。
 このレースが3戦目となりますが、過去2戦が3.3秒差-4.6秒差と惨敗しているので、正直なところ、勝てる可能性はほとんどないと考えられます。そんな中で、1度しかない出走機会に少しでもチャンスがありそうなレースを選ぶのかが鍵だったわけですが……。
 今回のレースですが、まずは相手関係としてはこれ以上無い恵まれた組み合わせです。「スーパー未勝利」で集まりがちな「前走掲示板の馬」が1頭もいません。一番善戦?している馬でも、前走勝ち馬から1.1秒離されている……という面々です。
 ただ、レース条件がダート1800というところが問題です。過去2戦惨敗したのと同じ条件で、いずれもレース後に「芝の方がいい」「もっと短い方が良い」と言われていたので、今回は違う条件を使ってくるものと思っていました。相手関係を見て予定を変えたのだと思いますが、この決断がどちらに転ぶでしょうか。
 過去2戦は後方ままのレースでしたが、今回は減量騎手を起用していますし、何とか前々でのレースをして貰いたいと思います。せめて最後くらいは見せ場をつくって欲しい……。


>その他、今週の出資馬あらすじ
・アラディローザが引退。
・アウレオーラが帰厩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水曜日)

WIN5(450万円)的中しました!

 先週末のWIN5(450万円)、的中しました!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O 。
                 , ─ヽ
________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|__|__|__|_   __((´∀`\ )< …という夢だったのサ
|_|__|__|__ /ノへゝ/'''  )ヽ  \_________
||__|        | | \´-`) / 丿/
|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/
|__|| 从人人从. | /\__/::::::|||
|_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||
────────(~~ヽ::::::::::::|/        = 完 =


 いや……まあ、実際には買っておらず、脳内購入なので「エア」的中なわけですが……(笑)

 購入内容ですが、各レースを3頭-4頭-6頭-13頭-5頭買いで、総購入額が468,000円→4,557,020円払い戻しといった内容です。


 何でこんな脳内購入馬券の話を日記に書いているかというと、実はこの4月頃から、WIN5を「エア購入」して、もし一年程度の通算で黒字になる様なら実際に買ってみよう……という取り組みを行っていました。
 WIN5は、配当額の大きさが魅力ではありますが、購入に必要な額が大きすぎるので、購入額に見合うだけの回収率があるのかを見極めたいという趣旨です。
 そんなこんなでエア購入を続けること約20週……初めてWIN5が的中した形になります。これまでは「回収率ゼロ」で判断のしようが無かったのですが、ようやく回収率の考察に入れる事になりました。


 一応計算してみると、ここまでの通算購入額が410万円ほどなので、今回の457万円の払い戻しで(税金とかの要素を抜けば)黒字にはなっている事になります。でも、このパターンで行けば、最低でももう一回は的中させないと年間通算では赤字になりますし、実際に買うには割に合わないかなと思います。
 あと、後述の理由で毎週の購入額がかなり膨らむ時があるのですが、実際の購入時に(一レースでも外れれば終わりの馬券に)これだけ巨額のお金を掛ける度胸はないかなぁ……。一番高かった週などは200万円近くになりましたし(笑)


 とはいえ、ここまでの傾向を見ると、買い方の改善点も見えてきます。
 これまでの買い方でこれだけ購入額が上がっているのは、全数買いをする事があるからです。
 自分の買い方は、一定の基準で「来ないと思った馬=もし来たら諦める馬」を削り、残った馬たちを各レースの買い目にする形です。自分の場合「一定の基準」が結構厳しいため、たまに「残った馬」がゼロになる事があるのですが、その場合は全頭数買いにしているために買い目が膨らむ結果になっています。
 前述の購入額200万円の週などもそうしたパターンでしたし、こういった「残った馬がゼロのレースがあった時」については、変に全数買いして金額を増大させるよりは、おとなしく見送って(買わないで)次週の機会を待った方がいい様です。
(冷静に考えれば当然のことではあるのですが)

 これだけで、自分の場合は購入額がかなり減るので(たとえば、上記の200万円での購入を見送るだけで総購入額は410万円→210万円に下がります)、購入額が数分の一に、そして、回収率が数倍になります。
 このパターンでなら、今のところ年間でも黒字に持ち込めそうな感じですが……。
 ともあれ、まずはもう暫く、一年程度はエア購入を続けて傾向を確かめてみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日曜日)

週末競馬日記(9/2)

>今週の出走馬[H24-56]

■日曜小倉6R 3歳未勝利(T1200) アラディローザ号出走 12:50
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201210021206

 アラディローザが日曜小倉の未勝利戦に出走します。
 毎回、それほど離されてはいないものの、掲示板にわずかに届かない競馬が続いており、ここ2戦は6着が続いています。勝ち上がれるだけの力は持っている筈なのですが……。
 「普通の未勝利戦」の最終週に何とか滑り込んだ格好ですが、少なくとも次に「スーパー未勝利」に出走するためには掲示板に入る事が大前提となりますし、次があったとしても勝ち上がるためのチャンスは2回しかありません。
 馬体の維持が難しい馬で、今回の小倉への輸送が心配ではありますが、今回のメンバーは掲示板以上は十分に目指せると思いますので、何とかこのチャンスを生かして貰いたいと思います。

>その他、今週の出資馬あらすじ
・チャペルプリンセスは中山のスーパー未勝利へ。
・ラングレーが帰厩。
・キングスクルーザーがゲート試験合格。
・バーニッシュが一旦登録抹消→地方で勝ち上がり再ファンド路線へ。
・エステートが放牧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »