« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月曜日)

来年の目標(競馬編)

 早いもので、平成24年も終わろうとしています。……ということは(当然ですが)来年は平成25年です。気がつけば、もう平成も四半世紀になるとは、時の経つのは早いものですね。
 今回は、今年の競馬(主に出資馬)の結果回顧と、来年の目標などを書きたいと思います。

■今年(平成24年)の目標とその結果
 目標… 70戦 6勝 重賞一桁着順
 結果… 85戦 7勝 G3 5着(シルクアーネスト@エプソムC5着)

 一応目標は達成したのですが、かなりギリギリでの達成となりました。正直、かなりハードルは低めに設定したつもりだったのですが……。

 何と言っても最大の誤算は、メビウスが一年間出走がなかった事でしょうか。「重賞で一桁着順」は、無事に復帰してくれてダート重賞を走れば簡単に達成できる目標だった筈なのですが、まさか出走すらないとは……。幸いにも、年明けには帰厩してくれる様なので、来年の復活に期待したいと思います。
 嬉しい誤算は、(もう引退してしまいましたが)デイブレイクが年明けにいきなり覚醒して500万を単勝万馬券で勝利、その後準OPまで出世してくれた事でしょうか。過去にもタイムオーバーから復活、活躍してくれた馬は数多くいましたが、こうした復活劇で、もっとも鮮やかなものとなりました。こうした事があるので、競馬は面白いですし、成績が振るわない馬がいても、復活の可能性は必ずあると考えて応援したい気持ちになりますね。

 来年の目標なのですが、やや今年よりも高めで、「70戦7勝 重賞で掲示板」にしたいと思います。
 前年度の状況よりも明け3~4歳馬の期待度が高いので、1頭くらいは重賞に顔を出してくれるものと期待しています。
 特に、明け3歳馬は、実は一口馬主を始めてから初となる「2歳の時点で全ての馬が入着した(掲示板に載った)」世代となりました。デビュー戦だけだったり、その後崩れている馬もいるので未知数ではありますが、来年に更なる活躍を期待したいと思います。
 明け4歳馬も、現時点で3~4頭(チャペルプリンセスはまだ再ファンドされていないので)の戦力で新年を迎える事ができます。前の世代がこの時期にはほぼ壊滅状態だった事を考えると見違える程充実しています。5歳馬の惨状や現役の引退で古馬勢の層が薄くなって来たので、益々の活躍を期待したいですね。

■1月2日園田11Rにチャペルプリンセスが出走
 http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?k_raceDate=2013%2f01%2f02&k_raceNo=11&k_babaCode=27

 前回の日記に「これで中央復帰(=このまま地方では抹消)か!」と大々的に書いたというのに、普通に年明けの園田に出走してきました(笑)
 ここ2戦が楽勝だったので、今回も当然期待できるのですが、現級で好走している馬が結構揃っていますし、特に、本馬と同様に未勝利から移籍して連勝しているショウナンサッチモはここ2戦の時計がチャペルプリンセスよりも良いので、強敵となりそうです。
 ここできっちりと勝てるようであれば、中央復帰後の期待も高まりますし、良いレースを期待したいところです。できれば(今は地方馬の身ではありますが)ここで出資馬の新年初勝利を挙げて、幸先のいいスタートを切りたいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木曜日)

チャペルプリンセスが連勝で中央復帰へ

 本日の園田5Rにチャペルプリンセスが出走、直線持ったままで5馬身差の圧勝でした。
 これで地方移籍後2勝目となり、中央への復帰権利を獲得しました。
 園田への移籍初戦は強い相手(チョウカイキャロルの孫で、園田3連勝で中央に復帰したヒラボクダッシュ)と当たってしまい2着(3着には8馬身離しましたが)でしたが、その後2戦はいずれも楽勝で、中央への復帰を決めてくれました。

 移籍前の中央では、未勝利ながら格上挑戦した500万クラスで2度とも掲示板に載っているので、復帰後も即通用するものと期待できます。また、中央時代は全て芝でのレースでしたが、園田でのダートでの走りも良かったですし、復帰後のレースの幅も広がるのではないかと思います。
 今から中央復帰戦がとても楽しみです。


 この世代(3歳→明け4歳世代)は、出資馬6頭中2頭(キングリー、ラングレー)しか勝ち上がれず、少し寂しい状態だったのですが、バーニッシュに続いてチャペルプリンセスも再ファンドで戻ってきてくれそうなので、世代の戦力が4頭に回復する事になりそうです。
 (中央未出走のバーニッシュは未知数ですが)どの馬も現級でいいレースをしていますので、来年は勝ち星量産に貢献してくれそうです。今から来年が楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水曜日)

FLASHゲーム紹介 第9回「Knightmare Tower」

■連載目次
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2012/10/flash-c59b.html

■Knightmare Tower(作者:Juicy Beast)
 http://www.kongregate.com/games/JuicyBeast/knightmare-tower

Knightmare_tower_r


【操作方法】
 マウス左右で移動、左クリックで攻撃

 塔にさらわれたお姫様(10人)を助け出すために、ロケットで騎士を打ち上げて戦うゲームです。
 飛行中の騎士をマウス左右で操作。モンスターが飛んでくるので、マウスクリックで真下に切りおろして攻撃します。モンスターを倒すと、上昇スピードが上がります。
 徐々に上がってくる溶岩に飲み込まれたり、攻撃でライフを全て失うと終了となりますが、到達した高度や拾った袋等で報酬が貰えるので、パワーアップして改めて挑戦します。

 ゲームの説明を書いても何が何だかわからない独特の世界観ではありますが、実際にやってみるととても面白いです。塔を上昇していく疾走感や、空中で斬り下ろすとスパスパとモンスターが真っ二つになっていく爽快感が良くて、お勧めです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金曜日)

プリンセスフローラがデビュー!

 今週は出資馬プリンセスフローラがデビューします。
 早いもので、これでこの世代は5頭全てがデビューする事になります。2歳で全馬がデビューするなんて、ほぼ始めてではないでしょうか。ありがたいことです。

>デビュー馬紹介:プリンセスフローラ

【プリンセスフローラ】(10-50)(Princess Flora:母名+オペラ「椿姫」の登場人物名)
 父:キングカメハメハ
 母:プリンセスカメリア(母父:*サンデーサイレンス)
 平成22年4月20日生まれ 牝 栗東:野中賢厩舎
 募集価格 1600万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2010104279/

 前年の2歳牡馬チャンピオン、アルフレードの妹となります。
 本馬は第3子となりますが、一番上のサンライズスターも中央入着→地方で勝ち上がっていますし、祖母はサクラバクシンオーの全妹と血統的な背景は十分です。父がキングカメハメハに変わって、更なる活躍が期待できると見て出資しました。
 馬名の由来は「椿姫」の登場人物で、兄のアルフレードが「椿姫」の主役(ヒロインの恋人役)なので、それに因んだものだと考えられます。
 ヒロイン本人ではなく、ヒロインの友人の名前を取っているのは、ヒロインのヴィオレッタ自身が「椿姫」本編で辿る運命からでしょうか。ヒロインに似てしまったのか、微妙に病弱(というか非力)フラグが立っていますが、素質は期待されている様なので、是非とも活躍して貰いたいと思います。

>今週の出走馬[H24:84-85]

■土曜阪神5R 2歳新馬(T1600牝)プリンセスフローラ号出走 12:20
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201209050705

 上記で紹介したプリンセスフローラのデビュー戦です。
 GI馬の妹という良血馬のデビューという事で、人気が集まる…かと思いきや、このレースは彼女がかすんでしまうほど良血馬が勢揃いしています。
 ダイワスカーレットの初子ダイワレーヌを筆頭に、レジネッタの全妹、スマートシルエットの全妹、更にはフューチャサンデー、フラガラッハ、エーシンリジルの妹などが勢揃いしています。
 また、どうやらまだ力が付ききっていないようで、厩舎も「先々は走ってきそうだけど…」といった感じのコメントです。どうやら雨で馬場が重くなりそうですし、まずはここは無事に回ってきて貰って、次走以降に繋げて貰いたいと思います。


■日曜阪神10R クリスマスC賞(T1600)シルクキングリー号出走 15:00
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201209050810

 出資馬の今年最後の出走は、日曜準メインのシルクキングリーとなりました。
 前走は昇級戦でしたが、見所たっぷりの内容で4着。早くも1000万でも十分に通用するところを見せてくれました。今回も引き続き期待できそうです。
 相手関係的にも十分上位を狙えそうなメンバー構成です。前走では少しソラを使っていた感じがあったので、今回鞍上の秋山騎手の手腕で、十分に力を出し切る走りを期待したいところです。
 ここを好走して貰って、来年の更なる飛躍に繋げて貰いたいと思います。

>その他、今週の出資馬あらすじ

・エステートが帰厩。
・キングスクルーザーが放牧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水曜日)

FLASHゲーム紹介 第8回「WarLight」

■連載目次
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2012/10/flash-c59b.html

■WarLight(作者:warlight.net)
 http://warlight.net/SinglePlayer.aspx

Warlight

【操作方法】
 マウスで各種コマンド(後述)

 世界制覇を目指す、ターン制の戦略シミュレーションゲームです。

 毎ターンの最初に一定の兵力が与えられる→自領地に新兵力の振り分け(配置)→兵力の移動/攻撃の繰り返しで自分の領土を広げていき、最終的にはライバル勢力を全て滅ぼしての世界制覇を目指します。戦闘は基本的に兵力の大きさで決まります。
 特定の領土いくつかからなる「地域」を全て領有していると、毎ターンに与えられる兵力が増える(=国力が増す)ので有利になります。逆に、その「地域」の大半の土地を持っていても、ひとつでも未所有領地があれば地域領有ボーナスは貰えないので、いかに効率よく地域領有を目指すか、ライバル勢力の地域制覇を妨害するかが勝利の鍵となります。他にもレベルが上がると、特殊カード等の要素が出てきます。
 
 レベル1~3あたりまでは、のんびり?楽しめますが、チャレンジレベルは極めて難しく、かなり歯ごたえがあって楽しめるのではないでしょうか(Insameレベルまでいくと、詰め将棋みたいな感じになってきますが)。
 見た目は地味ですがかなり面白く、波長の合う方には時間泥棒になる要素を持ったゲームだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土曜日)

キングスクルーザーが出走

>今週の出走馬[H24-83]

■日曜阪神2R 2歳未勝利(D1400)キングスクルーザー号出走 10:35
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201209050602

 キングスクルーザーがデビュー2戦目を迎えます。
 デビュー戦となった前走では10番人気ながら4着と健闘。このレースで掲示板に載った他の馬はその後全て勝ち上がっており、レベルの高かったレースで健闘したこの馬にも勝ち上がりの期待が掛かります。
 今回は前走2着馬が3頭もいる厳しい条件ですが、この馬も十分に通用するだけの力はあると思います。短期放牧を挟んでいますが、復帰戦を1週伸ばして調子は上向いていると思われます。今回は前走と同じコースになりますが、前走では芝部分で行き足が付かなかった感じがあるので、今回は改善されている事に期待したいと思います。
 

>その他、今週の出資馬あらすじ
・バーニッシュが放牧。
・キングリーが帰厩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水曜日)

FLASHゲーム紹介 第7回「Neon Rider」

■連載目次
 http://september.moe-nifty.com/kikyo/2012/10/flash-c59b.html

■Neon Rider(作者:Louissi氏)
 http://armorgames.com/play/5346/neon-rider

Neon_rider
【操作方法】
 WASD:前進/後退/車体バランス
 矢印:車体の色選択


 4色の色鮮やかなネオンの世界で、バイクを転倒/落下させずにゴールまで走らせるゲームです。
 矢印キーでバイクの色を青、赤、黄、緑に変更できるのですが、青色以外のコースはバイクと同じ色でないと走れない(すり抜けてしまう)という特徴があります。コースに合わせて色を切り替えないと、コースから落ちてしまったり、行き止まりで進めなくなったりするため、走りながら色を変更していく技術が必要となります。
 WASDと矢印を組み合わせた操作に慣れるのに少し時間が必要ですが、この「色を変えていく」感覚は結構新鮮ですし、ネオンの世界の中で走る疾走感が結構格好いいのでお勧めです。

 作者は「Louissiさん」で、この他にもAge of WarやArmor Mayhem等、様々な人気Flashゲームを作られていますね。最近は続編?の「Neon Rider World」も出ています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土曜日)

Wiiuキターー!!

 ネット注文していたWiiUが届きました。
 開封し、とりあえずは初期設定中です。

 ネット関係がID登録をしないと使えないことや、初期アップデート、ゲームのダウンロード(嵩張るので店売りでは買わずに基本的にDLする予定でした)などに時間が掛かったりと案外面倒ですね。
 まだDLが続いていて肝心のゲームができていないのですが、紹介ビデオではとても面白そうなので、今から楽しみです。

 今日は初期設定と各ゲームのDL購入に専念して、明日一日、たっぷりと楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金曜日)

アーネストが重賞にチャレンジ

>デビュー馬紹介:ライズトゥフェイム

【ライズトゥフェイム】(10-06)(Rise to Fame:名声をあげる)
 父:ゼンノロブロイ
 母:バラファミー(母父:Barathea)
 平成22年3月30日生まれ 牡 美浦:加藤征厩舎
 募集価格 1500万円

 http://db.netkeiba.com/horse/2010104458/

 父のゼンノロブロイは、産駒が活躍しており芝ダート共にGI馬を輩出しています。
 母親はイタリアの2歳チャンピオンで、ここまでの兄姉5頭のうち、2頭が中央で、2頭が地方で勝ち上がっています。母系を辿ると、ハイホークやハイライズ等を輩出しています。
 加藤厩舎はフィフスペトルやシャドウゲイト等で活躍しており、比較的地味ながら高い連対率を確保しています。
 父母厩舎ともに、派手ではない?ものの活躍している…という自分好みの馬なので出資をしたわけですが、地味なためか早期入厩した割に満口にはなっていません。ネットでいろいろ見ても、出資者の方のHPやこの馬自身の情報なども比較的少ない様です。
 名前が「名声が上がる」である割にデビュー前には全く話題になっていませんが、できれば自身の走りで名声を上げていって貰いたいところです。


>今週の出走馬[H24:81-82]
■土曜阪神11R 朝日チャレンジC(G3:T1800) シルクアーネスト号出走 15:45
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201209050311

 アーネストが重賞「朝日チャレンジカップ」に出走します(秋口の重賞としておなじみのレースでしたが、何故か今年からこの時期に変更になっています)。
 ここ2戦、勝ちきれないもののオープン戦で3着-2着と好走しています。前走のキャピタルSは人気薄の逃げ切りを許しましたが、鋭い末脚で重賞勝ち馬たちを撃破しました。
 なかなか賞金を上積みできないものの十分に重賞で通用するだけの力を付けており、引き続き調子も良好です。
 ここを使って次走は京都金杯を予定しているとのことです。何とか今回こそは賞金を上積みして貰って、来年は更なる飛躍の年にして貰いたいと思います。

■日曜中山6R 2歳新馬(T1600) ライズトゥフェイム号出走 12:35
 http://race.netkeiba.com/?pid=race_old&id=c201206050406

 ライズトゥフェイムがデビュー戦を迎えます。
 新馬戦という事もあり、どんなレースになるのかは走ってみないと判らないのですが、鞍上の石橋脩騎手が「初戦から力を出せる」とコメントしている反面、加藤師は「体力が付ききっていない」とコメントしています。どちらに転ぶかは判りませんが、今後に繋がるレースをして貰いたいところです。
 今のところいまいち地味なイメージのこの馬ですが、結構している馬なので、できればここから活躍して貰いたいところです。

>その他、今週の出資馬あらすじ
・アウレオーラが放牧。
・バーニッシュがゲート試験合格もソエ発症、放牧へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水曜日)

阿知賀編4巻が届いた

 先日注文していた阿知賀編(咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A)のコミック4巻が届きました。
 この巻からアニメの続きの部分に入り、話の続きが読めるという事で、届くのを楽しみにしていました。

 この作品、個人的に注目しているのが、うちの地元(千里山女子)が活躍している事です。アニメでも事実上主役の様な扱いでしたし、この巻からは次鋒以降の戦いとなり、どんな展開となるのか楽しみにしていました。
 まだ準決勝の途中ではありますが、各メンバーの持ち味が出ていて楽しめましたし、できればこの後の展開で何とか決勝に勝ち上がって貰って、より長く活躍を見せて貰いたいと思います。
(メタ的な話で言えば、「主役」と「ラスボス」で2枠埋まっていますし、その他もいろいろとフラグが立っていそうな感じなので、勝ち上がるのは厳しそうではありますが……)
 勝ち上がれるかも心配ですが、巻末の時点で、親が千里山(セーラ)っぽいので、このまま行ってしまうとダメージが二倍になると思われます。まずは何とか頑張って貰いたいところです。

 そして、もう一つ楽しみにしていたのが、今回、阿知賀編4巻の表紙&裏表紙が千里山女子である事でした。
 ネット購入前に表紙画像は見ていたのですが、画面の半分を怜が占めている後ろにどこかで見た事がある様なマンションが映っている……くらいしかわからなかったので、うちの近所が映っていたりしないか、楽しみにしていました。

 で、実際に手に取ってみると……これは、千里山というよりも南千里(桃山台)ですね。

■表紙の場所
 http://maps.google.co.jp/maps/place?ftid=0x6000e4cbfa7e5543:0x438103e808b93529&q=34.787104,+135.501643

■裏表紙の場所
 http://maps.google.co.jp/maps/place?ftid=0x6000e4ca1765bfb5:0xda10aa08b35b66ca&q=34.789012,+135.505563

(それぞれ、リンク先からストリートビューを辿ると、ほぼそのままの場所が見られます)

 アニメで映っていた通学路?も緑地公園~江坂の間ですし、結構千里山から離れていますね。それぞれの自宅(または寮)が桃山台~緑地公園~江坂のあたりにあるという設定なのでしょうか。
 土地勘のある方ならご存じだと思いますが、千里山や関大のある阪急千里線のラインと、そこから西にある桃山台~緑地公園~江坂(北大阪急行~御堂筋線)の間は山になっている…というか高くなっているため、千里山から西に進む場合は山を越える(結構急で長い坂道を上がって下りる)必要があります。
 これが結構(特に徒歩だと)大変で、私も昔、「山を越えて通うのが面倒くさい」という理由で桃山台~緑地公園に通っていた習い事を辞めた記憶があるので(笑)、この山道を通学路にしている千里山女子の生徒たちは大変だな…と思いました。
 この山道を通学できるのだったら、怜の健康面はたぶん大丈夫だと思います(笑)


 もう一つ、私がこの千里山女子を応援している理由が、自分でも思い入れのある建物が校舎(部室ではなく、木造校舎の方)として登場している事です。
 今は図書館になっていますが、図書館が建つ前、この場所には小学校の木造校舎が建っていました。昭和初期頃に建てられたもので、私も小学生の頃はこの木造校舎に通っていたので、この場所には多くの思い出が詰まっています。
 この木造校舎は残念ながら10年ほど前に老朽化で取り壊されてしまったのですが、その後、ほぼ同じデザインを踏襲して現在の図書館が建てられました。家の近くに新しく図書館ができて便利になり、更に当時の校舎の面影が色濃く残っているという事で、今ではこの図書館は私のお気に入りの、そして行きつけの場所になっています。
 そんなわけで、思い出の詰まった、そしてお気に入りの場所から全国に挑む千里山女子の面々を応援しています。何とかフラグをへし折って、決勝に進出して貰いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »